0円留学(ゼロ円留学)アーグスイングリッシュアカデミー 代表「早川諒」

NEXSEEDのIT留学、KredoのIT留学を体験してきて、セブ島のIT留学についてそれなりに詳しくなった私。ですが、最近また新たにIT留学がスタートした語学学校があるということで、そこにIT留学することに決定しました。

HPを見れば大体はわかるのですが、具体的な授業内容やカリキュラム、学んだ先にあるソフトウェアQAとはどんなものか、講師は誰なのか、などは実際に行って見ないとわかりません。

今回は英語4時間×IT授業4時間のフルで1週間体験してきたので、以下でレポートしました。宜しければご覧ください。

今回留学したAHGSとは?

AHGS留学体験談

AHGSといえば「0円留学」という新しい海外留学のスタイルを定着させた、日本人経営の語学学校です。0円留学はセブ島留学に興味がある方なら、一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

実際にAHGS、以下アーグスは0円留学を筆頭に、有料プランであるガチ留学・ダイビング留学・ダイエット留学・IT留学と面白いプランがある語学学校です。

0円留学とは、授業料・宿泊費が0円になる代わりに、コールセンターでお仕事をしながら英語が学べるプランです。20代前半を筆頭に様々な年代の留学生がこのプランで留学しています。

0円留学アーグスイングリッシュアカデミーとは?

0円留学に関しての語学学校代表の想いはこちらの記事をご覧いただければわかりやすいと思います。
▶︎留学業界に革命を起こした「0円留学」の真実

また実際に0円留学とはなんなのか?個別の記事がありますのでご覧ください。
▶︎衝撃【セブ島0円留学】アーグスの口コミ評判!なぜ無料でフィリピン留学出来るのか?

ところで、今回の私のアーグスの体験談ですが、0円留学ではなく主にIT留学の体験談をメインに取り扱っていきます。

アーグスのIT留学は、2017年5月末からスタートしたばかりの新しいプランです。他のIT留学と違うところは、目指す職業は『ソフトウェアQA』だというところです。

ソフトウェアQAって何?

聞きなれない職業だと思いますが、ソフトウェアQAとは出来上がったプログラム、システムをテストする側の人たちのことです。

たとえば新しくリリースされる予定のゲームソフトを例にしてみましょう。

ゲームは開発段階ではたくさんのバグが発生します。うまくアクションできなかったり、固まってしまったり、この動作と動作を連結されると固まってしまったりといったことが起きます。

そのバグを見つけエンジニアに報告するのがソフトウェアQAです。

アーグスのIT留学のコンセプトは働くことに直結させているところです。通常、3ヶ月でプログラマーとして働くのは簡単ではありません。多くの生徒が国内でIT(エンジニア)のプログラム研修を受けても、実際に働くことに直結できなかったのが現状でした。

それを何とかしたいという思いがあり、このアーグスのIT留学プランが誕生しました。この留学プランは英語語学学校であるAHGSと、日系グローバルIT企業であるFramgiaが提携しています。

※ Framgiaとは?
2012年にベトナムで創業後、4年半の間にシンガポール、ベトナム、バングラデシュ、フィリピン、日本など、5カ国9拠点を構え、1000人規模のエンジニアを擁するまでに急成長しているグローバルIT開発会社。
詳細はこちら => https://framgia.com/

アーグスの語学学校で4時間英語を学びながら、Framgia(フランジア)の先生が教室に来てITの授業をしてくれるのです。そして3ヶ月学んだあとに、希望する学生がいればそのままFramgiaでインターンとして、海外で実際に働くことが出来ます。

そして実績を積んでFramgiaで社員になることも可能です。

つまり、学んだことを生かしてそのまま海外で働くことが出来る、しかも社員になることも可能だということです。海外で働きたいという目標がある方は、そのまま就職に直結しているので、留学前から目標を定めることが出来る良いプランだと思います。

IT留学に関してアーグス代表の早川さんと、Framgia代表の藤本さんの対談記事があるので参照ください。
▶︎ゼロからIT企業に就く最短の道「グローバルIT留学で新しい人生を踏み出そう!」

1.AHGSの場所と周辺にあるもの、治安、環境

AHGS留学体験談

それではまずはIT留学を詳しく説明する前に、アーグス自体の説明をしていきます。アーグスの校舎はアヤラモール近くにある『keppel』という建物の6階と7階にあります。6階が英語の授業用、7階がコールセンターとなっています。ちなみにこの建物の7階には日本大使館が入っています。

宿舎はアヤラモールから徒歩15分、車で5分ほどのところにあるサロッサホテルと、そこから徒歩5分のところにあるコンドミニアムの2タイプです。複数人部屋を選択した場合はサロッサホテル、1人部屋を選択した場合はコンドミニアムに滞在となります。

1-1.周辺にあるもの

学校の周辺にはセブシティで一番有名なアヤラモールがあるので、スーパーから日用品、レストランやカフェ、ジムから歯医者、マッサージまでなんでも揃っています。

お昼の1時間を使ってアヤラモール内でご飯を食べても間に合いますし、隣のビルに国民的ファーストフードであるジョリビーやGUSTOというイタリアンレストランもあります。

宿舎の周りにはセブンイレブン、大型スーパーFOODAがあります。サロッサホテル内には『月-TSUKI-』という日本食レストランも入っています。近くには安いフィリピン料理レストランも多くあるので、夜に留学生同士でご飯が食べられる場所がたくさんあります。

留学生には関係ありませんが、近場にコストコみたいな有料会員制のスーパーもあります。また、その近くに屋台が多く集まった施設もあり賑やかです。校舎周り、宿舎周り共に長期滞在するにあたっても全く不便はありません。

1-2.治安

アヤラモールはセブの中でも治安のいい場所ですし、宿舎の周りも治安は良いです。宿舎から学校まで徒歩15分〜20分ほどかかりますが、大通りをまっすぐ行くだけなので歩いて行っても昼間は問題ないです。夜は少し気をつけた方がいいです。

夜の一人歩きやカバンなどには注意して歩きましょう。

タクシーで宿舎に帰宅する際も、サロッサホテルはどのドライバーも知っている有名なホテルなので安心です。

1-3.環境

AHGS留学体験談

写真は学校が入っている『keppel』ビル。日本大使館やミニストップも入っています。

上記で書きましたが、校舎・宿舎共に立地がとても良いです。とても賑やかで交通量が多いですが、あらゆるものが徒歩圏内に揃っているので不便はありません。

宿舎は他の語学学校の宿舎にも利用されているサロッサホテルです。中堅クラスのホテルですが、大きいですし、ロビーやラウンジもあるのでそこで勉強することも可能です。もしちょっと出掛けて飲みたいのであれば、近くにキャッスルピークホテルというホテルがあり、そこの屋上のバーを夜に利用しても楽しいかもしれません。

*サロッサホテル自体も、イタリアンレストランとバー、日本食レストランが入っています。

2.空港に到着して宿舎にチェックインするまで

マクタン空港に到着したら、送迎を頼んでいる人は出口を出て右に行ったところにスタッフの方が待っているので、そこで合流して宿舎に向かいます。送迎を頼んでない場合は、自分でタクシーに乗っていきます。空港タクシーは400Pぐらいするので、タクシーに乗る際は右にずっと歩いて行った奥の方にあります。
参照:【もうボラれない!】セブ島タクシー攻略ガイド(料金表付き)

自分で行く場合でも、サロッサホテル集合となり宿舎に案内してくれるそうです。宿舎に到着したら、部屋の説明と書類記入、鍵を渡されます。その後簡単に、ランドリーに出す場所と近くにある大きいスーパーの場所を案内してくれて初日は終わりです。

水など簡単なものが欲しい場合は、サロッサホテル滞在であればサロッサホテル内や、歩いてすぐにところにセブンイレブン、1人部屋のコンドミニアム滞在であれば隣に小さい売店があるので利用しましょう。

3.留学初日の様子と実際の流れ

次に実際に体験した初日の流れと、IT留学の授業の様子をレポートしたいと思います。

3-1.ピックアップ

まず初日である月曜日は8時に校舎集合となっています。前日に7時30分の迎えのバスに乗ってくださいと言われるので、間に合うようにしましょう。

3-2.オリエンテーション

AHGS留学体験談

8時からオリエンテーションスタートです。まずはざっとアーグスについて説明があります。そのあとに滞在にあたってのルールや欠席について、治安についての説明があります。

3-3.学習アドバイス

そのあと、日本人英語講師から学習アドバイスがあります。めちゃくちゃ元気な日本人女性です。思わず圧倒されてしまいます!

3-4.レベルチェックテスト

9時頃から1時間半ぐらいかけて、レベルチェックテストがあります。内容はリスニング、ライティング、文法、リーディングです。スピーキングは翌日の授業にテストするとのことでした。

内容は正直言ってかなり難しかったです。テストの結果は翌日にはわかるのですが、私はオールビギナーレベルでした(笑)

AHGS留学体験談

オールビギナー。最近英語力上がってきたかなと思っていた矢先…切ない。

3-5.アヤラで両替と写真

テストが終わったら、アヤラモールへ出かけて両替とID用の写真撮影をします。戻ったら現地支払い分を払うので、その分は最低でも両替する必要があります。

3-6.お昼タイム休憩

1時間お昼休憩タイムが入ります。アヤラモールへ行ったり、14階にある食堂へ行ったりします。私たちはバッチメイトと隣のビルにあるジョリビーでご飯を食べました。

3-7.0円留学プランの人はコールセンターの説明

午後からは0円留学プランの人はコールセンター業務の説明があります。他の有料プランで来ている人はここで終わりで、午後はフリーだったそうです。私はコールセンターの業務はしませんでしたが、0円留学の人がどんな説明を受けるのか、実際に軽い研修に参加して聞いて来ました。

まずは挨拶研修。大きな声で発声する練習をしました。そのあとにオーナーからコールセンター業務について説明があります。その後、2人1組になって日本語で自己紹介が始まりました。

3分間自己紹介をして、1分間相手に質問をして、3分自己紹介を聞いて相手のいいところを相手に伝えるということをやりました。正直かなり恥ずかしかったですし、相手のいいところを伝えるということは普段やらないので緊張しました(笑)

ですが、これをすることによって相手のことがよく見えてきて仲良くなることができたり、恥ずかしさが消えたので、やってみて良かったと思いました。自己紹介した人とは、その後はどこかですれ違ったりしても挨拶し合う仲になるのでいいきっかけになります。

当日のオリエンテーションはこれで終わりです。0円留学の人はその後配属先などが決定するそうで、もう少しだけ説明を受けていました。時間はだいたい16時前後で終わります。

その後はフリータイムです。

アーグスでは授業は9時から開始なので、翌日の授業に向けてしっかりと休息をとりましょう!

4.コース別の内容

アーグスには、0円留学、IT留学、ガチ留学、ダイビング留学、2カ国留学、ダイエット留学の合計6種類のプランがあります。0円留学の人が全体の8割ほど、その他2割という割合だそうです。

今回はIT留学を体験してきたので、IT留学の内容について詳しく書きたいと思います。0円留学とその他にも少し触れますが、そこまで詳しくないので、詳しい内容は学校に直接問い合わせてみてください。

4-1.IT留学

AHGS

4時間の英語の授業+4時間のITの授業というプランです。他の学校と違うところは、海外就職に直結しているという点です。日系グローバルIT企業であるFramgiaが提携しています。

3ヶ月学んだ後に、希望すれば必ずインターンとして海外で働くことが可能だそうです。その後も希望すれば能力によって社員になることも可能です。海外就職を視野に入れている人は、かなりおすすめのプランとなっています。

4-2.0円留学

アーグス

4時間英語の授業、4時間コールセンターでお仕事をするというプランです。4時間コールセンターの仕事が入る代わりに、授業料と滞在費が無料になるという仕組みです。お金がないけど留学したい、少しでも節約したいという人にはオススメです。

AHGS留学体験談

実際のコールセンターの様子。スケジュールは基本土日にコールセンターの仕事がある場合が多く、平日に休みにしている場合が多いです。皆さん真剣に仕事をしていました。部署によって取り扱うものが変わってくるそうです。

4-3.その他プラン

・ガチ留学

AHGS

0円留学は無料の代わりにコールセンターで働きますが、そうではなく有料でもがっつり勉強したい人向けのプランです。4時間または8時間と授業数を選ぶことができます。自分専用の席で勉強できるので、がっつり勉強したい人におすすめです。

・ダイビング留学

AHGS

2日間使ってダイビングライセンスを取得、1日ジンベイザメウォッチング、1日アイランドホッピングとセブのおすすめを余すことなく行き尽くすプランです。その他英語も36時間ほど勉強できるので、ほどよく勉強し、ほどよく観光したい人にぴったりのプランです。実際に留学している人を見たのですが、楽しそうで羨ましかったです。

5.実際の客層とバッチメイト

2017年6月半ばに私がいったときは、バッチメイトは私の他に3名でした。ですが、前週は11人ぐらいいたというので今回は少ないみたいでした。今回は珍しく、0円留学の人、ダイビング留学の人、ガチ留学の人、そして私のIT留学と見事にバラけていました。

バッチメイトの年齢はみなさん(恐らく)30歳オーバーでしたが、本来アーグスは0円留学がメインなので、20代前半が多かったです。学校全体で生徒数は100名前後、比率的には0円留学生が8割、その他2割という感じです。

コールセンターの仕事があるので、生徒は全て日本人でした。

6.AHGSの施設・宿泊施設

次にアーグスの施設と宿泊施設について書いていきます。宿泊施設に関しては、複数人部屋はサロッサホテル、1人部屋はコンドミニアム滞在という分け方です。複数人部屋は6人と10人部屋だそうです。

コンドミニアムはサロッサホテルから徒歩3〜5分ほどのところにあります。実際にサロッサホテルの部屋は見ていないので、今回はDoor22という1人部屋中心に紹介していきます。

サロッサホテル
複数人部屋はサロッサホテル利用です。6人部屋か10人部屋のどちらかで、どっちに入ることになるかは当日にならないと分からないそうです。10人部屋といってもトイレシャワーは2つ以上ついているそうなので、不便はないようです。

サロッサホテルは詳しくはわかりませんが、通常の宿泊客とは違う位置づけなので、もしかしたらトイレットペーパーやタオルなどはない場合があります。清掃も週に3回です。

かなり大人数になりますが、ファミリータイプの部屋なので、部屋が2つぐらいありダイビングスペースとキッチンがついているそうです。

Door22

AHGS留学体験談

サロッサホテルから徒歩3〜5分ほどのところにあります。コンドミニアムでキッチン付きのアパートという感じです。キッチン付きですが、キッチン道具は一切ないです。長期滞在でしたら道具を揃えてもいいとおもいます。

ドライヤーやトイレットペーパー、タオル類は一切ないので持って行く必要があります。

AHGS留学体験談

大きくゆったりとしたソファーもあります。

AHGS留学体験談

大きい姿見もついています。

AHGS留学体験談

ベッドはセミダブルほどの大きさでした。作りは日本でいう1DKぐらいでしょうか?そこそこ広くて快適です。

AHGS留学体験談

大きいクローゼットがあります。長期滞在の人はコンドミニアム滞在がおすすめです。

AHGS留学体験談

テレビもついていますが、さすがにNHKは映らなかったです。(笑)

AHGS留学体験談

シャワーは温水、水圧も問題ありませんでした。

AHGS留学体験談

トイレと洗面台。水回りは綺麗で快適でした。

AHGS留学体験談

隣にチョコレート専門のレストラン、反対には飲み物やお菓子が売ってる小さい売店があります。何時までかわかりませんが、水の他にジュースやお菓子があるので、スーパーへ行くよりはここで買った方が楽です。

6-2.施設

次はアーグスの学校施設について説明します。アーグスは6階と7階に学校があり、6階が英語レッスン部屋、7階がコールセンター専用となっています。

ビル自体に3つエレベーターが設置していますが、エレベーターが来るのが遅いです。5分〜7分は待機すると思っていてください。

AHGS留学体験談

コールセンターと授業部屋共にこのようなセキュリティがついています。

AHGS留学体験談

6階、7階共にロッカーがついています。荷物を保管しておくのに便利です。また、7階のコールセンターは携帯電話持ち込み禁止なので、必ずロッカーを使う必要があります。この写真は7階のロッカーです。

AHGS留学体験談

6階の英語授業部屋です。0円留学の方はこの仕切られた席でマンツーマンレッスンを受けます。

けっこう隣との距離が近いです。

AHGS留学体験談

最初は周りの声や雑音が気になるかもしれませんが、意外とすぐに慣れますのでご安心を。

AHGS留学体験談

これは6階のロッカーです。

AHGS留学体験談

楽しそうな写真が飾ってあります。

AHGS留学体験談

卒業生が書き残していったメッセージボード。

AHGS留学体験談

0円留学の人は授業の度に席を移動しますが、有料留学プランの人(ガチ、IT、ダイビング、ダイエット等)は固定席制となっています。席もかなり広く授業の合間の休憩に自習できるので快適でした。

AHGS留学体験談

このような感じで、仕切りの壁に自分の名前が書いてあります。

AHGS留学体験談

こちらは14階にあるビルの食堂です。アーグスの生徒も利用できます。料理はフィリピン料理で値段はおおむね100P前後で食べられます。最初にこのカウンターでどれが欲しいか伝えて、お皿に盛ってもらいます。

AHGS留学体験談

その後、後ろにいるこのおばちゃんのところに行ってお会計をしてもらいます。細かいお金を持っていくようにしましょう。

AHGS留学体験談

室内と半テラスのところで食べることができます。テラス席は暑いですが、お昼時でも全然混んでいなくゆったり過ごせるので私は好きでした。

AHGS留学体験談

ご飯とおかず2〜3品で100P前後(230円)です。

学校の施設は以上です。

7.食事内容・洗濯・清掃

つぎに生活にかかせない、食事や洗濯・掃除について紹介していきます。

7-1.食事

食事は3食共自分で好きなところで自由に食べるスタイルです。朝は宿舎と校舎をつなぐシャトルバスが7時30分から出ているので、早めのバスに乗ってアヤラモールなどで食べるのもよし、宿舎近くで食べるのもよしです。

お昼はアヤラモールはもちろん、校舎があるビルには食堂が入っていて安く食べることが出来ます。おかず2〜3品、ご飯を選んで100P前後です。味は結構美味しいですが、クーラーが効いていない食堂なので暑いです。

私はアヤラモールと14階の食堂で主に食べていましたが、他の生徒は14階にあるミニストップで買って学校で食べている人も多かったです。サロッサホテル、コンドミニアム滞在共にミニキッチンがついているので、朝や夜は自炊するのもいいかなと思います。

7-2.洗濯

洗濯も各自でやります。近くにあるランドリーに出してもいいですし、手洗いするのもOKです。サロッサホテル、1人部屋滞在共に近くに3軒以上のランドリー屋さんがあるので便利です。どこも1キロあたりだいたい23〜25ペソで洗濯可能です。

出来上がるのに2日間ほどかかるので、余裕を持って出しましょう。私が滞在していたDoor22には、小さいベランダがついていたのでそこで自分で洗濯して干していました。

7-3.清掃

掃除はサロッサホテルは週に3回、1人部屋は週に1回の掃除となっています。ですが、私は1週間滞在でしたが、月〜金まで滞在していて一度も清掃はありませんでした。何曜日に清掃が入るのかは不明です。もしかしたら土日に入るのかもしれません。

ゴミなどは管理人に出せば捨ててもらえるようです。

8.インターネット回線について

サロッサホテルの場合はホテルのWi-Fiを利用します。パスワードが毎日変わるらしく、毎日フロントまで聞きに行かなければいけないのが難点。そして回線が1つだけなので、夜になるとかなり遅いです。

Door22のネット回線もかなり不安定でした。私は一度も繋がずに過ごしました。他の生徒も「かなり不安定で繋がらない場合が多い」と言っていました。校舎にもWi-Fiがいくつも飛んでいましたが、こちらのWi-Fiは安定して繋がりました。

9.ITと英語の授業を受けた内容と感想

私が留学した時にはすでに2週間分のカリキュラムが終了しており、3週目の授業から参加しました。

最初の2週間でプログラミングの知識を身につけ、私が参加した3週間目ではマネジメントの授業でした。

9-1.AHGSでのIT留学概要

AHGS留学体験談

まずアーグスのIT留学について簡単に説明したいと思います。アーグスのIT留学は2017年5月後半に始まったばかりで、私が留学時は生徒1人、IT留学の初の生徒と一緒に勉強しました。

アーグスのIT留学は、語学学校であるAHGSと、日系グローバルIT企業であるFramgiaが提携して提供しています。内容は4時間の英語の授業と、4時間のIT授業で週に5日間、3ヶ月間学びます。

同じIT留学でもネクシードはバックエンドエンジニアやiOSアプリエンジニア、Kredoはフロントエンドエンジニア向けの授業を学ぶのに対し、アーグスではソフトウェアQAという職種を目指して勉強します。

そして能力次第でそのままFramgiaでインターン→社員として働けるそうです。
ハードルが高いプログラマーとしてではなく、最初はソフトウェアQAを目指し、その後プログラマーになったりできるそうです。

では実際3ヶ月でどんなことを学ぶのか見ていきましょう。

3ヶ月(12週間)をまず4つに分けるそうです。

はじめの2週間→プログラミングの基礎の勉強。HTMLやCSS、PHPなど基礎的な部分を学びます。
3〜4週目→プロジェクトマネージメント。プロジェクトをどうやって進めるのかを学ぶ。
5〜8週目→実際の案件に入って仕事をする。研修みたいな感じで仕事をしながら、システムのチェックをする。
9〜12週目→実際に自分でチェックリストを作れるところまでやる。

その後、希望があればそのままFramgiaでインターンへ。そして社員へとステップアップできます。

授業は全てFramgiaのフィリピン人エンジニアが英語で行います。

それでは次に実際に私が受けた授業内容をさらっとご紹介していきます。

9-2.実際の1週間

▪️1日目
前週までプログラミングの基礎知識の授業でしたが、今日からマネジメントの授業です。SDLCを使って実際どんな流れでシステムを作っていくのか説明してくれました。

SDLCとは?
システム開発ライフサイクル(英: Systems Development Life Cycle、SDLC)とは、システム開発、特にコンピュータシステム開発のモデルまたは方法論である。

AHGS留学体験談
授業はフィリピン人講師が作った素晴らしいプレゼンを用いて行われます。

1、プランニング
2、要件の定義(Requirement)
3、製品のアーキテクチャの設計(Design)論理設計 ロジカルデザイン 画面レイアウトスクリーンレイアウト データフォロー、セキュリティデザイン データベースアーキテクチャなど
4、製品の構築または開発(coding)
5、テスト(Test)製品のテスト、報告、再検査
6、マーケット展開とメンテナンス

このような流れで実際のプロジェクトは進められていくそうです。その説明を1つずつ詳しく説明してくれます。ただ講義を聞いて入るだけではなく、実際に考えて意見を述べたりすることも多いです。

AHGS留学体験談

授業初日は、目玉焼きの作り方を英語で順序踏まえて書くこともやりました。プレゼンテーションはフィリピン人講師があらかじめ日本語翻訳してくれていて、日本語でも記載してあるのですごくわかりやすいです。

▪️2日目
2日目はwaterfall modelとV-modelについて勉強しました。waterfall、つまり上から下へ順に流れていくということで、それに適応してシステム開発をします。

waterfallの利点は、わかりやすい、要件の安定、管理制御しやすいという点です。逆に弱点としていくつか説明がありました。いつどうういった時に使われやすいかなど、知らないことが沢山です。

2日目は実際に折り紙で箱を作るアクティビティをやりました。

AHGS留学体験談

時間内でいくつ、エラーなく作れるかを競ったのですが、見事に負けてしまいました(笑)

▪️3日目
3日目はAgile modelについて学びました。Agile modelは反復(イテレーション)することでリスクを最小限にする方法です。常に検査(インスペクション)と適応(アダプテイション)をしながら開発を進めていく方法です。

近年はこの方法を取って開発することが多いらしいです。実際にこのAgile modelを使って開発アクティビティをしました。今日はストローを使ってタワーを作るというアクティビティです。

AHGS留学体験談

2人1組になってストロータワーを組みたてている風景

より高く、より美しく、より丈夫に作ったチームが勝ちという採点方法です。Googleなどで作り方を調べずに自分たちでイメージし、デザインをして、実際に作っていきます。

Agile modelをつかって、10分間作り、5分間でプランを見直し、10分でまた作り、また見直して〜を何回か繰り返して作っていきました。

ウォーターフォールモデルのときの箱の折り紙のときと違うのは、常に手を止めてチェックする時間があるというところです。これによって再プランニングをして、よりしっかりとした開発を進めることができます。

AHGS留学体験談

見にくいですが、私のチームは土台を四角にしたタワー、相手チームは流線型の美しいタワーが出来上がりました。このアクティビティを通して、常に見直すことの重要さを理解しました。

結果は負けました!(笑)

▪️4日目(最終日)

AHGS留学体験談

月曜日が祝日で学校はお休みでしたので、4日目が最終日でした。この日はvalidation(検証)を学びました。それと私が最終日だったこともあり、今週習ったことのおさらいをしました。

9-3.授業を受けた感想

AHGS留学体験談

IT留学メンバー

IT留学だからプログラミングをやるんだろうと思っていたら、マネジメントの授業だったので驚きました。このマネジメントが終わったら実際の業務に入りながらテスト作業をするそうです。

他のIT留学とは違い、就職に直結したプランなんだなと改めて実感しました。外資系企業に就職したい人はもちろん、就職活動を控えている大学生にとっても、実際の業務に入ってテストして考えたりするので、この経験はかなり良いと思いました。

また、授業の内容も毎回先生が丁寧にスライドを使って説明してくれ、また日本語で翻訳してくれているので理解しやすかったです。授業は全て英語ですが、先生の発音はとても綺麗で、聞き取りもしやすく、時折日本語を交えたりしてくれるので楽しかったです。

授業ではよく「これについてどう思う?」と意見を求められます。正直言ってマネジメントという難しい話題で、自分の意見を英語で言うのは苦労しましたが、このたった4日間の授業でリスニング力+スピーキング力は劇的に伸びたと実感できました。

また、なんて言えばいいのか悩んでいても、先生は「日本語でいいよ!きっと誰かが英語にトランスファーしてくれるから!」と言ってくれるので、気が楽でした。それでも皆さんちゃんと英語で意見を述べていたので、さすがだなと思いました。

ソフトウェアQAだけでなく、プログラマーとしてスキルをあげることもできますし、マネジメントを学ぶのでプロジェクトマネージャーなどの道も開くことができると実感できたIT留学でした。

3ヶ月の卒業後はFramgiaにいくこともできますが、強制ではないので自分で就職先を探すこともできます。3ヶ月で4時間の英語の授業だけでは英語力は伸びないと思いがちですが、ITの授業も英語ですごく集中して英語を聞いたり話したりするので、劇的に伸びそうです。

しっかりとした目標、特に外資系や海外で働きたいと思っている人にとったら、ほぼ100%インターンとして働けるので、狙っている方はすごくおすすめします!英語スキルだけではなかなか外資や海外では働けませんが、このITスキルがあれば就職できる可能性が広がります。

10.この学校を特にオススメしたい人は?

・大学生で海外インターンシップで働き、社会人経験をいち早くしたい方
・節約しつつ、留学でマンツーマン授業で英語力を伸ばしたい方
・留学後に世界一周・ワーホリを検討しており、節約しながら英語を学びたい方
・フリーターで現在何もスキルがないが、ITスキルを身につけて国内外で就職を目指そうとしている方

アーグスにはいくつも魅力的なプランがあるので、かなり幅広くおすすめできます。IT留学で海外就職を目指している人はもちろん、ガチ留学で真剣に英語の勉強をしたい人、ダイビング留学で綺麗な海でリラックスしながら、英語の勉強もしたい人。

そしてアーグスのメインである、お金はないけど留学したい人など、幅広くいろいろな人にオススメできる学校です。複数人部屋はかなり大人数になりますが、1人部屋滞在も月に3万円ほどの追加なので、1人部屋にしても安く収まります。

大学休学期間中に留学していろいろな経験を積んだり、世界一周前に英語力を身につけるのもよし!色々な可能性を秘めているそんな学校です。特におすすめしたいのが、IT留学です。

すでに海外で働きたいとしっかりとしたビジョンを持っているのであれば、ここのIT留学で学べばインターンまで直結しています。留学後に自分で就職先を探す必要がないのは計り知れないメリットです。

11.私が思う、物足りなかった点や注意点

英語の授業4時間とITの授業4時間を受けてきましたが、かなりハードな印象でした。英語4時間後に、難しいITの授業なのでかなりスタミナが必要です。後半は眠くなりがちですが、それを理解してか先生が手を動かすアクティビティを用意してくれているので、さすがだなと思いました。

また、ITの授業は英語で受けるので、全く英語ができない人は難しいと思います。先生が要所は日本語で訳してくれていますが、それでも日常英会話で使わない単語がたくさん出てきます。

不安な人は、3ヶ月程度英語の勉強をしてからIT留学を受けることをおすすめします。

ただし、0円留学に関しては英語の授業の科目は決められていて選ぶことはできません。有料プランの人はスピーキングを2時間に増やしたり、他の教科を入れたりできるそうです。

また、有料ですが文法の授業に関しては日本人講師に変更できます。初心者の方は文法を日本人講師に変えてもいいかもしれません。実際に受けましたが、かなりためになりました。自分の英語がどんなクセがあってなにが使えてないかはっきりわかったのは良かったです。

1つ難点としては、教室自体がクーラーが効いていないのかとても暑かったです。扇風機のみでした。あと、ビルのエレベーターが来るのがとても遅いので時間には余裕を持って行動する必要があります。

12.今回の留学で思ったこと、ここに留学する人に向けてのメッセージ

正直、アーグスはお金がない人たちが集まる学校だと思っていました(すみません笑)。ですが、実際に学校に行って授業を受けて、色々な生徒に会って話を聞いたり、オーナーの早川さんやインターン生徒の話を聞いていると、他の学校にはない、かなり明確なビジョンを持った人が集まる学校なんだとわかりました。

社会人として必要とされる人材になるための学校、英語+アルファが習得できる学校です(コミュニケーションやビジネスマナー、ITなど)。

ただ学費を0にするために働いているのではなく、仕事+勉強をするという習慣を続けることによって意識が変わり、世の中に必要とされる人材になります。そのための0円留学であり、その意識がないと0円留学を数ヶ月続けるのは難しいです。

ですが、これを数ヶ月達成したあとは、日本に帰っても仕事しながら勉強する習慣が身についているため、あらゆることにチャレンジできます。仕事をして疲れ果ててなにもできないのではなく、しっかりと勉強する習慣も身につけて羽ばたいて欲しいです!

また、0円留学は研修があるため、生徒全員きちんと挨拶してくれますし、元気です。今まで行った学校では校舎内を歩いてても挨拶されませんでしたが、ここのアーグスに来てはじめて会うのに元気にみんな挨拶してくれて驚きました。

日本人スタッフも多く、どの先生も分野外のことでもきちんと対応してくれるので印象はかなり良かったです。

ぜひ、ここで色々な英語+アルファを身につけて世界へと羽ばたいてください!

▶︎今回留学したAHGSへのお問い合わせはこちらからどうぞ

その他の学校はこちらからどうぞ。
1校目:【FEAプレミアム校】
2校目:【ファーストイングリッシュ】
3校目:【QQEnglish ITパーク校】
4校目:【3D ACADEMY】
5校目:【NexSeed エンジニア留学】
6校目:【QQEnglish シーフロント校】
7校目:【TARGET English Academy】
8校目:【Cebu American English Academy】
9校目:【Kredo】
10校目:【AHGS ENGLISH ACADEMY】
11校目:【IDEA ACADEMIA】
12校目:【UV-ESL】

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表
美穂

俺セブ専属ライター
世界をのんびり旅しながら俺セブでライターの仕事をしています。プチノマドワーカー。

現在17カ国、42都道府県制覇。

スキューバダイビング好きで、ダイブマスター所持。

----現在訪れたダイビングスポット----
サイパン・グアム・パラオ・プーケット・バリ島・セブ島

沖縄本島・石垣島・宮古島・奄美大島・小笠原諸島父島・大島・神津島・三宅島・八丈島・御蔵島(スノーケル)・伊豆半島・葉山

などなど...タンク本数はトータル300本前後です。

私運営のセブ島情報HPあるのでよければ見てください。
http://tabi-jyoshi.com
http://tokyo-girls.top

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。

Please enter your comment!
Please enter your name here