みなさん御機嫌よう。

セブおよびフィリピンの最新情報をお伝えする『最新トピック』。
今回は、フィリピンの WiFi 環境についての情報をご紹介いたします。

フィリピンを訪れている留学生を悩ませるのが、WiFi 接続のスピードの遅さ。
メールチェックや日本との連絡のために利用するチャットアプリなどは特に問題なく使用できますが、大容量データのダウンロードや動画の閲覧などでは、ストレスを覚える人も多いのではないでしょうか。

そして、『雨が降ると急激に WiFi 速度が遅くなる』という謎の現象も留学生の間ではもはや常識となりつつある、「フィリピンあるある」。

そんな状況を打開すべく、フィリピン政府が WiFi 接続環境の向上に動き出したという話題です。

4G 通信速度 世界最低水準

これまで長年、フィリピンはインターネットの通信速度においてあまり良い評判を得ることができていません。

現在、インターネット接続はパソコンよりスマートホンなどのモバイル端末で接続することの方が多いというのが、世界的な傾向となっています。その点はフィリピンも例外ではなく、マニラでのスマホ保有率は、2012年時点で 27.1%だったのに対し、2016年には 88.9%と劇的な増加を見せています(博報堂調べ)。

ところが、フィリピンの第4世代(4G)移動通信システムの通信速度は世界最低水準という不名誉な調査結果が報告されています。


https://opensignal.com/reports/2016/11/state-of-lte#wifi

増大する SNS 利用者数

そんな通信速度の遅い環境でも、フィリピンの一般市民のインターネット利用頻度はとても高い状況です。
どんな目的で利用しているのかというと、最も多く利用されているは SNS。


引用元:https://wearesocial.com/

最新のデータでは、人口約1億人のフィリピンで SNS 利用者はなんと6000万人。
人口比率から考えても、フィリピン人の SNS 利用熱は非常に高いことがわかります。

実際にセブの街を歩いていると、いろんなところでスマホで写真を撮って SNS にアップロードしている人を見かけることができます。

ついにフィリピン政府が本腰を入れる

このように、インターネットの需要は非常に大きいのに、利用するためのインフラが整っていないフィリピン。インターネット接続速度の遅さによって被る機会損失は決して小さくはありません。

そこで、ついにフィリピン政府が動き出しました。
同国政府は、およそ30億ペソ(約67億円)を投じて、全国の公共施設に無料 WiFi の設置に乗り出しています。

今年6月中旬には、フィリピン情報・通信技術省(DICT)が中心となり、マニラ首都圏のエピファニア・デ・ロス・サントス通り(EDSA)沿い全長24キロに渡る高速インターネットサービスの提供を試験的に開始しました。

また、同じくマニラ首都圏を走る MRT のライン3の13駅すべてにも WiFi を設置するため、すでに作業が開始されています。

これは、昨年(2016年)に行われたドゥテルテ大統領の一般教書演説のなかで公約に掲げていた、全国規模のブロードバンドネットワークの構築を実現させるための一連の施策の最初の一歩となります。

年内中に国内13000カ所のホットスポット設置

DICT 高官であるリオ氏の話によると、今年中に13000カ所の WiFi ホットスポットを設置する計画とのことです。

さらに同氏によると、この13000カ所のホットスポットは主要都市だけでなく、農村や郊外など全国各地に範囲を広げる予定とのことです。

ちなみに、現在(2017年7月)の WiFi ホットスポットは全国で318カ所。今年中に13000カ所の設置となると、かなりの急ピッチでの設置となります。

無料 WiFi が設置される公共施設には、学校病院空港公園などが含まれます。全国各地のこうした施設で無料の WiFi が利用できるとなると、インターネット接続の利便性が劇的に向上すると思われます。

コワーキングスペースでは、いまでも WiFi 接続快適。こちらの記事もご参照ください。

【厳選】Wifi サクサク!?セブ市内おすすめコワーキングスペース 4選

おまけ

余談ですが、携帯電話キャリアの Globe が提供する無料 Wifi サービス、『 GoWiFi 』があります。セブでは、アヤラショッピングモールなどがホットスポットとなっており、最大30分間のインターネット接続が無料で利用できます。

※利用手順はこちらをご参照ください: http://www.globe.com.ph/gowifi#gowifi

また、フィリピンの携帯電話番号を持っていれば、有料で1日、3日、30日の3つのプランで同サービスを利用することが可能です。

http://www.globe.com.ph/gowifi#gowifi

ちなみに、アヤラショッピングモールで同サービスを利用すると、午前10時頃までは WiFi 接続スピードがとても速くて 100M を記録することもあるとか・・・。

この噂、どなたか検証してみてください。

ますます便利になるフィリピン。
もうセブ島留学でインターネット接続でストレスを感じなくなる日が来るのも近いかもしれません。

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

CoReDi Connection 代表
・ファイナンシャルプランニング
・企業マーケティングコンサル
moro moro project 代表
・台日友好音樂會「音繋」主催

大手旅行会社で営業職を務めた後、2004年に渡英。英国のホテルで約2年にわたり多国籍のスタッフとともに働く。
帰国後、大手金融機関の新規事業部立ち上げに参加。企業のM&A、海外進出支援、CO2削減の取り組みなど多種にわたる事業に従事。上場企業の社長・役員に直接コンタクトを取り、電話&メールのやり取りだけで3ヶ月で2億円を売り上げ話題に。

その後、検索エンジンで有名な米国大手IT企業の新規プロジェクト立ち上げにスーパーバイザーとして参加。新製品の日本市場導入準備を担当、のちに法人向けクラウドウェアサービスを担当し、再び多国籍のスタッフとともに働く。

2015年に渡比。
2017年までセブ島の韓国系、日系の語学学校マネージャーを歴任。

現在はセブを拠点に東京、台北などで複数のプロジェクトを手がける。

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。

Please enter your comment!
Please enter your name here