一般

完全英語環境の職場で、問題なく働けるように英語を日本とカナダの語学学校で猛勉強!さらにレジメ(履歴書)は留学エージェントのレジメクリニックとインターネットうまく活用して素晴らしいレジメを作成!

そしてついにあこがれのワーキングホリデーのカナダ留学で、完全英語環境の仕事をゲットしました!あとは異文化コミ二ケ―ションを体験しながら、英語を楽して伸ばしていこう!

…でも、待って下さい。

日本人が全くいない職場環境で働いたことがありますか?実は皆さんが想像しているよりも、よっぽど厳しいかもしれません。

当たり前ではありますが、カナダは日本と比べて文化が違うためにあなたの常識は非常識になる可能性を含んでいるのです。ここでは日本人が全くいないような職場で、仕事の経験があるカナダ留学のスペシャリストが皆様のためにアドバイスとしたいと思います。

完全英語環境はどういったものなのかみなさんに知っていただきたいと思います。

ある程度の英語力が必要

カナダで英語環境のオフィスで働きたいと考えている人は本当に多いですが、英語環境の職場で働けるチャンスがあり、働いてみたものの長続きしないで途中でやめてしまうという事もよくあります。

また英語環境で働けるほどの英語力がないために、留学生が英語をそれほど使う必要のない職場で働きだすという事も実際にはよくある事なのです。この一番の原因ですが、英語力不足につきます。

英語環境で働くために必要な最低ラインは、TOEIC500点と考えてください。他のアドバイスとして、あなたが日本でしていた同じ仕事をカナダで探すというのも手です。日本でその分野での経験があるので、仕事を探すときにもプラスに働きます。

英語環境なら英語力が絶対に伸びるとは限らない

英語環境にいれば英語は伸びやすいのは確かですが、それでも絶対に伸びるとは限りません。特に外資系のレストランにあるキッチンやコーヒーショップの夜勤などで働いていたりすると、英語環境にいても英語を使う機会にそれほど恵まれず、英語を伸ばせないと言うようなことになりかねません。

ですので同僚に日本人がいないとしても、その職場には英語を使う機会がたくさんあるのかどうかという事は、仕事を探す段階で調べておきましょう。

英語環境で働くチャンスを掴んだ後は、できるだけその職場で英語がしゃべれる同僚などを友達にできればベストです。職場だけではなくプライベートでも映画やカラオケなどのアクティビティーに一緒に行ければ、もう英語上級者の道は開かれたも同然です。

英語を伸ばすコツ、それは簡単で、英語を喋らなければいけいないような環境に計画的に自らを追い込む事なのです。完全英語環境の職場とは、その環境の一環なのです。

仕事や遊びにメリハリがある

日系と外資系の大きな違いで、欠点でもありますし、利点であることがあります。それは、カナダ人(特に欧州系のルーツの方ですが)の仕事とバケーションのメリハリが大きい事です。

仕事をしているときは仕事だけに集中をして、バケーションのときは思いっきり遊ぶ。ですので仕事も残業をせずに時間通りに終わる事が多いです。

ただし残業が全くないというわけではありません。時によっては残業になってしまうかどうかわからない、と言うような時もよくあるのですが、そのような時には信じられないようなスピードで仕事を終わらせたりと、このような事を火事場の馬鹿力とでも言うのでしょうか?

また時によっては同僚と仕事の後にバーなどでお酒を飲むことがあります(日本でいう付き合いのお酒ではないです、個人の意思が完全に尊重された飲み会です)。翌日に仕事があるにも関わらず、バーで寝てしまうほどお酒を飲む人もよく見かけます。

この場合はメリハリがあるというよりも、度が過ぎていると考えるほうが自然かもしれません。

最初はチームワークは期待できない

日本人がいない職場で働く最大の欠点と言っても過言ではないかもしれません。同じ文化で育っていないという事がこれほど影響するとは!と一度は考える事になります。

日本では以心伝心と言う言葉があるように、ある程度の事は直指示がなくてもお互いは理解はできますが、カナダは移民大国として知られており、社長がイタリア人で、部長がドイツ人で、課長が中国人で、私が日本人と言うような事はどこの会社でもよくある事なのです。

ですので、常識と言っても生まれた時代や文化や宗教などで多少は変わってきます。ですのでチームワークをよくするにはお互いをよく理解する事も非常に重要な事なのです。

そのツールの英語の上達は本当に重要ですね。このような環境で仕事を始めた場合は、あなたの仕事の義務がどこまでなのか、上司しっかり確認しておく必要がありますので忘れないでください。

職場の空気を読む必要はない

カナダワーホリの仕事で英語力を飛躍的に伸ばせる仕事ベスト10

日本だと職場で空気を読むという事は非常に重要ですが、カナダの外資系の仕事では日本ほど職場の空気を読む必要はないです。これは外資系で働く最大の利点の一つです。

上司が残っているからと言ってあなたも残る必要はありませんし、上司もあなたが残っているから残業という事もありません。ですので、あなたの仕事が終わればすぐに家に帰れます。

またカナダの職場では日本と同じように、ある程度の期間を同じ会社で働くと有給休暇を職員に与える事が義務になっています。そして日本と違う所は、職員のほぼ全員が有給の全日消化をする事です。

一般的な社員などはもちろんの事、管理職である課長や部長クラスの人も有給休暇は前日消化が当たり前です(ただし日系の企業は異なります)。ですので他の人が有給休暇を消化している中、あなただけが有給休暇を使わないとすればやっぱりおかしいですよね?郷に入れば郷に従えです。

自分の意見は正直にはっきりと

私が捨てた7つの英語常識 ④「日本語で考えてから英語に訳す」は捨てなさい。

カナダの日系以外の会社では基本的に残業はありませんが、あなたがもし他人の仕事をきっぱりと断らないと、他人がするはずの仕事を自分の残業としてするはめになります。ですので、同僚があなたの仕事以外であなたに残業をするように聞いてきた場合は、きっぱりと断りましょう!

これは日本の会社でもカナダの会社でもある事ですが、自分の仕事のはずなのに他人に押し付けてくることがよくあります。そこで何も言えないと、残業はすべてあなたがやる事になってしましますので、NOと言える勇気を持ちましょう。

日本では自分の意見を正直に言う前に、相手の気持ちを考える事が一般的なマナーとされていますが、日本と比べれば自分の意見を正直に話すという事がカナダ社会の中では一般的によく見られることです。

自分の意見を正直にはっきり言う事は、あなたと言う個性を他の人に理解してもらうという事なのです。そしてカナダはこの個性と言うものが非常に重要です。あなたが学校で出会った人や職場の人をどのような人か知りたいように、また他の人もあなたがどのような人なのかを知りたいのです。

カナダではそのような機会に自分の個性を出さないようにしていると、自分の意見を言わないようにして回りに遠慮しているとは考えてきません。そもそも自分意見がない人“つまらない人”と言うような扱いになってしまいます。

日本で一般的に自分の意見を正直に言えませんがカナダでは問題はありません。突っ走ってください!

まとめ

日本人が全くいない職場は日本国内だけで考えれば珍しいかもしれませんが、カナダではむしろ当たり前の事です。カナダで外国人しかいないような職場で働いているにもかかわらず、日本の職場で働いているようにふるまってしまうと同僚などとお互いの考えを理解できない事はもちろんの事です。

さらに誤解を生みかねません。それが原因で、仕事がうまくいかないなどでストレスがたまってしまいます。先ほど書きましたが郷に入れば郷に従えです。新しい職場なのですから考え方も一新して臨機応変に対応していきましょう。

同じ著者のその他の記事はこちらからどうぞ
▶︎【ワーホリカナダ】日本では経験できない、就労可能なおすすめの7つの仕事
▶︎海外留学はTOEIC500点を目標に!カナダ留学スペシャリストがその理由をご紹介します
▶︎留学経験者が赤裸々に語る!多くの人が陥るカナダ留学失敗あるある12選

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

カナダ留学のスペシャリスト

カナダ在住10年目、2006年にワーホリでトロントに来てからレストラン、携帯ショップなどのワーホリ生活を体験。その後、語学留学後に2008年からトロントにある大学に通い2012年に卒業。

大学在学中は、トロントにある2つの留学エージェントへの勤務経験、日本人留学生向けの英語教師などを行う。
2013年より「通関士」として貿易関係の仕事に従事。

ワーホリ、語学留学、正規留学、正規社員までをカナダで経験してきた、言わばカナダ留学のスペシャリスト。

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。

Please enter your comment!
Please enter your name here