セブ島QQEnglishシーフロント校に堀江貴文さんとHIUの方100名がいらっしゃいました!

HIU合宿二日目

1日目の様子はこちら

セブ島は7月から10月付近までは雨季シーズンで、今年の7月上旬も例外ではなく、ここ1週間で雨が降らなかった日は一日もありませんでした。

セブ島の天気
weather-and-climate.com

セブ島は6月から11月が雨季のピーク。

実際HIU合宿の1日目も雨が降っており、QQEnglishの藤岡さんは雨の日の場合のイベントを検討していたぐらいです。ただ、堀江さんに「明日晴れますから、その準備いりませんよ。僕、晴れ男なんで。」と一蹴されていました(苦笑)。

そして、、、

セブ島QQEnglishシーフロント校に堀江貴文さんとHIUの方100名がいらっしゃいました!

本当に晴れました。

*そして、堀江さんが帰った翌日はまた雨が降りました(笑)

非科学的ではありますが、ビジネス力と強運は関係があるのかもしれません。

セブ島QQEnglishシーフロント校に堀江貴文さんとHIUの方100名がいらっしゃいました!

さて、2日目の予定はアイランドホッピングとウォーターサバゲーです。

フィリピンには7000以上の島があり、大きなセブ島のような島から、それこそ歩いて1時間で回れてしまう小島までたくさんあります。

アイランドホッピングとは、そういった小島を転々としながらシュノーケリングやバーベキューなどを楽しむツアー・イベントのことです。

今回は時間が限られていたので、シュノーケリングと「パンダノン島」へ行くツアーが企画されました。

セブ島はビーチリゾート沿いの海の綺麗さは正直、そこそこです。

フィリピンセブ島 シャングリラリゾートCOVEレストラン

綺麗なのはシャングリラリゾートぐらいです。

その他は普通です。シーフロント校も例外ではありません(すいません 苦笑)。

しかし、沖にでれば全く異なります!今回はそれをご覧になって頂ければと思います。

セブ島QQEnglishシーフロント校に堀江貴文さんとHIUの方100名がいらっしゃいました!

まず、QQEnglishに止まっているいるボートで、小型船に乗り継ぎます。(浅いため小型船が着けられないためです)。

セブ島QQEnglishシーフロント校に堀江貴文さんとHIUの方100名がいらっしゃいました!

朝から日差しが強く、立っているだけで汗が出ます。日焼け止めは絶対に必須です。

セブ島QQEnglishシーフロント校に堀江貴文さんとHIUの方100名がいらっしゃいました!

小型船でまずはシュノーケルのポイントへ。

そういえばさっきからQQEnglishの藤岡さんが、いつにも増してご機嫌です。

どうしたんでしょうか?

セブ島QQEnglishシーフロント校に堀江貴文さんとHIUの方100名がいらっしゃいました!

「・・・・」

今回のウォーターサバゲーに合わせて(?)招待した謎の美女です。堀江さんの隣に座ってもらう予定が・・・なぜか藤岡さんが隣に。

セブ島QQEnglishシーフロント校に堀江貴文さんとHIUの方100名がいらっしゃいました!

とっても楽しんでいます。(藤岡さんが)

ところで、藤岡さんの左隣にいる女性、ご存知の方も多いかと思いますが、元AKBの仲川遥香さんです。現在はジャカルタで大活躍中だそうで、フォロワー数はなんと約130万人だとか!!

仲川遥香さんのツイッターアカウントはこちら

今後、堀江さんとコラボしていくそうですので、今まで以上に注目ですね!

セブ島QQEnglishシーフロント校に堀江貴文さんとHIUの方100名がいらっしゃいました!

なお、一応、藤岡さんの名誉のために書いておきますと、船内では堀江さんと1分間ぐらいはビジネスのお話もされていたようです。

セブ島QQEnglishシーフロント校に堀江貴文さんとHIUの方100名がいらっしゃいました!

それにしても、ご覧の通り天気は絶好調!

セブ島の沖の天気は不安定になる場合も多いのですが、堀江さんのお陰で(?)、全くその気配がありません。

セブ島QQEnglishシーフロント校に堀江貴文さんとHIUの方100名がいらっしゃいました!

ここまで完璧な快晴だと、日焼け止めを何回も塗らないと痛い目を見ます。汗で流れる事も多いので、ぜひアイランドホッピングをされる方は、日焼け止めを定期的に塗ってください。

セブ島QQEnglishシーフロント校に堀江貴文さんとHIUの方100名がいらっしゃいました!

シュノーケリングの様子。

泳げない方もライフジャケットをつけるので、問題ありません。それでも不安な方は船の周りで泳いでいれば、誰かしら見ていますので間違いなく安全です。

予めスタッフが準備してくれているパンをちぎって投げれば、たくさんの魚が寄ってくるでしょう。

シュノーケリングを30分程度楽しんだ後、目的地の島まで1時間ほど船で走ります。

パンダノン島到着

セブ島QQEnglishシーフロント校に堀江貴文さんとHIUの方100名がいらっしゃいました!

さて、見えてきました。こちらがパンダノン島です。

パンダノン島地図

今更ですが、場所はここ。

セブ島QQEnglishシーフロント校に堀江貴文さんとHIUの方100名がいらっしゃいました!

港に完全に着けれませんので、船に板をかけ、手すりを使って渡ります。ちょっと揺れるので怖いですが小さい子も問題なく渡れるはずです。(最悪、落ちてもカメラが壊れるぐらいです。)

セブ島QQEnglishシーフロント校に堀江貴文さんとHIUの方100名がいらっしゃいました!

時刻は11時。朝も暑かったですが、今がどのぐらい暑いかというと・・・

セブ島QQEnglishシーフロント校に堀江貴文さんとHIUの方100名がいらっしゃいました!

このぐらい暑いです!

ところで、この島はセブ島から近場で行ける島の中では、最も美しいと言われています。

ぜひ以下のギャラリーでご覧ください。

海の透明感が素晴らしい、セブ周りでは最高のビーチの一つです!ぜひアイランドホッピングで訪れてみてください。

参照記事:マクタン島より10倍キレイな海へ!天国に一番近い島、パンダノン島

アイランドホッピング 堀江貴文さんとHIUの生徒さん

テントに荷物をおいて本日のメインイベントである、ウォーターサバゲーへ。

アイランドホッピング 堀江貴文さんとHIUの生徒さん

企画担当の方がルールを解説。基本的には打たれずに相手の陣地にあるフラッグを取り合うゲーム。額にお祭りの金魚すくいで使われるアレをつけ、ゲームスタート。

アイランドホッピング 堀江貴文さんとHIUの生徒さん

水鉄砲は最初から所持しているのではなく、一部のエリアに置いてあるため、そこに取りに行くべきかどうか(取りに行けばハンガー・ゲームのように、序盤の戦いに巻き込まれる)も戦略の一つで、見ている側も楽しめました。

アイランドホッピング 堀江貴文さんとHIUの生徒さん

アイランドホッピング 堀江貴文さんとHIUの生徒さん

ドローンを持ってきた方は、最高に綺麗な動画が撮影できたんじゃないかと思います。

しかし、しかし!

このウォーターサバゲーが行われている最中、別の場所で大変な事件が起こっていました。。。。

アイランドホッピング 堀江貴文さんとHIUの生徒さん

グラビア撮影です!

各船に美女が同船していた理由はこれだったのです。

何という企画力!漢としては行くしかありません。

アイランドホッピング 堀江貴文さんとHIUの生徒さん

アイランドホッピング 堀江貴文さんとHIUの生徒さん

男性陣殺到!

HIU女性陣からの視線が痛い・・・・

でも私、頑張りました。

今回写真を撮っている時間がなかったHIU(男性陣)の皆さんのために、私の成果物をここに張っておきたいと思います!

パンダノン島でのランチ

アイランドホッピング 堀江貴文さんとHIUの生徒さん

ランチはビーチらしく、グリル料理がメイン。

アイランドホッピング 堀江貴文さんとHIUの生徒さん

セブ島の名物であるレチョンも3匹持ってきていました。

アイランドホッピング 堀江貴文さんとHIUの生徒さん

レチョンとは豚の丸焼きのことです。外側だけでなく、下味をつけている中の肉も味わえます。

シンプルではありますが、作り手によって焼き加減や下味が異なるため、味が大きく変わってくる料理です。

観光客の方は1頭丸ごとの購入は事前予約が必要なので厳しいですが(1匹で20人前~30人前ある)、Rico’s LechonやCNTレチョンなど、セブ市内やマクタンにオススメ店がありますので、ぜひ食べてみてください。

【3泊4日セブ島観光】レストランはここを押さえるべし!セブ島グルメBEST8

以下はパンダノン島のグルメギャラリーです。


なお、書き忘れていましたが、セブ島に来て食べるべき食べ物・料理は以下です。

セブ島で食べるべきグルメリスト

レチョン

セブ島でしか美味しいレチョンが食べれないため。

マンゴー

セブのマンゴーは糖分がたっぷり!口に入れるとジューシーマンゴーは、日本ではまず食べれません(同様にマンゴーシェイクも)。最終日に初めて食べると「もっと食べておけばよかった」と後悔するでしょう。お土産もドライマンゴーが人気です。

一般的なフィリピン料理

フィリピン料理といってもどんな料理か分かりづらいと思いますが、同じ東南アジアでもタイやベトナムとは異なり香草類はほぼ使いません。味付けは醤油、ビネガー、バーベキュー、ココナッツなどがメイン。馴染みのある味が多いためか、総じて日本人からのウケは良いです。ぜひ、いくつかのレストランに足を運んでみてください。

参照:セブ島のフィリピン料理レストランランキング35件

ジョリビー

https://blogs.baruch.cuny.edu/ibs9600spring2014/?p=37

「マクドナルドより美味しい」と言う日本人も少なくない、フィリピンのファーストフードであり、ソウルフード。参照:【ジョリビー vs マクドナルド】フィリピンのファーストフードを制するのはどっち?

サンミゲルビール

セブシティ ウォーターフロントホテル|サンミゲルライト

ライトな飲みやすい南国のビール。

バロット

前日食べたアレ。食べればフィリピン人から英雄扱い。なおバロットにおいては、実はHIUの皆さんが食べたのは16日目のバロットであり、20日目が真のバロットです。

↓↓↓

もう少しで孵化!?フェザーが生えており、頭があるのが16日と決定的に違います。圧倒的な存在感!これを食べれる日本人は数名しか見たことがないです(私は半分食べてギブアップしました)。

ブードルファイト

seafoodisland
http://www.cebuphotoblogph.com/

笹を敷き詰めた大きなテーブルないし、器の上に野菜、シーフード、肉料理などを置き、みんなで手づかみで食べる「フィリピンの軍隊式(昔)」の食事スタイルです。

ハロハロ

ハロハロ フィリピンのアイス

フィリピンのデザート

こんなところではないかと思います。ぜひコンプリートしてもらえたらと思います。

参照:セブ島に慣れたら1度は訪れたい!コアなフィリピン料理

最後に記念撮影

アイランドホッピング 堀江貴文さんとHIUの生徒さん

アイランドホッピング 堀江貴文さんとHIUの生徒さん

アイランドホッピング 堀江貴文さんとHIUの生徒さん

最後に記念撮影をして、無事100名の皆さんがシーフロント校へ戻り、閉会式をして2日間の合宿が終了しました。

それにしても、今回の合宿は最初から最後までとてもスムーズだったと思います。1日目は昼から夜まで滞りなく流れ、2日目の企画の面白さや食事での臨機応変な対応・運営力にも大変驚きました。

イベント屋が行うならまだしも、それぞれが自分の仕事を抱えながらの、この2日間の準備は相当苦労されたのではないかと思います。

HIUはどんな人達がいるの!?

そういえば、HIUの生徒さんと話をする機会が何回かあったのですが、今回セブ島にお越しになられている方は自分でスモールビジネスをされている方が多い印象でした。

セブ島留学もそうなのですが、全く違う分野で仕事をしている人の話を聞くと「そんな仕事もあるのかぁ」「ビジネスモデルがうまいなぁ」と新たな発見があります。いやーみなさん儲けてますね!笑

起業している人と意見交換をして世界観を広げることができるのも、HIUサロンの魅力かもしれません。

HIUの公式ページはこちら

最後に、QQEnglishとHIUの運営担当者さんのおかげで、濃くて楽しい2日間を過ごすことが出来ました。

この場を借りてお礼申し上げます。

2017年の11月に堀江さんが帰ってくる!?

最後に告知です。どうやら現在、2017年11月に向けて「ホリエモン祭」が行われる計画が進んでいるようです。

ホリエモン祭

ホリエモン祭とは堀江さんが主催するイベントのことで、以前は六本木の11箇所をジャックして大物ゲストを招いたトーク、ショー、ライブなどが行われました。

http://fes.horiemon.com/

それが派生し、今では全国の主要都市で同様のイベントが行われています。

そして、ついにセブ島でもこのホリエモン祭が行われるとか!?

堀江さんも11月にまたセブ島にいらっしゃるとのことですので、ぜひ11月はセブ島留学と合わせてホリエモン祭を楽しみましょう!!

今回、堀江さんが訪れたQQEnglish公式サイトはこちら

↓↓HIU合宿 1日目に戻る↓↓
【HIU合宿完全密着】QQEnglishシーフロント校に堀江貴文さんがいらっしゃいました

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表
斉藤 淳

当サイトの管理人
2012年に初めてセブ島に留学。以降、今までに複数の語学学校に留学&訪問。フィリピン留学を通じて「英語が伝わる楽しさ」をより多くの方に体験してもらいたいと思い、このサイトを立ち上げました。

英語留学前の方はもちろんの事、留学中の方、留学後の方にも役に立てる情報の提供を目指しています。

・TOEIC(R):805点(L 430 R 375)
・TOEIC SW:280点(S 130 W 150)

2 コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。

Please enter your comment!
Please enter your name here