一般

突然ですが、カナダ留学希望者のみなさんがカナダ留学を成功させるために必要不可欠な物と言えばなんでしょうか?

ある程度のお金?TOEIC500点レベルの英語力?または評判のいい留学エージェントでしょうか?

ここに書いたものはどれも間違いではありませんが、カナダ留学のための情報はどうでしょうか?カナダ留学をするときにインターネットを使わないという人はいないと思います。カナダに限らず、海外で留学を成功させるためには事前の準備は欠かせません。

留学費用はどの程度必要なのか?ホームスティ代金や語学学校の授業料、交際費などはどの程度かかるのか?またどのくらいの英語力があれば、ワーキングホリデー留学で自分が付きたい仕事に就けるのか?などの情報も、インターネットなしでは莫大な時間とコストがかかってしまいます。

さらに皆さんがよく使う留学エージェントも、インターネットによって評判がいい留学エージェントなどを見つけることは、海外留学を成功させる近道でもありますよね?

今回はカナダ留学の力強い味方、『カナダで使えるインターネットサイト6選』をお届けします。

1.E-MAPLE CANADA

▶︎E-MAPLEのサイトへ行く

カナダ留学に絶対に欠かせないと言っても過言ではないほど使えるインターネットサイト言えば、E-MAPLE CANADAで間違いありません。このサイトの特徴として、カナダ留学の情報が日本語で得る事が可能という事です。

さらにカナダ留学で有名なトロントやバンクーバーだけではなく、他のマイナーな地域でもある程度は情報が載っており、カナダ留学の際にお勧めできるサイトの一つです。

利点として、このサイトだけで語学学校の検索やワーキングホリデー留学の仕事の検索が出来るのはもちろん、掲示板などで留学の情報などを調べる事ができます。

また、カナダ留学初期の方で英語にあまり自信がない方や、英語は上達したいけど一緒に住むのは絶対に日本人がいいという方にもおすすめのサイトです。
賃貸やホームステイなども、このサイトで調べれば大家さんが日本人という事もよくあります。

日本人が経営者の仕事が探せるので、利点と考える留学生もいます。ですが、いくつかの留学生は日本語の環境よりも英語環境を好む傾向にあります。なのでカナダ人の賃貸や仕事が探しにくいのは短所です。

英語を伸ばすためにもっと英語環境に触れたいと考えるあなたには、あまり使えるサイトではないかもしれません。さらにこのサイトでの賃貸の値段が他のサイトに比べると少し高い傾向にある事も書いておきます。

▶︎E-MAPLEのサイトへ行く

2.KIJIJI

カナダ留学で使える6つのインターネットサイト

▶︎KIJIJのサイトへ行く

上記のE―MAPLEが、カナダ留学をしている日本人の中で一番有名なサイトであるなら、こちらのサイトはカナダ人に一番浸透している検索サイトになります。KIJIJIの特徴は、カナダのほとんどの都市で使える事です。日本人がほとんどいないような小さな都市の仕事も、このサイトなら探すことが可能です。

このサイトの最大の利点は、英語を母国語か第二言語の上級者として話す人たちが、シェアハウスのオーナで住人を募集していたり、英語環境(日本人が少ない)がある程度整った職場のオーナーが、サーバーやシェフなどを募集していることが多いです。

さらに利点として、色々なタイプの仕事見つけられる事です。日系のサイトなどは、レストランやコーヒーショップなどの求人が多いのですが、KIJIJIの場合はレストランに限らず、オフィス系の仕事や美容師、看護師など、色々なタイプの仕事を見つける事が可能ですので是非調べてみてください。

ただし利点だけではありません。この求人は他のサイトに比べて低賃金の事が多いと言われているので(時によっては最低賃金以下の求人が出ている事もあり違法です)十分に気を付けてください。

(2017年7月時点で、カナダのどのような都市で働いていても$10(時給)を下回る事は法律的に違法ですので、覚えておいてください)

▶︎KIJIJのサイトへ行く

3.JP Canada

カナダ留学で使える6つのインターネットサイト

▶︎JP CANADAのサイトへ行く

上記の2つのサイトが、ワーキングホリデーで働きたい人に使いやすいサイトであるのに対して、このJPCANADAは、主にカナダ留学中の学生さんに向けたサイトです。なので、語学学校の情報やインターンシップの情報などが中心のサイトになります。

このサイトの利点として、トピックが特化していてどちらかと言うとマニア向けのトピックが多い事です。例えば“カナダのグルメ情報”や、カナダでの“恋話”と言ったようなトピックがあります。このサイトの短所ですが、上記の2つのサイトに比べる使用者少ないという事が挙げられます。

▶︎JP CANADAのサイトへ行く

4.YORK BBS

カナダ留学で使える6つのインターネットサイト

▶︎YORK BBSのサイトへ行く

カナダに長期住んでいる人でも、このサイトの存在を知らない事が多いです。このサイトは主にカナダの華僑の人々の間で使われているサイトになります。

華僑の方々は、カナダに限らず世界のどこにでもいると言われているほどネットワークが強く、このYORKBBSもカナダの大都市だけではなく、色々な場所で賃貸物件を探すことができます。

このサイトですが、個人の経験から言うとカナダで一番安い賃貸を見つける事ができるサイトであると言ってもいいぐらいです。さらにここで見つけられる賃貸は、アジア人がオーナーであることが多いため、住むのに文化的な摩擦が少なく、問題などがあまり出ない事もここで書いておきたいと思います。

ただし欠点として、ここのオーナは英語があまり得意ではない事もよくあるので、英語上級者にならないと賃貸の交渉でてこずるかもしれません。

▶︎YORK BBSのサイトへ行く

5.Study in Canada

カナダ留学で使える6つのインターネットサイト

▶︎Study in Canadaのサイトへ行く

皆さんが語学留学なのか、ワーキングホリデー留学なのかに限らず、少なくても一回はこのサイトに行ってみる事をお勧めします。このサイトには、カナダ留学を準備するための必要な情報がたくさん載っています。

例えば、カナダ国内の語学学校の授業料の情報や、カナダのビザなどの申請の仕方、カナダに送金する方法などです。カナダで長期間生活をしていると、必ず一回ぐらいは調べなければいけない事柄の内容ですので、ブックマークをしておいて損ありません。

このサイトの短所ですが、このサイトは主にカナダ留学の準備に向けたサイトになっており、カナダでの仕事や賃貸などは探すことはできません。

▶︎Study in Canadaのサイトへ行く

6.Craigslist

カナダ留学で使える6つのインターネットサイト

▶︎Craigslistのサイトへ行く

上記で説明したKIJIJIに割と似ているサイトですが、このサイトでもカナダ国内の賃貸や仕事を見つける事ができます。このCRAIGSLISTは、カナダのインターネットの求人サイトでは他に比べるとパイオニア的な存在であり、サイトの利用者は多いと言われています。

CRAIGSLISTですが、KIJIJのサイトに比べて広告の煩らわしいページも少なく、調べたいことが短時間でできる事は利点です。またこのサイトに行ったことがある人ならわかっていただけると思いますが、非常に使いやすいです。

ただしこのサイトも利点だけではありません。このサイトを使って求人の募集の広告を作る場合は、KIJIJIに比べると掲載できる期間が短い事や、過去に作った広告は45日間が過ぎるまで消すことができないなどの欠点があります。

▶︎Craigslistのサイトへ行く

まとめ

カナダ留学で使えるサイト6選という事で書いてきましたが、いかがでしたでしょうか?

カナダ留学をする際には、長期で住める住居や仕事、語学学校などを調べる必要がありますが、ここに書いた6つのサイトを使いこなせば、カナダ留学をするにあったって必要な情報はほとんどすべて調べる事ができると言ってもいいくらいです。

まずカナダ留学の準備は「JPCANADA」と「STUDY IN CANADA」で行い、留学準備ができたら「E-MAPLE」などで英語をできるだけ使うような職業や賃貸を見つけます。

そしてカナダ留学に慣れてきたころに「CARGAILSIT」や「KIJIJ」などで、完全英語環境の求人や賃貸をみつけます。さらにカナダ留学に慣れてくれば「YORKBBS」で英語上級者として、さらに安い賃貸などを見つける努力をしてみてください。

それでは充実したカナダ留学を!

カナダ留学・ワーキングホリデーに関するその他関連記事はこちら
▶︎【本当に信頼出来る】カナダ留学エージェント20選
▶︎【カナダワーホリ】日本人が全くいない職場で働く前に知っておきたい7つの事
▶︎【カナダのビザ事情】6つのビザを徹底解剖!秘密の裏技使えます!

↓↓ここから選べば間違いなし!↓↓
>>セブ島留学 おすすめ語学学校はこちら<<
カナダメープル
カナダ留学・ワーホリ全般
カナダ現地で働く通関士 カナダ在住10年目、2006年にワーホリでトロントに来てからレストラン、携帯ショップなどのワーホリ生活を体験。その後、語学留学後に2008年からトロントにある大学に通い2012年に卒業。 大学在学中は、トロントにある2つの留学エージェントへの勤務経験、日本人留学生向けの英語教師などを行う。 2013年より「通関士」として貿易関係の仕事に従事。 ワーホリ、語学留学、正規留学、正規社員までをカナダで経験してきた、言わばカナダ留学のスペシャリスト。

メッセージはこちらへ

Please enter your comment!
Please enter your name here