【東京新宿・渋谷&大阪】評判の英語面接対策スクール7選(体験談付き)1

外資系企業への転職、就職では必須の英語面接・インタビュー。
最近は海外転勤や日系企業などでも英語面接が増えてきました。

今回はそんな英語面接対策をバッチリ行ってくれる英語塾をご紹介します。

英語面接対策7選

外資系企業、または海外で必要になってくる英語での面接や英語でのプレゼンテーション、ビジネス英会話などを専門的に教えてくれるスクールです。語学留学が終わり、外資系や海外で働く際の強い味方です。
個人ではなかなか対策が練りにくい項目なので、エキスパートに見てもらった方が遥かに就職率は上がります。

TRAアカデミー

英語面接対策方法

▶︎公式HPへ行く
場所:東京渋谷、大阪本町
ビジネスシーンの英語面接を想定してマンツーマンで徹底的な指導を受ける。社会人にはありがたく1日直前コースや3日間英語漬けになれるコースなどが用意されている。

TRAアカデミーの英語面接体験談
外資系企業を受ける際、英語での面接だと言われすぐに対策を考えました。

まず面接自体に自信がなく、日本語でさえ答えに困ってしまうのに、英語でなんて絶対無理だろうと思ったからです。受けようとしていたのは前から憧れていた企業で、採用人数も少なく狭き門でした。

ちなみに転職サイトのアドバイザーは、基本的な言葉を話せれば大丈夫だといってあまり見てくれず、不安はあおられるばかり。どうしても受かりたいという気持ちから、このままでは駄目だと自分からマンツーマン指導によるレッスンの受けられるスクールを探しました。

通ったのはTRAアカデミーです。

相談してみると時間や日数は自由、入会金がかからずレッスン費だけで見てもらえるとのことで決めました。短期間だけでしたが、内容は本当にみっちり。安くはないためこれでスカスカな内容だったらどうしようと心配していたものの、終わってみるとお値段以上の手応えと自信をつけてもらいました。

たった合計12時間と言っても、事前にどの程度話せるかチェックし、自分にあったカリキュラムを考えてくれます。だから時間を無駄にせず、何度も練習を重ねることが出来ました。

言っていることは転職サイトのアドバイザーと変わらず、基本的な英語が頭に入っていれば問題ないそうでした。しかし私の英語は流暢ではなく、表現としてもおかしいかったり伝わりにくかったりするので、そこを正してもらいました。

スクールが終わったあとは家で復習すべきこともまとめてくれて、次のレッスンに生かしやすくしてくれていました。

言い回しを直すのは私としてはかなり難しかったのものの、似たような質問を繰り返してもらうことで自然に言えるようになり、カリキュラム終了後は自分でも成長を感じるほどでした。

実際の面接では予想外の質問をされることもあったのですが、そういうときの対応もレッスンの中で話してくれていたためなんとか乗りきることが出来ました。

お金はかかったけれど、受かった瞬間は本当に行ったかいがあったと感じました。やっぱり英語での表現というのは、日本人と違って独特なんですよね。ネイティブの人と普段から話す機会があれば別ですが、そうでないと転職等狭い門での合格は厳しいかと思います。

ちゃんと面接対策専用のレッスンを行っているスクールを探して受講することが、お金や時間を無駄に費やさないためには大事。結構探すと英会話スクールでやっていることが多いので、本気で受かりたいなら積極的に探して受講されることをお勧めします。

外資系に関するいろいろなお話が聞けるので、入社後の勉強にもなってとても良いですよ。
特に英語面接はじめてな人ならビックリするような話もあります。

TRAアカデミーの英語面接対策マンツーマン←クリック

トーク・アベニュー

英語検定

▶︎公式HPへ行く
場所:新宿
プレゼンや英語面接に備えるコースが用意されている。週1-2回通うコースから、早朝のみ、平日のみ通い放題など働きながらでも通いやすいスケジュールが多く用意されている。1レッスン60分で短期集中型。

BRITISH COUNCIL

IELTS

▶︎公式HPへ行く
場所:新宿
英語の履歴書と面接をセットで学ぶことができる。3週間の短期集中型レッスン。

イングリッシュビレッジ

英語検定

▶︎公式HPへ行く
場所:東京、横浜
外資系企業キャリアアップ対策コースとして英語面接やプレゼンスキルの向上を中心にレッスンが進められる。マンツーマンレッスン。

国際ランゲージスクール

英語検定

▶︎公式HPへ行く
場所:新宿
レッスン8回または16回でコースが編成されている。前半は履歴書作成から、それを元に担当講師が面接のノウハウなどを教え、後半は本番さながらの雰囲気の中トレーニングすることができる。これを最長1ヶ月で消化するので、短期集中型のレッスンが受けられる。

beoカレッジ

セブ島留学マナビジン

▶︎公式HPへ行く
場所:新宿、大阪
完全オーダーメイドで個々のレベルや目的に合わせてカスタマイズすることができるが、大学入学や留学の英語面接に特化したコースとなっている。

ALLランゲージスクール

英語検定

▶︎公式HPへ行く
場所:宮城
1回50分のプライベートレッスンを行っている。プレゼンや英検、就職などの英語面接に対応。就職の面接では履歴書を元により具体的なレッスンを受けることができる。

その他の面接対策スクールに通われていた方の体験談

レアジョブの英語面接体験談
・受けたスクールと時期
レアジョブ 受講期間2ヶ月

・英語面接対策をしようと思った動機
外資系企業への転職を希望しており、初めて受けた面接で自己PRできませんでした。日常会話はある程度自信があったのですが、ビジネス英語は得意ではなかったのでしっかりとした対策をしなければ面接をパスできないと思ったからです。

また、面接の緊張感からうまく自分を表現できないこともあったので、模擬面接をして慣れようとも思いました。

・実際にどのような面接対策をしたのか
レアジョブでは、フィリピン人の講師とオンラインでマンツーマン指導を受けます。ここで、日常英会話のレッスンを受けていたこともあり、英語面接のための練習ができるとサポートデスクに確認し、面接対策のレッスンを受けることにしました。ただ、自分が受けていた先生は英語面接には対応していなかったので、別の講師に依頼することになったのです。

英語面接に対応している講師は初対面だったので、はじめに自己紹介をしました。ここまではカジュアルだったのですが、その後はよくあるジョブインタビューの想定問題を繰り返すレッスン内容です。インタビューの前に軽くカジュアルな会話になることが多いとのことで、その日の気分や体調などについても聞かれました。

私はマネージメント部門に転職希望だったので、やってきた仕事について、その仕事をどのように活かせるかなどの質疑応答をしてもらい、より実践に即したレッスンをしてもらえたと思います。一通り自分が応えると、この表現はこうした方が良いとか、インタビュー前のスモールトークでは、コミュニケーション能力をアピールするためにもっと自分をPRした方がいいなど具体的なアドバイスをもらえました。

・どのような効果があったのか
1次面接では、スカイプでの面接でした。普段からオンラインで練習していたので、全く動揺せずに面接を受けることができよかったです。面接で想定される質問をある程度網羅していたので、答えに詰まるということもなく希望の会社の2次面接を突破できました。

3次は役員面接だったのですが、スモールトークでマラソンをしているという話をしたら役員もマラソンをする方で盛り上がり、ほとんどその話で終わったという感じです。2次までは細かいところまで聞かれたので、しっかり説明する練習を
していてよかったです。回数をこなすことで、英語もよりスムーズに出るようになったと思います。

・これからどこかのスクールで英語面接対策をする方へのアドバイス
どこのスクールでも、ビジネス英語や面接対策ができる講師からしっかりレッスンができるかどうかを確認することが重要です。普通の日常英会話とは使うイディオムも必要なので、面接の本番に近い練習ができるスクールをおすすめします。
ビジネス経験がある講師だとより安心です。

英会話イーオン北習志野校の英語面接体験談
・受けたスクールと時期
英会話イーオン北習志野校で高校三年生の時に受けました。

・英語面接対策をしようと思った動機
大学受験の科目に英語面接という科目があり、それに向けて受験勉強として通いました。他にも大学に入って英語圏に留学に行きたいという思いがあったのでそれも兼ねて通いました。

・実際にどのような面接対策をしたのか
面接の時に気をつける基礎注意事項から始まりました。視線をどこに向けたらいいのか、ジェスチャーを交えた会話など英会話以外から丁寧に教わる事ができました。基礎が備わってくると簡単な自己紹介の練習を始めました。シンプルに見える自己紹介ですが、面接時に絶対に必要ですし、面接の際にも使えることが多く詰まっているのです。

そして本格的に想定基礎質問に対して答える練習が始まりました。パーフェクトを目指すのではなく相手に自分の意思を簡単な言葉で伝えるということを意識して取り組みました。簡単な質問に答えることが慣れると自己アピールについて話せるように練習します。自己アピールは自力で話さなければならないのでこれまでで一番難易度が高く、非常に苦労しました。

最初は暗記してスムースに言えるように練習して、慣れると考えながら言えるようになれるまで何回も反復練習しました。最終的には、模擬面接をして最終調整をしました。この模擬面接では本番よりもやや難しめの質問が多く飛んできました。それを受けたことにより、本番でも余裕を持って臨むことができ、自分の実力を発揮することができました。

・どのような効果があったのか
最初は誰でもできるようなことを地道に練習したことで、基礎という土台が作られたので、後からその土台があることで楽になり理解するスピードも早くなってきたように感じました。最初は分からないことが多くあり、考えてから発言するまでの時間が長かったのですがしだいにスムースに発言することができました。

多くのテクニックを教わり本番でも活かせたことが多くありました。そのテクニックは留学や日常生活においても利用することができとても満足しています。面接試験だけではなく今後にも役に立つことを学べ実線できたことが一番の効果かもしれません。

・これからどこかのスクールで英語面接対策をする方へのアドバイス
スクールをどこにするかという選択はとても重要なことです。自分に合ったスクールを見つけるためには見学に行ったり体験授業に積極的に参加することをオススメします。ですが、どこのスクールに通うかよりもスクール以外でする学習はとても大切です。ですので、一度入ったところでやり続けて見るというのが大事なのではないでしょうか。

英会話プライマリーの英語面接体験談
・受けたスクールと時期
私は去年の冬から春上旬にかけて、仙台に位置する英会話プライマリーに通って、英語面接の対策をしていただきました。

・英語面接対策をしようと思った動機
英語面接の対応をしようと思ったきっかけは、私が希望する就職先で英語の面接を必須とするからです。私は今、日系、または外資系のキャビンアテンダントになりたくて、いくつか、航空会社に応募をしました。大学はアメリカの大学に通っていたので、ある程度英語を話すことはできるのですが、面接の際の受け答えの仕方はわからないままでした。

日本語でも同じのように日常会話は問題なくても、面接となると事前に練習をして、コツを掴んで対策をしなければなりません。英語も同じだと思いました。なので、日本に帰って来た際に、日本の英会話スクールに通って、面接対策として一から英語を学ぼうと思い、通うことになりました。

・実際にどのような面接対策をしたのか
実際に行った対策は、まず初めに自分のことについて知ることでした。英語を使って、自分がどのような人間で、どのような長所と短所があるのかを述べる事が初めてでした。これが案外とても難しく、日本語でも自分についてよく表すことは難しいことだなと実感しました。

次に行ったのは、志望動機を英語で述べる練習をしました。まず、日本語である程度志望動機を書き出し、それを英語に変換しました。発音や文法をネイティブの先生と一緒に訂正をし、より自然な英語で、自分の気持ちが相手にちゃんと伝わるように何度も先生と訂正をしては、実践して英語で話す練習をしました。

また、何度も自分が作った英文を話すうちに、自分の言葉に自信を持つことができるようになりまし。自信が持てるようになると、だんだんと余裕が出て来ます。余裕が出てくると、他の面でも気を配ることができるようになりました。英会話の先生に教えられたことは、面接中、相手の目を常に見続けることがとても大切である、ということでした。特に外国人が面接官の場合、とても重要視される判断基準ということだったので、目を見て話す練習も何度か行ってもらいました。

・どのような効果があったのか
面接はまだ始まっていませんが、何度か対策を受けさせてもらって、今では英語を話す自信がつくようになりました。自分のものとして、自分が作った英語を身につけることができるようになりました。

・これからどこかのスクールで英語面接対策をする方へのアドバイス
英会話は、英語面接の対応をすることにとても最適な環境だと思います。わからないこと、不安なこと、知りたいことがあったら、どんどん自分から先生に質問してたくさんのことを吸収してほしいと思います!

AEONでの英語面接体験談
受けたスクールと時期
【英会話スクール・教室AEON】に2018年7月~8月でレッスンを受けました。

英語面接対策をしようと思った動機
急遽、仕事のために単独でモンゴルのウランバートルに行くことになりました。芸能関係の仕事なのですが、現地到着後すぐに英語で面接を受けることになり、ノンネイティブ同士の英語でコミュニケーションを図り自分の意図を相手にしっかりと伝える必要があったので、スクールに相談に行きクラスを受講しました。

実際にどのような面接対策をしたのか
対策をできる期間が約1ヶ月ととても少なかったので、英会話に慣れることに重点を置きました。面接対策ではありますが私の場合は円滑なコミュニケーションを図ることが第一の目的だったので、短期集中で多角的に自分の弱点を克服したいと考えました。

まずマンツーマンの個人レッスンを2回受けました。面接時に必要な自己アピール内容や伝え方を先生に一緒に考えてもらい、練習を繰り返しました。

それとは別に日常会話のグループレッスンを5回ほど受けました。楽しみながら、英語で自分自身を伝えたくなるように目的意識をもってクラスに臨みました。

どのような効果があったのか
日常会話のグループレッスンでは、旅行に行く目的の主婦の方やご夫妻、留学前の学生さんなどの様々なニーズの方が受講していました。年代性別問わずクラスを楽しんで受けるということは、とにかく相手に伝え相手を理解するという練習に最適だったと思います。机に向かって語彙や文法をがんばって勉強しているつもりでも、色んな方と話してみると、とても使いこなせていないことに気付けるので独りよがり防止になりました。

また、クラス後に先生に簡単なフィードバックを伺うことで、客観的に自分がどのように英語で会話をしているのかを把握できました。個人レッスンでは先生に寄り添ってもらいながらインプット的な気づきが多く、グループレッスンでは伝える・相手を理解するというアウトプットの練習をできたと思います。

これからどこかのスクールで英語面接対策をする方へのアドバイス
どんな目的で英語面接対策をするのか、というゴール設定がとても大切かと思います。私の場合は元々具体的に目的や期間が定まっていたことで、クラスやコースの決め方、スケジュールの立て方や先生からのフィードバックのもらい方をとても有意義に活用することができました。

スクールの先生も、こちらの目的が明確だと本当に細かくアドバイスをして下さいます。次のクラスまでに何をどれくらいレベルアップできるのか、自分に期待しながら対策することができました。

面接の対策は、ただ知識を増やす勉強とは異なり相手がいるので、ひとりで黙々と準備をするのはとても辛いと思います。ぜひ、楽しみながら面接の準備をしてみてください!