セブ島ホテル

今回紹介する二つのホテルは、セブ島セブシティの繁華街エリアである「ITパーク」「アヤラモール」どちらも徒歩圏内で行ける立地にあるホテルです。

二つのホテルは共にセブシティで有名なホテルなので、タクシーの運転手も必ず知っているホテルなので安心です。今回は両方のホテルに宿泊する機会があったので、それぞれ比較しながら紹介したいと思います。

Castle Peak(キャッスルピーク)とSarrosa(サロッサ)の場所

サロッサホテルとキャッスルピーク

▶︎Googleマップを開く
二つのホテルの位置と、アヤラモール・ITパークの位置関係はこんな感じです。

どちらのホテルも、アヤラモール・ITパークまでは歩いて15分〜20分ほどはかかりますが、かろうじて徒歩圏内かなと思います。タクシーだと5分ほどですが、渋滞がひどく動かないときもあるので、徒歩の方が早い時が多いですね。

危険なのであまり推奨しませんが、バイクタクシーを使っても早いかもしれません。

Castle Peak Hotel(キャッスルピーク)のロビーと周辺

セブ島ホテル

まずはキャッスルピークホテルから。ホテルは大通りに面していて、ホテルの隣には有名焼肉店「韓陽苑」、その隣にはちょっとした売店があるので飲み物やお菓子も買えます。

手前に写っている青い看板のところはバースペースになっていて、ここでのんびりくつろぐことも可(ただし大通りなので排気ガスや騒音がひどい)。

セブ島ホテル

ロビーはこのような感じです。チェックイン時の対応は比較的早くて良好でした。ただし、早朝6時前にチェックアウトをしたのですが、部屋チェックと言って30分以上待たされるはめに…。急いでいるときは強めに言った方がいいですね。

左奥がレストランスペースです。

Castle Peak Hotel(キャッスルピーク)の客室

セブ島ホテル

今回宿泊した部屋は「Grand Superior Room」で、1泊2,725円とかなり安い価格で泊まることができました。4泊して税金合わせて13,404円です。1泊3,000円、朝食はついてこないプランですが、なかなかのコスパです!朝食ビュッフェは別途250Pだそうです。

セブ島ホテル

ベットはダブルサイズほぼ大きさでした。左右の棚にコンセントがあり便利です。ベットもふかふかで良かったです。ただし、カーテンがついていて大きい窓があるのかと思いきや、内窓だったので陽の光は一切入ってきません。

スーペリア以上の部屋だと窓はありますが、安いランクは部屋は暗いです。

セブ島ホテル

バスルーム。バスルームは意外としっかりしていて快適でした。ドアがついています。シャワーヘッドは固定式です。

セブ島ホテル

独立型の洗面台もいいですね。アメニティは歯ブラシと石鹸、あとは備え付けのシャンプー・ボディソープでした。

トイレスペース。特に問題はなく快適です。

セブ島ホテル

部屋に戻ってこちらは無料の水と電気ポットです。清潔なカップとグラス、ポットでした。紅茶とコーヒー両方あるのがいいですね。

セブ島ホテル

安い部屋ですが、しっかりと冷蔵庫もついています。中身は空っぽでした。でも、空の方が色々と買って入れられるのでありがたいです。

Castle Peak Hotel(キャッスルピーク)の施設・レストラン・朝食

セブ島ホテル

キャッスルピークには小さいですがプールもついています。眺めもいいので、泳がなくてものんびり本を読んで過ごすのもありですね。

セブ島ホテル

こちらは部屋に置いてあったルースサービスのメニューです。レストランは一階のフロント横にあるのですが、どうやら夜の時間はビュッフェのみらしく、別で頼むことはできませんでした。

セブ島ホテル

屋上のバーは、飲んだりちょこっとした料理を食べられます。景色もいいので、夜はここで飲むのもありです。

なので、ちょっとだけ食べたい場合は、屋上のバーかルームサービスを利用することをおすすめします。

お酒の種類も結構豊富です。

セブ島ホテル

カクテル類はだいたい140P、ジュース系も100P前後とお得な値段設定です。

セブ島ホテル

料理もかなり種類が多いです。朝食メニューからスープ、サラダ、麺類。

セブ島ホテル

こっちにはサンドイッチやピザ、メイン系とデザートです。部屋でのんびり食べるのもありですね。

以上が、キャッスルピークホテルの詳細です。

予約するタイミングによっては、一泊2,500円前後で泊まれるのでかなりコスパがいいです。場所も便利な場所ですし、大通り前でも部屋にいてもうるさくはありません。

冷蔵庫もついているので、私的にはかなりおすすめなホテルです!

Sarrosa(サロッサ)のロビーと周辺

セブ島ホテル

次は、キャッスルピークから徒歩5分ほどのところにある、サロッサホテルを紹介します。キャッスルピークホテルと同様に有名なホテルで、タクシーではどの運転手も必ず知っているので便利です。

外観はこちら。かなりの大型ホテルです。

フロントはこちら。広々としている上に、対応も早くて快適です。

サロッサホテルは2つの語学学校の提携ホテルになっているので、多くの日本人が宿泊しています。なので、日本人の対応も皆さん慣れているといった印象です。

ドアマンが必ず立っており、日本人であればほとんど荷物検査せず通してくれます(笑)

エレベーターが一つしか稼働していないのは辛いですが、一応階段もあります。2階・3階であれば階段使った方が早いかもしれません。

Sarrosa(サロッサ)の客室

廊下はこんな感じです。サロッサホテルは、結構年季の入った大型ホテルといった感じですね。

セブ島ホテル

宿泊したのはデラックスルームです。今回は語学学校の提携先ホテルとして宿泊したので、値段は不明ですが、おおむね一泊5,000〜7,000円台で泊まれます。

実際泊まったのは2階の道路側ですが、騒音は特に気になりませんでした。

セブ島ホテル

ベット横にコンセントがあったので便利でした。ベットもふかふかで気持ちよかったです。サロッサと比べて大型の窓がついているので、明るくて気持ちいいです。

セブ島ホテル

大型のクローゼットもついてきます。スーツケースも収容できるので、部屋を広く使えていいですね。

セブ島ホテル

ベットの前はテレビと冷蔵庫、電気ポットがありました。テレビは日本のNHKがみられます。こちらの冷蔵庫も中身は空っぽでした。

セブ島ホテル

サロッサホテルは電気ポットとマグカップのみでしたね。コーヒー紅茶も置いてなかったので自分で買わないといけないみたいです。

セブ島ホテル

バスルームです。難点なのは、トイレと洗面台が近すぎて座りにくかったところですね。

セブ島ホテル

バスルームは浴槽付きで、とても広かったです。これはありがたいです。

セブ島ホテル

シャワーは固定式ではなくハンドタイプなので、日本人にはこの方がありがたいですね。

セブ島ホテル

アメニティはシャンプーと石鹸のみでした。歯ブラシ等は置いてありませんでした。学校の宿として利用したので、もしかしたら一般の宿泊客とは違うかもしれません。参考程度にお願いします。

Sarrosa(サロッサ)の施設・レストラン・朝食

セブ島ホテル

次に施設やレストランを紹介します。サロッサのレストランは主に、一階フロント奥にあるこのスペースです。ただ、残念ながらいつみてもお客さんはいないですね。朝は朝食会場にもなっています。

こちらはサロッサにあるプールです。セブでは珍しい室内型プールですね!日焼けが気になる方にとってみたらいいかもしれません。

まとめ

今回は、アヤラモール・ITパークに近い「キャッスルピークホテル」と「サロッサホテル」の二つを紹介しました。

どちらも、アヤラまで車で一本道を進むだけなので、男性の一人旅なんかにおすすめのホテルです。

残念ながら、どちらのホテルもWi-Fiの速度は遅く、ほぼ使い物になりません。サロッサホテルの方が遅いかなといった印象です。

▶︎キャッスルピークホテルの予約サイトはこちら
▶︎サロッサホテルの予約サイトはこちら

アヤラモール・ITパーク近くのその他おすすめホテルはこちら
▶︎【クエストホテル&ダイアモンドスイーツ】セブ島アヤラ近くにある家族連れ・友達同士におすすめホテル
▶︎【レッドプラネット & アイランドステイ】セブ島アヤラ目の前にある3,000円台のコスパ最強ホテル2つ
▶︎【Zerenity & Alba Uno】セブ島ITパーク、女性も安心!コスパ最強の2つのホテル

↓↓ここから選べば間違いなし!↓↓
>>セブ島留学 おすすめ語学学校はこちら<<
美穂
俺セブ専属ライター
世界をのんびり旅しながら俺セブでライターの仕事をしています。プチノマドワーカー。 現在17カ国、42都道府県制覇。 スキューバダイビング好きで、ダイブマスター所持。 ----現在訪れたダイビングスポット---- サイパン・グアム・パラオ・プーケット・バリ島・セブ島 沖縄本島・石垣島・宮古島・奄美大島・小笠原諸島父島・大島・神津島・三宅島・八丈島・御蔵島(スノーケル)・伊豆半島・葉山 などなど...タンク本数はトータル300本前後です。 私運営のセブ島情報HPあるのでよければ見てください。 http://tabi-jyoshi.com http://tokyo-girls.top

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。

Please enter your comment!
Please enter your name here