Jパーク(Jpark Island Resort & Waterpark)

5スターリゾートホテルの中で最も多くのプールを持つのが、このJパークアイランドリゾート(Jpark Island Resort & Waterpark)です。

2009年9月にマクタン半島にオープンした、恐らくセブ島で最大級のリゾートホテル。敷地面積だけでしたらシャングリラ・リゾートホテル&スパよりも大きいかもしれません。

宿泊施設の建物自体は非常にシンプルですが、プールが5つある事に加え、アクティビティも充実しています。家族で楽しむにはもってこいの場所でしょう。24時間営業のカジノもあります。

それでは早速、Jパークをご紹介します!

Jパーク(Jpark Island Resort & Waterpark)

Jパークの場所

場所はこちらです。


空港と同じマクタン島の海沿いのリゾートエリアにあります。空港からは20分~30分程度の距離で、タクシーで行くと200ペソ(約420円)ぐらいです。

Jパークの前にはShangsという小規模な商業施設があり、スーパー、カフェレストラン、マッサージ・ネイル、両替店があります。そのため、リゾート内のレストランが高いと思った方はそちらで食事も可能です。

またホテルから徒歩5分以内にはレストランやカフェ、格安マッサージ店が多数あります。

Jパークの施設

Jパーク(Jpark Island Resort & Waterpark)の外観
Jパークの外観です。敷地が広いのでゲートから建物まで少し距離がありますが、タクシーなら建物エントランスまで行ってれるので楽チンです。

オートバイやトライシクル(現地のオートバイを改造した三輪車)はホテル敷地内には入れません。

ちなみにこちらのホテルは2014年までは、Imperial Palace Water Park Resort&SPA(インペリアルパレス・ウォーターパークリゾート&スパ)という韓国資本のホテルでした。そのため現在でも韓国人の宿泊客が非常に多いです。

Jパーク(Jpark Island Resort & Waterpark)
Jパークの施設マップです。広い!!

Jパーク(Jpark Island Resort & Waterpark)のエントランス
まずこちらはエントランスです。大型ホテルなのでエントランスも広いです。

エントランス入ってすぐがロビーで、チェックインカウンター、ロビーラウンジがあります。

Jパーク(Jpark Island Resort & Waterpark)
ロビーラウンジです。5つ星ホテルなだけあり、贅沢な作りです。

Jパーク(Jpark Island Resort & Waterpark)
ラウンジ「J Lounge」。オープンな作りなのでとても解放的。日中は少し暑いですが(笑)

営業時間:8時〜26時
価格
シェイク類:330ペソ
コーヒー:225ペソ
ビール:120ペソ
カクテル:250ペソ〜

 
シェイク類は少し高いですが、マンゴーシェイクはセブに来たらぜひ飲んでおきたいところです!

Jパーク(Jpark Island Resort & Waterpark)
こちらはアクティビティーゾーン。

Jパーク(Jpark Island Resort & Waterpark)
ビリヤードやチェスなどのボードゲームがあります。BARコーナーがあるので、飲みながら遊ぶことができます。

5つのプール

Jパーク(Jpark Island Resort & Waterpark)のプール
まずこちらはホテル建物に一番近いプールです。ここは流れるプールではないのですが、一周できるようになっています。リクライニングチェアが多いので場所を確保しやすいです。

Jパーク(Jpark Island Resort & Waterpark)のプール
このプールの真ん中にはバーがあります。プール内に席があり、プールの水に浸かりながら注文できるようになっています。ここで飲むお酒は最高ですね!

Jパーク(Jpark Island Resort & Waterpark)のプール
こんな感じでかなり広いです。

Jパーク(Jpark Island Resort & Waterpark)のプール
このプールの横にはタオルを貸し出してくれるスタンドや

Jパーク(Jpark Island Resort & Waterpark)のプール
シャワーもあるので便利です。お子さん用のライフジャケットもあります。

Jパーク(Jpark Island Resort & Waterpark)のプール
監視員もいますので安心です。

Jパーク(Jpark Island Resort & Waterpark)のプール
このプールがとても大きい!写真じゃちょっとわかりづらいですが、このプールは左右繋がっていて一周できる流れるプールになっています。

この場所は浅瀬なので、お子さんにちょうど良いです。

流れるプールの中央部分には、小さめですが2つのお子さん用のプール(深さ50cm)がありますよ。

Jパーク(Jpark Island Resort & Waterpark)のプール
流れるプールのちょうど反対側、ビーチに近いところです。浅瀬が何箇所かあります。

Jパーク(Jpark Island Resort & Waterpark)のプール
Jパークと言えば、このウォータースライダー!この規模のウォータースライダーがあるホテルはセブ島では他にはありません。

全部で3種類のあり、一番長いものはなんと150m!もちろん宿泊者やデイユース利用の方は、追加料金なしで何回でも楽しめます。

年齢制限があり、11歳以上です。写真の白いウォータースライダーのみ7歳以上です。

ビーチ

Jパーク(Jpark Island Resort & Waterpark)のビーチ
ビーチにはリクライニングチェアがあるので、こちらで海を眺めながらのんびりすることができます。

Jパーク(Jpark Island Resort & Waterpark)のビーチ
ただ、Jパークのビーチは実は写真のようになっていていて、波打ち際で遊ぶというビーチではないですね。

もちろん、海に入ることはできますよ。

部屋(デラックスルーム)

Jパーク(Jpark Island Resort & Waterpark)の部屋
https://www.jparkislandresort.com/から引用

デラックスルームです。

このお部屋は一番安いお部屋ですが、それでも広いです。ランクアップすると、コテージタイプのお部屋もありますよ。

Jパークのお部屋の説明はホテルズドットコムが詳しいです!
>>Jパークのお部屋と料金を確認する

デイユースという利用法

デイユースとはセブ島のリゾートホテルでは一般的な利用方法で、日帰りでビーチ、プール、ジムなどのホテルの施設が利用でき、さらにランチブッフェ付きというホテルが多いです。部屋は利用できませんが、高級ホテルで1日遊べて、ランチもついているのでお得感があります!

Jパークのデイユースは以下の内容です。

毎日:4000ペソ、子供2000ペソ(4歳から12歳)
※子供4歳以下は無料(大人1人につき2人まで)

・朝9時~夕方5時
・ローカル割引があり、フィリピン人またはACRIカードかフィリピンの運転免許証を持っている外国人は3000ペソ
・The Abalone Buffet Restaurantでのランチブュッフェ付き。(12時から2時半)
・タオル、ロッカールーム、シャワールーム付き

マクタン島のデイユースのまとめ記事はこちらをどうぞ
▶︎【マクタン島編】セブ島デイユース日帰りビーチリゾート15選(2018年版)

24時間営業のカジノ

Jパーク(Jpark Island Resort & Waterpark)のカジノ
Jパークの駐車場側には24時間営業のカジノもあります。大人の方は覗いてみるのも面白いかと思います。
ただ正直、あまり広くありませんし、置いてある施設や台も多くありません。もしカジノを楽しむのであれば、セブ市内にあるウォーターフロントホテルが一番大きいですね。それ以上は・・・マニラをおすすめします!笑

Jパークのレストラン

Jパークにはプールバーや、ロビーラウンジも含めて8つのレストランがあります。ここでは食事メインのレストラン5つをご紹介します。

Olive(フィリピン料理)

Jパーク(Jpark Island Resort & Waterpark)のレストランOlive
フィリピン料理を提供しているレストラン「Olive」です。

営業時間:12時〜14時30分、18時〜22時
価格:1人当たり500ペソ〜800ペソ

 
Jパーク(Jpark Island Resort & Waterpark)のレストランOlive
高級ホテルのレストランなのでゆったりした作りです。

Jパーク(Jpark Island Resort & Waterpark)のレストランOlive
ソファタイプの席もあります。でもテーブルは小さいので意外と食べにくいかも。カップルにおすすめの席です。

このレストランのメニューは、日本語で料理の説明が書いてあるので、とてもわかりやすいです。さらにシェフのおすすめ料理マーク、辛い料理、ベジタリアンフードには印がついています。

今回は実際に注文した料理をご紹介します!なお、メニューには英語の下に日本語が書かれています。書かれてない英語だけのメニューをもらった場合は、店員さんに「日本語付きのメニューある?」って聞いてみてください。

Jパーク(Jpark Island Resort & Waterpark)のレストランOlive
食前に出てくるパン。

Jパーク(Jpark Island Resort & Waterpark)のレストランOlive
ピナックベット(240ペソ、約500円)
フィリピン風野菜のエビペースト炒め

Jパーク(Jpark Island Resort & Waterpark)のレストランOlive
チキンとポーク バーベキュー(420ペソ、約880円)
鶏肉と豚肉の串バーベキュー、特製ソース付き

1串が大きいです。ライス付きです。

Jパーク(Jpark Island Resort & Waterpark)のレストランOlive
グリルポークシーシッグ(320ペソ、約670円)
豚のみじん切り、しょうが、唐辛子、フィリピンレモン、鶏卵の鉄板焼き

シェフのおすすめマーク。具は大きめです。味が濃いのでご飯が進みます。

Jパーク(Jpark Island Resort & Waterpark)のレストランOlive
フィリピンビーフステーキ(545ペソ、約1,150円)
フィリピン風ステーキしょうゆ煮込み、粒コショウ、ベイリーフ、タマネギ、フィリピンレモン汁

これはメニューにシェフのおすすめマークがついていたので注文してみました。
ウェルダンで中心までしっかり火が通っています。1カップのライスがついてきます。

Jパーク(Jpark Island Resort & Waterpark)のレストランOlive
アドボチャーハン(240ペソ、約500円)
豚ひき肉、チキン、アドボソース(フィリピン酢しょうゆ)

ご飯にもしっかりフィリピンの甘めの醤油味がついています。大皿なのでこれで3人分ぐらい。

Jパーク(Jpark Island Resort & Waterpark)のレストランOlive
ニンニクチャーハン(90ペソ、約190円)

ガーリック部分が見えづらいかもしれませんが、食べるとガーリックの風味が香ばしく、美味しいですね。しかも安い!セブ島ではこのガーリックライスは定番なので、ぜひオーダーしてみてください。

Jパーク(Jpark Island Resort & Waterpark)のレストランOlive
牛肉ポチェロスープ(500ペソ、約1,050円)
骨つき牛肉、ポテト、タケノコ、トウモロコシ、キャベツ

牛の膝肉を煮込んだスープです。こちらもフィリピン料理の定番スープ。他店では日本人には塩分が強すぎるお店が多いのですが、ここは塩加減がちょうど良くて、おすすめできる料理の一つ。

量はかなり多く、6、7人分はあります。

Jパーク(Jpark Island Resort & Waterpark)のレストランOlive
レチェフラン(210ペソ、約440円)
フィリピン風のカスタードプリン、カラメル

かなり濃厚で甘いです。プリンの上に乗っている白いものは、ココナッツです。フィリピンでは人気のデザートの1つなので、お腹に余裕があればぜひトライしてみてください。

THE Abalone(ビュッフェ)

Jパーク(Jpark Island Resort & Waterpark)のレストランTHE Abalone
JパークのビュッフェレストランTHE Abaloneです。ここは品揃えが豊富なことで有名。フィリピン料理、西洋料理はもちろん、中華料理、韓国料理、日本料理も並びます。

営業時間:6時〜10時、12時〜15時、18時〜22時
朝食:大人1,250ペソ、子供620ペソ
昼食:大人1,530ペソ、子供770ペソ
夕食:大人1,770ペソ、子供880ペソ

値段は朝食約2800円〜夕食約4000円なので、結構いい値段です。

Jパーク(Jpark Island Resort & Waterpark)のレストランTHE Abalone
Jパークのレストランでは席数はもっとも多いレストラン。

ビュッフェの内容はこちらのギャラリーをご覧ください。ランチのメニューです。

Ching Hai(中華料理)

Jパーク(Jpark Island Resort & Waterpark)の中華料理店
高級中華料理店です。

営業時間:11時30分〜14時30分、18時〜22時
価格:1人当たり700ペソ〜1,200ペソ

Maru(韓国料理)

Jパーク(Jpark Island Resort & Waterpark)の韓国料理店
こちらも高級な韓国料理店。

こちらのお店も美味しいのですが、ホテルの外にはここの半額ぐらいで楽しめる韓国料理店がたくさんありますので、節約したい方やJパーク周辺を探索したい方は、別のお店でも良いかもしれません。

営業時間:11時30分〜15時、17時30分〜21時
価格:1人当たり700ペソ〜1,000ペソ

ちなみにマクタン島で一番オススメの韓国料理店はこちら
▶︎【MAGAL KOREAN BBQ】世界で500店舗以上展開!マクタンのNo1 おすすめ韓国料理店

NONKI(日本料理)

Jパーク(Jpark Island Resort & Waterpark)のNONKI
呑ん気はセブ島には6店舗ある有名な日本料理店です。何を注文しても安定した美味しさがあります。お刺身もおすすめです。

営業時間:10時〜14時、17時30分〜22時
価格:1人当たり500ペソ〜800ペソ

Jパークの周辺

Jパーク(Jpark Island Resort & Waterpark)の周辺
Jパークのエントランス正面にある商業施設「Shangs」です。食料品スーパーや両替店もありますよ。

Jパーク(Jpark Island Resort & Waterpark)の周辺
Shangsの中にあるお菓子屋さん。セブ島の隣のボホール島という観光地として有名な島をモチーフにしたお菓子を販売しています。お菓子と自分の手書きのメッセージを入れたオリジナルの缶詰を作ることができます。

Jパーク(Jpark Island Resort & Waterpark)の周辺
セブンイレブン。Jパークを出て右側に3分ほど歩いたところです。品揃えは日本のセブンイレブンのように、飲み物やお菓子、生活用品などを購入できます。ただし、サンドイッチやおにぎりなどの軽食は少ないですし、日本のものとは異なります。24時間営業です。

またこの周辺はレストランやバー、1時間200ペソ(約450円)ぐらいからの格安マッサージ店が数多くあるエリアです。

Jパークのまとめ

以上が、Jパークになります。1ルームの価格は25,000円前後から。

プールが充実しているので、お子さん連れの方はバッチリハマるリゾートだと思います。ただ、カップルにとっては、若干騒々しいかもしれません。

カップルなら同じ価格帯でもアバカシャングリラクリムゾンの方がおすすめです。

Jパークのそれ以外の強みは、カジノがあること、徒歩圏内にレストランやお店がたくさんある事でしょうか。上の3つのリゾートはいずれも徒歩圏内にはほとんどお店がありませんので。

ぜひご参考になさってください。

Jパークの予約をするなら、ホテルズドットコムがお得!
>>今すぐ、Jパークの値段を確認する

関連記事はこちら
▶︎完全網羅!5分でわかるマクタン島観光のすべて
▶︎セブのマクタン島限定!おすすめグルメレストランBEST30
▶︎【マクタン島】おすすめマッサージ&スパ26店!

↓↓ここから選べば間違いなし!↓↓
>>セブ島留学 おすすめ語学学校はこちら<<
俺のセブ島留学 編集部
俺のセブ島留学 編集部チームでは「英語が伝わる楽しさをより多くの方へ」をモットーに日々情報発信を行っています。 私達は自分たちが経験してきた「フィリピン留学」「セブ島生活」「英語学習」を通じて、新しい楽しみをあなたにご提案したいと思います。 引き続きお楽しみに!

2 コメント

    • ぽん様
      ウォーターパークというのは、デイユースプランという認識でよろしかったでしょうか?
      それでしたら、3000peso前後でランチブッフェ付きのプランであったかと思います。宜しければ以下のページもご覧ください。(少しページが重いです)

      「セブ島マクタンビーチリゾートを日帰りで!デイユースプラン1000ペソ以上まとめ」
      https://ceburyugaku.jp/33749/

メッセージはこちらへ

Please enter your comment!
Please enter your name here