The New White Gold House

セブ島ロビンソンガレリア近くにある、怪しい中華料理店・・・

古い建物に夜なのに電気の消えた看板、怪しい、怪しすぎる・・・

おそらくセブ島在住の人でも行ったことがなく、Googleで検索しても出てこないので、誰も知らない穴場の中華料理レストランだと思います。

セブ島で中華といえば、チンパレスやTao yuan、Big mao、あとはホテル内であればいくつかあります。

今回紹介する「The New White Gold House」は、大型レストランであり、個室の数も多く広いので、イベントでの使用やセミナーの開催場所にぴったり。

特にセブ島で事業をしている人は、クリスマスパーティーなどに使えるレストランです。もちろん普通に食事利用でもOK!

念願叶ってこの怪しい中華料理店へと行ってきたのでレポートしたいと思います。

White Gold Houseの場所

The New White Gold House

▶︎Googleマップを開く

場所は、SMモール・ロビンソンガレリア近くにあります。ロビンソンガレリアからは徒歩で行ける範囲ですが、夜行く場合は周りは暗く、治安も不安なのでタクシーで行くことをおすすめします。

タクシーには、ロビンソンガレリア近くまで行ってもらい、そこからレストラン名の「ホワイトゴールドハウス」わからなければ、ホワイトゴールドが周辺の地名みたいになっているので伝えましょう。

向かいにあるホワイトゴールドクラブ内には、日本人経営の「ドラム缶焼肉 粋」もあります。

White Gold Houseの外観と内装

The New White Gold House

こちらがお店の外観です。実は、このレストランは前々から気になっていたんです。怪しい雰囲気たっぷりで、すごい古い建物なのでいつかは偵察に行ってみたかったのですが、ようやく念願叶いました!

The New White Gold House

お店の前は大通りに面しているのですが、夜行く場合は暗く、周りは古い建物が多く暗いので徒歩ではなくタクシーで行きましょう。

The New White Gold House

お店のドアを開けると螺旋階段が!レストランは二階にあるようです。

The New White Gold House

豪華なシャンデリアも。建物はかなり古いですが、その分重厚感があり、老舗感がありますね。ここだけ中国みたいな雰囲気です。

The New White Gold House

ここから先がレストランスペースです。入ってすぐ左手側が、一般の人たち用のスペースでした。その他全ての部屋は個室となっています。

The New White Gold House

店内の様子。

The New White Gold House

個室利用なしの一般の人向けのスペースもかなり広いです!ほとんどが4〜10人座れる大テーブルなため、急な大人数の会食にもぴったり。

The New White Gold House

小さい円卓。

The New White Gold House

大きい円卓。

The New White Gold House

テーブルセット。

店に入るまでは怪しいレストランでしたが、中に入ればいたって普通でした。

多数の個室完備

The New White Gold House

レストランに入ると、このような空間が。入ってすぐ左が個室利用なしの一般の人たちが利用するスペース。そしてその他すべてが個室となっています。

訪れたときはちょうどセブのクリスマスパーティーラッシュ。個室は全部埋まっていました!ちょっと覗きましたが、30〜50人ぐらいは収容できるぐらいの大きさです。

来年のクリスマスパーティーの会場にいかがでしょうか?

White Gold Houseのメニュー

次にメニューを紹介します。メニューは写真がなく文字だけだったのでイメージしにくいのが難点ですね。

メニューはどれもスモール・ミディアム・ラージの3サイズ選べます。ただし、スモールでも量は多めですので注意してください。

何頼めばいいかわからない方は、一番最初に載っている前菜の、1〜3あたりをオーダーしてみるといいかなと思います。

冷菜2、温菜2で450Pです。

北京ダックは1200P前後のようです。

では次に、実際にオーダーしたものを紹介します。

The New White Gold House

まず、サービスのお茶とピーナッツ。

The New White Gold House

団体客が多く、スタッフは忙しそうでした。料理提供も遅めでぼーっとしていたら、スタッフの方が気をつかって無料でレッドホースビールを!ラッキー♪ということで、待ち時間にビールをいただくことに。

The New White Gold House

チキンアワビスープ385P。トロトロのスープで、中にはきのこ類やクラゲにアワビ?入ってたかな・・・?スープのダシは・・・味の素っぽい!コクとうまみが出ていました。

The New White Gold House

チキンのレモンソース240P。レモンとオレンジの酸っぱさとほどよい甘みがマッチしていました。

The New White Gold House

中華の定番、麻婆豆腐240P。ほどよくピリ辛で食べやすかったです。

The New White Gold House

揚州チャーハン240P。味の感想は特になし。ご飯はパラパラとしていて本格的でした。

そのほかにも、本格的な中華が揃っているようです。写真で見る限りかなり豪勢!大人数でまた来たいです。

まとめ

個室の数が多く、広いため大人数のパーティーや会食に最適。特に、セブ在住で会社経営しているオーナーにおすすめです!

なぜなら、フィリピンではクリスマスパーティーを必ず開催しなければいけないので、個室完備のレストランは需要あります!

実際多くの団体客がパーティーしていたので、来年は候補に入れてみてはいかがでしょうか?

他にも、団体で行く場合やちょっとしたセミナーに利用するのもありだと思います。

かなり怪しい外観で入るのを知らないと入るのを躊躇われるレストランですが、入ってみれば普通でしたので、ぜひ行ってみてください(笑)

日本人というか、フィリピン人以外見当たらなかったのでかなり穴場だと思います。

その他、おすすめレストランはこちら
▶︎個室あり!セブ島で接待に利用できるおすすめレストラン16選
▶︎全50店紹介!セブ島アヤラモールおすすめレストラン【ランキング2018】
▶︎【3泊4日セブ島観光】レストランはここを押さえるべし!セブ島グルメBEST8

↓↓ここから選べば間違いなし!↓↓
>>セブ島留学 おすすめ語学学校はこちら<<
REVIEW OVERVIEW
おすすめ度
美穂
俺セブ専属ライター兼プロダイバー
俺のセブ島留学でライターの仕事をしています。 現在17カ国、42都道府県制覇。 スキューバダイビング好きで、プロとしてダイブマスターランクを所持。 ----現在訪れたダイビングスポット---- サイパン・グアム・パラオ・プーケット・バリ島・セブ島 沖縄本島・石垣島・宮古島・奄美大島・小笠原諸島父島・大島・神津島・三宅島・八丈島・御蔵島(スノーケル)・伊豆半島・葉山 などなど...タンク本数はトータル350本前後です。 私運営のセブ島情報HPあるのでよければ見てください。 https://tabi-jyoshi.com https://tokyo-girls.top セブ島のこと、ダイビングのことなんでも聞いてください! info@tabi-jyoshi.com

2 コメント

  1. nagura様

    30年以上前からあるんですね、どうりで風格のあるレストランだと思いました。情報提供ありがとうございます!当時は日本人客も多かったんですね。今ではほとんど見かけませんでした・・・。

  2. 30年以上前からある老舗レストランです。当時ツアー客はほとんどここへ連れて行かれたと思います。ホワイトゴールドデパートもまだ焼けてなかった時代です。

メッセージはこちらへ

Please enter your comment!
Please enter your name here