BEYOND THE BORDER

1.英語学習を継続出来ないフィリピン留学生

フィリピン留学生が絶対に実践するべき”英語学習の継続”に必要な9のステップ”ステップ1−5紹介編

英語学習を始めてみるが、すぐに投げ出してしまう。

継続して英語学習に取り組むことが出来ないという問題は、多くの英語学習者が直面するものです。

実際、フィリピン留学をする方の中で、フィリピン留学後に継続して英語学習を行っていく方は全体の1〜2割だけです。

帰国子女でもなく、長期の海外留学経験もない私が英語力を身に付けてきた経験と、仕事として英語学習者の方の英語学習をサポートさせてもらって来た経験から断言出来ることは、継続して英語学習に取り組むことは英語力を身に付ける上で何よりも大切なことだということ。

それゆえに、フィリピン留学をする方の多くがフィリピン留学後に継続して英語学習を行っていないという事実は、英語力を身に付けたいと本気で考えている留学生が重く受け止めなれければいけない問題だと考えています。

※この点に関しては、別の記事「フィリピン留学生が英語力を身に付けるために絶対に知らなければいけない1つのこと」で説明しているので、まだ読まれていない方はぜひ読んでみて下さい。

▶︎フィリピン留学生が英語力を身に付けるために絶対に知らなければいけない1つのこと

この記事では、私自身が20年以上継続して英語学習に取り組んで来た経験と、仕事として英語学習者の方の英語学習の継続をサポートさせてもらっている経験から、どうすれば英語学習を継続していくことが出来るようになるのかを説明して行きます。

もしみなさんが、英語力を身に付けるためにフィリピン留学をしようと考えているのであれば、この記事は読む価値のあるものだと思います。

なぜなら、フィリピン留学をする方の殆どが、この記事で説明するフィリピン留学後にどうやって継続して英語学習を行っていくかという問いと向き合うことをせず、結果自分の思い描いている英語力を身につけることを実現しないからです。

この記事がみなさんにとってその問いに向き合うきっかけとなり、それによってみなさん英語力を身に付ける一助になると嬉しいです。

2.継続はやり方が大事

フィリピン留学生が絶対に実践するべき”英語学習の継続”に必要な9のステップ”ステップ1−5紹介編

続けることが大事なのではなく「続けられる方法でやるのが大事なのだ」と思っています。-原口證

みなさんは、過去に英語学習を途中で諦めてしまった経験はありますか?

もし、その原因を自分の意思の弱さだと考え、そしてそれによって自分には継続して英語学習に取り組むことは出来ないことだと思っているとしたら、それは間違いだと思います。

みなさんが過去に英語学習を途中で諦めてしまった原因はみなさんの意思の弱さではなく、みなさんが継続のための方法を知らずそれを実行に移さないからなのです。

つまり、継続の方法を知りそれを実行に移すことで、みなさんにも英語学習を継続していくことは可能なのです。

ここでは英語学習を継続出来ないAさんに注目し、物事が続かないのは「意思の弱さ」とは関係なく「方法を知りそれを実行に移すかどうか」であるということを説明していこうと思います。

3.継続出来ない理由

フィリピン留学生が絶対に実践するべき”英語学習の継続”に必要な9のステップ”ステップ1−5紹介編

AさんはTOEICで800点を取るという目標を持っています。

Aさんはその目標を実現するために、継続して英語学習に取り組もうと心に決めます。

以下が、Aさんが継続して英語学習に取り組もうと心に決めてからの3日間の行動です。

1日目:Aさんは仕事終わりにテレビを見てしまい、勉強をすることが出来ませんでした。

2日目:Aさんは携帯で友達とメールのやり取りをしてしまい、勉強をすることが出来ませんでした。

3日目:Aさんはリビングにあったお酒を飲んでしまい、勉強することが出来ませんでした。

Aさんは3日間を通じて全く英語の勉強をすることが出来ず、自分には継続して英語学習を行うことは出来ないと決めつけて英語の勉強を諦めてしまいます。

しかし、Aさんが3日間を通じて英語の勉強をすることが出来なかった原因は、Aさんの意思の弱さではないのです。

それは意思の弱さではなく、Aさんが英語学習を継続していくための方法を知らず、それを実行に移していないところにあるのです。

Aさんの場合、その方法はライバル行動をコントロールするというものです。

ライバル行動とは、継続のための技術を科学的データに基づいて説明している著書「続ける技術」の中で紹介されている行動で、自分が行うと決めた行動の邪魔をする行動のことです。

Aさんの場合、ライバル行動はテレビを見ること、携帯でメールのやり取りをすること、リビングのお酒を飲むこと、になります。

それらが、Aさんが英語学習を行うことの邪魔をしていたのです。

Aさんはそれらのライバル行動を理解しコントロールすることで、勉強時間を確保することが出来たはずなのです。

具体的には、

・テレビを見ることが出来ないようにカフェで勉強する。
・勉強中は携帯電話の電源を切る。
・家にお酒に置かない。

といった感じです。

上記のことが出来たかどうかはAさんの意思の問題ではなく、勉強時間を確保するためにライバル行動を理解し、それらをコントロールしなければいけないということを知っているかどうか、そしてそれを実行に移すかどうかなのです。

今紹介させてもらったライバル行動のコントロールは、継続して英語学習を行っていくための一つの方法です。

これからライバル行動のコントロールを含めて、英語学習を継続していくための方法を9のステップに分けて紹介していきます。

9のステップを理解し実行に移すことでみなさんにも継続して英語学習を行っていくことは可能なのです。

4.継続のための9のステップ

4-1.ステップ1.目的確認

英語学習を継続していくためのステップの一つ目は目的確認です。

そもそもなぜ、英語力を身に付けたいと思っているのか。

サイモン・シネックという方が提唱しているメッセージのひとつに、WHY(理由・目的・動機)から始めることが大事だ、というものがあります。

例えば、ビジネスで通用する英語力を身に付けたいと思っているAさんがいたとします。

Aさんはビジネスで通用する英語力を身に付けること(=WHAT)や、それをどのように実現するか(=HOW)に意識を集中させます。

しかし、そもそもなぜビジネスで通用する英語力を身に付けたいと思っているのか(=WHY)を明確にすることが大事なのです。

なぜなら、WHY(理由・目的・動機)が明確になっていると、英語学習を頑張るエネルギーが湧いてくるからです。

例えば、AさんとBさんがいたとして、2人ともビジネスで通用する英語力を身に付けたいと思っている。

Aさんにとってビジネスで通用する英語力を身に付ける目的(WHY)は、上司に言われたから嫌々やる。嫌々なので自分の中でも納得出来ていない。

Bさんにとってビジネスで通用する英語力を身に付ける目的(WHY)は、それは上司に言われたことではあるが、それによって昇進のチャンスが増え、それが奥さんとの夢であったアメリカへの海外赴任に繋がる、それによって奥さんと自分が幸せになれる、だからビジネスで通用する英語力を身に付けたい。

ビジネスで通用する英語力を身に付けるために、継続して粘り強く英語学習を行っていけるのはBさんでしょう。

なぜなら、Bさんは英語を勉強する目的が明確になっていて、かつその目的が自分が本当に実現したいものであるからです。

それによって英語を勉強するエネルギーが湧いてくるからです。

あなたが英語を勉強する目的はなんですか?

そして、その目的はあなたにとって本当に必要なものですか?

継続して英語学習を行っていくために必要な最初のステップは、目的確認です。

ステップ2.目標確認

セブ島留学

英語学習を継続していくための2つ目のステップは目標確認です。

どれだけの英語力を身に付けたいと思っているのか。

一言で英語力を身に付けると言っても、そのレベルは実に様々です。

スティーブ・ジョブスさんのように英語を喋るようになりたいのか、海外旅行に行った際に困らない程度に英語が喋れるようになりたいのか、それともTOEICで800点を取りたいのか。

自分が目指す目標を明確にしましょう。

目標が明確になっていると、英語学習に対するモチベーションが上がることは容易に想像付くと思いますが、目標を明確にすることがもたらすもう一つのメリットに、それによって目標実現までの全体の作業時間・作業量を把握することが可能になり、英語学習の継続の邪魔をする不安やストレスを減らすことが出来るというものがあります。

人は与えられたことを、どれだけ継続しなければいけないかが不明確な状況では不安やストレスを感じます。

自分は英語学習をあとどれだけ継続する必要があるのか。

それは1ヶ月なのか、1年なのか、それとも10年なのか。

目標が明確になることで全体の作業量をある程度可視化することが可能になり、それによっていつまでやらなければいかないのかという不安やストレスを取り除けるのです。

目標設定において大事なことが3つあります。

まず1つ目は、その目標を数値化することです。

英語力を身に付ける、ではなく、TOEICで800点を取る、というように、数字に落とし込みます。

数字に落とし込むことによって自分の成長が可視化されるため、自分の成長をより強く感じそれが満足感を感じることに繋がって英語学習のモチベーションが上がっていきます。

目標設定において大事なことの2つ目は、小さな目標を設定していくことです。

TOEICで800点を取りたいという最終目標とは別に、細かく達成していくことの出来る目標を設定します。

「3ヶ月後にスコアを100点上げる」というように結果を目標として設定することも良いですし、「1週間でこの参考書を30ページ進める」といった感じで行動を目標に設定するのも良いです。

最終的な目標実現に向けて小さな目標を設定し、それを達成することを通じて英語学習に対するモチベーションを上げていくのです。

目標設定において大事なことの3つ目は、それを誰かと共有することです。

自分以外の誰かに、自分の目標を伝え自分がその目標を達成せざるを得ない状況を作るのです。

これを実行するのに最適なのが、英語学習仲間を作ることです。

自分一人ではなく、他人の力を借りながら進めて行きましょう。

継続して英語学習を行うために必要な2つ目のステップは、目標確認です。

ステップ3.現在地確認

フィリピン留学生が絶対に実践するべき”英語学習の継続”に必要な9のステップ”ステップ1−5紹介編

あなたの現在の英語力はどれ程のものなのか。

このステップが必要になる理由は2つあります。

1つ目は、ステップ2で確認した目標(身に付けたい英語力)とこの現在地(現在の自分の英語力)を測定することで、目標実現のために自分が英語学習をどれだけ継続しなければいけないかが明確になるためです。

例えば、あなたの目標がTOEICで800点を取ることだとして、現在のあなたのTOEICの点数が300点なのか、それとも600点なのかによって、あなたがどれだけ英語学習を継続しなければいけないかは変わって来ます。

現在地確認が必要になる2つ目の理由は、現在の英語レベルを確認することであなたが現在取り組むべきタスクが明確になるためです。

あなたが英語学習を始めたばかりなのであれば、まずは単語を覚え、中学3年分の文法の理解するところから始めるべきですし、既にある程度の単語、文法の理解がある人は、実際に自分の口で話す訓練に移っていく必要があります。

英語学習を継続していくためにはタスクが明確になっている必要があり、そのために現在の英語レベルを確認することが必要なのです。※タスク確認に関してはこのあとのステップ4で詳しく説明して行きます。

継続して英語学習を行うために必要な3つ目のステップは、現在地確認(現在の英語レベルの確認)です。

ステップ4.タスク確認

フィリピン留学生が絶対に実践するべき”英語学習の継続”に必要な9のステップ”ステップ1−5紹介編

継続して英語学習を行っていくために必要な4つ目のステップは、タスク確認です。

目標到達までに今、自分がしなければいけないことはなんなのか。

あなたの現在の英語レベルと(あなたの英語レベルがある程度のところまで行っているのであれば)そしてあなたが達成したい目標によって、今のあなたがやるべきことは異なって来ます。

例えば、あなたにある程度の英語力が備わっていて、ビジネスでのメールライティングのスピードを上げたいのであれば、その練習に集中して取り組むべきですが、あなたの英語レベルがまだ初級なのであれば、焦らずに基礎から積み上げていく必要があります。

なぜ、タスク確認が英語学習の継続において必要かというと、継続する上で作業が明確になっている(単純化されている)ことが大事だからです。

英語学習者が直面する問題の一つに、自分が何に取り組んで良いのかわからない、または、今自分が取り組んでいることが正しいことなのか自信が持てないというものがあります。

その迷いはあなたにストレスを与えます。

そして、そのストレスがあなたが継続して英語学習を行っていくことの邪魔をしてしまうのです。

逆にやるべきことが明確になっていると、継続していくことの難易度はぐっと下がります。

英語学習を継続していくために今自分がやるべきことを明確にしましょう。

英語学習を継続していくために必要な4つ目のステップは、タスク確認です。

ステップ5.方法確認

フィリピン留学生が絶対に実践するべき”英語学習の継続”に必要な9のステップ”ステップ1−5紹介編

ステップ5は方法確認です。

与えられたテキストや環境をどのように使うのか。

参考書はあるけど、留学はしたけど、それらをどのように活用して英語学習に取り組めば良いのかわかっていない英語学習者は非常に多いです。

この迷いも、英語学習者にストレスを与え、それが英語学習の継続を邪魔をしています。

例えば、あたなの目標がTOEICで800点を取りたいというもので、その目標を実現するために、リスニング、リーディング、語彙力をそれぞれ強化するための参考書を購入したとします。

参考書に関しては、全てがAmazonのランキングで1位になっているものだから間違いないだろうとあなた自信に迷いはありませんが、それらの参考書の具体的な使い方はどうでしょうか?

この参考書の使い方はこれであっているのかな?

もっと語彙力のテキストに時間を割かなければいけないのではないか?

そういったやり方に関する迷いが無意識のうちに生まれ、頭の中にストレスを与えて英語学習の継続を邪魔してしまいます。

やり方に関しても明確にし、そして自分自身が納得する必要があります。

やり方を確認するために大事なことは、深く考えずにまずはやってみることです。

そしてやる中で出て来た「これは違うな」「もっと自分に合った良いやり方があるんじゃないか」という迷いとしっかりと向き合って修正していくことです。

自分に合っていないと思っているやり方をそのまま放置しておくことはやめましょう。それは、無意識のうちにあなたにストレスを与え英語学習の継続を邪魔します。

大事なことは、やり方が自分の中で明確になっていて、そして自分の中で納得出来ていることです。

それによってあなたの頭の中の無駄なストレスがなくなり、英語学習を継続することの難易度はぐっと下がります。

英語学習の継続のためのステップ、5つ目は方法確認です。

5.フィリピン留学を通じて継続力を身に付ける

フィリピン留学生が絶対に実践するべき”英語学習の継続”に必要な9のステップ”ステップ1−5紹介編

今紹介させてもらったのが、継続のために必要な9あるステップのうちの1〜5のステップです。

記事の長さの関係上、ステップ6〜9に関しては次の記事で紹介させていただいていますが、英語学習を継続していくためには今説明させてもらったステップを理解して実践していただきたいと思います。

そして、英語力を身に付けるためにフィリピン留学をしようと思っている方は、今紹介したステップをフィリピン留学中から実践していきましょう。

それによって、英語力を身に付けるために必要な継続して英語学習を行うということを身体に染み込ませ、日本に帰国したあとも英語学習を継続していくことが出来るようになるのです。

それを、集中して時間を確保することの出来る留学期間中に行うのです。

全部を行うことが難しいという方は、どれか一つでもやってみることをオススメします。

それによって、継続して英語学習を行っていくことのハードルが下がるでしょう。

(ちょっと宣伝になりますが)私が働くキャリアデザイン英会話スクールBEYOND THE BORDERでは、上記の1〜5のステップを、生徒様が一つ一つ丁寧に進めて行くことが出来る英語カリキュラムを用意しています。

この記事で紹介しているステップを理解はしたが、一人で実践することは難しいと感じている方は、ぜひ学校のHPをご覧になってみて下さい。

当校に入学していただき、滞在期間中に英語学習を継続するためのステップを身体に染み込ませ、留学後も英語学習を継続していってもらえたらと思っています。

フィリピン留学からアジア海外就職!このキャリア戦略が熱い○○という理由(シリーズ第2回)

▶︎キャリアデザイン英会話スクールBEYOND THE BORDERの公式HPへ

次の記事では、継続して英語学習を行っていくためのステップの6〜9を紹介していますので、気になる方はぜひそちらもご覧になってみてくださいね。

継続して英語学習を行っていくこと、それによって英語力を身につけることはみなさんにも可能です。

そのための方法を学び、実践していきましょう。

みなさんの英語学習を応援しています。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

山本建太

↓↓ここから選べば間違いなし!↓↓
>>セブ島留学 おすすめ語学学校はこちら<<
山本健太
フィリピン・セブ キャリアデザイン英会話スクール BEYOND THE BORDER 創業者/最高執行責任者(COO)
TED翻訳者

1987年生まれ。東京出身。アメリカのバスケットボール選手が喋っていた英語に憧れたことをきっかけに小学生の時から英語の勉強を始める。
長期海外留学・海外在住経験なしで英語力を獲得する。大学卒業後、半導体装置メーカーに就職し海外営業としてアメリカ・シンガポール等の顧客を担当。

退社後、キャリア・デザイン英会話スクールBEYOND THE BORDERの立ち上げに参画する。英語を楽しみながら継続していくを応援するために自らが英語を楽しむ姿をInstagram(User Name : kentalish)を通じて毎日配信している。上智大学卒業。TOEIC940点取得。アイスが大好き。

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。

Please enter your comment!
Please enter your name here