Tin Gow(チンゴウ)はセブシティのウォーターフロントホテルに入っている高級中華料理店です。ここはかなり質の高い素材で、クオリティの高い中華料理を提供してくれるお店の一つ。

店内も落ち着いていますし、接客もホテルの中華なのでとても良いです。ビジネスシーンや接待などに使えるレストランです。ウォーターフロントはよくビジネスで利用される方も多いので、このレストランを覚えておいて損はありません。

*この記事は2013年に公開されたものを写真をリニューアルし、文も再編集しています。

Tin Gowの場所

waterfrontrestunt

▶︎Googleマップを開く
場所はセブシティのウォーターフロントホテル(WaterFront Hotel)に入り、右奥のレストラン街の一角にあります。昼と夜の営業の間は一旦閉店し、夜は18時からオープンとなります。

タクシーで来る際は「ウォーターフロントセブシティ」と伝えてもらえば必ず行けます。帰りはホテル前で待機しているタクシーに乗れば大丈夫です。

Tin Gowの外観と内装

waterfrontrestunt
byZOMATO

こちらが店構えです。すごい重厚な雰囲気漂っています。看板があまり目立たないので、初めて来る方はなんのお店かちょっとわからないのが難点。

waterfrontrestunt
byZOMATO

中に入ると広いエントランスがあります。

waterfrontrestunt
byZOMATO

ふかふかのソファーもあって高級店っていうのが伺えます。この奥に席があります。

waterfrontrestunt

こちらが円卓です。ぱっと見、100名以上は入れるお店です。隣同士の席幅が広く、かなり贅沢にスペースを使っていますので、接待にも向いています。

waterfrontrestunt

テーブルセット。

waterfrontrestunt
公式HPより

大人数や大切なシーンの場合は個室利用もおすすめです。

Tin Gowのメニュー

TinGowのメニューです。ご覧のとおり中国語と英語だけなので、日本で中華料理店に入る機会が多い方はメニューを見ても理解できますが、そうでない方にとってはかなり難しいでしょう。

英語を見て何となく判断するしかないですよね(苦笑)中国語より英語の方が理解しやすいです。

一番高いのはフカヒレとカニとホタテの麺だと思います。日本だったら5000円から8000円ぐらいはいくので、セブ島の方がちょっとは安いですかね。他の料理でもフカヒレ麺なら3000円が日本の相場だと思いますので、セブのほうが安いかなといった感じです。

軽くメニューを紹介していきます。前菜はレギュラーサイズでも400〜1200Pしますね。スープは150〜500Pまで。

気になる北京ダックは2400Pです!6000円ぐらいですかね…。1サイズのみです。2匹らしいです。ざっとみたところ、メイン料理は500P前後、スープは200P、チャーハンなどは300Pあたりといったところでしょうか。

さすがホテル内の高級中華だけあってお高いです。ちょっとビビりますね。

それでは実際に注文した料理を紹介します。

waterfrontrestunt

まずはスープから。

waterfrontrestunt

グリーンペジタブルスープ205P。かなりとろみのあるスープです。味はかなり薄め。さっぱりといただけます。

waterfrontrestunt

定番の麻婆豆腐。450Pです。思った以上に辛くなく食べやすかったです。ご飯の上に乗せて食べるとより美味しいかなと。

waterfrontrestunt

豚肉の甘酢ソースあえ。これは豚肉というよりは、スナック感覚です。サクサクしています。タレも美味しくお勧めの一品。

waterfrontrestunt

真空菜。野菜がかなり新鮮で、シャキシャキと歯ごたえがよく美味しいです。

waterfrontrestunt

これは確か牛肉だったと思います。お肉はレバーではありませんが、レバニラ炒めみたいな感じ。お肉が柔らかくて美味しい!

waterfrontrestunt

こちらはチャーハン。これはいたって普通ですね。

waterfrontrestunt
byZOMATO

中華といえば小籠包ですね。食べてはいませんが写真を。

waterfrontrestunt

最後にデザート。杏仁豆腐が良かったのですがなかったので、マンゴークリーム105Pというのを頼んでみました。マンゴーの中にタピオカがたっぷり入っていて甘くてさっぱりとしたスイーツでした。美味しいです!

接客もとてもよく、料理提供も早くとても良かったです。オープンの18時にいきましたが、お客さんは私たちともう一組だけでした。

Tin Gowのまとめ

予算600peso~1000peso、一品が400peso~700pesoするため高めのレストラン。ウォーターフロントのレストランはどこも予算800peso前後必要ですかね。

席数はかなりある上に、利用者は少ないので予約なしですぐに入れます。
Wi-Fi OK
接待 OK

このお店は料理のボリュームを3段階で選べるので、二人で来店した場合でも3品~4品頼めるのがいい所。中華料理店では珍しいかもしれません。

自信を持っておすすめできるお店の一つ。

Lunch 11:00 AM – 2:30 PM
Dinner 6:00 PM – 10:30 PM

Phone: +6332 232-6888 local 8607

▶︎マップで見るセブ島観光スポット

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表
斉藤 淳

当サイトの管理人
2012年に初めてセブ島に留学。以降今までに複数の語学学校に留学&訪問。フィリピン留学を通じて「英語が伝わる楽しさ」をより多くの方に体験してもらいたいと思い、このサイトを立ち上げました。

英語留学前の方はもちろんの事、留学中の方、留学後の方にも役に立てる情報の提供を目指しています。なお、基本的にはセブ島ではなく、東京(高田馬場)にオフィスを構えて働いています。

何かご質問ございましたら、コメント欄かinfo@ceburyugaku.jpまでお願いします。

・TOEIC(R):805点(L 430 R 375)
・TOEIC SW:280点(S 130 W 150)

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。

Please enter your comment!
Please enter your name here