0円留学(ゼロ円留学)アーグスイングリッシュアカデミー 代表「早川諒」

みなさん、こんにちは。
AHGS代表の早川諒です!

過去の3記事で、当学校のメイン留学プランである「0円留学」や、IT/プログラミングと英語を学ぶことができる「グローバルIT留学」、さらにはフィリピン人向けの日本語教育を実施している「AHGS Japanese Academy」について、お伝えしてきました。

各事業それぞれにおいて一貫しているのが、「機会のなかった人々に対して教育を受ける機会を提供する」という想いです。

そんな中、昨年フランジアさんと一緒に開始した「グローバルIT留学」も、今年4月には同時に7名の新入留学生を迎え、盛り上がりを見せてきています。

今回はその「グローバルIT留学」の様子をお伝えし、一緒に「グローバルIT留学」を開講しているフランジアセブのマネージャーの西出さんにも「グローバルIT留学を通じて実現したい未来」について、「グローバルなIT企業の観点」から伝えていただきます。

2年目を迎えるグローバルIT留学

AHGS

昨年4月からサービス告知を開始し、昨年2度の期間を設けて開講した「グローバルIT留学」ですが、2年目を迎え、ますます多くの留学生の方が留学に来てくださっています。

AHGS

AHGS

AHGS

AHGS

上記の写真が今年4月から開講している第三期生の様子です。

半数以上の学生さんが、卒業後にはフランジアのインターン経験も積みたいという生徒さんで、最大9ヶ月学んでいく意気込みで来てくださっています。

講師はグローバルに6ヶ国10拠点を構えるグローバルIT開発会社のRyan先生。

フランジアへ就職する前には、NECのフィリピン法人で携帯電話ネットワークの異常検知システムの品質管理エンジニアとして仕事をしており、日本やタイの携帯電話網の管理システムに携わっていたり、FacebookやGoogleも関わっていた日米間の海底ケーブル管理プロジェクトにも入っていたなど、フィリピンで出会えるエンジニアの中でもトップレベルのエンジニアとなっています。

しかも、弊社とフランジアさんの「グローバルIT留学」は、Ryan先生のようなトップレベルエンジニアだけではなく、英語が不安な生徒さんのサポートもできるように日本人若手エンジニアをTAとして派遣して下さっています。

現役トップレベルのエンジニアが生で講師をしているだけではなく、若手現役日本人エンジニアもサポートとして入っている。

トップレベルのグローバル開発会社から、2名の講師体制で講義を受けられるIT留学は、「グローバルIT留学」だけとなっています。

今回はそんな贅沢な学習環境を提供してまで、より良いIT教育環境を提供してくれている、フランジアセブのマネージャーの西出さんから、フランジアが弊校と実施する「グローバルIT留学」で目指していることについてもご紹介させていただきます。

「グローバルIT留学」のご紹介

AHGS

はじめまして、フランジアセブのマネージャーをしている西出と申します。
AHGSの早川社長に機会を頂き、AHGS×フランジアの「グローバルIT留学」について、「IT留学」側の監修をしている私自らご紹介させて頂きますね。

フランジアとは?

そもそもフランジアをご存じない方が多いと思うので、まずフランジアについてご紹介させて頂きます。

フランジアは2012年にベトナムで創業後、たった6年の間にアジアの6ヶ国10都市に拠点を構え、グループ1000人の体制になるまで急成長しているグローバルなIT開発会社です。

西はナイジェリア人、北はロシア人、東は日本人など、既に10ヶ国以上の国籍のメンバーが働く多国籍IT開発会社となっています。

AHGS

開発会社としての仕事は、特にスタートアップの開発支援を強みとしており、上記のようなスタートアップから大企業の新規事業案件などを中心に、ワクワクするようなプロダクト開発を共にさせて頂くことが多くなっています。

また、IT企業は優秀な人材こそが命、という考え方を持っているため、若手のIT人材育成にもかなり力を入れており、現在ベトナムでは3大学と提携して大学生向けにプログラミング講座を開講しており、フィリピンでも1大学に向けて開講しています。

現在では、フランジアが育成したベトナム人エンジニアが、毎年日本企業に100名単位で採用されていく、というようなIT教育実績も誇っています。

AHGS

私達はそんな優秀な途上国・多国籍のエンジニアと、ワクワクするようなスタートアップや新規事業プロダクトを一緒に作りながら、「国境・国籍を超えて熱狂しながら世界にAWESOME!を量産していく」というようなパッションを持って仕事をしている会社です。

グローバルIT留学の特徴

そんな弊社フランジアは、昨年2017年より、AHGS English Academyと提携を開始し、「将来海外IT企業で働くことを視野に入れ、エンジニアリングを学習したい」という方へ最適なコースとして「グローバルIT留学」を開始しました。

AHGS

「グローバルIT留学」の特徴は、「海外IT企業への就職」を目標・ゴールとしているような方へ最適のコースとして設計されたカリキュラムとなっている、というところに尽きます。

もちろん、日本へ帰国の上、海外のチームとやり取りをしながら海外チームをハンドリングする、という観点での仕事に対しても、最適な学習コースとなっています。

具体的に学べる内容は、「プログラミング基礎」「プロジェクトマネジメント概要」「品質管理概要」「デモプロジェクトによるプロジェクト演習(設計、開発、テストまで一気通貫)」というような内容になっており、海外で働くエンジニアに求められる「日本のチームと現場のチームを橋渡しする」という「ブリッジエンジニア」に求められるスキルの基礎力を養えるコースとなっています。

また、卒業後はインターンとしてフランジアの現場開発に入って頂くことができるので、「現場経験による応用学習」もすることができ、「海外開発現場経験」によるプラスαの学習チャンスも提供しています。

本コースは特に、海外IT企業への就職や転職を考えている方へおすすめで、「海外で働く日本人エンジニア」に求められる幅広い基礎技能の習得に特化した留学プランとなっています。

フランジアがグローバルIT留学で目指すもの

そんな「グローバルIT留学」なのですが、ここで少しだけ、なぜ我々フランジアが「留学事業」を始めたのかについて、紹介させて頂ければと思います。

グローバル多国籍チームでのIT開発を当たり前、と思っているフランジアは、優秀なベトナム、フィリピン、バングラデシュなどのエンジニアと仕事をしている中で、「チャレンジングに彼らと同等に働ける日本人の若者が圧倒的に少ない」ということに危機感を持っています。

アジアや途上国人材と働きながら、もはや途上国の人材の方がわくわくして一緒に働ける優秀人材が多いのではないか、それくらいに思っています。

AHGS

実際に、昨年のとあるリサーチでは、優秀な外国人にとって日本は「アジアの中で最も働きたくない国」にランキングされた、という話がありました。

正直この記事を見た時に、私はかなりのショックを受けました。別に日本が働きたい国であってほしいとは思いませんが、日本がグローバル社会からは認めてもらえないレベルの国に凋落しているガラパゴス国家である、と突きつけられたような気がしてしまいました。

フランジアとしては、そんな悲しい状況は打破したいと思っています。

国を選ばず活躍できる日本人人材がもっと増えてほしい。そのためには、まずは海外IT企業で働けるようになる日本人人材が増えてほしい。スタートは日系IT企業から、となることが多いかと思いますが、海外でチャレンジできる日本人人材が増えていってほしい。

そんな想いを持って、「海外で日本人IT人材として就職するために必要な学習」に特化する形で「グローバルIT留学」を開始いたしました。

「グローバルIT留学」の卒業生が、世界各地のIT企業で活躍していく未来を作りたい、そんな想いで持って「グローバルIT留学」を運営しています。

そして、AHGSさんは「0円留学」も「コールセンターというビジネスマンとしてはかなり鍛えられる仕事と英語学習」という形で「英語だけではない学習環境」へのこだわりを持ってらっしゃる学校です。

海外に出ると「英語が話せること」は当たり前です。「英語が話せることは当たり前」という海外において、「ビジネスマンとしての専門能力」をきちんと伸ばすことができる留学を共に作っていければ、と思って一緒に事業をさせていただいています。

さいごに

AHGS

今回は「グローバルIT留学」でご一緒させて頂いているフランジアの西出さんご自身から「グローバルIT留学」についてご紹介して頂きました。

私達自身も「英語力だけではない付加価値」の重要性を創業当初から常に意識してきた学校です。そんな中でやはり、現在のIT技術が持つ可能性は無限大だと私も感じています。

この記事をお読みになっているみなさんもご存知かもしれませんが、インドでは未だにカースト制度の身分制度が強く、結婚相手でさえ同じ身分の中から選ばないといけないという制約も多い社会となっていますが、ITのような新しい分野は身分の上下を乗り越えて仕事ができる領域となっています。

そのように、既存の社会を超えて仕事ができる可能性や、新しい社会を作っていけるような可能性を秘めているのがIT領域です。

そして、西出さんが書いてくださったとおり、「海外で英語が使えることは当たり前」なので、グローバルに活躍できるようになるためには「英語だけではない何か専門スキル」は必要となります。

グローバルなキャリアに憧れていたが、第一歩を踏み出せなかった。「ITキャリア」を踏み出そうと思っていたが何から始めれば良いかわからなかった。

そんな「希望は持っていたがどうすればよいかわからなかった」という方へ、「新たな機会」を提供できればと思っています。

「グローバルIT留学」へご興味を持ってくださった方は、下記より詳細を確認頂いてお問い合わせください!

グローバルIT留学詳細はこちら => http://xn--mckzb595rgyv.com/global-it/

「よりグローバルIT留学の様子を知りたい」という方は、フランジアさんが4月の授業の様子を紹介して下さっているので、こちらの記事も参考にして頂ければと思います!

【セブ島IT留学レポート】グローバルIT留学3期生初日レポート => https://framgia.com/study-abroad/class-report-201804-global-it-1/

↓↓ここから選べば間違いなし!↓↓
>>セブ島留学 おすすめ語学学校はこちら<<
早川諒
AHGS English Academy代表 2014年に日本の東証一部上場企業から独立起業し、2015年1月に、「0円留学」のブランドでAHGS English Academyを開校し、2016年1月に、現地フィリピン人向け日本語学校AHGS Japanese Academyを開校。 また、英語学校としてはセブだけではなくオーストラリア・ゴールドコーストに姉妹校を持つ。今まで1500名以上の卒業生を輩出。セブ、東京、名古屋、大阪でコールセンター事業も展開。 0円留学をはじめ、「グローバルIT留学」「ダイエット留学」など特徴の強い留学プランを次々と打ち出し、留学業界に革命を起こし新しい留学スタイルを築き上げる風雲児

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。

Please enter your comment!

Please enter your name here