セブ島でのダイビング

フィリピンセブ島は近年人気急上昇中の海外旅行先です。
世界的に有名なリゾート地でありながら、物価も安いのが魅力。日本からも4時間弱と近く、多くの直行便が飛んでいます。

セブ島に観光旅行に来た38人にアンケートを取り、セブ島観光で良かったことを5つ挙げてもらいました。
アンケート結果とさらに俺セブからのおすすめ情報をランキング順にご紹介します。

セブ島観光おすすめランキング

38票:セブ島の海

1位はもちろん、セブ島の海でした!アンケートに答えていただいた全員が海をあげてくれました。

21票:海がキレイ

セブ島ビーチ
セブ島では公共のビーチはあまりなく、ほとんどのビーチはホテルのプライベートビーチです。ビーチサイドでゆっくりしたいという方にはホテルのビーチをオススメします。特におすすめなのがシャングリラホテル。セブ島のホテルでシュノーケリングで魚がたくさん見る事が出来るのはこのシャングリラだけです。本格的にシュノーケリングを楽しみたいという方はアイランドホッピングでヒルトゥガン島に行ってみてください。

ホテルのビーチは宿泊者ではなくても、デイユースで楽しむ事ができます。日帰りでビーチ、プール、ランチビュッフェ、ジムなどが利用出来ます。

▶︎【マクタン島編】セブ島デイユース日帰りビーチリゾート15選(2018年版)

▶︎【セブ市内編】セブ島デイユース日帰りプールまとめ(2018年版)

・セブ島の海の青さには感動しました。沖縄の海も好きですが、透き通った水色にとても癒されました。海のスポーツも体験できて、海を満喫できました。海底の砂や石など、きれいに見えて、魚もちらほら泳いでいました。世界で一番美しい海だと思います。(20代・女性)

・理由なく綺麗でした。青い海と青い空、本当にリゾート地そのものでした。日本の海のゴミゴミした感じと違ってのんびりとリラックスでき、そこにいるだけで幸せになれました。時々不意にやってくるスコールも気になりませんでした。(40代・女性)

・セブ島は世界有数のリゾート地ということは言わずもがなですよね。正直あそこまできれいな海は見たことがありません。絶対に日本にはないと思います。セブ島の海を見ているとまるで楽園にいるような錯覚にとらわれてしまいます。(20代・男性)

9票:アイランドホッピング

セブ島のアイランドホッピング
アイランドホッピングはセブ島に来たからには体験してもらいたい人気のアクティビティです。

ボートで2つか3つの島をまわり、途中シュノーケリングや昼食を楽しみます。朝9時に港を出発してボートで出発して15時ぐらいに帰ってくるツアーが多いです。ツアーによって行く島は違いますが、シュノーケリングはヒルトゥガン島でのツアーをおすすめします。海のきれいさ、魚の多さが他の島とは違います。

▶︎【セブ島観光人気No1】アイランドホッピング完全攻略ガイド

・セブ島は海の美しさに定評があるようです。海と言えばやはりセブ島アイランドホッピングですね。アイランドホッピングは島をいくつも巡るシュノーケリングを楽しむ。そしてバーベキューをする。勿論お酒も楽しむ。まさに南国セブ島にふさわしい。(50代・男性)

・わたしも一緒に旅行した友人もスキューバダイビングが怖くてできません。なので、シュノーケリングを楽しむことにしました。ちいさな船でシュノーケリングができる場所まで連れて行ってもらい、シュノーケリングを楽しみました。それほど深くない場所でしたが、色とりどりの魚がたくさん泳いでいて、十分楽しむことができました。長い時間うつ伏せでシュノーケリングをしていたので、背中の日焼けがひどかったのもいい思い出です。(20代・女性)

8票:ダイビング

セブ島でのダイビング
セブ島でのダイビングは「お殿様ダイビング」とも呼ばれ、準備を全てスタッフがやってくれるのが特徴!セブ周辺ならヒルトゥガン島、日程に余裕があればセブ市内から車で3時間ほどの距離にあるモアルボアルがおすすめです。

またライセンスの取得費用がとても安いことでも有名です。世界で一番安いとも言われています。事前勉強をすれば最短2日で取得する事ができます。

▶︎【セブ島ダイビングショップまとめ】

・セブ島といえば!海!!ということで、ダイビングにチャレンジしました。桟橋から入水するダイビング方法だったのですが…海の透明度は抜群で、ニモにも会えちゃいました!!ライセンスも取得したのですが、講習も日本語でやっていただいたのですごく安心でした。この海がステキなセブ島でダイビングデビューできて本当に良かったです。(20代・女性)

・ダイビング旅行だったので毎日ダイビングしましたが、海が綺麗で透明度が高くカラフルな魚をたくさん見ることができました。小さなウミウシやクマノミ、大きなチョウチョウウオの大群など見所たくさんでめいっぱい楽しめました。(30代・男性)

23票:フィリピン料理

セブ島レストラン マリバゴグリル(Maribago Grill)
フィリピン料理は初めて食べたけど美味しかったという人が多いです。定番のフィリピン料理を食べてみたいという方にはKUYA J、マグロのカマ焼き、ガーリックライスが人気のSTK ta Bayもおすすめ。
セブ島と言えば海なのでシーフードを期待される方が多いですが、実はセブ島は肉料理の方がおすすめです。

レチョン
フィリピン人が1番にオススメするのがレチョンと言われる子豚の丸焼き。セブ島のレチョンは特に美味しく、マニラやフィリピン全土からフィリピン人がわざわざ食べにくるほどです。マクタン島ならRICO’S LECHONに是非行ってください。少しだけで良いので試してみたいという方はショッピングセンターのフードコートがおすすめです。1/4kgで100ペソ(約210円)ちょっとです。
その他にはBBQも人気の料理です。オススメはAA BBQ

AyalaMallsCebu(アヤラモール)thirsty
フルーツが美味しかったという声も多かったですね。マンゴーはもちろん、他にもパイナップル、バナナが美味しいです。マンゴーは宿泊先のホテルやレストランで食べることが出来ますし、マンゴーシェイクもおすすめです。おすすめはショッピングモールにあるThistyというお店。その場でドリンクを作ってくれます。スーパーや露店でもフルーツは1個単位で買えますが、すでにカットして販売しているフルーツは避けた方が良いです。ココナッツもおすすめです。

AyalaMallsCebu(アヤラモール )KUYA Jのハロハロ
こちらのハロハロもセブ島に来たら是非食べてもらいたいです!フィリピンのかき氷です。写真はKUYA Jのハロハロですが、他のフィリピン料理店やファストフードでも食べる事ができます。ガッツリ混ぜて食べましょう!

▶︎迷ったらここ!迷ったらここ!セブ島のフィリピン料理レストランランキング35件
▶︎セブのマクタン島限定!おすすめグルメレストランBEST30

・私たちは地元では有名なマリバゴグリルというレストランで食事をしました。そこの料理がとにかくおいしく、格安でした。フィリピンは日本と比べると物価が安く現地でかかるお金は多くありません。そのため、私たちも安い値段でたくさんの食事をすることができました。マリバゴグリルで印象的だった料理はロブスターの料理で大きく中身もしっかりあり、とても美味しかったのですがそれでも数百円(日本円)の料理でした。(20代・男性)

セブ島のマンゴージュースがとにかくおいしい!町のいたるところにフレッシュジュース屋さんがあるのですが、マンゴージュースがとってもオススメです!セブに行くまでマンゴーは苦手だったのですが、一気に好きになりました!さすが南国ですね!(20代・女性)

・バナナやマンゴーなどのトロピカルフルーツがとても美味しいです。ホテルでは当たり前のように出てきますがフルーツ缶詰ではなく、生のフルーツがふんだんに食べられます。個人的にはバナナに感動しました。しかもどれも食べごろの完熟です。(50代・女性)

16票:物価の安さ

サンミゲルライト
セブ島の物価はだいたい日本の1/3です。特に物価が安くお得感があるのは、タクシー、マッサージ、ビール、高級レストランです。タクシーは初乗り40ペソ(約85円)から、マッサージも安いお店では1時間150ペソ(約320円)ぐらいからです。

1000ペソ(約2100円)あれば高級レストランでのディナーも楽しめます。おすすめは山頂展望台トップスに行く手前にあるANAZANI。コース料理が1000ペソぐらいから楽しめます。
ただ輸入食材である高級ワインやサーモン、アメリカ産牛肉などは日本より高いです。

ワインは高いですが、ローカルビールはスーパーでは30ペソ(約65円)、レストランでも70ペソ(約150円)ととても安いです。世界一の生産量を誇るエンペラドールというウイスキーも750mlボトルがスーパーでは80ペソ(約170円)ぐらいと激安です。

・物価が安いため、外食、マッサージ、買い物などいろいろと楽しむことが出来ます。観光客向けのツアーなどに申し込むと少し割高になるかもしれませんが、それでも他の国に行きツアーで楽しむよりかは安く楽しむことができます。(20代・女性)

・セブ島があるフィリピンは東南アジアにあり、まだ発展途上国なこともあるので、物価がとても安いんです。ペットボトルのお水にいたっては、日本円で20円ぐらいで買うことができちゃうんです。フィリピンでなら夢の爆買いもできますよ。(20代・男性)

・現地の物価が安く、お金がかからない。マリンスポーツなどは少し値段が高いが、それでも日本と同じくらい。他の雑貨や食事をする時の料金は日本の3分の1くらいの価格で、お得感があった。あまりお金を気にせずに食べたいものが食べれて、買いたいものが買えた。(20代・女性)

16票:リゾートホテル

セブ島ビーチ
セブ島一番オススメのホテルはシャングリラリゾート。ホテル内のビーチのきれいさ、レストランの充実度はダントツです。プールも広いのでお子様連れの家族旅行にも最適。それでも他の国のシャングリラと比べても安いのはポイントです。

他にもマクタン島のビーチ沿いにはクリムゾンリゾートやモーベンピックなどの5つ星ホテルがあります。こちらの2つは家族向きというよりはカップル向きといった雰囲気です。

ウォーターフロント
海を重要視しない方にはセブ市内のホテルがおすすめです。マクタン島のビーチ沿いのホテルと比較して圧倒的に安いです。セブ市内で日本人が多く宿泊しているのは上の写真のセブ島最大規模の4つ星のウォーターフロント、他にも一人なら3,000円ぐらいでも快適に泊まれるホテルがあります。

▶︎【セブ島おすすめホテル35選】セブ渡航30回以上のライターが送るBESTホテル

・とにかくホテルが立派で、きれいで、リゾート感満載でした。グアム、サイパンではもっと高額なお金を支払わなくては泊まれないだろうというホテルに安く宿泊できました。セキュリティーもしっかりしていて、女子旅でしたが不安は一切ありませんでした。(10代・女性)

・ホテルの施設が充実していて、ホテルから一歩も出なくても楽しめる内容でした。特に子供向けプールやキッズクラブが充実していて、子供が退屈しないようになっているのが良かったです。ホテル自体が広いため、綺麗に手入れされた植物を見ながら散策するのも楽しかったです。(30代・女性)

シャングリラ・マクタン・アイランド・リゾート&スパに泊ったのですが、海外のホテルには期待していなかったのですが、入った瞬間から高級感があり、部屋についてるトイレもお風呂もピカピカでびっくりしました。スタッフさんの印象もとてもよかったです。(10代・女性)

15票:フィリピン人がフレンドリー

フィリピン人は親日で皆さん笑顔でフレンドリーに接してくれます。日本人とは違うフィリピン人のおもてなしが良かったという声が多かったです。

・道を歩けば笑顔で話しかけたりしてくれる。いろいろな国にいったが、フィリピンの人たちが一番親日だった気がした。ホテルの人やレストランで会う人はもちろんのこと、道ですれちがったり、海で会った人みんなが笑いかけてくれた。(20代・女性)

・基本的にとても人懐っこくて陽気な国民性だと思います。飲食店などに入った時も最初は店員さんもマニュアル通りの応対をしていますがこちら側から友好的に接してあげると、途端に彼らの陽気な素の部分が出てきて一気に楽しいお店に早変わり。とても心が可愛らしい国民性なんだなと感じました。(30代・男性)

・ラテン系ののりでとっつきにくい感じがしますが、話してみると友達を大切にして、日本人に対しても親切である。全員がそうではないので注意する必要があるが、ひとり旅をしたが犯罪に巻き込まれることもなく、いろいろと助けてくれた。(20代・女性)

10票:セブ島市内観光

セブ島の市内観光
セブ島で市内観光と言えば、定番はフィリピン最古の教会であるサントニーニョ教会、マゼランクロス、サンペドロ要塞です。フィリピンの歴史を知る事ができる博物館もあります。

トップスからの夜景
オススメは山頂展望台トップス。セブ市内から少し山を登ったところで、特に夜景が綺麗です。セブ島を全て見下ろすことができます。有料の展望台もありますし、レストランで食事をしながら夜景を楽しむこともできます。一押しはLantaw(ランタウ)

▶︎QQオーナーが勧める!セブトップス周辺最高のデートスポット10選

・おすすめは、マゼラン・クロス。サントニーニョ教会の隣にある巨大な木製の十字架で、セブに住むキリスト教徒が訪れる神聖な場所です。現地の信者さんも熱心に参拝されており、日本ではない空気感が味わうことができます。(20代・男性)

・セブ島の有名な夜景スポットのトップスに行きました。昼間は海でシースポーツなどして自然に触れ合いましたが、夜はきれいな夜景の見えるレストランで食事。自然も都会もある、魅力的なセブ島だと実感できました。タクシーでいくことができました。(20代・女性)

8票:セブ島への行きやすさ

セブ島への行きやすさを挙げてくれた人が多かったです。
セブ島へは成田からはフィリピン航空、バニラ・エア、セブパシフィック航空が、関空からはフィリピン航空、セントレアからもフィリピン航空が直航便を運行しています。
フィリピン航空はANAのマイルで往復の航空券を取ることもできます。往復で2万マイル。バニラ・エア、セブパシフィック航空はLCCなのでチケット代が安いのが魅力。繁忙期以外は往復3万円ぐらいで購入することが可能です。フィリピン航空でも往復6万円ぐらいです。

飛行時間も4時間弱とハワイやバリ島などの他のビーチリゾートと比べても日本から一番近く、日本との時差も1時間です。

▶︎成田・羽田からセブに行くには?
▶︎関空からセブに行くには?
▶︎名古屋からセブに行くには?
▶︎福岡からセブに行くには?
▶︎地方空港からセブ行くには?

・セブ島を選んだ理由の一番は旅費が安いというところでした。まだ社会人になりたての私たちにはハワイは高すぎるし、グアムもちょっと高い・・・なので、安いリゾート地としてセブ島を選びました。4泊5日で6万円ほどでした。もちろん現地もとてもよかったのですが、一番は旅費の安さです。(20代・女性)
・近年加熱しているLCCの料金戦争。その恩恵を受けているのが、セブ島です。セブ島までは乗り継ぎ便を含めると、とても多くの路線がセブ島まで就航しているんです。セール期間などに航空券を買えば、驚く安さで航空券を得ることができます。(20代・男性)

8票:ショッピング

セブ島アヤラモール
セブ島はショッピングモールがとても充実しています。日本で一番広いショッピングモールと言えば埼玉のイオンレイクタウンですが、なんとセブ島にはさらに広いショッピングモールが2つもあります。おすすめなのがセブ市内にあるアヤラモールとSMシティです。両替所もあり、お土産はここに来れば揃います。レストランやカフェも充実しているので1日中楽しむこともできます。

AyalaMallsCebu(アヤラモール )ドライマンゴー
ドライマンゴーや食料品はショッピングセンター以外のスーパーでも購入できます。オススメのドライマンゴーは写真の7Dブランドです!

▶︎セブ島アヤラモール攻略ガイド:スーパー、タクシー、ATM、誰も知らない両替所まで

6票:オスロブのジンベイザメ

オスロブのジンベイザメ
99%の確率でジンベイザメを見る事ができます。おすすめはシュノーケリングです!
セブ市内から南に約100km、オスロブという街でジンベイザメを見ることができます。日帰りですと朝5時ぐらいにホテルを出発、9時半ぐらいにオスロブに着き、シュノーケリングやダイビンング、船上からジンベイザメを見て、昼食後に帰るというのが一般的なツアーです。帰りにツマログの滝やカワサンの滝に寄るツアーもあります。日程に余裕があればオスロブで一泊するのもおすすめです。

▶︎【セブ島ジンベイザメツアー】遭遇率99%!俺セブ一押し格安おすすめツアー

・ガイドブックを買ってから、ずっと体験してみたいと思っていました。良い経験にはなりましたが、かなり怖かったです(笑)触っちゃいけないよ!と言われていたのですが、ジンベエザメの方から当たってくるんですよ。水族館で見るより大きくて迫力があり、怖いですが良い経験にはなると思います。(20代・女性)

・セブ島観光でも人気のイベントです。ダイビングや船上でのウォッチングもできますが、シュノーケリングがおすすめです。餌を食べに水面近くに上がってきたジンベエザメを間近で見ることができ大迫力です。日本ではできない体験です。(20代・女性)

5票:エステ・マッサージ

セブ島のスパ
セブ島には外国人観光客向けの1時間1000ペソ(約2100円)ぐらいの少し高級なマッサージから、1時間150ペソ(約320円)の格安マッサージまであります。

外国人観光客向けのリゾート感漂うお店はマクタン島のビーチリゾート沿いに多いです。セブ市内にも300ペソぐらいの手頃で24時間営業のお店が多いです。

▶︎【セブ島(セブシティ )】おすすめマッサージ&スパ34店!

・リゾート地ということもあってホテルの中や街にエステやスパがたくさんあり、料金もお手頃で気軽にバカンス気分をあじわえました。また内容も本格的で安くていいサービスをあじわえ、店内もステキなつくりのところが多くとてもよかったです。(10代・女性)

・リゾートホテルに滞在していた時のプールとスパは最高でした!ホテルのプールで思いっきり楽しんだ後、スパで全身癒してもらい、日頃の疲れが吹き飛びました!そして金額も安いので、セブ島でのリゾートはオススメです!(20代・女性)

4票:英語が通じる

フィリピンの公用語は英語、タクシーでも英語が通じるので安心してください。アメリカのように難しいスラングを使う事なく、わかりやすい英語で話してくれます。レストランのメニューも全て英語で書かれています。
特にセブ島はフィリピンの中でも留学地として有名で多くの語学学校があります。

▶︎まずは全体像を把握!イラスト17枚で分かるセブ島留学の魅力

・観光地のスタッフやタクシーの運転手はほぼ全員、英語で会話ができるので言語で困ることがありませんでした。ホテルやレストラン、ショップの店員さんに質問をする時も英語が通じるので会話がしやすくてスムーズに意思疎通ができました。(30代・女性)

・殆どの人が英語を話せるのでいざと言う時には助かります。ホテルのスタッフや現地の方で以前日本へ来た事のある人は進んで日本語で話しかけてくる場合もあります。英語も変なアクセントが無く効きやすい発音で、日本人にもわかりやすいと思います。(50代・女性)

3票:ボホール島

ボホール島のチョコレートヒル
ボホール島はセブ島から高速船で2時間ほどの距離にある自然がまだ多く残った島です。有名な観光スポットは大自然が作った不思議な形の丘のチョコレートヒルズと、メガネザルのターシャです。5つ星のリゾートホテルもあります。

▶︎ボホール島記事一覧

・インターネットで多くの人が行ったチョコレートヒルズの写真をみて、まあまあのところだと思っていたが、実際展望台まで登ってみてみると自然が作り出した光景に感動する。遠いけどここまで来て良かったと思う場所であった。展望台で丘に向かってお祈りしながら踊っている現地の人がいたのにも驚かされた。(50代・男性)

・ターシャを見に行きました。キウイくらいの可愛い可愛い目の大きなお猿さんで、夜行性なので皆んな寝ていましたが、可愛くてたまりませんでした。道案内の人が沢山いて、ターシャが木に止まっている所を教えてくれて周りやすかったです。(40代・女性)

2票:日本語が通じる

日本料理店や日系のツアー会社、一部のホテルでは日本人スタッフがいて日本語が通じます。日系のお店で働いていて少し日本語が話せるフィリピン人もいます。
路上やショッピングモールで片言の日本語で話しかけてくるフィリピン人は注意しましょう。

・人気観光地というだけあって、日本語が通じる人が多いと感じました。買い物をするときも、日本語で「ヤスイヨ!」などと声をかけられました。ダイビングをしたときのインストラクターさんも日本語が話せる方だったので安心してダイビングをすることができました。(20代・女性)

2票:カワサンの滝

カワサンの滝
カワサンの滝はセブ市内から車で3時間ぐらい、ツアーに参加するか、車をチャーター、もしくはローカルの乗合バスで行きます。セブ島最大でエメラルドグリーンの綺麗な滝です。フィリピン人にも人気のスポットです。

▶︎今さら聞けない:セブ人気観光スポット攻略 〜 カワサン滝 〜

セブ島内最大の滝で、流れ落ちる水が大迫力です。迫力が半端ないです。セブ島のモアルボアルから近い場所にあり、セブシティからは車で3時間といったところにあります。遠いですが、それでも行く価値はあります。すごくきれいな緑色の滝です。(20代・女性)

2票:治安が良かった

セブ島の治安ですが、皆さんが想像されているよりは良いです。フィリピンの首都であるマニラは良くない事で有名ですが、セブ島は異なります。しかし、日本ではないので最低限の注意は当然必要です。スリや、ショッピングモールや道端で話しかけてくる人、夜間の一人歩きには注意してください。

▶︎セブのマクタン島の治安状況を徹底解析!(2018年度改定版)

タクシーはセブ市内であれば基本的にはメーター料金で行ってくれます。しかしマクタン島のリゾートホテルエリアは市内から距離があるためメーター通りに行ってくれるタクシーはほとんどありません。メータープラス50ペソから100ペソ(約110円から220円)ほどなので、あまり交渉し過ぎず旅行を楽しみましょう。

▶︎【もうボラれない!】セブ島タクシー攻略ガイド(料金表付き)

セブ島は治安がそこまで悪いところではないとおもいました。旅行中に一度も危険な目にあったことはありません。街中でお金をせびってくる人はいましたが、タクシーでぼったくられるなど実際に被害にはあいませんでした。(20代・女性)

2票:小さい子でも楽しめた

海沿いのリゾートホテルではレストランやビーチ、プールはもちろん、キッズエリアもありホテル内で楽しめる作りになっています。キッズプールも係員が常時監視しているので安心です。

小さな子供がいると、旅行時は安全か、子連れでも利用しやすい施設があるか、快適に過ごせるかといったことが心配になりますが、セブは子連れでも利用しやすいホテルが多く、プールが充実していたりキッズ向けのプログラムがあったりと楽しめました。(30代・女性)

まとめ

いかがでしたでしょうか?
世界にはハワイやグアム、バリなど多くのリゾート地がありますが、セブ島は海にくわえ、日本からのアクセスの良さや物価の安さに満足された方が多かったです。ホテルも安いうえにLCCもあるので、旅費をかなり抑える事ができます。

またフィリピン人がフレンドリーと答えてくれた方が想像以上に多かったです。海や物価の安さではなく、日本人とは異なるフィリピン人のおもてなし精神がセブ島の大きな魅力なのかもしれません。

▶︎【セブ島一人旅プラン】ガイドブック不要!俺セブ流セブ島3泊4日ツアープラン
▶︎【セブ島3泊4日プラン】絶対に外さない!プチ贅沢な恋人・夫婦旅

↓↓ここから選べば間違いなし!↓↓
>>セブ島留学 おすすめ語学学校はこちら<<
俺のセブ島留学 編集部
俺のセブ島留学 編集部チームでは「英語が伝わる楽しさをより多くの方へ」をモットーに日々情報発信を行っています。 私達は自分たちが経験してきた「フィリピン留学」「セブ島生活」「英語学習」を通じて、新しい楽しみをあなたにご提案したいと思います。 引き続きお楽しみに!

メッセージはこちらへ

Please enter your comment!
Please enter your name here