セブ島でジンギスカン?SMシーサイドにある炭火焼きのラム肉専門店【Lamujin】

北海道の名物料理の一つである「ジンギスカン」。私も日本で食べたことがありますが、脂身が少なく淡泊で美味しかった覚えがあります。

豚肉や鶏肉が美味しいセブ島ですが、実はラム肉はあまり馴染みのない食材です。ところが、この前セブ島の最大のショッピングモールである「SMシーサイド」で、セブ島在住5年目にして初めてラム肉料理を食べる機会がありました。

というわけで、今回は「Lamujin(ラムジン)」というお店を皆さんに紹介したいと思います。

Lamujinとは?

セブ島でジンギスカン?SMシーサイドにある炭火焼きのラム肉専門店【Lamujin】
Lamujinのオフィシャルウェブより

ラム肉のジンギスカン」から「Lamujin」という店名が決まったそうです。オフィシャルウェブサイトからの写真を見たら、看板に韓国語に書かれている?

実は「Lamujin」は、韓国全土に何と89店舗を展開しているラム肉専門店のフランチャイズです。

セブ島でジンギスカン?SMシーサイドにある炭火焼きのラム肉専門店【Lamujin】
Lamujinのオフィシャルウェブより

今は、韓国にもラム肉のBBQや串焼きのお店がたくさんありますが、5~6年前は韓国人もラム肉にあまり馴染みがありませんでした。しかし、日本のジンギスカンにインスパイアされたオーナーが、韓国でもそのお味を広めたく2012年にオープンしたのが、ソウルにある「Lamujin」の一号店なのです。

Lamujin SMシーサイド店

セブ島でジンギスカン?SMシーサイドにある炭火焼きのラム肉専門店【Lamujin】

SMシーサイドの3階には「Sky Park」という屋上公園がありますが、その周りには様々なレストランが並んでいます。

「Lamujin」はその中の一軒で、左にはスポーツバーの「Raphael’s Sports Cafe」、そして右側には「Hiroshima Yaki」という新しい日本食のお店がオープンを準備しています。

セブ島でジンギスカン?SMシーサイドにある炭火焼きのラム肉専門店【Lamujin】

お店はカウンター14席と4人かけのテーブルが6つの小規模です。テーブル席はもちろん、カウンター席にも天井から換気扇がぶら下がっており、煙を気にせずお肉を焼くことができます。

セブ島でジンギスカン?SMシーサイドにある炭火焼きのラム肉専門店【Lamujin】

店内はシンプルながらも落ち着いた雰囲気が感じられます。基本的にお客さんは少な目なので、ゆっくりと食事することができます。

セブ島でジンギスカン?SMシーサイドにある炭火焼きのラム肉専門店【Lamujin】

バーカウンターには日本風の小物が置いてあり、最初は日本人オーナーのお店ではないかと思っていました。

セブ島でジンギスカン?SMシーサイドにある炭火焼きのラム肉専門店【Lamujin】

テーブルの上には、炭火焼きのお店で見るロースターがあり、その中に炭を置きます。そしてジンギスカン鍋を乗せると準備完了!

Lamujinのメニュー

それではメニューを紹介します。

お肉類は、串焼きのBBQセット、そして豚肉、牛肉、ラム肉の焼肉メニューがそれぞれ1つずつのシンプルな構成です。「SET」とは、お肉に野菜とソーセージが含まれた物のことです。

他にもサラダ類やチキン照り焼き、炒飯、弁当などのご飯もの、韓国のヌードルなどがありました。

Lamujinの料理

それでは、実際いただいた【Lamujin】の料理を紹介したいと思います。

セブ島でジンギスカン?SMシーサイドにある炭火焼きのラム肉専門店【Lamujin】

まず気に入ったのは、サービスウォーターではなく、この冷えた麦茶が出てくることです。これだと別に飲み物を頼まなくても、お料理が進みますね!

そしてお通しのような存在の野菜のピクルス。丁度いい酸味と甘みがバランス良く合わさって、お肉との相性も抜群!でした。

ただ、他の韓国系のお店であればいくつも出てくる前菜が、ここではこれだけというのが、残念なポイントですね。お代わりもできませんし…

セブ島でジンギスカン?SMシーサイドにある炭火焼きのラム肉専門店【Lamujin】

こちらは「レモンオレンジサラダ(290ペソ、約610円)」です。
品名からとても爽やかなこのサラダは、レタス、キュウリ、トマトにレモン汁たっぷりのドレッシング、そしてオレンジを丸ごと1個使用して、とてもフルーティーでジューシー!器が深くて量も多かったです。これはおススメ!

セブ島でジンギスカン?SMシーサイドにある炭火焼きのラム肉専門店【Lamujin】

次は、サムギョプサルの「ポークベリー(299ペソ、約630円)」2人前です。
どのお店で食べても普通に美味しいサムギョプサルですが、ここでは正直微妙…でした。1人前299ペソと相場より安くはないお値段ですが、野菜やスープなどの前菜は含まれておらず、別料金なのです。

その上に、お肉の表面にやたらとコショウを振りすぎて、お肉自体の風味を活かしてないのも残念でした。

セブ島でジンギスカン?SMシーサイドにある炭火焼きのラム肉専門店【Lamujin】

こちらが別で注文した「レタス(50ペソ、約105円)」です。他の韓国料理店では、そもそも無料で頂ける上に、お代わりも自由でしたが、この量で50ペソ…痛いです。

セブ島でジンギスカン?SMシーサイドにある炭火焼きのラム肉専門店【Lamujin】

炭火焼きのジンギスカン鍋でサムギョプサルを焼きます。こちらでは皮付きの豚バラ肉を使っていたので、皮の食感が好きな方には良いかもしれません。

セブ島でジンギスカン?SMシーサイドにある炭火焼きのラム肉専門店【Lamujin】

出ました!肝心のラム肉!こちらは「ラムラックスタンダード(890ペソ、約1,870円)」です。

最初は一人前890ペソって日本のジンギスカンに比べても高いと思ったんですが、運ばれてきたお肉の量を見たら、これは多い!分厚くて大きい骨付き肉が3つもあったのです。

セブ島でジンギスカン?SMシーサイドにある炭火焼きのラム肉専門店【Lamujin】

換気扇をジンギスカン鍋に近づけて、炭火の火力を引上げてからお肉を鉄板の上に置いてまず表面を強火で焼きます。

セブ島でジンギスカン?SMシーサイドにある炭火焼きのラム肉専門店【Lamujin】

もちろん最初から最後まで店員さんが焼いて切ってくれるので、心配しなくても大丈夫です。それにしても量が多い… 1つを頼んでも2~3人は十分食べられるボリュームです。

セブ島でジンギスカン?SMシーサイドにある炭火焼きのラム肉専門店【Lamujin】

お肉がこんがりと焼きあがったら、テーブルの上にある分け皿に。熱々で柔らかくて、豚肉や牛肉とは違う風味を持つお肉を頂けました。

少しは羊肉特有のクセのある匂いはありましたが、そんなに食べづらくはありませんでした。

セブ島でジンギスカン?SMシーサイドにある炭火焼きのラム肉専門店【Lamujin】

最後は骨とモヤシが一緒に出されます。

既に気付かれた方もいらっしゃると思いますが、【Lamujin】は食器にもこだわりがあって、全て同じ柄の焼き物を使っていたのです。コップから小鉢、お皿、大きいプレートまで見栄えもよく、統一感があって良いと思いました。

また、食事に戻り、ご飯物もあったので、頼んでみました。

セブ島でジンギスカン?SMシーサイドにある炭火焼きのラム肉専門店【Lamujin】

まず最初は「イカのピリ辛炒めご飯」である「Spicy squid rice (320ペソ、約670円)」です。

イカと野菜を醬油とラー油ベースのソースで炒めた少し辛い料理ですが、旨いです!もしこの店にきてサムギョプサルかこれか迷うのでしたら、私はこちらに一票です。(笑)

セブ島でジンギスカン?SMシーサイドにある炭火焼きのラム肉専門店【Lamujin】

次はファミリーサイズの「シーフードフライドライス(390ペソ、約820円)」。ファミリーサイズなので、本当に大きいです。3~4人で食べても十分な量です。エビやイカ、刻まれた野菜が入った、醬油ベースの炒飯のような味です。

普通に美味しかったのですが、ファミリーサイズじゃなくて、レギュラーサイズも出して欲しいです。

Lamujinの場所

セブ島でジンギスカン?SMシーサイドにある炭火焼きのラム肉専門店【Lamujin】

▶︎Googleマップを開く

「SMシーサイド」はアヤラモールから車でおよそ30分ぐらいの距離のSRP地区にあります。【Lamujin】はモールの3階、スカイホールに入店しています。

まとめ
• セブ島にある唯一のラム肉のお店
• セブ島最大のショッピングモールの「SMシーサイド」に入店
• 営業時間:11AM~9PM
• 予算:1人当たり約400~500ペソ
• 公式Facebook : https://www.facebook.com/LamujinLambAndBeef/

その他にもおススメできるSMシーサイドのレストランはこちら
【RACKS】セブで最も柔らかいバックリブが食べれる!SMシーサイド内の人気アメリカ料理店

↓↓ここから選べば間違いなし!↓↓
>>セブ島留学 おすすめ語学学校はこちら<<
REVIEW OVERVIEW
おすすめ度
クレア
韓国語日本語の翻訳・通訳者
韓国生まれ育ちのコリアン、クレアです。 韓国の大学で日本語を専攻し、2007年から2013年まで東京在住、 半導体業界の翻訳の仕事をしていました。 そんな中、英語留学のために2013年9月にセブ島へ。 留学生、語学学校のマネージャーを経て、現在はフリーランスの翻訳・通訳者、 そして日本語や韓国語の講師としてセブ島に滞在中。 趣味は競技ダンス及び社交ダンス。 FBアカウント :https://www.facebook.com/wonhee.kim.3557

メッセージはこちらへ

Please enter your comment!
Please enter your name here