英語面接を突破して外資系企業に就職・転職!成功者の体験談とおすすめ勉強法

外資系企業への就職・転職を検討している方は英語での面接が行われることがあると思います。
面接官が外国人の場合だけでなく、日本人の面接官の場合にも英語での面接が行われることがあります。

どうやって対策をしたらいいのでしょうか?

実際に英語での面接を経て外資系企業に就職した方の体験談と、おすすめの勉強法をご紹介します。

英語面接対策と体験談

まずは外資系に実際就職した方々の対策方法と面接の様子を聞いてみましょう。

36歳(財務・経理)

・転職後のお仕事内容を教えてください。
経理・財務のお仕事です。外資系で上司がシンガポール人です。その直接の上司と面接を行いました。求められる英語力は、英検1級レベルです。実際に入社しましたが、最低英検1級レベルの英語力がないと難しいと思います。

・英語面接のためにどのような準備をされましたか?
大学時代に1年間、大学院に約2年米国にいました。また、日常的に英字新聞を読むなどして、英語力の向上に努めました。英語面接のために特に準備はしていません。ただ、その会社の10-K(日本の有価証券報告書)は読んでいきました。

・英語を使った面接はどのような内容でしたか?
自己紹介と現在までに行ってきた仕事の内容が主でした。コミュニケーションがすべて英語なので、英語が話せないと仕事になりません。ただ、話す内容というよりも、英語力のテストに近かった気がします。その環境に耐えられるだけの英語力があるかというのが、主な趣旨だったと記憶しています。

31歳(マーケティング)

・転職後のお仕事内容を教えてください。
外資系メーカーのマーケティング担当です。海外オフィスと共同のプロジェクトが主なため、日常的に英語でコミュニケーションをする電話会議や、英語でプレゼンがある仕事でした。また、日本語と英語の翻訳も必要とされました。

・英語面接のためにどのような準備をされましたか?
対策は完全独学で行いました。インターネットで、英語面接でよく聞かれる質問を検索し(勿論、英語での検索です)、それに沿って、自分自身の意見や回答を英語で準備をしました。想定質問集と回答を作った後は、ひたすらそれを話す練習をしました。対策をしたことで、自信がつきました。

・英語を使った面接はどのような内容でしたか?
事前に想定していた質問がほとんどでした。例えば、なぜこの会社のこのポジションを希望するのか、なぜ自分がそのポジションにふさわしいのか、これまでの実績などを英語で話しました。英語面接といっても、日本語での面接と大きく内容が異なるわけではありません。ただ、英語で話す練習をしていないと、いくら内容が素晴らしくても相手には伝わりにくいので、やはりロールプレイング形式で事前に話す練習をして面接に臨むのをおすすめします。

32歳(経営コンサルタント)

・転職後のお仕事内容を教えてください。
経営コンサルタントに従事しました。海外への進出や海外現法との協業案件にて、英語でのミーティングや資料作成を行っています。コンサルティング業界では年々英語に対するニーズが高まっており、英語が出来ないと評価が下がるケースあります。

・英語面接のためにどのような準備をされましたか?
面接に特化した準備ではないですが、マンツーマンレッスンの大手英会話スクールに3年ほど通いました。面接を通過するレベルであれば半年ぐらいで効果はあります。レッスン料が高いので、会社の補助や国の制度をフル活用して通わないときついと思います。

・英語を使った面接はどのような内容でしたか?
日本人の面接官から英語で質問されるので、英語で回答しました。短文の回答ではなく、ある程度のまとまり(自分の意見として完結する程度)の長さでの回答が求められました。回答内容そのものよりは英語能力を重点的にチェックしていたように思います。

26歳(ツアースタッフ)

・転職後のお仕事内容を教えてください。
アメリカのクルーズ会社でツアースタッフとして乗船勤務。寄港地観光ツアーの販売、ディスパッチなどツアーに関する全般の業務。外国船なので日本人のお客さんやクルーはほぼいない。クルーとは日常会話を問題なく行えるレベル、お客さんにはビジネス英語でやりとりできるレベルが必要です。

・英語面接のためにどのような準備をされましたか?
本の購入やスクールの受講はありません。当時英語圏に住んでいたので、面接用に特別な練習はしていません。アメリカ人の友人に面接の練習はしてもらいました。志望理由や自分のスキルなど絶対伝えたいことは紙に書き出し、緊張してても言えるくらいすりこみました。

・英語を使った面接はどのような内容でしたか?
志望理由、自分の経歴(大学や前職)についての質問はありましたが、面接というよりカウンセリングに近かった印象です。会話をして私という人物を理解しようとする、この人は募集している職に適任かどうかをチェックされていたように思います。始まる前はガチガチに緊張していましたが、フランクな雰囲気で話しやすかったです。

36歳(英会話スクール運営補助)

・転職後のお仕事内容を教えてください。
英会話スクールで運営の補助と教材の発送を担当しました。日本人が一人しかいない職場だったので、指示などが全部英語でした。発送の仕事については英語は必要ありませんでした。運営のほうはミーティングがあったりして全て英語だったので、聞き取りが出来ないと無理でした。

・英語面接のためにどのような準備をされましたか?
ベルリッツに通いマンツーマンで聞き取りの練習を主にしました。通ったのは半年ほどでしたが、聞き取りに対する恐怖感が無くなりました。聞き取れなかった時の対処法とかを講師に聞いて自然と自信がつきました。聞きなれた言葉ならほぼ分かるようにはなりました。

・英語を使った面接はどのような内容でしたか?
最初は自己紹介をさせられました。履歴書は出してありましたが、一から教えてくれと言われました。次に希望した理由と自分にできる事を説明させられました。内容としてはほぼ予想通りでしたが、途中でされた質問が聞き取れずに焦りました。評価されたのは熱意だったようです。

英語面接対策のおすすめ勉強法

1.書籍

こちらでは英語面接におすすめの書籍をご紹介します。今後スクールやオンライン英会話を考えている方も、まずは書籍で試験内容や勉強法を確認してみることをおすすめします。

CD付 英語の面接 直前5時間の技術 (しごとのミニマム英語)

Amazonから引用

▶︎Amazonで見る
英語面接で「よく聞かれる5つの質問」にテーマを絞り、「どんな表現を」「どんな順番で」「どのように言えばいいか」を学べます。「面接官が本当に知りたいこと」を見抜き、採用側の心をがっちりつかむ表現を「口を慣らしながら」覚え込みます。講師と一緒に自分自身のせりふを作っていくマンツーマン形式になっています。

(MP3音声&ワークシート付き)新 面接の英語

英語面接を突破して外資系企業に就職・転職!成功者の体験談とおすすめ勉強法
Amazonから引用

▶︎Amazonで見る
実際の面接で聞かれる100問以上の質問とその回答例や、大学院受験などの英語面接網羅。英語面接の受け方、英語面接のQ&A、職種別面接サンプルの3パートに分かれ、英語面接とはどんなものか知識をつけたいという方に最適です。

2.オンライン英会話

オンラインの英会話の魅力は24時間好きなときに好きなところから受講できる点です。費用も実際のスクールに比べると格安です。

ただ就職面接用のコースはないので、英語面接に必要なこと、面接に向けて向上させたい英語力のポイントを把握して授業に落とし込む必要があります。オフラインのスクールとの併用もおすすめです。

ネイティブキャンプ

ネイティブキャンプ
▶︎公式HPへ行く
とにかく会話の回数を多くこなして面接慣れしたいという方におすすめです。
予約不要で24時間365日、すぐにレッスンができるのが最大のメリット!さらに受け放題!スカイプではなく、スマホで簡単にレッスンを受けることができます。

DMM英会話

DMM英会話
▶︎公式HPへ行く
価格、講師の多様さ、教材、予約のしやすさ、どれをとっても素晴らしいです。もちろん24時間レッスン可能です。
特に様々な国籍の講師が揃っているので、採用試験を受ける企業の国籍に合わせた対策も出来ます。

▶︎初心者向け!おすすめオンライン英会話スクール11選【比較ランキング】

3.スクール

外資系企業、または海外で必要になってくる英語での面接や英語でのプレゼンテーション、ビジネス英会話などを専門的に教えてくれるスクールです。語学留学が終わり、外資系や海外で働く際の強い味方です。

個人ではなかなか対策が練りにくい項目なので、エキスパートに見てもらった方が遥かに就職率は上がります。

TRAアカデミー

英語面接対策 TRA
▶︎公式HPへ行く
場所:渋谷、大阪
ビジネスシーンの英語面接を想定してマンツーマンで徹底的な指導を受ける。社会人にはありがたく1日直前コースや3日間英語漬けになれるコースなどが用意されている。

トーク・アベニュー

英語検定

▶︎公式HPへ行く
場所:新宿
プレゼンや英語面接に備えるコースが用意されている。週1-2回通うコースから、早朝のみ、平日のみ通い放題など働きながらでも通いやすいスケジュールが多く用意されている。1レッスン60分で短期集中型。

BRITISH COUNCIL

IELTS

▶︎公式HPへ行く
場所:新宿
英語の履歴書と面接をセットで学ぶことができる。3週間の短期集中型レッスン。

イングリッシュビレッジ

英語検定

▶︎公式HPへ行く
場所:東京、横浜
外資系企業キャリアアップ対策コースとして英語面接やプレゼンスキルの向上を中心にレッスンが進められる。マンツーマンレッスン。

国際ランゲージスクール

英語検定

▶︎公式HPへ行く
場所:新宿
レッスン8回または16回でコースが編成されている。前半は履歴書作成から、それを元に担当講師が面接のノウハウなどを教え、後半は本番さながらの雰囲気の中トレーニングすることができる。これを最長1ヶ月で消化するので、短期集中型のレッスンが受けられる。

beoカレッジ

▶︎公式HPへ行く
場所:新宿、大阪
完全オーダーメイドで個々のレベルや目的に合わせてカスタマイズすることができるが、大学入学や留学の英語面接に特化したコースとなっている。

ALLランゲージスクール

英語検定

▶︎公式HPへ行く
場所:宮城
1回50分のプライベートレッスンを行っている。プレゼンや英検、就職などの英語面接に対応。就職の面接では履歴書を元により具体的なレッスンを受けることができる。

↓↓ここから選べば間違いなし!↓↓
>>セブ島留学 おすすめ語学学校はこちら<<
俺セブ編集部
俺のセブ島留学 編集部チームでは「英語が伝わる楽しさをより多くの方へ」をモットーに日々情報発信を行っています。 私達は自分たちが経験してきた「フィリピン留学」「セブ島生活」「英語学習」を通じて、新しい楽しみをあなたにご提案したいと思います。 引き続きお楽しみに!

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。

Please enter your comment!
Please enter your name here