マリバゴグリル(Maribago Grill)は、空港のあるマクタン島にあるフィリピン料理店で、セブ島観光のガイドブックには必ずと言ってもいいほど紹介されているお店です。

観光客の方に大人気のマリバゴグリルですが、実際の味・サービス・雰囲気はどうなのでしょうか?

それでは実際に取材してきましたので、ご紹介します。

マリバゴグリル(Maribago Grill)


場所はこちらです。

マクタン島のビーチリゾートが立ち並ぶハイウェイと呼ばれる通り沿いにあり、マリバゴブルーウォーターホワイトサンズからは徒歩5分、QQEnglishシーフロント校からは徒歩3分の距離です。

マリバゴグリルから徒歩3分の距離に食料品スーパー「セーブモア」もあります。
セブ市内からは車で1時間以上かかります。

マリバゴグリル(Maribago Grill)の外観
お店の目印はこの緑の看板です。

タクシードライバーはみんな知っているお店なので、タクシーの場合は店名を伝えれば大丈夫です。

マリバゴグリル(Maribago Grill)の店内
店内は緑が生い茂るリゾート感が漂う雰囲気です。

この建物も1階、2階と席があるので、大人数にも対応できます。

マリバゴグリル(Maribago Grill)の店内
写真映えするお店で観光客の方には大人気なのですが、こういう作りなので夕方は蚊が出るんですよね。なので虫除け必須です。昼は大丈夫かなと思います。

あと野良猫も普通に店内を歩いています。

マリバゴグリル(Maribago Grill)の店内
おすすめの席はこちらのコテージ。各コテージには扇風機がついています。

マリバゴグリルのメニュー

(クリックで拡大します)

こちらがマリバゴグリルのメニューです。

マリバゴグリルはオーダーしてからの提供速度がものすごく遅いので注意です。空いてても30分ぐらいは覚悟した方がいいです。混雑時は1時間以上かかることもしばしばです。

今回は、定番のフィリピン料理を注文してみました。

ちなみにマリバゴグリルではメニューに書かれている金額に加えて、お会計時に5%のサービスチャージが請求されます。

マリバゴグリル(Maribago Grill)のベイクドスカルプス
Baked Scallops(185ペソ)

ベイクド・スカルプスと呼ばれるホタテのクリームソース焼きです。
他のフィリピン料理店に比べてクリームソースの味はそこまで強くなく、ホタテの味がしっかり感じられます。

マリバゴグリル(Maribago Grill)のアドボンカンクン
Adobong Kangkong(115ペソ)

空心菜の炒め物です。醤油味で、味付けは濃いめ。ご飯が進みます。

マリバゴグリル(Maribago Grill)のポーク
Grilled Pork Spearibs(225ペソ)

スペアリブ、つまり骨付きを頼んじゃったのでしょうがないのですが、骨が多かったですね。甘い醤油味で日本人なら好きな味だと思いますが、あまり食べるところがないです。肉は柔らかいです。

手前の付け合わせは、パパイアの酢漬け。

マリバゴグリル(Maribago Grill)のマリバゴライス
Maribago Rice(170ペソ)

チャーハンです。そんなに味は濃くないので、白米の代わりに注文してもいいかなと思います。

マリバゴグリル(Maribago Grill)ののパンシットカントン
Pancit Canton(135ペソ)

フィリピンの焼きそばです。ここのパンシットカントンは安くてコスパは良いのですが、具は少なめです。セブ島留学マナビジンおすすめのフィリピン料理店KuyaJだと、レバーや豚肉もたっぷり入っているのですが、マリバゴグリルのは野菜が多め。実際食べた感想は、見た目よりオイリーですね。

マリバゴグリル(Maribago Grill)のシニガン
Singing na Baboy(280ペソ)

シニガンと呼ばれる、タマリンドの実から作られる酸っぱいスープです。具は豚肉、大根、玉ねぎ、トマトなど。シニガンスープは好きな人と嫌いな人に別れる味です。マリバゴグリルは大きめの具がいっぱい入っているのいいですね。

5人ぐらいで分けるとちょうど良い量です。

マリバゴグリルでは3種類のシニガンスープがあります。

Baboy:豚肉
Hipon:エビ
Isda:魚

マリバゴグリルのまとめ

マリバゴグリルは、マクタン島のベーシックなフィリピン料理店を提供してくれるお店ですが、地元のフィリピン人はあまり行かず、完全に観光客向けのお店です。

価格はそんなに高くないのは嬉しいですが、どのメニューも大皿で来ます。提供速度はものすごく遅いのでその点だけ注意してください。あとで追加しようと思うと、ものすごい時間がかかります(笑)

マリバゴグリルより、味・コスパ・サービス・雰囲気が上回っているのが、ランタウ。

ただランタウが場所が悪いので行きづらいのが難点です。

▶︎【Lantaw】セブ島水上コテージで食べられる人気のフィリピン料理店

シャングリラモーベンピックにお泊まりなら、こちらが近くておすすめです。

▶︎【Fiesta Bay】マクタンMovenpickから徒歩圏内のフィリピン料理レストラン
マクタン島の大型リゾートホテル、Jパークのフィリピン料理レストランOliveもオススメです。ただホテル内なので、値段は高め。

マクタン島の空港近くなら、マリーナモールのゴールデンカウリーか、リコズ・レチョンがオススメ。

マリーナモールなら、モールでショッピングができる他、帰りのタクシーも簡単に拾えます。

営業時間
月から土曜日:午前10時から午後10時
日曜日:午後2時から午後10時
予算:300から500ペソ(1人)
電話:032-495-8187

マクタン島のおすすめ記事はこちら
▶︎完全網羅!5分でわかるマクタン島観光のすべて
▶︎セブのマクタン島限定!おすすめグルメレストランBEST30
▶︎【マクタン島】おすすめマッサージ&スパ26店!

おすすめの記事