皆さん、こんにちは!
セブ島からフェリーで約2時間の距離にある「ボホール島」をご存知でしょうか?
7千個以上の島で構成されている島国のフィリピンでは10番目に大きな島であり、美しい自然にも恵まれたフィリピン屈指の観光地でもあります。

以前、皆さんにスキューバダイビングやシュノーケリングスポットでも有名なボホール島のアイランドホッピングをご紹介しました。なんと、イルカやウミガメに遭遇できる貴重な体験ができるのです!

詳しくはこちらをどうぞ。
ボホール島アイランドホッピング体験談

今回は、マリンアクティビティとは違う魅力があるボホール島の陸上ツアーをご紹介します。

地球でもっとも小さいサルである「ターシャ」、熱帯雨林の川をクルージングしながら食事ができる「ロボックリバーツアー」、ハーシーキスチョコレートの形をしている丘の「チョコレートヒルズ」。ボホール島ツアーの神髄とも言えるこちらの3つのスポットを中心に回りたいと思います。

特に今回は、ボホール島には行きたいけど泊りまではしたくない、そして限られた時間を有効に使いたいという留学生の方に嬉しい日帰りツアーで行ってまいりました。

ちなみに、今回は「タビナカ(【セブ島発・ボホール島日帰りツアー】世界最小メガネザル「ターシャ」見学&チョコレートヒルズの2大定番スポット☆バギー&ジップバイク(空中自転車)体験)」のプランを利用し、午後6時ごろにはボホール島からセブ島に戻ってくることができました。参考にしてくださいね!

ボホール島に行ってみよう!


▶︎Googleマップを開く

セブシティにあるフェリーターミナル「Pier(ピアー)」でボホール島の「Tagbilaran(タッグビララン)」行きのフェリーに乗船して、約2時間で到着します。

今回はツアー会社を利用したため、チケットの手配も自分でする必要がありません。オプションで、セブ市内の宿泊先からフェリーターミナルまでの送迎もして頂きました。

Pierに到着したらターミナルの中へ進みます。ところが、アイランドホッピングなどは違い、空港並みのセキュリティーチェックを行うので、予約確認書と身分証の提示が必要となります。必ず事前にパスポートのコピーなどを用意しましょう。

ちなみに、チェックインカウンターに入る前のホールに両替所やATMがありました。レートはもちろん、セブ市内ほど良くはないですが、最悪ここでも両替できるので、安心できました。もし手元のお金が足りないかもという場合は、こちらでどうぞ。

そしてチェックインカウンターに進むと荷物検査を行います。男女に分かれて、荷物は全部X線検査台に流してくださいね。

ここが待ち合わせ室の様子です。朝6時頃でしたが、既に沢山の人がフェリーを待っていました。また、待ち合わせ室やフェリーの中はエアコンがガンガン聞いているので、羽織るものを用意するのをおススメします。

1階にはこのようなお土産販売コーナーや売店などがありますので、飲み物やお菓子を買うこともできます。

そして2階に上がると、こじんまりしたカフェがあるのであったかいコーヒーやカップケーキ、朝ご飯などを注文することができます。

キレイでちゃんとテーブルセットも用意されていますので、ここで待ち時間をゆっくり過ごすこともできます。


いよいよ7時となり、乗船時間です。私が乗ったのはこちらの「Ocean Jet」。

船内の様子です。日曜の朝ということもあって、満席です。
エアコンがガンガン効いています(笑)。船内にはテレビやトイレもあり、お菓子とドリンク、カップ麺などを売っているカートもあります。

この日は全く大丈夫でしたが、天気により揺れることもあります。船酔いがある方は酔い止めもお忘れずに!

約2時間後の9時、タッグビララン港に到着です!既に沢山の観光客やツアー会社のお出迎えで賑わっています。天気にも恵まれ、良い旅になりそうな予感!

メガネザル「ターシャ」に会いに行こう!

それでは、日本人のガイドさんと共にツアー会社で手配した車に乗って、本日の1つ目のスポット、「ターシャ」に会える公園に向かいます。

日本ではメガネザルと呼ばれる「ターシャ」は、世界最小の霊長類としてフィリピンの中でもボホール島にしか生息していない絶滅危惧種です。

ストレスにとても弱くて、動物園のような施設ではなく、なるべく自然体に近い森を「ターシャの観察区域」として定めて保護しています。ボホール島には全部で5か所の観察地域があり、こちらもその1か所です。

こちらはターシャの写真などが展示されている小さなミュージアムです。ターシャの見学はグループで移動するので、ここで人数が集まるまで待機します。

それでは、職員の引率に従いターシャが住んでいる森の中に入ります。ちなみに、見学中には大声を出さない、ターシャを触らない、カメラのフラッシュをたかないなどのルールがありますので、気を付けましょう。

わーい!1匹目見っけ!本当に手のひら程の小さいサイズです。小さい手足と指で必死に木を掴んでいる姿がとても愛らしいです。

2匹目です。とても小さいのでカメラのズーム使わざるを得ません。さらに、ターシャは頭蓋骨がないため、刺激に弱く、勝手に触ってもいけません。

こちらは、私が選んだベストショットである睡眠中のターシャです。とても可愛くて仕方がありません。

他の観察地域より個体数は少なく、その日は全部で4匹のターシャに遭えることができました。しかし他の大型公園より近い距離でターシャを観ることができるので、見応えがあります。せっかくボホール島に訪れましたら、是非立ち寄ってみてくださいね!

船上ランチ付きのロボックリバークルージング

お次は、遊覧船に乗って「Loboc(ロボック)」という熱帯雨林の川を見学するクルージングです。船上のランチビュッフェ付きなので嬉しいです!

遊覧船の内部はこうなっています。日本の遊覧船を想像した方には申し訳ないですが、木を組んで作られたフィリピン式の船です。赤い提灯から見ると、船のオーナーは中国人かもしれないですね。

遊覧船は満席になるとクルージングをスタートします。出発を待ちながら船の真ん中にあるビュッフェコーナーを利用するシステムです。

お料理は主に、野菜少な目、お肉多めのフィリピン料理です。果物や一口サイズのスイーツなどのデザートもありますし、アイスティーなども飲み放題でした。

ソフトドリンクやビールは別途料金です。私はサンミゲルライトを頼みましたが、お値段は80ペソ(約170円)と悪くありませんでした。

いよいよ遊覧船が前方に動き出し、船内にいたライブバンドの演奏も始まりました。そして目の前に広がるこの景色。まさにフィリピンならではの熱帯雨林の風景です。シンガーの歌声や横切る風もとても気持ちいいです。

船の中では、ご飯をたべたり、景色を眺めたり、写真を撮ったりなど自由です。

約30分ぐらい前進して行ったら、船の折り返し点に辿り着きました。
その横側には、なんとパドルボートの上に座ってヨガを楽しんでいるグループがあるとは。このような大自然の中でヨガをすると、パワーを沢山もらえそうです。

まず最初に向かう先にあったのは、こちらの怪しい建物。よく見ると川の上に浮いているようにも見えます。すると、何故か船がそこに近づき始めました。

そこで私たちを待っていたのは、近くの住民たちです。お揃いの洋服を着て、子供たちはダンスを、大人の女性たちはウクレレの演奏で私たちを迎えてくれました。

このように記念品としての可愛いウクレレも800ペソ(約1700円)で販売しています。

歌とダンスの後は、長い2本の竹を利用した伝統遊びを披露し、一緒にやってみたいお客さんは船からおりて参加したり、一緒に写真を撮ることもできます。

船から降りて参加するかどうかは、必須ではなく個人の選択ですので、見るだけでも全然大丈夫です。ところが、もしジョインしたい!という方は隣にあった「ドネーションボックス」にチップとして少しのお金を入れるのもお忘れずに!

こうして約1時間のリバークルージングが終了となりました。また車に乗り換えて、次のスポットに移動しましょう!

マンメイドフォーレストで記念撮影

チョコレートヒルズに向かう途中にちょっとだけ立ち寄った「マンメイドフォーレスト」です。災害防止対策のために、道路の両脇にマホガニーの木をぎっしりと植えた場所です。

抜群の写真映えのため、多くの観光客は道路際に車を止めて写真を撮ります。もはや一つの観光スポットととして親しまれています。

私も車がいない間、一枚をカメラに納めてみました。涼しいし、空気も澄んでいて、気分転換にも良いです!

バギーカーで登るチョコレートヒルズとは!

それでは本日の最後の予定、ハーシーキスチョコレートの形をしている丘の群が見られる「チョコレートヒルズ」に向かいます。

画像元:http://ph.114.moyiza.com/view.php

今回で私は3度目のチョコレートヒルズですが、前回までの見学は、写真のように展望台に上って遠くから眺めるのが定番でした。
しかし今回はバギーカーに乗ってチョコレートヒルズを直接登ることに!

バギーカーのキャンプ場に着いたら、写真の左上となる一人乗りと右上の二人乗りから車種を選びます。私は、せっかくの体験なので、一人乗りを選択しました。そしてコースについて説明を聞きます。でも実際フィリピン人の引率ガイドがいるので、マップ要らず、安心できます。

それでは、出発!往復約1時間のコースです。しかし道は泥でかなりぐちゃぐちゃしたり、何カ所も水たまりがあるなど、すぐ泥まみれになってしまいます。ですので、汚れを洗い流しやすいアクアシューズなどを別途で用意するのをおススメします。ちなみに、私はビニール袋を靴の上にかぶせました(笑)

20分くらい走って丘の麓に着くと、それからはバギーから降りて小路を5分くらい登って行きます。
すると、とあるチョコレートヒルズの頂上に辿り着くのです。そして一面に広がるこの景色…

本当に間近で眺めるチョコレートヒルズは、展望台の上で見たものとは違い、言葉では言い表せない感動があります。

途中からは雨雲がかかり、空が暗くなってきたので、急いでキャンプに戻りましたが、本日のツアーで一番の目玉です。行く価値ありありです!

まとめ

以上となりますが、いかがでしたか。セブから約2時間の距離のボホール島ですが、とてもコンパクトな良い旅となりました。ボホール島にはセブ島では経験できない、様々な魅力がありますので、是非足を運んでみてくださいね!

― 今回の旅の日程 ―
• 朝5時45分:宿泊先にピックアップ。
• 6時10分:フェリーターミナルに到着し、カフェや売店などで朝食。
• 7時:ボホール島に出発
• 9時:タグビララン港に到着
• 9時30分~10時:ターシャの見学
• 10時30分~12時:ロボックリバークルージング
• 12時30分:マンメイドフォーレストで記念撮影
• 13時~14時30分:バギーカー + チョコレートヒルズ
• 15時30分:タグビララン港に到着
• 18時:セブシティのフェリーターミナルに到着し、送迎。

今回利用したツアーはこちら
▶︎タビナカ(【セブ島発・ボホール島日帰りツアー】世界最小メガネザル「ターシャ」見学&チョコレートヒルズの2大定番スポット☆バギー&ジップバイク(空中自転車)体験)

↓↓ここから選べば間違いなし!↓↓
>>セブ島留学 おすすめ語学学校はこちら<<
クレア
韓国語日本語の翻訳・通訳者
韓国生まれ育ちのコリアン、クレアです。 韓国の大学で日本語を専攻し、2007年から2013年まで東京在住、 半導体業界の翻訳の仕事をしていました。 そんな中、英語留学のために2013年9月にセブ島へ。 留学生、語学学校のマネージャーを経て、現在はフリーランスの翻訳・通訳者、 そして日本語や韓国語の講師としてセブ島に滞在中。 趣味は競技ダンス及び社交ダンス。 FBアカウント :https://www.facebook.com/wonhee.kim.3557

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。

Please enter your comment!
Please enter your name here