マクタン空港 出国前の過ごし方ガイド

2018年7月からマクタン空港が大きく拡張され、第1ターミナルと第2ターミナルの二つに分かれるようになりました。

ここではほとんどのセブ島留学生、セブ島観光でお越しの方にとって重要な帰国時の注意点と、おすすめの過ごし方についてご紹介します。

まずはじめに第2ターミナルは国際便の専用ターミナルになりましたが、現在はまだ工事中な箇所が多々あり、そのおかげで(?)、特にめぼしいものがなく、迷う事なく目的地にたどり着けると思います。

特に神経質になる必要はないかな・・・という印象です。

なので、今回はセブ島からの出国時の流れと、出国審査後の過ごし方などを中心にざっくりお伝えしたいと思います。

マクタン空港について

マクタン空港は2018年7月から出入国手続きが第2ターミナルへ変更になりましたが、まだ1階と2階が完成しておらず、チェックインは直接3階へ向かいます。

1.一般タクシー(白タク)とグラブタクシーでの到着場所の違い

一般タクシーの場合は3階に止まります

【図解付き】マクタン空港 帰国時の注意点と出国時の過ごし方ガイド

一般タクシーに乗ってマクタン空港に来た方は、3階のこちらに到着。

【図解付き】マクタン空港 帰国時の注意点と出国時の過ごし方ガイド

このまままっすぐ進めば、建物内のチェックインカウンターへ辿り着けます。写真の右側には荷物カートが常設しておりますので、必要であれば利用しましょう。

【図解付き】マクタン空港 帰国時の注意点と出国時の過ごし方ガイド

仮に第1ターミナルに着いてしまった方も、こちらの無料シャトルバスが出ていますので、ご安心してください。
*大荷物を持って歩くと10分、15分はかかりますし、道もよくないのでおすすめできません。バスを利用しましょう。

マクタン空港昼間3階の様子
昼間3階の様子です。左側3階の奥から手前に向かって来ます。1階の黄色いタクシーが見えるところ前後が以下の紹介する一般カーの止まる場所です。

グラブタクシーやレンタカーの場合は1階に止まります

現時点ではどうやら一般の車は、1階の駐車場エリアを通り抜けて、Arrivalエリアに行かなければいけないようです。
マクタン空港第二ターミナルの駐車場
まだ半分ぐらいは工事中のため、昼間はこの駐車場エリアが混み合います。グラブタクシーやレンタカーの場合は早めに来たほうが良いですね。

マクタン空港到着
ここはセブ島に到着した人の出口がある場所です。
そのArrivalの左側にエレベーターがあり、そこから3階へ向かいます。

建物の中に入る前にパスポートと帰国便の予定表の提示が求められます。スマホで帰国便を見せても大丈夫です。予めそのページをスクリーンショットに撮っておくか、開いておきましょう。

2.出国手続きの流れと注意点

出国までの具体的な流れですが、

1、マクタン空港第2ターミナル到着
2、チェックインカウンターで出国手続き
3、ターミナルフィー(850peso)を現金払い
4、出国審査
5、荷物検査
6、DutyFreeショップやカフェ・レストラン、空港ラウンジなどを利用
7、フライトで帰国

という感じです。図で表すと・・・

【図解付き】マクタン空港 帰国時の注意点と出国時の過ごし方ガイド

とても見やすい!!

以前はターミナルへの入館と出国審査前に2回荷物検査があったのが、今回は出国審査後に荷物検査のみになりました。出国審査後の荷物検査なので、全然並びません。この流れは素晴らしい!

①受付カウンターで出国手続きのチェックイン

【図解付き】マクタン空港 帰国時の注意点と出国時の過ごし方ガイド

出国手続きですが、今回はセブパシフィック航空、朝5時半前後の便を利用しました。

チェックインカウンターは入ってすぐに各航空会社の案内板がありますので、迷わず見つけられると思います。

今回は3時前に到着したおかげで、ほとんど並ばずに手続きを終えることができました。ちなみに、時期や曜日にもよりますが、一番混む時間帯は4時前後です。なので、それよりも前か逆に受付ギリギリの方がサッと入れます。

ただですね、残念なことに3時前後のチェックインの場合は、このチェックイン自体は早く済むのですが、その後の出国審査手続きで審査官の人数が2人しかいなく、行列ができる事が多々あります。

5時前後になると人数は4名〜6名体制になるので、案外出国審査で待たずに済む場合も少なくありません。

どっちが良いかは、難しいところですねー。

なお、出国審査前にあるカフェ・レストランですが、2018年7月時点では見渡した限りはこのお店一つしかありませんでした。

今後増えていく事を期待しています。

②ターミナルフィーの支払い

マクタン空港にはなぜかターミナルフィーという謎の費用が存在します。
以前から100peso値上がりして、850pesoになりました。現金のみの受付ですので、かならずこの850pesoは帰国時に残しておいてください。
*もし日本円しかない場合も空港内で両替できます(レートは悪い)。

【図解付き】マクタン空港 帰国時の注意点と出国時の過ごし方ガイド

ターミナルフィーを購入する場所は、出国審査受付前(右側)にあります。案内など今のところは何も書いていませんでしたが、人が大抵並んでいるので見落とさないはずです。

【図解付き】マクタン空港 帰国時の注意点と出国時の過ごし方ガイド
その後ろには用紙に記入している方々がいますが、これはフィリピン人のみ追記が必要なだけであり、日本人を含めた外国人は必要ありませんので、そのまま何も書かずに並んでください(出国カード等はありません)。

チェックイン時に受け取る「ボーディングパス」の提示を求められますので、その準備もお願いします。

③出国審査

ターミナルフィーを購入後は出国審査です。

【図解付き】マクタン空港 帰国時の注意点と出国時の過ごし方ガイド

ここもチェックイン時と同様に時間がかかる箇所です。15分〜30分はみておきたいところ。

【図解付き】マクタン空港 帰国時の注意点と出国時の過ごし方ガイド

家族の方は一緒に手続きができます。日本人はあまり質問を受けずに通らせてもらえますが、過去によく聞かれた質問内容をいくつかあげると「いつセブ島に来たの?」「滞在中は何してたの?」「どこに泊まってたの?」ぐらいでしょうか。

聞かれた質問に関しては簡潔に、正直に答えれば大丈夫です。中には英語で聞かれても日本語で答える日本人もいたりするぐらいですから、まず通してくれるでしょう(笑)

④手荷物検査

【図解付き】マクタン空港 帰国時の注意点と出国時の過ごし方ガイド

出国審査が1人ずつであるおかげで、手荷物検査が全く混んでいません。ここは以前と大きく違うところです。スムーズで助かりました。

3.出国審査後の主なお店や時間の過ごし方、WiFi環境

【図解付き】マクタン空港 帰国時の注意点と出国時の過ごし方ガイド
もう一度、この図を(笑)

【図解付き】マクタン空港 帰国時の注意点と出国時の過ごし方ガイド

出国審査後のレストランやお土産などをご紹介します。まずはDUTY FREEショップです。

【図解付き】マクタン空港 帰国時の注意点と出国時の過ごし方ガイド

【図解付き】マクタン空港 帰国時の注意点と出国時の過ごし方ガイド

【図解付き】マクタン空港 帰国時の注意点と出国時の過ごし方ガイド

免税店はこんな感じですね。

【図解付き】マクタン空港 帰国時の注意点と出国時の過ごし方ガイド

その後は左右に別れます。右奥に見えるのが総合案内カウンター

【図解付き】マクタン空港 帰国時の注意点と出国時の過ごし方ガイド

出国時刻とゲートナンバーを確認しましょう。

ゲート14、15(左側)

左手にはカフェ、ファーストフード、アジアンフードのレストランがあります。

【図解付き】マクタン空港 帰国時の注意点と出国時の過ごし方ガイド

コーヒーショップ。

バーガーやフライドチキンなどのファーストフード。

アジアンテイストなレストラン。

現時点ではこの3つだけです。

ゲート16、17、20〜22(右側)

次に右側に進んだ先にあるものを紹介します。

【図解付き】マクタン空港 帰国時の注意点と出国時の過ごし方ガイド

すぐ右側へ歩くとお土産屋さんがあります。

【図解付き】マクタン空港 帰国時の注意点と出国時の過ごし方ガイド

お土産を書い忘れた方はこちらで購入しましょう。

【図解付き】マクタン空港 帰国時の注意点と出国時の過ごし方ガイド

ドライマンゴーの中で最も人気のブランド、7Dドライマンゴーもありました。

価格はなんと17ドル!一瞬目を疑いました。地元スーパーなら3ドル前後で買えるはずなので、かなり割高ですね。

【図解付き】マクタン空港 帰国時の注意点と出国時の過ごし方ガイド

かさばっても問題なければ、こちらのチップスもおすすめです。

ピーナッツ好きはこちら。ガーリック風味のピーナッツ!フィリピンのおやつで、日本人に結構ウケがいいです。塩分強めですが、機内でビールのおつまみとしても大変優秀。ここでは一袋100pesoです。

コーラは80peso。良心的な価格です。

そのお土産屋さんの真向かいが、ゲート22あたりなのですが、ここにインフォメーションスタッフがいます。

【図解付き】マクタン空港 帰国時の注意点と出国時の過ごし方ガイド

ミニバー。

【図解付き】マクタン空港 帰国時の注意点と出国時の過ごし方ガイド

ラーメン屋があります。

空港ラウンジ(航空会社とカードラウンジ)はこの辺りから1階降ります(後述)。

さっきのお土産屋さんの通りをまっすぐ進むと、バッテリーやヘッドホン、その他のモバイルアクセサリーを購入できるショップ。

それから雑貨売り場があります。エア枕も販売していました。

【図解付き】マクタン空港 帰国時の注意点と出国時の過ごし方ガイド

また、書籍コーナーもあります。

【図解付き】マクタン空港 帰国時の注意点と出国時の過ごし方ガイド

種類は少ないですが、日本でも翻訳されている書籍が多く、大抵ベストセラーの物です。ビジネスマンなら既に和書で読んだことがある本も多いのではないでしょうか。せっかくなのでセブ島留学後の帰国便で、洋書のリーディングにチャレンジしてみては?

【図解付き】マクタン空港 帰国時の注意点と出国時の過ごし方ガイド

時間があまりにも余っている方は、The SPA at CEBUでマッサージも受けられます。

価格はこちら。30分以上から受け付けており、マッサージする部位にもよりますが、ざっくり金額を書くと

・30分で600peso(約1,400円)
・1時間で1,150peso(約2,600円)

お手軽なヘッド&バックマッサージはこちらで行います。
フットマッサージは奥にある椅子に座りながら行うとの事ですので、仕事しながら受けられますね。

【図解付き】マクタン空港 帰国時の注意点と出国時の過ごし方ガイド

それ以外、全身マッサージ系も30分からあります。

【図解付き】マクタン空港 帰国時の注意点と出国時の過ごし方ガイド

右奥に進むとコーヒービーン(カフェ)があります。

【図解付き】マクタン空港 帰国時の注意点と出国時の過ごし方ガイド【図解付き】マクタン空港 帰国時の注意点と出国時の過ごし方ガイド

それからバーガーキング。

席数もかなりあるので座れない事はまずないでしょう。

WiFiについて

マクタン空港内には(出国審査前も後も)フリーWiFiがあります。
実際に使ってみたら、ギリギリでもキンドル書籍のダウンロードや数M程度のアプリのダウンロードは全く問題ありませんでした。

ただし、早朝だったため使うユーザーが少なく快適だった可能性もあります。混み合ってくる遅くなるかもしれませんね。

4.ビジネスクラス・プライオリティパスのラウンジとWiFi環境

航空会社のラウンジとプライオリティパスのラウンジですが、この階ではなく一階下にあります。

【図解付き】マクタン空港 帰国時の注意点と出国時の過ごし方ガイド

行き方ですが、こちらの真ん中付近にあるバーを左手に向くと・・・

このエレベーターがありますので、ここから一階下に降ります(注意:階段やエスカレーターは現時点では恐らくありません)。

【図解付き】マクタン空港 帰国時の注意点と出国時の過ごし方ガイド【図解付き】マクタン空港 帰国時の注意点と出国時の過ごし方ガイド

エレベーター右に何やら通路があり、ここから下れそうな気がしますが、先にあったのはトイレでした苦笑。

【図解付き】マクタン空港 帰国時の注意点と出国時の過ごし方ガイド

エレベーターを降りたら左手側がフィリピン航空の看板が出ているので、フィリピン航空のビジネスクラスと一部の提携している航空会社のビジネス以上のクラスでしょう。

また、ANAのプラチナランク以上のメンバーでしたら利用することができます。

ラウンジはもう一つあります。右手側に「PLAZA PREMIUM LOUNGE」と書いてあり、こちらのラウンジはプライオリティパスかDinersカードを持っている方が利用できます。
(参照:プライオリティパスとは?セブのラウンジを利用してみた

【図解付き】マクタン空港 帰国時の注意点と出国時の過ごし方ガイド

まずこちらでプライオリティパスとボーディングチケットを提示&サイン。

【図解付き】マクタン空港 帰国時の注意点と出国時の過ごし方ガイド

通路にいくつかの雑誌、新聞、書籍あり。

【図解付き】マクタン空港 帰国時の注意点と出国時の過ごし方ガイド

部屋が3部屋あり、こちらが一つ目の食事が置いてあるエリアです。

時間帯や日によって変わりますが、訪れたときの食事内容は以下のとおりです。

バジルのペンネパスタ、ポークアドボ(フィリピン料理)。

【図解付き】マクタン空港 帰国時の注意点と出国時の過ごし方ガイド

じゃがいもと人参の炒め物、ウインナー。

【図解付き】マクタン空港 帰国時の注意点と出国時の過ごし方ガイド

ポークグリル、隣に添えてある醤油につけて食べます。

【図解付き】マクタン空港 帰国時の注意点と出国時の過ごし方ガイド

サラダ類とスイカ

【図解付き】マクタン空港 帰国時の注意点と出国時の過ごし方ガイド

おかゆ

トーストとジャム

りんごとオレンジ

それから確かライスヌードルのスープもあったと思います。

それにしても、置いてある料理も品数もターミナル1の時と、驚くほど全く変わってないですねー(笑)

いくつかローテーションがあるのですが、シェフが変わらない限りは恐らく今後もそのローテーションが続くと思われます。

味は中々美味しく、ご飯が進みます!

あとは、サンミゲルビールや炭酸ジュース、炭酸水などが冷蔵庫にあるので、自由に持って行ってOKです。

【図解付き】マクタン空港 帰国時の注意点と出国時の過ごし方ガイド

以前との違いで一番印象的だったのは、小さいながらキッズの遊び場を用意した事です。小さい子供を連れている親御さんにとっては、プライオリティパスで入る価値が上がりましたね。

【図解付き】マクタン空港 帰国時の注意点と出国時の過ごし方ガイド

食事が置いてある部屋の隣は、ソフトドリンク、ペットボトルの水、コーヒーやワインなどが頼めるスペースになっています。

また、本格的にくつろいだり、仕事をしたい方もこちらのスペースがおすすめです。

【図解付き】マクタン空港 帰国時の注意点と出国時の過ごし方ガイド

一番奥の部屋です。同じような感じですが、こちらは飛行機の離発着や外の景色を眺めたい方におすすめです。

PLAZA LOUNGEのWiFi速度調べて見たところ、7Mでした。
悪くはありませんね。

また今回写真は撮れませんでしたが、新しいPLAZA LOUNGEではシャワーも浴びられるようになりました。飛行機に乗る前にシャワーを浴びてスッキリできるのは嬉しいですね。

帰国前のおすすめの過ごし方について

最後に帰国前の過ごし方について考えて見たいと思います。

①出国審査前1:第1ターミナルやウォーターフロントホテルで時間を潰す

まず第2ターミナルの出国審査前は(2018年7月オープン時点では)、ほとんど何もありませんので空港についてしまったら、チェックインし、出国審査まで終えてしまった方が良いかと思います

お土産を買い忘れた方はあえてターミナル1に行き、そちらで購入したり、カフェで休む事も出来ます。その後シャトルバスで第2ターミナルへ移動しましょう。

また、第一ターミナルの向かいにウォーターフロントホテルがあります。
小規模のカジノや食事ができるレストランがありますので、近場でゆっくりしたい方はこちらがおすすめ。
セブの美味しいマンゴーシェイクが飲める最後の場所といっても過言ではありません。

食事はウォーターフロントのハンバーガーがおすすめ。フレンチフライも美味しいです。

なお、ここから第二ターミナルへの移動は「第一ターミナルまで歩き、シャトルバスに乗る」もしくは「ウォーターフロントでタクシーを拾う」になります。

②出国審査前2:空港から車で10分以内のマリーナモール周辺で過ごす

お昼以降の便で帰国する方は、空港から一番近いマリーナモールで過ごすのもおすすめです。
空港最近【マリーナモール】全レストラン・両替・お土産・マッサージ紹介

マリーナモールには、スターバックスが一つとCOFFEE WAY(コーヒーウェイ)があります。そこで時間を潰してもいいかもしれません。営業時間は以下の通りです。

・スターバックス 営業時間:7:30〜24:00
・COFFEE WAY(コーヒーウェイ)営業時間:10:00〜翌日4:00

また、ランチを食べる余裕がある方は、セブの名物「レチョン」はいかがでしょうか。

RICO'S LECHON(リコズ・レチョン)
「Rico’s Lechon」という名店が近くにあるので、ここでのランチがおすすめです。
場所はここ ▶https://goo.gl/maps/qSsz6tb9nEH2

③出国審査後:マッサージ、買い物、空港ラウンジ、レストランで過ごす

出国審査後の空港で過ごすパターンです。
ショッピングは「DUTY FREEショップ」「雑貨」「お土産」ぐらいなので、ざっくりなら10分、15分程度で十分見回れちゃいます。なので、大半の時間はレストランや、マッサージ、空港ラウンジなどで過ごす事になりそうです。

仕事、読書、マッサージ、仮眠、オンライン英会話なんかも出来そうです。
*最近のオンライン英会話には、ネイティブキャンプのように予め予約してなくてもすぐにできるタイプもあるので、登録している方は時間を有効に使えそうです。空港でオンライン英会話は、ネタとしても面白いかもしれません笑。

以上が、新しくなったマクタン国際空港での出国の際の様子でした。まだ工事中の部分が多いため、これから色々なところがオープンして勝手が変わる可能性があります。

その都度変わった部分は追記していきたいと思います。

↓↓ここから選べば間違いなし!↓↓
>>セブ島留学 おすすめ語学学校はこちら<<
斉藤 淳
当サイトの管理人 2012年に初めてセブ島に留学。以降、今までに複数の語学学校に留学&訪問。フィリピン留学を通じて「英語が伝わる楽しさ」をより多くの方に体験してもらいたいと思い、このサイトを立ち上げました。 英語留学前の方はもちろんの事、留学中の方、留学後の方にも役に立てる情報の提供を目指しています。 ・TOEIC(R):805点(L 430 R 375) ・TOEIC SW:280点(S 130 W 150)

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。

Please enter your comment!
Please enter your name here