タラボラタ

皆さん、こんにちは。セブ島の美味しいイタリアンレストランの1つとして親しまれている【TAVOLATA(タボラタ)】。セブ島の有名グルメ企業である「ABACAグループ」が展開しているこのレストランですが、ついにセブ島の有名なショッピングモールであるAYALAモールに2号店オープンしたのでお邪魔しました。

【TAVOLATA】AYALA店は、「The Social」や「The Suite Room」「Brique」などのおススメレストランが入店しているAYALAモール4階のループトップに位置しています。隣にはスターバックスがあるので、食後のコーヒーにも良いでしょう!

セブ島のベストイタリアンレストラン【TAVOLATA】

https://theabacagroup.comから引用

ちなみに、留学生の皆様には馴染みがないかもしれませんが、「ABACAグループ」と言えば、セブ島屈指のレストラン&リゾートホテルを展開している会社です。

【TAVOLATA】以外に、セブ島最高のブティックリゾートホテルの中で贅沢ディナーができる「Abaca Restaurant」、オシャレなメキシカンレストラン「MAYA」、美味しいブランチ、カフェごはん、パンが食べられる「Abaca Baking Company」、ヘルシーなベットナム料理専門店の「PHATO PHO」、カジュアルなメキシコ料理が楽しめる「RED LIZARD」、アメリカンスタイルのハンバーガー屋「LUNCHEONNETTE」などを展開しています。

TAVOLATAの店内

それでは、お店の中に入り、店内の様子やメニュー、料理についてレポートしたいと思います。

セブ島のベストイタリアンレストラン【TAVOLATA】

外観は全面ガラス張りになっており、エントランスに近づくと店員さんがドアを開けてくれます。そして右側にはレジカウンターが、左側には写真のような立ちテーブルとスツールセットがあります。

セブ島のベストイタリアンレストラン【TAVOLATA】

ホールは細長く、奥から眺めた様子はこのようになっています。

セブ島のベストイタリアンレストラン【TAVOLATA】

反対にエントランス側から店内奥を眺めてみました。向い側に立つビルが見えます。そんない広くはないですが、窮屈感は感じませんでした。

セブ島のベストイタリアンレストラン【TAVOLATA】

セブ島のベストイタリアンレストラン【TAVOLATA】

こちらが基本的なテーブルセッティングです。【TAVOLATA】本店と同じテーブルや椅子を使っています。グラスはもちろん、ナプキンの置き方まで同じで統一感がありました。

セブ島のベストイタリアンレストラン【TAVOLATA】

奥の方には、デートに使うにも相応しく、ビジネスパークの夜景が見渡せるステキな席がありました。

セブ島のベストイタリアンレストラン【TAVOLATA】

グループで訪れたとしても、店員さんが8人や10人掛けのテーブルを準備してくれるので、お店が空いていれば大人数でも大丈夫です。

セブ島のベストイタリアンレストラン【TAVOLATA】

ちなみに、こちらの写真はASフォーチュナーストリートにある【TAVOLATA】本店です。アヤラモールよりデザインに富んでいて、素敵な内装です。

詳しくはこちらをどうぞ。

【Tavolata】パスタが絶品!雰囲気抜群のABACA(アバカ)のイタリアン

TAVOLATAのメニュー

イタリア語で「前菜」を意味する「ANTIPASTO」、カリッとした端っこまで香ばしくて美味しい「ピザ」、好みの麺で料理してくれる「パスタ、」そしてステーキなどのメインディッシュまで。
ワインリストもありますので、お祝いの際にも良いです!

TAVOLATAの料理

セブ島のベストイタリアンレストラン【TAVOLATA】

これは「ANTIPASTO」からの「Our Bread」(185ペソ、約390円)です。見た目の通りに表面は硬くて、中身は独特な酸味のあるパンです。

セブ島のベストイタリアンレストラン【TAVOLATA】

オリーブオイル、ガーリックペースト、バルサミコ酢を添えて食べたり、後ほど頼むパスタのソースに付けて食べても美味しかったです。

ちなみに、私は酸味があるこのパンが大好きで、きっと同じグループ会社の「Abaca Baking Company」に行けば、手に入ると思いました。クリームチーズとの相性も良さそうでしたので、このパンを求めて3店舗の「Abaca Baking Company」を訪ねたのですが、見つかりませんでした(涙)。

このパンのためにでも、また【TAVOLATA】に行きたいです。

セブ島のベストイタリアンレストラン【TAVOLATA】

こちらは、爽やかなレモンビネガードレッシングの「SEAFOOD SALAD」(695ペソ、約1,460円)です。

セブ島のベストイタリアンレストラン【TAVOLATA】

お値段は他のレストランのほぼ2倍ほどのサラダですが、量も多く、何よりもエビ、イカ、貝柱、カニ、シジミなどと海鮮たっぷりの具だくさんでした。これならお値段も納得!

セブ島のベストイタリアンレストラン【TAVOLATA】

次はピザで「PROSCIUTTO(プロシュート)」(585ペソ、約1,230円)です。

香ばしくてカリッとしたピザ生地の上にぎっしりのプロシュート生ハムと、香りの濃いルッコラを隈なく乗せた、とろけるチーズのないピザです。

セブ島のベストイタリアンレストラン【TAVOLATA】

ピザからはみ出ている生ハムとルッコラの葉っぱの相性はとても良くて、ワインとも合います。
また、普段はピザの端っこは飽きて残してしまうことがありますが、これはクラストまで美味しくて最後まで食べてしまいました(笑)

セブ島のベストイタリアンレストラン【TAVOLATA】

こちらは「FUNGHI(フンギ)」(595ペソ、約1,250円)というピザです。
少しクセのあるタレッジョチーズに様々な種類のキノコを使ったピザで、チーズの濃い匂いが病みつきになります。

セブ島のベストイタリアンレストラン【TAVOLATA】

プロシュートピザは赤ワインと合いますが、こちらはチーズの匂いが強くて白ワインにピッタリです。皆さんも試してみてください!

セブ島のベストイタリアンレストラン【TAVOLATA】

次は、ガーリックマヨのアイオリソースが添えられた「クリスピーチキン(530ペソ、約1,120円)」です。いわゆるイタリア風の唐揚げですね。(笑)

味付けも良くて、そのまま食べても、ガーリックマヨソースに付けて食べても美味しかったです。量は多めなので、シェアするにも良いです。

こちらはパスタの「アラビアータ(510ペソ、約1,100円)」です。

唐辛子とニンニクを効かせたトマトソースに、麺はスパゲッティを選びました。パンチのある辛さではなく、ほのかに感じじられる辛味でしたので、辛い料理が苦手な方でもおススメできます。

セブ島のベストイタリアンレストラン【TAVOLATA】

そういえば、ワインも頼みました。
こちらはワインリストにはなかった「ツーヴァインズ」というコロンビア産の赤ワインですが、店員さんにアルコール度数が13%のワインを頼みたいと伝えたら持ってきてくれたのです。

セブ島のベストイタリアンレストラン【TAVOLATA】

そのワインにおススメできるメニューは、前菜の盛り合わせであるこちらの「ANTIPASTO PLATTER (995ペソ、約2,100円)」です。
5種類のハムと3種類のチーム、そして焼いたアスパラガスやパプリカ・トマト・茄子・ビート・アーティチョーク・豆・オリーブなどを乗せたおつまみセットです。

これなら食事の後に2次会のメニューとしても良いかもしれないですね!

TAVOLATAの場所

AYALA店はこちら。

セブ島のベストイタリアンレストラン【TAVOLATA】

▶︎Googleマップを開く

▶︎A.Sフォーチュナストリートの本店の地図はこちら 

まとめ

• セブ島の大型ショッピングモールのAYALAにオープン(2号店)した美味しくてオシャレなイタリアンレストラン
• セブ島の有名なグルメ企業のABACAグループが経営するレストラン
• 予約:(032) 342 2535
• 予算:700~1,000ペソ
• 営業時間:11:00~22時
• 公式Facebookはこちら : https://www.facebook.com/Tavolata-1097955717011439/ 

その他におススメできるAYALAのイタリアンレストラン

Italianni’s(イタリアーニ)|アヤラモール内にあるモッチリ系ピザが楽しめるイタリアン

↓↓ここから選べば間違いなし!↓↓
>>セブ島留学 おすすめ語学学校はこちら<<
クレア
韓国語日本語の翻訳・通訳者
韓国生まれ育ちのコリアン、クレアです。 韓国の大学で日本語を専攻し、2007年から2013年まで東京在住、 半導体業界の翻訳の仕事をしていました。 そんな中、英語留学のために2013年9月にセブ島へ。 留学生、語学学校のマネージャーを経て、現在はフリーランスの翻訳・通訳者、 そして日本語や韓国語の講師としてセブ島に滞在中。 趣味は競技ダンス及び社交ダンス。 FBアカウント :https://www.facebook.com/wonhee.kim.3557

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。

Please enter your comment!
Please enter your name here