英会話勉強法ならマナビジン セブ島の楽しみ ショッピング 【Jセンターモール】マクタン・セブシティ...

【Jセンターモール】マクタン・セブシティ両アクセス抜群!モール内徹底紹介

Jセンターモールは、マクタン島とセブシティを繋ぐ橋の近くにあるとても便利な立地にあるショッピングモールです。

最近では日本でもおなじみの東横インが、Jセンターモールに直結した形でオープンし話題を呼びました。東横インの6階にはスカイウォーターパークと呼ばれる家族づれや友達同士で遊べる大型プール施設もあります。

フィリピン初のルーフトッププール!ショッピングモールの屋上にある【SKYWATERPARK】

その他、モール内に大型フードコートが完成したりと、Jセンターモールは観光客にも留学生にもおすすめできるモールです。

今回はそんなJセンターモールにある、レストラン・スーパー・両替所・カフェ・その他施設全てを完全ガイドします。

↓動画でもご紹介しています!

1.Jセンターモールの場所

Jセンターモールは、日系ホテルの東横インと繋がっているショッピングモールです。ロケーションは、セブ市の中心部とマクタン空港の真ん中ぐらいで、空港からは渋滞がなければ車で20分ほど、ITパークからは15分、セブ島の一番人気のショッピングモールであるAyala Center CebuSM Cityまでも20分ほどです。

空港からJセンターの行き方

タクシーを利用する場合、「Jセンター」と伝えると99%通じます。そして配車アプリのGrabを使う場合は、目的地をJ Centre Mallに設定してください。

2.エントランス

Jセンターモールには4箇所以上のエントランスがありますが、もっとも使われているエントラス2箇所を紹介します。

Jセンターモールセブ81
まずは、メインエントランスです。タクシー乗り降り場から階段を上がったところです。右側にフィリピン最大のファーストフードフランチャイズ店のJollibeeが、左側には対抗しているマックドナルドが入店しています。

Jセンターモールセブ7
フィリピンのモールでは、銃器所持などを確認するためにゲートで荷物チェックが行われます。また、2020年に入ってからは、コロナウイルス防止のために体温チェックも行っています。万が一体温が37.3度を超える場合、入場できない場合があります。

Jセンターモールセブ6
こちらはメインエントランスの下にある東横イン側のエントラスです。右側にはセブンイレブン、左側にはBo’s Coffeeというカフェがあります。この荷物チェックゲートを通過し、エスカレーターに乗って上に上がるとモール中に入ることができます。

Jセンターモールセブ5
帰りの際は、メインエントランスから階段を降りてすぐタクシー乗り場があるので、そこで拾うことができます。配車アプリのGrabを使って帰りの車を手配する場合、待ち合わせスポットは東横イン側エントランスの周辺となります。

3.レストラン・ファーストフード

それでは、Jセンターモール内にあるレストラン・ファーストフードを紹介します。Jセンターモールは小〜中規模の大きさですが、それでもレストランの数は豊富で、フィリピン料理から中華、韓国、日本食まで選択肢が豊富にあるので飽きがきません。

Jセンターモールセブ4
まずはこちら、フィリピンでマクドナルドよりも人気のファーストフード店であるジョリビー(Jollibee)です。フィリピンに来たのであれば一度は食べてみてください。バーガー系よりもチキンがおススメです。

Jセンターモールセブ3
日本でもお馴染みのマクドナルドもあります。2020年3月の時点でビックマックの単品は142ペソ(約300円)と日本よりも全体的に安めですが、クオリティはほとんど変わりません。

ジョリビーもですが、テイクアウトしてホテルで食べるのもよしです。

ジョリビーを含め、メインエントランスの右側に並んでいるお店を紹介します。

Jセンターモールセブ2
ここ「snakyard (スナックヤード)」は、100P前後でポークステーキが食べられるレストランです。ご飯付きなのでコスパが良くてフィリピン人の若者が良く行きます。

Jセンターモールセブ1
その隣にある「Bonne Ga (ボンガ)」は、焼肉食べ放題の韓国レストランです。

Jセンターモールセブ80
サムギョプサル食べ放題は299ペソ、薄切りビーフの食べ放題は499ペソというお手頃の値段でお腹いっぱい食べることができます。

Jセンターモールセブ79
ここは「マンチュ」という韓国風の中華料理レストランです。本店はマクタンにあり、ここは2号店です。お客さんもほとんど韓国人です。

それでは、メインエントランスの左側にあるレストランを紹介します。

Jセンターモールセブ78
フィリピンで有名なチェーン店の「Mang INASAL」。フィリピン風のチキンBBQが有名で、100ペソ前後でご飯付きのBBQプレートが食べられます。また、アンリミテッドライスサービスがあり、無料でライスがおかわりできます。男性におすすめのレストランです。

Jセンターモールセブ77
ここは「BOK JA」という24時間営業の韓国レストランです。右側にある「Bonne Ga」と違って焼肉ではありません。

Jセンターモールセブ76
メニューの構成は、食事よりも飲み屋に近いです。特にこちらのソース付きのフライドチキンなどが美味しいです。

それではモールの中に入りましょう。

Jセンターモールセブ75
デザートファクトリーです。ケーキなどのデザート類はもちろん、料理の数が多いのも特徴。価格は300ペソ前後が多く、安くはありません。

Jセンターモールセブ74
新鮮なサラダやラップ巻きが食べられるヘルシーなお店です。一人でも入りやすく女性におすすめで、私もたまに利用する好きなチェーン店です。

Jセンターモールセブ73
ピザ屋さん。他にもチキンやホットドッグなどアメリカンな食べ物を提供します。このレストランの前を通るといい匂いが漂ってきてお腹が空いてしまいます。

Jセンターモールセブ72
1階のホールを通り抜けバックゲートに出ると、こちらのフィリピン料理レストランが。30Pでご飯食べ放題もあります。

Jセンターモールセブ71
こちらはオススメレストランの「NEONEO」グリル。東横インホテルの裏手あたりという少しわかりにくい場所にあります。BBQ料理がメインのフィリピン料理レストランです。

Jセンターモールセブ70
特に、バナナリーフの上にご飯やおかずを並べ、大人数で囲って素手で食べるフィリピンの伝統料理「ブードルファイト」が体験できるのもオススメポイントです!好きな料理を選んで、このうような形に作ってもらえるのオーダーメイド式です。プラスチックというビニールの手袋を付けて食べるので安心できます!

関連記事:『セブ観光で東横インに宿泊+フィリピン料理食べたい』それならNEONEOでブードルファイトがおすすめです!

それでは、2階に移動します。

まずメインエントランスを通過して、そのままモール中に入らず隣にあるエスカレーターに乗って上にあがると右側には日本料理店が、左側には中華料理店があります。その両店がモール中では高級レストランとなり、それぞれ個室もあるので接待にも使えます。

Jセンターモールセブ69
右側にある「呑ん気 鉄板焼き」は、セブ島内だけで4店舗以上展開している人気の和食レストランの系列です。鉄板焼き食べたい、リッチに豪勢にがつんと美味い日本食が食べたい時にオススメです。

Jセンターモールセブ68
落ち着いた雰囲気の店内はとても広く、ホールの真ん中のテーブルでは、真ん中に立って腕を振る舞うコックさんを見ながら食べることができます。

Jセンターモールセブ67
鉄板焼きはもちろん、お寿司やお刺身などの定番の日本料理や、メインの鉄板焼きと天ぷら、お刺身、ご飯とお味噌汁セットを4~500ペソで食べられるランチセットもお得感があってオススメです。

関連記事:【呑ん気 鉄板焼】目の前で焼く本格派!お得なステーキランチはコスパ最強

Jセンターモールセブ66
こちらはエスカレーターから上がって左側にある中華料理の「TAO YUAN」です。特に点心がおいしいことで有名です。

Jセンターモールセブ65
真っ赤なテーブルクロスの円卓が印象的な店内はとても広く、4人以上のグループでも対応できるほど広いです。

Jセンターモールセブ64
点心や前菜の盛り合わせ、北京ダックなど美味しい本格中華料理が食べたい時はこちらへどうぞ!

関連記事:【TAOYUAN】個室あり!ミーティングで使える貴重なセブ島の中華料理レストラン

他にも2階には、移民局側に何軒かのレストランがもっとあります。

Jセンターモールセブ63
「bbq Chicken & Beer」という韓国のフライドチキンのお店です。チキンの他にサラダやパスタなどもあり、ワインも飲めるお店です。

Jセンターモールセブ62
特に甘辛い味付けのヤンニョンチキンが美味しいので、オススメします。

Jセンターモールセブ61
こちらもまた韓国焼肉レストラン「グイグイ」です。2階にある「ボンガ」も焼肉の食べ放題ですが、こちらでは焼肉の他にもスンドゥブチゲやキムチチゲなどアラカルトの韓国料理も食べることができます。

Jセンターモールセブ60
「TRAVELLER’S CAFE」はピザやパスタ、バックリブなどが食べられる洋食のレストランです。主に移民局に立ち寄った外国人がよく行くレストランです。

それでは3階へ!

Jセンターモールセブ59
以前1階にあったERSAOという台湾料理のレストランが3階に移転しました。店名も「KIMTIA’S KITCHENETTE」に代わり、3階のフードの真逆側にあります。台湾系の軽食とミルクティーがメインです。

Jセンターモールセブ58
またその近くにはマッサージチェアーがあるので、足が疲れたら少し休んで行くこともできます。5分間で20ペソから!やすい!

Jセンターモール内に大型フードコートが出来て人気になっています。一人でも気軽に利用できますし、色々な種類の食べ物を自由に選択できるのでありがたいですよね。

フードコートにどんなお店があるのか紹介します。

Jセンター

まずはフードコート内の様子。天井は清々しいほど青い空、そして席数も豊富にあり座れないことはほとんどありません。

Jセンター

少しヨーロッパの街並みを思い出させるフードコートです。

それではお店を紹介していきます。

Jセンター

ポテトやナゲット類が食べられるスナックアタックと、BBQ料理。

マナビジン

PINOYはフィリピン料理であるシシグが食べられるようです。

Jセンター

ここらへんはフィリピン料理。

Jセンター

ヌードル。

Jセンター

99Pラーメン。

Jセンター

約200円ですが、そこそこ美味しかったです。おすすめ!

マナビジン

LeyLamも小腹が空いた時におすすめ。

Jセンター

このあたりもフィリピン料理ですね。

Jセンター

Jセンター

ボホールビーファームはオーガニックのアイスクリームが食べられます。おすすめです。

マナビジン

かき氷やミルクシェイクが売っているお店。

Jセンター

ちょっとしたスナックが売っているお店。

Jセンター

ここはコーヒー豆販売店。あの有名なジャコウネコの糞を使ったシベットコーヒーもあります。その場で飲むこともできます。

Jセンター

Jセンター

Jセンター

基本的にはフィリピン料理が多い印象ですね。出来上がりのものが並んでいたり、その場で調理のものも比較的提供は早いです。あとはジュース屋さんが多いです。

4.カフェ・出店・コンビニ・バー

Jセンターモールセブ55
東横インのエントランスがある地下1階にはセブンイレブンがあります。ここでお水やお菓子、簡単な生活用品などの必要なものは手に入れることができます。

Jセンターモールセブ54
地下1階のエントラスのすぐ左側にある「Bo’s Coffee」。セブ島ではスターバックスよりも沢山の店舗を展開している、セブ発祥のコーヒーショップです。

Jセンターモールセブ53
特にフィリピン産のコーヒー豆を使っているので有名です。また2時間Wi-Fi無料ですので、休憩するのにぴったりの場所です。

関連記事:なぜフィリピン弱小ブランド「Bo’s Coffee」は、世界最大手「スタバ」と戦い続けられるのか

Jセンターモールセブ52
その隣にある「CAFÉ ICE TOP」。無料Wi-Fiもありますが、接続が悪く速度も遅めです。でも常に混んでいるBo’s Coffeeよりは空いているので、ゆっくりできます。

Jセンターモールセブ51
またソルビンのような韓国風のかき氷がメインで1個1個サイズが大きくて2〜3人でシェアする良いです。ハニーブレッドやサンドイッチもあります。

Jセンターモールセブ50
地下1階の一番左側にある「J.MART」。主に韓国からの食材を輸入している小規模のミニスーパーで、キムチやカップ麺なども買えます。なんと24時間営業!

それでは、1階のモール中に入りました。

Jセンターモールセブ49
エントランスから入って右側に行くと「Kawaii Cafe」があります。店名からも分かりますが、日本人オーナーの喫茶店です。オープン当初は、セブでは珍しいメイド喫茶でしたが、今は日本食の強いカフェとして経営しています。客層も日本人よりも、日本好きのフィリピン人が多いです。

Jセンターモールセブ48
1階の真ん中にあるホール側には、お手頃な値段で食べられるドーナッツチェーン店の「ダンキンドーナッツ」、安くて美味しいフィリピンのパンが買える「パンデマニラ」があります。

Jセンターモールセブ47
こちらは、フィリピンでも愛されているミルクティーの専門店。

Jセンターモールセブ46
一番奥のバックゲートの方に出ると「All Season Tiwan」という台湾系のパン屋さんがあります。中にはイートインスペースもあるので、美味しいパンとコーヒーやお茶を楽しむことができます。

Jセンターモールセブ45
特に私のオススメはこちらのあんぱんです。1個30ペソという安さに、甘い粒あんがぎっしり詰まっていて好きです。

Jセンターモールセブ44
その隣にある「WANLONG」は、中華系の食材を販売している小売店です。

Jセンターモールセブ43
ちなみにこちらがバックゲートのエントランスです。知ってる人は少なく、出入りするのはモールで働いている人程度で、いつも空いています。

それでは2階へ。

Jセンターモールセブ42
「J LOUNGE」は移民局のすぐそばにあるカフェで、お客さんのほとんどは、移民局の用事を待ってる間に利用する人です。そのため移民局が閉まる週末はガラガラで、飲み物は20%割引がききます。

Jセンターモールセブ41
その隣にある「Coffee ROI」。「J LOUNGE」とは違う雰囲気のカフェです。サンドイッチ類も美味しいです。

Jセンターモールには素敵な夜景が楽しめるラウンジバーもあります。

Jセンターモールセブ40
東横インの19階にある「The Industry Sky Bar & Lounge」です。店内はとても広く、ライブバンドの演奏を聴きながらお酒を楽しむことができます。

Jセンターモールセブ39
窓際では19階から見下ろす素敵な夜景もあり、デートスポットとしても良いです。午後6時にオープン、平日は12時、週末は夜2時まで営業します。

5.その他、お店・施設等

Jセンターモールセブ38
それでは、レストランやカフェの他にモール中にある施設を紹介します。

Jセンターモールセブ37
メインエントランスから入ってすぐの場所にあるコンシェルジュです。何かお探しやお問い合わせがありましたら、こちらでお尋ねしましょう。

ATMや両替所

Jセンターモールセブ36
基本的に、このマークが付いているキャッシュカードなら、同じマークが付いているATM機を介して円の口座からペソを引き下ろすことができます。

ただ、1回の引き下ろしで最大2万ペソ前後、そして毎回250ペソ(約500円)の手数料がかかります。すなわちATMの方が便利ではありますが、両替する場合よりもコストがかかります。

Jセンターモールセブ35
Jセンターモールでは、地下1階のRCBC銀行やBDO銀行の外にATM機がありますが、安全のためにモール内にあるATMを利用することをオススメします。写真のATM機がある場所は、メインエントランスから入ってすぐ右側に曲がった道の突き当たりです。

関連記事:お金の引き出し方!フィリピンセブ島でのATMの使い方とは?

Jセンターモールセブ34
こちらはメインエントランスから入った1階の奥側にある両替所です。エスカレーターの近くで、左側にはACE Hardware、右側にはドラックストアのWatson’sがあります。窓側のチャートに当日のレートが記載されています。

Jセンターモールセブ33
その他、上記の両替所の裏側にあるエスカレーターに乗って2階にあがるとすぐに違う会社の両替所があります。こちらもモニターに当日のレートが表示されるので、1階の店舗と簡単に比べることができます。

Jセンターモールセブ32
1階にあるスーパーの入り口にも、SMグループで運営している両替所がありますが、レートは上記の2店舗よりよくないので、あまりオススメはしません。

スーパーマーケット

Jセンターモールセブ31

Jセンターモールセブ30

次に、Jセンターモール内にあるスーパーに、どんなものが売られているのか、お土産にできそうなものを中心にさらりと紹介していきたいと思います。

Jセンター

Jセンター内にあるスーパーマーケットは一つで、SMスーパーです。SMはどちらかというと地元密着型で安いのが特徴です。

Jセンター

営業時間は10時〜21時の間です。モールの営業時間と同じです。

Jセンター

スーパーで私たちが買うものと言えば、お土産類、ドリンク、食品かと思います。こちらは日用品コーナーにある石鹸売り場。

セブ島のお土産としてバリエーションの多い石鹸が人気です。一つ80p前後(180円)とかなりお買い得です。写真に写っているのはココナッツ石鹸やパパイヤ石鹸。これらも人気です。

マナビジン

1番人気なのはこちら、パパイヤ石鹸!写真のものは75pで一つ入りです。パパイヤ石鹸は美白効果があり、地元フィリピン人にも人気です。

中長期滞在であれば、一つ買って使ってみるのもおすすめです。

Jセンター

人参の石鹸まであります!86p。

Jセンター

こちらはセブ島土産として人気のバナナチップスです。お値段は146p。空港やお土産店で買うよりもはるかに安いので、なるべくスーパーで買った方がお得です。

マナビジン

アルコール消毒液。セブ島滞在中、レストランでの食事前など手をささっと除菌するときに使います。お腹が弱い人や小さいお子さん連れの方にはぜひ。

マナビジン

フィリピンで人気のサンシルクのシャンプーコンディショナー。安いのにこれ一本でサラサラになります。日本からわざわざ持ってこなくても現地で安く調達できますよ。

Jセンター

パンテーンなどおなじみのブランドも多いです。

Jセンター

シャンプー、コンディショナー、ボディソープや石鹸類はセブ島で調達しましょう。化粧水は日本から持ってきた方がいいです。

Jセンター

スーパーは広く、雑貨類(お皿やコップ、包丁など)も置いてあります。

Jセンター

生鮮食品も豊富です。フレッシュなマンゴーはもちろん、野菜も。量り売りなので、袋に入れたら近くのスタッフに渡して計量して値段を貼ってもらいましょう。

マナビジン

スーパー入り口にはこのような輸入のお酒が置いてあります。ワインやリキュール類などが揃っています。日本よりは少し値段が高いのが多いです。

美容室とスパ・マッサージ

Jセンターモールセブ29
Jセンターモールの1階には、日本人経営、日本人スタイリストさんがいるヘアサロン「DONNA」があります。日本と同じクオリティのケアが受けられるので、日本人の在住者や留学生から支持されています。場所は、1階のエントラスから入って右に曲がった突き当たりの左側です。

Jセンターモールセブ28
カットは1,100ペソからで他にもネイル、マツエク、スキンケアなどを受けることができます。営業時間は朝10時から夜8時まで!

関連記事:【セブ島日系美容室4選】DONNA・TIME・Masaya’s Salon・CIRCLE

Jセンターモールセブ27
「EPODA」は2階にある韓国系のアートメイクサロンです。眉やアイラインなど、韓国でのコンテストで何回も受賞した韓国人のアーティストさんが丁寧にやってくれます。お値段は、1万ペソからです。

Jセンターモールセブ26
こちらは地下1階のエントラス近くにあるマッサージ店の「Japanese Tea Lounge」です。1時間の体マッサージが350ペソ、フットマッサージは300ペソという安さは驚くほどです。特に夜は混み合うので、事前に予約しておき、用事を済ましてからマッサージを受けると良いでしょう。

Jセンターモールセブ25
6階にある日系マッサージ店の「R SPA」です。特に、日本人のセラピストからトレーニングを受けた指圧マッサージが有名で、クォリティーの高いマッサージを受けることができます。

Jセンターモールセブ24
店内も高級感があり、静かで落ち着いています。1時間の体マッサージは600ペソからです。

Jセンターモールセブ23
またJセンターモールには、ドクターフィッシュによるフットスパがあります!場所は、東横インの裏側にある駐車場に向かうところです。

Jセンターモールセブ22
盆栽道具を販売しているようなお店の真ん中には大きな足湯が!もちろん暖かくはありません。15分で50ペソ、30分で100ペソでフィッシュスパを楽しむことができます。

Jセンターモールセブ21
ただ、このドクターフィッシュは思った以上にデカいので、少し抵抗があるかもしれません。笑

カラオケボックス

Jセンターモールセブ20
モールの2階には「SONG HITS」というカラオケボックスがあります。日本語の歌もありますし、ドリンクや軽食を頼んで、ルーム中で食べながら歌うこともできます。お酒も飲めます!

映画館

Jセンターモールセブ19
モールの3階には映画館があります。スクリーンは2つのみなので、AyalaモールやSM Ciryなどのモールに比べると選択肢は少ないです。

Jセンターモールセブ18
場所は3階にあるフードコートの奥側です。チケット代は200ペソ!日本の価格のほぼ1/5に当たる驚きの安さです。ただ、ほとんどの場合、英語の吹き替えか多いです。

Jセンターモールセブ16
同じく3階には「FUN NATION」というゲームセンターがあるので、映画を待ってる間に時間を潰せることができます。

Jセンターモールセブ15
ここはモールの2階にある大人のためのゲームセンターです。スロットマシンやオンラインビンゴゲームなどギンャンブル系のゲームができる場所です。

Jセンターモールセブ14
こちらは2階にある移民局。留学生の場合は、ここでビザを延長する必要があります。常に外国人で混み合っている場所です。

手続きについてはこちらをどうぞ

関連記事:セブ島で観光ビザの延長!イミグレーションでの手続き方法

3階のフードコートから真逆の奥にオープンしたコンベンションホールです。主にセミナーやコンファレンス、コンテストそしてパーティーなどのイベントに使われています。

Jセンターモールセブ13
3階にはまた日系の英会話学校「Brighture(ブライチァー)」の校舎があります。滞在先は東横インになるため、外に出ずに学校まで行き来することができます。

GOLD GYM(スポーツジム)

Jセンターモールセブ11
3階には「GOLD GYM」というグローバルに展開しているフィットネスジムがあります。オープンしてまだ数年経っていないので設備も新しく綺麗ですし、1日単位で利用することもできます。詳しくはこちらへ。

関連記事:GOLD GYM

Jセンターモールセブ10
モールの地下1階には、日系ホテルの東横インに繋がるエントランスがあります。ホテルのチェックインカウンターに向かうにはここで荷物検査を通ってからエレベーターで6階に上がってください。

関連記事:セブ島【東横イン】のレビュー 宿泊施設・食事・利便性を他の同価格帯ホテルと徹底比較

東横イン6階、ウォーターパーク

Jセンターモールセブ9
同じくJセンターモールの6階にあるループトップのウォーターパークです。大きな子供用のプールもあるので、家族で楽しむにはとても良い場所です。

Jセンターモールセブ8
夜はライトアップされて、雰囲気が一気に変わります。またBBQパーティーや伝統ダンスショーなど日替わりのイベントあるので、ぜひチェックしてみてください。月1回行われるプールパーティーの時は正にクラブ化するなど楽しさ満載です!

関連記事:フィリピン初のルーフトッププール!ショッピングモールの屋上にある【SKYWATERPARK】

6.お土産と購入できる店

Jセンターモールでは、昔はお土産ショップがありましたが閉店。現在お土産を購入できる場所は主に3カ所です。

スーパー内

スーパー内にバナナチップス、ドライマンゴーなどお土産を購入することができます。詳しい内容は上のスーパーの項目をご覧ください。

6階、ウォーターパーク近くコンビニエンスストア

Jセンターモールお土産4
東横イン6階のウォーターパーク近くにある24時間営業のコンビニエンスストアです。こちらでは日用品やドリンクからお土産まで売っています。

Jセンターモールお土産5

Jセンターモールお土産3

Jセンターモールお土産2

Jセンターモールお土産1
バナナチップス、ココナッツオイル、マンゴーピューレやリップなどのちょっとした雑貨も。値段は総じて高めですが、しっかりとしたお土産が欲しい場合はおすすめです。

優の良品

Jセンターモールお土産6
Jセンター1階、タピオカ店、ダンキンドーナッツ近くにあるお店。アジアン食品が多くあるお店ですが、お土産も購入可能です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?Jセンターモールは小〜中規模の大きさですが、それでもたくさんのレストランやカフェが入っています。

特に東横インができてからますます人気が出ているモールです。スカイパークやフードコート、屋上にはバーもあります。ぜひ、利用してみてください。

美穂
美穂
ライター兼プロダイバー セブ島留学マナビジンでライターの仕事をしています。

現在世界17カ国、日本43都道府県制覇。目標は世界100カ国、日本制覇。 スキューバダイビング好きで、プロとしてダイブマスターランクを所持。

----現在訪れたダイビングスポット---- サイパン・グアム・パラオ・プーケット・バリ島・セブ島 沖縄本島・石垣島・宮古島・奄美大島・小笠原諸島父島・大島・神津島・三宅島・八丈島・御蔵島(スノーケル)・伊豆半島・葉山 などなど...タンク本数はトータル350本前後です。

私運営のセブ島情報HPあるのでよければ見てください。 https://tabi-jyoshi.com https://tokyo-girls.top

セブ島のこと、ダイビングのこと気軽になんでも聞いてください! info@tabi-jyoshi.com

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

イベント情報 / 8月22日開催

PICK UP

初心者向け!オンライン英会話【おすすめ51社】比較ランキング

初心者向け!オンライン英会話【おすすめ51社】比較 -2020年後半-

0
オンライン英会話スクールは、フィリピン、ネイティブなど大小合わせて50社以上あります。 その中で初心者向けのオンラ...