Jセンター

Jセンターモールは、マクタン島とセブシティを繋ぐ橋の近くにあるとても便利な立地にあるショッピングモールです。

最近では日本でもおなじみの東横インが、Jセンターモールに直結した形でオープンし話題を呼びました。東横インの6階にはスカイウォーターパークと呼ばれる家族づれや友達同士で遊べる大型プール施設もあります。

その他、モール内に大型フードコートが完成したりと、Jセンターモールは観光客にも留学生にもおすすめできるモールです。

今回はそんなJセンターモールにある、レストラン・スーパー・両替所・カフェ・その他施設全てを完全ガイドします。

Jセンターモール内一挙紹介!

1.レストラン・ファーストフード

まずは、Jセンターモール内にあるレストラン・ファーストフードを紹介します。Jセンターモールは小〜中規模の大きさですが、それでもレストランの数は豊富で、フィリピン料理から中華、日本食まで選択肢が豊富にあるので飽きがきません。

Jセンター

まずはこちら、フィリピンでマクドナルドよりも人気のファーストフード店であるジョリビーです。

フィリピンに来たのであれば一度は食べてみてください。バーガー系よりもチキンがおススメです。

日本でもお馴染みのマクドナルドもあります。日本よりも全体的に安めですが、クオリティはほとんど変わりません。

ジョリビーもですが、テイクアウトしてホテルで食べるのもよしです。

Jセンター

ここは100P前後でポークステーキが食べられるレストランです。ご飯付きなのでコスパがいいです。

Jセンター

このレストランも100P前後でご飯付きのチキンやBBQが食べられるフィリピンで有名なチェーン店です。

Jセンター

大阪たこ焼き店。たこ焼きやお好み焼きがメインのお店です。日本食が恋しくなったらここがおすすめです。安くて手軽に食べられます。

Jセンター

ピザ屋さん。このレストランの前を通るといい匂いが漂ってきてお腹が空いてしまいます。

Jセンター

新鮮なサラダやラップ巻きが食べられるお店です。一人でも入りやすく女性におすすめ。

Jセンター

デザートファクトリー。ケーキなどのデザート類はもちろん、料理の数が多いのも特徴。

フィリピンで有名なチェーン店のINASAL。アンリミテッドライスサービスがあり、無料でライスがおかわりできます。男性におすすめのレストランです。

Jセンター

こちらはパン屋さん。テーブルがあるので店内でも食べられるスタイルです。30P前後でパンが食べられるコスパの良いお店です。

Jセンター

BBQ、ピザ、タコス、バーガーなどを取り扱っているレストラン。ヴィーガン料理も提供しているそうです。

NEONEOグリル。少しわかりにくい場所にあります。東横インホテルの裏手あたりです。BBQ料理が主です。

30Pでご飯食べ放題のあるフィリピン料理レストラン。

Jセンター

韓国料理店。トッポギがメインのようです。

本格的な中華レストラン。個室も多くビジネスシーンや団体での食事にも使えます。

鉄板焼き専門の日本食レストラン。目の前で焼いてくれる本格派!ランチがコスパがよくておすすめです。

カラオケルームのようですが、食事のメニューも豊富でレストランとして使うことも可能。日本の曲も歌えるようです。

Jセンター

チキンがメインのお店。

Jセンター

焼肉店。

Jセンター

ヤムチャなどの中華がメインのお店。

以上が、Jセンターモール内にあるレストラン・ファーストフードです。ちなみに上記で挙げたレストランでおすすめを選ぶのであれば…

1位:TAO YUAN
セブで1番美味しい(?)中華料理店。ランチなら飲茶、夜はラプラプの刺し身がおすすめ。
▶︎【TAOYUAN】個室あり!ミーティングで使える貴重なセブ島の中華料理レストラン

2位:NONKI鉄板焼き
鉄板焼き専門の和食レストラン。目の前で焼いてくれるお肉は絶品!個室もあるので接待や大人数にも向いてます。
▶︎【呑ん気 鉄板焼】目の前で焼く本格派!お得なステーキランチはコスパ最強

3位:TsiBoom
フィリピン料理店。BBQやポチェロスープ、ホタテのバター焼きが絶品です。ご飯の無制限おかわりもあります。
▶︎Tsiboom | リーズナブルで旨い!Jセンターとパークモールにあるフィリピン料理レストラン

2.カフェ・出店・コンビニ・バー

次に、カフェや出店を紹介していきます。

2-1.コンビニ(セブンイレブン)

Jセンター

まずはコンビニ。Jセンターモールではセブンイレブンが1店舗あります。ただし日本のようにおにぎりやパン、お弁当はありません。飲み物やお菓子、肉まんが買えます。

2-2.カフェ

Jセンター

セブンイレブンのとなりに、セブ島で1番有名なコーヒーチェーンであるボスコーヒーがあります。

2時間Wi-Fi無料ですので、休憩するのにぴったりの場所です。

Jセンター

ボスコーヒー隣にはこちらのカフェも。

Jセンター

韓国風のかき氷がメインとしておいてありますが、ハニーブレッドやサンドイッチもあります。カフェとして飲み物の利用だけでもOKです。

無料Wi-Fiもありますが、接続が悪く速度も遅めです。

Jセンター

ダンキンドーナッツ。ちょっと小腹が空いた時に!

こちらはパン屋さん。

Jセンター

タピオカドリンク店。タピオカ入りミルクティーなど甘いドリンクが飲めます。休憩にぴったりです。

Jセンター

ここからは少し裏のほうにありわかりずらいのですが、カフェがいくつかあります。こちらはカフェ99というお店。地元フィリピン人で賑わっています。

Jセンター

こちらは外国人向けのカフェ。本格的な美味しいコーヒーが飲めます。裏にあるので人がいつも少なく、のんびりできる穴場カフェです。

Jセンター

トラベラーズカフェ。軽食も多く軽く食べて休憩したいときにおすすめです。

2-3.出店

次に出店を初回します。Jセンターモール入ってすぐのところに並んでいます。さっとお昼や夕飯を食べたい時はここで買ってホテルで食べるのもありです。

Jセンター

まずはこないだ私が利用したお店から。サンドイッチ屋さんです。

Jセンター

メニューはこちら。パンの種類や中に入れる具材など好きに選べます。選ぶのが面倒な方は、右側に例があるのでこれをくださいと言えばOKです。

Jセンター

5分ぐらいで出来上がります。女性一人でレストランに入って食べにくいときは、テイクアウトにしてホテルで食べるのがおすすめ!

Jセンター

他にもアイスクリームやフライドポテト、中華などたくさんあります。

Jセンター

ドリンク類も。フレッシュジュースやタピオカなどの出店も多いです。

Jセンター

写真は私がセブ島でおすすめするフレッシュジュース店です。セブ島滞在中は3回以上は利用するほど大好きです。

Jセンター

メニューはこちら。シェイクやフレッシュジュース、スラッシュが選べます。

Jセンター

特に私のおすすめはシェイクです。マンゴーやウォーターメロン、バナナあたりがセブ島らしいフルーツでとても美味しいです。サイズは4種類ありますが、とてもサイズが大きいので、一人で飲むのであればレギュラーがおすすめです。

結構砂糖を多く入れて甘いので、作る前に砂糖少なめなどリクエストしても大丈夫です。

2-4.バー

Jセンターというより東横インの19階に最近新しくバーができました。もちろん宿泊者以外も利用できます。

Jセンター

こちらが詳細。18時からオープンで、月曜以外は深夜2時まで営業しています。

Jセンター

中は暗い照明でとてもムーディーでした。

Jセンター

おすすめは窓際のこちらの席。夜景も一望できます。

3.フードコート

最近になってJセンターモール内に大型フードコートが出来て人気になっています。一人でも気軽に利用できますし、色々な種類の食べ物を自由に選択できるのでありがたいですよね。

フードコートにどんなお店があるのか紹介します。

Jセンター

まずはフードコート内の様子。天井は清々しいほど青い空、そして席数も豊富にあり座れないことはほとんどありません。

Jセンター

少しヨーロッパの街並みを思い出させるフードコートです。

それではお店を紹介していきます。

Jセンター

ポテトやナゲット類が食べられるスナックアタックと、BBQ料理。

PINOYはフィリピン料理であるシシグが食べられるようです。

Jセンター

ここらへんはフィリピン料理。

Jセンター

ヌードル。

Jセンター

99Pラーメン。

Jセンター

約200円ですが、そこそこ美味しかったです。おすすめ!

LeyLamも小腹が空いた時におすすめ。

Jセンター

このあたりもフィリピン料理ですね。

Jセンター

Jセンター

ボホールビーファームはオーガニックのアイスクリームが食べられます。おすすめです。

かき氷やミルクシェイクが売っているお店。

Jセンター

ちょっとしたスナックが売っているお店。

Jセンター

ここはコーヒー豆販売店。あの有名なジャコウネコの糞を使ったシベットコーヒーもあります。その場で飲むこともできます。

Jセンター

Jセンター

Jセンター

基本的にはフィリピン料理が多い印象ですね。出来上がりのものが並んでいたり、その場で調理のものも比較的提供は早いです。あとはジュース屋さんが多いです。

4.その他、お店・施設等

次に、Jセンターモール内にあるお店や施設などを紹介していきます。

Jセンター

まずはATM。かなり人目につく場所にありますが、逆にその方が安全です。ここは銀行なので警備員もいます。

cirrusかplusマークがついているクレジットカードであれば引き出し可能です。1日の引き出し上限や手数料がかかります。

お金の引き出し方!海外、フィリピンセブ島でのATMの使い方とは?

Jセンター

日本人経営のマッサージ店。特にコスパがよく、手軽にマッサージを受けられます。夜はかなり混み合うので予約するのも手です。

Jセンター

アジアのお菓子が売ってあるお店。

美容院。

こちらも美容院。こちらの方は日本人経営のお店で、日本人スタイリストもいるので、英語が不安な方やうまく要望を伝えられない方はこちらを利用しましょう。

Jセンター

カットやカラーの他に、ネイルやまつげエクステもやっています。

Jセンター

スマートフォンやデータ通信用のSIMカードの販売店。フィリピンには主に、写真に写っているスマートと次で紹介するグローブの2社がSIMカードのメイン会社となっています。

Jセンター

グローブのお店です。ただし、SIMカードだけ欲しい場合はこれから紹介する場所で購入することをおすすめします。

Jセンター

こちらがローディングステーションと呼ばれる出店。観光客用にデータ通信のSIMカードの販売や、ロード、プリペイドカードの購入ができます。

設定もしてくれるので、空港でやりそびれた方はここで購入しましょう。

Jセンター

日本でいうインターネットカフェ。主に地元フィリピン人がゲームをしていることが多いです。

Jセンター

ビザやツアー、航空券など支援してくれるお店です。

Jセンター

お土産専門店。空港で買えるようなきちんとパッケージされたお土産を購入できます。

おすすめなのはこちらの、チョコレートコーティングされたドライマンゴー。パッケージにも入っていますし、開けると一つずつ小分けされているので、会社などで配るのにおすすめ。

Jセンター

写真のように可愛いパッケージのお土産もたくさん置いてあります。

Jセンター

バナナチップスは160p。

Jセンター

南国らしいアクセサリーやTシャツ、バッグも。

ボトルのバナナチップスも。ただし、バナナチップスに関してはスーパーの方がかなり安く手に入ります。

Jセンター

Jセンターモールは小規模ですが、映画館も入っています。訪問時は写真の2つの映画が上映されていました。英語版なので、英語のトレーニングにもなります。

Jセンター

映画館はフードコートのあるエリアの奥にあります。

Jセンター

ゴールドジムと呼ばれるスポーツジム。1日単位でも利用可能です。

Jセンター

キッズスペース。

Jセンター

ここはゲームスタジオです。

Jセンター

ぬいぐるみや雑貨などが売っているお店。

Jセンター

スーパーやコンビニもありますが、小規模のミニスーパーもあります。韓国人経営なのでそういったものが中心に置いてあります。

Jセンター

フィッシュスパ。これはドクターフィッシュを体験できます。東横インホテルをまっすぐ進んだ先にあります。少し場所的にわかりにくいかも?

東横イン

Jセンター6階にあるウォータースカイパーク。週末の夜はクラブにもなります。
詳しくはこちらの記事をどうぞ。

フィリピン初のルーフトッププール!ショッピングモールの屋上にある【SKYWATERPARK】

イミグレーション

Jセンターには、観光ビザを延長する手続きができるイミグレーションオフィスが入っています。30日以上セブ島に滞在する場合は、ここに訪れて手続きする必要があります。

手続きについてはこちらをどうぞ

セブ島でビザの延長!イミグレーションでの手続き方法

5.スーパー内にあるもの

次に、Jセンターモール内にあるスーパーに、どんなものが売られているのか、お土産にできそうなものを中心にさらりと紹介していきたいと思います。

Jセンター

Jセンター内にあるスーパーマーケットは一つで、SMスーパーです。SMはどちらかというと地元密着型で安いのが特徴です。

Jセンター

営業時間は10時〜21時の間です。モールの営業時間と同じです。

Jセンター

スーパーで私たちが買うものと言えば、お土産類、ドリンク、食品かと思います。こちらは日用品コーナーにある石鹸売り場。

セブ島のお土産としてバリエーションの多い石鹸が人気です。一つ80p前後(180円)とかなりお買い得です。写真に写っているのはココナッツ石鹸やパパイヤ石鹸。これらも人気です。

1番人気なのはこちら、パパイヤ石鹸!写真のものは75pで一つ入りです。パパイヤ石鹸は美白効果があり、地元フィリピン人にも人気です。

中長期滞在であれば、一つ買って使ってみるのもおすすめです。

Jセンター

人参の石鹸まであります!86p。

Jセンター

こちらはセブ島土産として人気のバナナチップスです。お値段は146p。空港やお土産店で買うよりもはるかに安いので、なるべくスーパーで買った方がお得です。

アルコール消毒液。セブ島滞在中、レストランでの食事前など手をささっと除菌するときに使います。お腹が弱い人や小さいお子さん連れの方にはぜひ。

フィリピンで人気のサンシルクのシャンプーコンディショナー。安いのにこれ一本でサラサラになります。日本からわざわざ持ってこなくても現地で安く調達できますよ。

Jセンター

パンテーンなどおなじみのブランドも多いです。

Jセンター

シャンプー、コンディショナー、ボディソープや石鹸類はセブ島で調達しましょう。化粧水は日本から持ってきた方がいいです。

Jセンター

スーパーは広く、雑貨類(お皿やコップ、包丁など)も置いてあります。

Jセンター

生鮮食品も豊富です。フレッシュなマンゴーはもちろん、野菜も。量り売りなので、袋に入れたら近くのスタッフに渡して計量して値段を貼ってもらいましょう。

スーパー入り口にはこのような輸入のお酒が置いてあります。ワインやリキュール類などが揃っています。日本よりは少し値段が高いのが多いです。

6.Jセンター内の両替所

Jセンターモールには、合計で3カ所の両替所があります。場所によってレートの差があるので、3カ所全てチェックしてから両替することをおすすめします。

6-1.Jセンター外

まずはこちら、ボスコーヒーの近くにある両替所です。ただしここはレートの掲示がなくおそらく窓口で直接聞かないといけません。レートがいいのか悪いのかは不明。

6-2.Jセンター2階

Jセンター

さきほどの両替所がある場所のエスカレーターを登り、モールの中に入って右奥の場所にある両替所。Jセンターで両替するのであれば、基本ここがおすすめです。

Jセンター

レートの表示は4775Pでした。

6-3.スーパーマーケット内

Jセンター

3カ所目はこちら、スーパーマーケット内です。スーパー内にあるので見つけやすく、安全な場所です。

レートの情事は4700Pでした。両替するのであれば、ここではなく2階の方がおすすめです。ただし日によって変わる可能性があるので、これら3カ所の両替所は近いので全て回って確かめてから両替してください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?Jセンターモールは小〜中規模の大きさですが、それでもたくさんのレストランやカフェが入っています。

特に東横インができてからますます人気が出ているモールです。スカイパークやフードコート、屋上にはバーもあります。ぜひ、利用してみてください。

東横インセブ周りのSPA特集!東横インに泊まるならこのマッサージ店がおすすめ

↓↓ここから選べば間違いなし!↓↓
>>セブ島留学 おすすめ語学学校はこちら<<
美穂
俺セブ専属ライター兼プロダイバー
俺のセブ島留学でライターの仕事をしています。 現在17カ国、42都道府県制覇。 スキューバダイビング好きで、プロとしてダイブマスターランクを所持。 ----現在訪れたダイビングスポット---- サイパン・グアム・パラオ・プーケット・バリ島・セブ島 沖縄本島・石垣島・宮古島・奄美大島・小笠原諸島父島・大島・神津島・三宅島・八丈島・御蔵島(スノーケル)・伊豆半島・葉山 などなど...タンク本数はトータル350本前後です。 私運営のセブ島情報HPあるのでよければ見てください。 https://tabi-jyoshi.com https://tokyo-girls.top セブ島のこと、ダイビングのことなんでも聞いてください! info@tabi-jyoshi.com

メッセージはこちらへ

Please enter your comment!
Please enter your name here