特集「日本とフィリピンの大東亜戦争」目次と序文

「日本とフィリピンの大東亜戦争」の目次

第一部:侵略か解放か? 日本が追いかけた人種平等の夢

第1章 ふたつの世界地図はなにを語るか〜日本が追いかけた人種平等の夢〜

第2章 白人による有色人種殺戮と略奪の500年の歴史
1.コロンブスの「発見」から始まる奴隷の歴史
2.欧州に繁栄をもたらした奴隷貿易とそれを支えたキリスト教
3.インディアン・アボリジニの悲劇
4.なぜアジアは狙われたのか?欧米列強のアジア侵略
5.欧米列強はこうして植民地を支配した
6.植民地化されたインドネシアとインドの悲劇
7.日本はなぜ植民地化を免れたのか

第3章 大東亜戦争への道筋

1.帝国主義の時代
(1/3)既得権益を自ら放棄し【明治維新】へ 全ては未来を守るため…
(2/3)19世紀の世界情勢「東方を征服せよ!」
(3/3)なぜ朝鮮は日本にとって重要だったのか

2.日露戦争
(1/4)中国・朝鮮とともに!アジア主義の始まり
(2/4)国家の存亡をかけた日露戦争 ロシアの誇るバルチック艦隊出動
(3/4)日露戦争が世界を変えた 白人支配の歴史を断ち切った日露戦争
第1部 3章 日露戦争(4/4)日韓併合への道 欧米列強に並ぶ一等国へ
3.黄禍論と日本人差別
4.満州事変はなぜ起きたのか
5.満州事変の余波
6.泥沼の日中戦争へ

第4章 日本はなんのために戦ったのか
1.大義と国益
2.ふたつの戦争目的
3.父祖たちの思い
4.大義が歴史を作る

第二部.レイテ島沖海戦から地上戦まで、かく戦えり(未定)

第三部.神風特攻隊とは何だったのか(未定)

第四部.フィリピンから見たレイテの戦い(未定)

参考URLと書籍の一覧はこちら

序文:レイテから振り返る、あの戦争

レイテ島

深く澄み切った青を何層も重ね塗りしたような静かな海の中に、その島はたたずんでいます。セブから北東の方向に飛行機で45分、フェリーであれば2時間ほどの距離にあるその島は、レイテ島と呼ばれています。

70年ほど前、かつてこの地で戦争がありました。日本とアメリカの軍隊がもっとも激しい戦いを繰り広げたのが、レイテを中心とするフィリピンです。そのときフィリピンは、アメリカの植民地でした。

美しく澄み渡ったレイテ沖において、かつて日本とアメリカの海軍は総力をあげて激突しました。その戦いは史上最大の海戦として、今も語り継がれています。神風特攻隊がはじめて飛び立ったのも、レイテ沖海戦が初めてでした。

レイテ島においては、上陸を果たそうとするアメリカ軍と阻止しようとする日本陸軍がせめぎあい、2ヶ月の後に日本軍8万はほぼ全滅に至りました。

フィリピンで戦死した日本の将兵は52万人を超えています。レイテやセブ島のジャングル、そしてレイテ沖の海の底には、37万人以上の日本兵の遺骨が未だ眠ったままです。野ざらしのまま密林の中で、そして深い海の底で、70年余の歳月を過ごした彼らの魂は今なにを思っているのでしょうか?

戦いで死んでいったのは兵士ばかりではありません。この戦争で犠牲になったフィリピン人は、100万人を超えています。

今日では東南アジアのなかでも一番の親日国といわれるフィリピンと日本の間には、そのような悲劇の時代もあったのです。

フィリピンを舞台に、あの戦争でなにがあったのかを「日本とフィリピンの大東亜戦争」として、今回からシリーズでお届けすることになりました。フィリピン留学前に日本とフィリピンにどんな過去があったのか、フィリピン人と日本人は過去にどのような関係を築いてきたのかを知ってほしいと思い始まった企画です。

近現代史は学校の授業でもほとんど教わらないため、戦争があったことは知っていても、なぜ戦争が起きたのか、そこで何があったのか、戦争の痕跡(こんせき)とそれによって何が変わったのかを、多くの若い人は知らないままです。

そこで、フィリピンで起きた戦争の痕跡をじっくりとたどることで、我々の父祖が行ってきたことがどう今の世界、特に今の東南アジアにどうつながっているのかを、知ってもらいたいと思います。

特集の構成について

今回はフィリピンで行われた日米の戦いのなかから、セブ島からも近い「レイテの戦い」を取り上げます。今後、マニラ市街戦やダバオでの死の行進なども取り上げるとともに、東南アジア各国が大東亜戦争後にどのように独立を果たしていったのかについて紹介する予定です。

でも、「レイテの戦いがどのように行われたのか」を単にたどるだけでは、真実は何も見えてきません。私たちの父祖はなぜ日本から遠く離れたレイテで戦い、その地で命を落とさなければならなかったのか、そうした父祖の思いを知ることは、現代の日本とフィリピンの関係を考える上でも大切なことです。

今でこそセブは世界を代表する国際的リゾートとして栄え、セブ島留学も人気を集めています。そんなセブ島だけでも、日本人の戦没者は12000人を数えます。その多くは、まだ二十歳前後の若者でした。

いくつかの語学学校があるセブのITパークは、大東亜戦争当時、日本軍の飛行場があった場所です。そこから若者たちは神風特攻隊として大空に舞い、米艦めがけて体当たりしていきました。

特集「日本とフィリピンの大東亜戦争」序文
ITパークの戦前と戦後 引用:the WAR in Cebu(University of San Carlos press)

彼らはなんのために、自らの命を犠牲にしてまでも戦わなければいけなかったのか、その思いに耳を傾けることは、後世に残された私たちの義務ともいえるでしょう。

そこで、今回俺のセブ島留学ではシリーズを始めるにあたり、「日本はなぜ戦争をしたのか?」という問いに答えるために多くのボリュームを割くことにしました。

「レイテの戦い」は、以下の四部構成でお届けします。

第1部. 侵略か解放か? 日本が追いかけた人種平等の夢
第2部.レイテ島沖海戦から地上戦まで、かく戦えり
第3部.神風特攻隊が残したもの
第4部.フィリピンから見たレイテの戦い

 
このなかで、「日本はなぜ戦争をしたのか?」を深掘りしたのが第1部です。初めに断っておきますが、第1部のボリュームだけでも通常の単行本数冊分に相当します。

大東亜戦争へと至った経緯を調べていくと、「なぜ?」という問いが次々と生まれ、歴史をどんどん遡(さかのぼ)っていくことになったからです。

第1部「侵略か解放か? 日本が追いかけた人種平等の夢」の概要

俺のセブ島留学では大東亜戦争へと至った起点を、15世紀半ばから始まる大航海時代としました。

第1部はプロローグとして「ふたつの世界地図はなにを語るか」から始まり、対立する歴史認識について紹介した後、「白人による有色人種殺戮(さつりく)と略奪の500年」をじっくりと掘り下げます。

日本をはじめ、世界中の多くの歴史学者が指摘するように、大東亜戦争には大航海時代に端を発する人種戦争としての側面があります。

コロンブスのアメリカ大陸発見から、ヨーロッパの白人たちが有色人種を虐げる歴史が始まりました。アフリカもアジアも、ほとんどの国が西欧列強の植民地となり、数え切れないほどの悲劇が生まれています。

こうした歴史をばっさりと切り捨てたまま「なぜ戦ったのか」を考えてみても片手落ちです。幕末からの日本の歩みは、歴史の連続性の上に成り立っています。

そのあとに「大東亜戦争への道筋」として、ペルーの黒船来航による開国から明治・大正・昭和にわたり、日本がどのような軌跡をたどって大東亜戦争へと至ったのかを追いかけます。

といっても、単に教科書通りの記述を行っても意味はありませんので、教科書には書かれていない歴史的な事実を取り上げ、日本が軍事大国化していったのはなぜなのか。

明治以降の日本はなぜ領土を拡大していったのか、日本の大義はどこにあったのかを徹底的に深掘りします。

その上で、改めて「日本はなんのために戦ったのか」を振り返り、第1部のまとめとしています。

特集で伝えたいこと

続く第2部以降は「レイテの戦い」を時系列で追いかけながら、レイテの戦いから始まった神風特攻隊について第3部で紹介するとともに、フィリピンから日米の決戦はどのように見られていたのかを、第4部としてお届けします。

シリーズを通して、日本人にとってフィリピンという国がどれだけ特別な存在であったのかを汲み取ってもらえたなら、うれしい限りです。

本シリーズが、フィリピン留学を通してグローバル人材へと成長するための一助になることを願っています。

なお、本シリーズをまとめるにあたり 200冊以上の書籍を参考にしました。参考文献については最後の回にまとめて掲載してありますので、ご了承ください。

また「大東亜戦争」という呼称をあえて使った理由については、第1部の「ふたつの世界地図はなにを語るか」に紹介してありますので、目を通していただければ幸いです。

それでは、全部目を通していただくとなると相当長いおつきあいになるかと思いますが、俺のセブ島留学流の歴史認識に基づく「日本とフィリピンの大東亜戦争」を始めさせていただきます。

↓↓ここから選べば間違いなし!↓↓
>>セブ島留学 おすすめ語学学校はこちら<<
ドン山本
タウン誌の副編集長を経て独立。フリーライターとして別冊宝島などの編集に加わりながらIT関連の知識を吸収し、IT系ベンチャー企業を起業。 その後、持ち前の放浪癖を抑え難くアジアに移住。フィリピンとタイを中心に、フリージャーナリストとして現地からの情報を発信している。

メッセージはこちらへ

Please enter your comment!
Please enter your name here