【PORT】 ITパークに滞在するセブ島留学生に!リーズナブルなフィリピン料理ブッフェ

2019年創業17周年を迎えたセブ島の老舗のビュッフェレストラン「PORT」。

セブ市内の有名4つ星ホテル「Waterfront Hotel」内にありながらも、リーズナブルな値段設定や様々なフィリピン料理が味わえるビュッフェレストランとして、地元住民から長く愛されてきました。

そんな「PORT」レストランが大々的なリノベーションを行い、新しくオープンしたと聞いて行ってきました。その様子をレビューしたいと思います。

PORTの場所


「Port」レストランは、ウォーターフロントホテルの敷地内にあります。ITパーク前のホテルゲートから入り、まっすぐ行くとホテル建物が見えます。ホテル正面エントランスへのスロープを登る手前、1階にあります。

ITパークのゲートからはわずか徒歩1分で着くので、特にITパーク内にある日系最大規模の「QQ English ITパーク校」、英語でITが学べる「Kredo」、医療英語留学の「HLCA」の生徒さんは徒歩圏内。

また、コスパの良い「3D Academy」、TOEICに強い「Zen English」からも近いです。

配車アプリのグラブを使う場合は、目的地を「Waterfront Hotel」ではなく、「Port Restaurant」に設定した方がエントランス前まで着くことができます。セブ市内でタクシーを使う場合も、「Port Restaurant in Waterfront Hotel」伝えましょう。

関連記事:【ウォーターフロントセブシティ】ITパークより徒歩3分!日本人人気NO1の4つ星ホテル

PORTの外観と内装

PORTの外観
港という意味の「Port」。そういうわけで、レストランのロゴや、内装、スタッフのユニホームなども「クルーズ船」がコンセプトです。

それでは、リノベーションを終えた店内に入ってみましょう。

PORTの内装
船の側面のようなカウンターの前いらっしゃった、老舗のレストランで長年働いている頼もしいスタッフたち。ユニフォームもお似合いです。

PORTの内装
明るくてキレイな店内。お客さんは2人組よりも家族や職場の同僚などグループで訪れることが多く、テーブルも基本8人にセッティングされています。

PORTの内装
こちらは半個室の「アクアVIPルーム」。壁には、港町が見渡せる石橋が描かれていて、どかの国の港に来ているような雰囲気です。

PORTの内装
スライディングドア付きの20名が入れる完全個室もあります。

PORTの内装
ビュッフェ台がある真ん中のホールの様子はこちらです。

PORTの料理

PORTの料理
約20品以上のフィリピン料理がずらりと!

PORTの料理
野菜が少ないフィリピン料理ですが、ここはサラダバーもあって安心です。

PORTの料理
ホタテのチーズ焼き、海苔巻き、フレッシュルンピアという中身が見えないフィリピン風の生春巻きです。

PORTの料理
特に「Baked scallops」というホタテのチーズ焼きは、フィリピン人だけではなく日本人にも大人気なフィリピン料理です。

PORTの料理
ディナービュッフェの一番の目玉はこちら!「レチョンベリー」です。

レチョンは豚の丸焼きのことで、誕生日や結婚式などのパーティーの際に必ず出てくる、フィリピン人なら誰もが好きなフィリピン料理です。皮はとてもカリカリして、お肉の部分はとてもジューシーで柔らかいです。セブ島滞在中に、必ず1回はチャレンジしてみてください。

関連記事:一度は食べたい!セブ島名物【レチョン】が美味しい専門店5選

PORTの料理
「ソイガーリックチキン」です。フライドチキンに醤油の味付けがしてあり、ご飯のおかずとしても良いです。

PORTの料理
「カレカレ」というフィリピン料理で、牛の胃腸を香ばしいピーナッツソースに煮込んだシチューです。

PORTの料理
カリッと揚げたエビの「クリスピーシュリンプ」です。ビールのお供にピッタリ!

PORTの料理
「パンシットカントン」。フィリピン人が好きな醤油味の焼きそばです。

PORTの料理
白身魚のフライです。タルタルソースがあったら最高なのに!笑

フィリピンでは、酢豚のような甘酸っぱいソースに付けて食べるのが一般的です。

PORTの料理
「ポークベリー」というこんがりと焼いた豚バラ肉です。醤油とお酢、唐辛子にカラマンシを絞った特製ソースに付けて食べると最高です。

PORTの料理
「カラマレス」というイカフライです。ビールのおつまみとしても合います。

PORTの料理
こちらはカニ・エビ・アサリ・イカなどのシーフードと野菜を中華風のソースで炒めた料理。

PORTの料理
天ぷらステーションがあり、揚げたてのエビ天ぷらを食べることができます。

他にも「バングス」というフィリピンのお魚や、豚肉の様々な部位を細かく刻んで鉄板の上で炒めて食べる「シシグ」なども注文することができます。

PORTの料理
3種類のパスタ麺があり、ミートソースとクリームソースから選んでパスタを作ってもらうことも可能です。

私は実際ミートソースのペンネを頼みましたが、甘〜いフィリピン風のミートソースだったので微妙でした。もしジョリビーの甘いスパゲティーが好きな方でしたらお口に合うかもしれません!笑

関連記事:【ジョリビー(Jollibee)】フィリピンNo1ファストフード完全攻略!全メニュー紹介

PORTの料理
デザートコーナーには、スイカやパイナップルなどの果物や、ココナッツやもち米などを使ったフィリピン伝統のお菓子がずらりと並んでいます。是非試してみてくださいね。

PORTの料理
アイスクリームサーバーもありますよ!しかも今時流行りのミルクティーアイスクリームです!

PORTの料理
ミルクティーだけだと何か物足りないでしょう!

隣にはちゃんとタピオカも用意してあるので、好きなだけ載せることができます!

PORTの料理

まとめ

PORTの料理
セブシティーの4つ星ホテル内にある、リーズナブルでアクセスの良いフィリピン料理ビュッフェレストランです。

大人数で訪れても十分なスペースがあるので、家族でもしくは友達や、学校の先生たちを招いて食事する場所としてもオススメです。

ホテル内には、24時間使えるCITI GYMもあるので、汗を流した後に同じクラスで仲良くなった方たちと寄ってみるのはいかがでしょうか。

ウォーターフロントにはもうひとつ「UNO」という、こちらは900peso前後のビュッフェがあります。本格的なビュッフェを楽しむのならば、こちらの方がより楽しめるかと思います。

住所: Lower Lobby Waterfront Hotel and Casino, Salinas Drive Lahug, Cebu City
予約: (032) 516 6018
営業時間:月〜日 (11:00AM–3:00PM / 6:00PM-10:00PM)
料金:ランチP389(税別) / ディナーP459(税別) / 飲み物別途
公式ホームページ : https://www.port.ph/
公式Facebook : https://www.facebook.com/portrestaurant/
こちらも読まれてます