セブ島のホテルには大抵ブッフェがあるのですが、中でもこのウォーターフロントのブッフェは種類がかなり豊富で楽しめます。

buffet UWO in waterfront|エントランス
お店の名前は「UNO(ウノ)」レストランです。

buffet UWO in waterfront|スタッフ
スタッフの服が少し変わっているのは宇宙服をイメージしているからだとか。
何故ウォーターフロントに宇宙なのかは不明。

buffet UWO in waterfront|店内の様子
店内はそれなりに広く、開放的。
朝はかなり込み合うレストランですが、夜はあまり人が入っているのを見たことがないです。
経営的になりたっているのかが気になる。。。

buffet UWO in waterfront|料理
料理はかなり豊富で、全種類食べるのは結構きついと思います。

buffet UWO in waterfront|料理
肉料理が多いですが、野菜や魚料理もありますのでベジタリアンの方もOK!

buffet UWO in waterfront|料理
イカ!
何か食べたことある味w

buffet UWO in waterfront|料理
チキンのロースト。
これは食べそびれてしまいました・・・

buffet UWO in waterfront|調理の様子
こちらのローストビーフは美味しかった!
ここのスペシャリティの一つだそうですので是非。

buffet UWO in waterfront|スタッフ
( ´∀`)bグッ!

こちらでヌードル系を調理スタッフがその場で作ってくれます。

buffet UWO in waterfront|料理
こちらはデザート類
セブ島のブッフェはデザートが本当に充実していますねー

buffet UWO in waterfront|調理の様子
クレープを食べることもできますよ。

buffet UWO in waterfront|調理の様子
おすすめはマンゴーとブルーベリーのコンボです。

buffet UWO in waterfront|料理
甘党の知人のプレートはこんな感じ。

ビュッフェの内容は2013年の料理内容となっております。現在は内容が変更になっている可能性があるので、料理に関しては参考程度にお願いします。

ウォーターフロントのブッフェ「UNO」のまとめ

予約は全く必要がないぐらい空いていますね。値段が高めなので仕方ないかと思います。むしろ空いているので大人数で予約なしでも対応可能です。

2019年3月現在、ビュッフェの値段は以下のようになっています。

モーニングビュッフェ 850.00P
ランチ&ディナービュッフェ 998.00P

営業時間は
Breakfast:5:30-10:30
Lunch:12:00–14:30
Dinner:18:00–22:30

これにはドリンク代は含まれていませんので少し注意。

セブ島にあるブッフェレストランは、マクタン半島のシャングリラ、セブシティ側ではマルコポーロホテル、ラディソンブルー、クラウンリージェンシー、クエストホテル等ありますが価格と味のバランスを考えると、このウォーターフロントのUNOはリーズナブルなんじゃないかと思います。

おすすめの記事