知ってると便利!アヤラモールでタクシー待ちせずに掴まえる方法

0

*こちらの記事の最新版は以下になります。

https://ceburyugaku.jp/49216/

アヤラモールで渋滞&行列に巻き込まれないために・・・

アヤラモールから夕方6時~8時ぐらいの間に帰った事があるセブ島留学生の方は大抵、タクシー待ちや渋滞待ちに巻き込まれてうんざりしたことがあるんじゃないでしょうか。

セブ島で混む場所の代名詞がITパークの出入口と、このアヤラモール周辺。

様々な要因があるのですがとにかく混みます。

特に一番混むのは金曜日・土曜日の夕方6時~8時なのですが、ただでさえタクシーが動かないのに、ここに雨のコンビネーションが入ってくると一気にパワーアップ!

通常であればジプニーを使っている人達も雨に濡れたくないためか、タクシーを使うようになり行列が出来ます。続いてタクシーの台数が足らなくなり、待ち時間がどんどん伸びます。

トドメとして、タクシーにやっと乗っても渋滞に巻き込まれて進まない・・・

・・・・

そんなわけで、今回は渋滞&行列を回避する方法をご紹介。

アヤラモールでタクシー待ちせずに掴まえる方法

アヤラモールタクシー乗り場
こちらが通常のタクシー乗り場。
まあ、このぐらいの行列であれば回転率も早いし、並んでしまったほうが早い場合もあります。

アヤラモールタクシー乗り場|AyalaMall Taxi area
そもそも、タクシーが通る道を横切るわけですから、お客さんを乗せたタクシー自体が横切る人を待たなければいけなく、非効率的。日本だったら速攻歩道橋を作ると思いますね。

アヤラモールタクシー乗り場|AyalaMall Taxi area
昔はこのタクシー乗り場の真後ろの道(ガードマンがいるポイント)で並んでいると、ショートカットしようとしたタクシーが流れてきて掴まえる事が出来ました。
若干、周りの視線が痛かったw

でも最近はこっちの道には流れてこないんで、ここで待たない方がいいですかねぇ。

アヤラモールタクシー乗り場|AyalaMall Taxi area
本題はこちら。
先ほどのタクシー乗り場を越えていきます。

アヤラモールタクシー乗り場|AyalaMall Taxi area
どんどん進みます。

アヤラモールタクシー乗り場|AyalaMall Taxi area
すると、ジプニー乗り場が登場。

右側を行くとSMモールやキャッスルピークホテルなどの方面へ行けます。
左側を行くとITパーク、キャピトル、マンゴーストリートやフォンテサークルの方へ抜けれます。

アヤラモールタクシー乗り場|AyalaMall Taxi area
この日はフォンテサークルの方へ帰りたかったので、道路を渡りました。

実は右からでもフォンテサークルなどは行けるのですが、この右回りこそアヤラモールから出てきたタクシーや、このジプニー乗り場とぶつかる一番混むルートなんです。(ぐるーっとアヤラを半周以上してフォンテサークルやマンゴーストリートへ向かう。)

よって、右ルートはできるだけ避けておいたほうが無難です。

アヤラモールタクシー乗り場|AyalaMall Taxi area
あとはここでタクシーを待つ。

アヤラモールタクシー乗り場|AyalaMall Taxi area
びっくりするぐらい簡単に掴まります。

結局はこの道も夕方6時~8時の間は混みますが、それでもアヤラモールのあの出入口で掴まえるよりはよっぽどマシです。

何故ここだとタクシーを掴まえやすいのか?

ほとんどのタクシードライバーはこの時間帯になれば、アヤラモールの乗り場でお客さんを確実に掴まえることができることを知っています。
そのため、ドライバーはお客さんを乗せていようが乗せてなかろうが、アヤラモールのタクシー乗り場に向かう傾向があるんです。

今回ご紹介したポイントは、そのアヤラモールのタクシー乗り場に着くちょっと手前の場所。(具体的には写真の中央左に見える青色のビルがシティバンクで、そこを左手に曲がってタクシー乗り場に行く)

そのため、夜の遅い時間帯になればなるほどアヤラモールへの乗客は少なくなり、かつタクシー乗り場に向かうタクシーが多くなるため、このポイントで掴まえやすいですよ!

まあ、青田刈りみたいなもんです(笑)

アヤラモールのあのタクシー乗り場でものすごい行列が出来ていたら、是非一度試してみてください。同じことをやっている人、意外と少ないので結構掴まえやすいはずです。

「カテゴリートップ(留学準備と生活環境)」に戻るならこちらをクリック!

▶︎セブ島観光カテゴリーまとめへ

前の記事セブ島留学中に買った自転車が1週間でパンクしたのでマイクに修理してもらいました
次の記事セブ島ウォーターフロントにあるブッフェ「UNO」価格は高いがそれに見合う味!
斉藤 淳
セブ島留学マナビジンの編集長

2012年に初めてセブ島に4ヶ月留学。
フィリピン留学を通じて「英語が伝わる楽しさ」をより多くの方に体験してもらいたいと思い、2013年にこのサイトを立ち上げました。

以降、複数の語学学校に留学。確かな情報を提供するために、現在はセブ島に半月以上住み、出来る限り学校に訪問したり、オーナーと話をする機会を作っています。

英語留学前の方はもちろんの事、留学中の方、留学後の方にも役に立てる情報の提供を目指しています。

留学経験はフィリピン、ハワイ、オーストラリア。

株式会社レミニス 代表
フィリピン英語学校協会 会長
セブ日本人会 理事

ご質問、ご意見、ご要望がありましたら、私の記事にコメントもしくは、メールを頂ければご返信致します(問い合わせフォームからもご連絡頂けます)。
私、斉藤個人へのメールはこちら:jun@reminisce.jp

あなたのセブ島留学が、人生で最高の留学体験になることを願っています。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here