セブ島にある大手病院&費用をリスト化しました。

大体かかる費用をデータでまとめましたので、ご興味のある方は確認してみてください。フィリピン人の給料は一般的に8000peso~12000pesoぐらいですので、この医療費、特に部屋代や手術代がとても大きな負担になっていることがわかります。(実際に私達が入院しなければいけない時などは保険がきくので、下記の金額にはなりません。)

なお、最も評判の良い病院はChung Hua Hospital(チョンワホスピタル)です。
セブドクターズホスピタルは日本語ヘルプデスクがあるため、多くの語学学校が提携しています。

最近はチョンワホスピタルも日本語ヘルプデスクが出来たと聞いていますが、詳細不明。

Private Hospitals:私立病院 Place
Cebu Doctor Hospital(セブドクターズホスピタル) キャピトル近く
Chung Hua Hospital(チョンワホスピタル) CyberGate近く
Velez Hospital ラモスストリート近く
Perpetual Hospital アヤラ近く
Gullas Hospital バニラッド
Visayas Community Medical Center クラウンリージェンシー近く
Adventist Hospital(formerly Miller Hospital) サウスバスターミナル近く
Sacred Heart Hospital(Urgello St.) e-mall近く(南)
St. Vincent Hospital アビリアーナ近く
Public Hospitals:公立病院 Place
Cebu City Medical Center サウスロード
Vicente Sotto Memorial Medical Center フォンテサークル近く
Women Maternity Hospital フォンテサークル近く
病院施設の部屋のタイプ 私立病院の
1日の金額
政府・公立病院の
1日の金額
Family Suite P8000 - 10000
Deluxe Room P4000 - 5000 P1500 - 3000
Economy(bed; no AC
(エアコン+複数名+共有トイレ・バス)
room)
P1000 - 1500/bed Free
集中治療室(ICU) 前金: P10000
(チョンワホスピタルの場合)
1日: P3500
一般機材を使うと
P1000 - 5000/day
オペレーションルーム(手術室) 前金: P40000
(plus blood donor)
なお、ドクターの手術代金は
別にかかる
薬局や病院で手に入る薬 Branded Generic
Pain reliever tablet(鎮痛剤) P5 - 8 P2 - 5
Cough Syrup(咳止めシロップ) P80 - 150
Cold Tablet/Capsule(風邪薬錠剤・カプセル) P5 - 20 P2 - 10
Cream/ointment(クリーム・軟膏) P60 - up
Antihistamine(ヒスタミン剤) P20 - 30 P2 - 10
Anti-biotic(抗生物質) P6 - 30 P4 - 20
LBM/Diarrhea&constipation(下痢&便秘錠剤) P10 - 20 P5 - 15
Others
X-ray(X線検査) P150 - 200
Drug test(ドラッグテスト) P350 - 400
Flu Shot(インフルエンザ予防注射) P800-1500

なお、病院内ではジェネリック医薬品を売ることはほとんどありません。価格が安いため売上が下がるからです。

救急車: P600 - 1500
ERUF
(Emergency Unit Rescue Foundation)
消防士などを含むレスキュー隊
ホスピタルの救急車は600ペソぐらいから。ERUFはお金がよりかかるが、到着が早かったり対応が早い。 Dial 161
from any landline within Cebu
ERUF Banilad:
+63-32-233-9300
ERUF Lapu-lapu:
+63-32-340-2994 / 261-9788
ERUF Cebu Sports Complex:
+63-32-255-7287

医療におけるセブ島の現状

フィリピン・セブ島は保険制度が充実していなく、医療費は全額負担するのが当たり前になっています。民間の保険制度はあるものの保険に入る文化がそもそも無いのと、所得が低いため一部の上流階級の人たちしか加入することができません。

例えば風邪を引いて病院でチェックしてもらい、薬を出してもらうだけでも1000peso前後かかります。これは一般の所得が10000pesoだとすると10分の1にあたりますので、日本で言えば20万円の給料に対して2万円を支払う感覚と一緒です。(ただの風邪のために!)

そのため、余程の事がない限り病院には行かず自分で治そうとします。(結果として重い病気に発展する可能性が高くなる。)

また、一度家族の誰かが重い病気にかかると、今まで貯めていたお金を一気に使わなければいけなくなります。

例えば、知人の家族の一人が以前盲腸になったのですが、盲腸になって手術を受けた時にかかった費用が3万ペソだったと話していました。これは2ヶ月~3ヶ月分の給料なので、日本円の感覚で言えば40万円ぐらいでしょうか。

その知人の家族は決して裕福な生活をしていたわけではないので、どうやって今後その金額を支払うかについて「I don't know...I don't know...」と言っていたのが、今でも心に残ってます。

フィリピン人の中流~下流の生活が一向に良くなっていかないのは、こういった医療制度にも大きな原因があるのかもしれません。

コメント一覧
  1. A より:

    こんにちは。
    わたしもお尋ねしたいのですが、彼のお兄さんがお腹の中に血がたまり入院していて今度手術をするそうなのですが、既に処置などで10万円送っています。
    手術をしたらあと5万くらいかかるだろうって事なのですが、手術代のが安いってありえるのでしょうか?
    また、請求書を見せてと彼に言わせたら家族の関係も悪くなったりするものでしょうか?

    なんなら彼が直接病院とやりとりをしてもらいたいくらいです。
    命に関わる事だから、送金させないつもりはないのですが、悪い話も聞きますし心配で。。。

    お分かりになる範囲で構いません、宜しくお願いします。

    • セブ島留学マナビジン編集部 より:

      A 様

      コメントありがとうございます。

      日本では保険診療の場合、病院・ドクターによって医療費に差はありませんが、フィリピンでは料金は一律ではありません。また、ドクターの知り合いの紹介であったり、患者さんの支払い能力によって、ドクターフィーの部分を値引きしてくれることが往々にあります。

      手術代5万が適正料金かについては分かりかねますが、フィリピンの病院で手術を受ける際は事前に料金を確認します。口頭で伝えられた場合でも、患者さんが依頼すれば書面で発行はしてくれるはずです。

      合計金額以外に
      ・ドクターフィー ○ペソ
      ・手術室代 ○ペソ
      など細かな内訳も書かれているかと思います。

      ご家族とのご関係についてはお答えが難しいですが、医療費で疑問な点があれば一度確認させてもらうのも宜しいのかなと思います。

      お役に立てるお返事ができず恐縮ですが、どうぞよろしくお願い致します。

      • A より:

        ご返答ありがとうございます。
        とてもよく分かりました。彼に明細書をもらうように伝えてみたいと思います。

        日本とは違いすぎて頭を悩ませてしまいますが、受け入れつつ頑張ります!
        ご返答いただけて、心強いです。
        またなにかありましたら、質問させていただきます笑

  2. 佐藤 実 より:

    初めまして、近いうちに妻が母親の遺産で祖国セブで事業をするので帰国しますが、私は障害者で月に75,000円の障害年金が収入で無職です。心疾患や高血圧などで5つ病院を通院しており多くの薬が必要です。
    今後は入院も可能性あると思いますし、正規の薬は調達できますか?
    このような状況で移住生活は可能でしょうか?

    • 斉藤 淳 斉藤 淳 より:

      佐藤様
      頂いたご質問は大変申し訳ございませんが、私の方では判断できかねます。

      宜しければ先日オープンしたセブ島で初めての日本人専用の医療機関
      セブ・ジャパニーズ・クリニック
      Cebu Japanese Medical Clinic

      にご相談されてみてはいかがでしょうか。

      場所:1F, Maayo Medical, Mandaue, 6014 Cebu, Philippines
      電話番号:(+63) -94-5855-4787
      Mail: info@maayo-jp.ph
      URL: https://maayo-jp.ph

      になります。どうぞ宜しくお願い致します。

      • 佐藤 より:

        斎藤様
        ありがとうございます。
        不安が少し小さくなりました。
        連絡とってみます。

  3. Kei より:

    では、、すみません、お尋ねしたぃのですが、、
    例えば心疾患でICUに5日いたとしたら日本円で5万円送金しただけでは足りない感じでしょうか?
    実は先日旦那のお父さんがICUに入り5万円送金しましたがまだ足りず追加で更にお金が必要と言われたもので、、。
    私が日本人だから、悪い言い方ですけど、もしかしてたかられてるのかなぁ?と感じたもので、、。

    • 斉藤淳 より:

      Kei様
      ICUは通常かなり高いはずですので、そのぐらいの金額になってもおかしくないと思います。
      ただ、日本から送金のパターンでは「家族の誰かが盲腸になってお金がいる」「事故にあった」というような理由でたかられることも少なくありません。一度レシートなどを見せてもらうのが良いかもしれませんね。

コメントを残す