【まとめ】カナダ留学エージェント20選&人気都市ランキング

皆さんお久しぶりです、カナダメープルです。日本人の方にはわりとイメージの良い国家のカナダですが、カナダは2018年の10月17日に大麻を合法化するという結果に至りました。

まだ、日本の記事ではこのカナダの大麻事情を詳しく説明できている記事はないように感じています。

カナダと言えば、語学留学やワーキングホリデー留学で有名な国です。一般的な日本人は、大麻が合法化されている国へ行きたいと思う人が多いとは思えません。そのために、間違った情報でこのカナダの留学地が変わる事がないようにカナダの事情をしっかり説明したいと考え、この記事を書いています。

また、今回は大麻が留学生のみなさんには向いていない理由も調べてみました。

1.麻薬組織の資金源

かなりクリーンなイメージがあるカナダですが、麻薬関連の犯罪は先進国の中でもかなり多い国である事は間違いありません。事実、大麻に限らず他にも麻薬と言われている物へのアクセスは日本よりもだいぶ簡単なようです。

もちろんすべてではありませんが、週末は一部のナイトクラブや特定の公園では使用者が多くいるという話を頻繁に聞きます。

また、その背後に常にいると言われているのが、ドラッグディーラーと呼ばれている麻薬カルテルの存在です。この闇組織は、麻薬と言う違法薬物を闇ルートで売りさばき、利益を出していると考えられているのです。

今回のように大麻の合法化になれば、カナダ市民も麻薬組織から違法に大麻を買う必要がなくなります。そのためにこのような闇組織の資金源を断つという事につながるのです。闇組織は違法薬物を闇ルートで流すだけではなく、違法銃器の販売や売春の斡旋などの犯罪も行っている事が多く、今回の合法化で闇組織への資金源を減らし、他の犯罪も同時に減らしたいとカナダ政府は考えているようです。

2.使用者の健康管理

2018年10月20日現在で、大麻の購入方法はパソコンやスマートホンから政府管轄のウェブサイトでの購入や、州政府が管理している大麻ショップ(個人経営も含む)などの販売となっているようです。

カナダ国内でも州によって購入時にIDの照合が必要な州や、オンラインでしか販売できない州など様々なようですが、ほとんどの州で誰がどのくらいの大麻を購入したかを、調べればすぐにわかるようにしているようです。これにはいろいろな事情がありますが、その一つの理由として使用者の健康管理が挙げられます。

一般に、ハードドラッグと呼ばれる違法薬物である覚せい剤やコカインなどに比べると大麻の健康被害は少ないと言われていますが、それでも短期や長期使用者の健康被害が絶対にないと言えないという結論にカナダ政府は至っています。

そのために、カナダ政府は使用者がどのような大麻をどのくらい使用したかというデータで国民を管理したいようです。その後に健康被害が起これば適切に素早く対処し、健康被害を最小に抑えられるようにするためです。

3.未成年使用者の厳罰化

カナダが全国規模で大麻を合法化した7つの理由、また留学生が吸うべきではない理由も調べてみた。

最近のカナダ国内のリサーチなどで上がってきているデータで、一般にカナダで成人と呼ばれる年齢層で大麻の吸引が行われるのと、未成年と言われる年齢で吸引が行われるのでは脳に対する健康被害が異なるという統計が出始めています。

おそらくこのようなデータは昔からあったと思われますが、いよいよ最近になり信ぴょう性が高いデータが揃ってきたのではないでしょうか?

カナダの公的な政府機関であるカナダ保健省は、大麻の使用に対して短期の症状と長期の症状、ならびに未成年者の使用に対する症状についての声明を出しています。(下記参照)

カナダ保健省によると、脳の発達がすでに止まった成人と言われる年齢の方でも、短期ではざまざまな症状が出ると報告されています。

例えば、車の運転にはブレーキを踏むまでの時間が大幅に増えたりする事、また学校や職場などでは何かを覚えたり思い出したりすることが難しくなったりするようです。

また、長期の症状で何年も吸っていると、たばこと同じように心臓や肺などに健康被害が出る事、また10%くらいの確率で大麻中毒になる可能性が指摘されているようです(ただしこのような症状は医者や学者の間でも賛否が分かれていて、いまだにブラウン管の中やインターネット上で議論が交わされている状況です)。

ですが、このような学者や医者の間でもおおむね一致してきている意見の中で、脳の発達の最中である未成年の使用は健康被害がかなりあるという事です。

大麻の物質が脳の発達を遅らせるという信ぴょう性の高いデータがあります。そして、今回の大麻の合法化になった理由として大きく関与しているのがこの件です。

日本人からすると、大麻のような違法薬物を未成年者が頻繁に吸う事はないのではないか?とお思いでしょうか?

しかし、このカナダでは未成年者が大麻を吸う事が頻繁に起きています。政府系機関などの信頼性の高い組織がとったデータによると、11歳から15歳までの未成年の28%の子供たちが、少なくても過去に1回は大麻の吸引があると証言しています。

しつこいようですが、小学生の高学年である11歳から中学生である15歳までの4人に1人以上が大麻の吸引の経験があるのです。これは恐ろしい事実です。

今回のカナダの合法化ですが、成人の使用を合法化にする代わりに、未成年者の使用を厳罰化し未成年層の健康被害を防ぐ狙いがあります。

https://www.canada.ca/en/services/health/campaigns/cannabis/health-effects.html
(カナダ保健省)

https://www.theglobeandmail.com/life/health-and-fitness/health/your-kids-brain-on-pot-the-real-effects-of-marijuana-on-teens/article21127612/
(未成年者の大麻使用データ)

4.大麻の質の向上

我々のように、大麻に詳しくない人間からすれば大麻にどのような種類があるのかはよくわかりませんが、使用者に限ればどのような種類があるのかを知っておくことは、大麻を使用するにあたり必要な知識のようです。

なぜなら、大麻が麻薬組織を経由して流れていると、大麻は純粋な物ではなく混ぜ物で作った非常に危険度の高いものになって販売される物もあるようです。

中には非常に依存性が高く、さらに健康被害も甚大なヘロインのようなものと混ぜ合わされて作るような大麻(このような物は大麻ではなく全く別物です)が闇ルートで流れてくることもあるようです。

大麻の合法化で大麻を政府が認定した場所で買えるようになると、このような非常に悪質で危険性が高い合成大麻と呼ばれる物を避けることが可能になります。購入者としても販売者としても、大麻の質の向上が見られるために安全性が向上するというメリットがあります。

http://www.answers.com/Q/Can_marijuana_be_laced_with_heroin
(大麻として売られているのは一般的な大麻ではない可能性)

5.税金の確保

カナダが全国規模で大麻を合法化した7つの理由、また留学生が吸うべきではない理由も調べてみた。

カナダ政府はこの大麻の合法化によって、年間で22.6億カナダドル(日本円で約2000億円)の税収増があると言われています。今回の大麻合法化に非常に否定的な方々の中には、皮肉たっぷりにカナダ政府の税収増のために我々の健康被害が出る!と言われることがあります。このような議論が正論と単純に言えるほど、カナダの事情は単純ではありません。

そもそも、今回の大麻合法化で過去には大麻の使用が違法であるはずのこの国で、合法化によって増える新しい大麻の使用者は人口比で2%〜3%程度と言われています。

この数字だけを見ると“意外に少ないのでは”と思いになりませんか?

そうです、カナダ長期在住の方はすでに知っておられると思いますが、合法化の前から大麻の使用に関しては合法とは言えずとも、ほとんど合法に近い形でした。

わたし個人の経験を語らせていただければ、2006年の当時でも週末になればタバコにも似つかない独特なにおいが至る所で匂ってきたものです。それは一部のナイトクラブや公園などに限ったことではありませんでした。

大学のキャンパス内や公共のバスの中で(おそらくバス停で吸っていたのでしょう)匂う事もしばしばでした。つまり、すでにたくさんの方が吸っていたのです。

ですので、今回の合法化により吸引者が劇的に増えると考えるには無理があるわけです。すでに吸いたい人は大麻を吸っていると考えるのが、条件から考えて適切なのです。
https://globalnews.ca/news/2995390/canada-will-see-900000-new-pot-smokers-under-legalization-poll-implies/ (新規の大麻吸引の者の予測)

6.経済面では恩恵も

カナダ政府によれば、今回の大麻の合法化でカナダ国内の成人に認められる権利として、大麻を購入する権利、大麻を栽培する権利、または製造する権利などが許可されるようなったようです。

このどれもがカナダ経済の雇用的な面で、少なくてもカナダ市民には恩恵をもたらす事になります。具体的に、大麻の購入をする場合にはインターネットや政府公認の大麻ショップで購入する事が義務図けられている州が多く、この場合に販売所は大麻を売る販売員や大麻について十分な知識があるアドバイザーを雇う必要があるために、就業者が増えることになります。

また、一般人の大麻の栽培も可能(量に制限あり)になったために、大麻の栽培に必要な道具である種や肥料やLEDなどが必要になります。つまりこれらの商品を取り扱っている業界は、経済的に潤う事になります。

さらに今回の合法化では、製造も認められています、例えば、大麻入りのクッキーや大麻入りのミルクシェイクなどの製造が認められるのです。ですので、来年の今頃にはカナダ国内のメーカーからそのような商品が発売される可能性が十分にあるわけですね。

7.もともと全国規模で使用者は多い

カナダが全国規模で大麻を合法化した7つの理由、また留学生が吸うべきではない理由も調べてみた。

今回の記事ではいろいろ書いてきましたが、最も重要な事はもともと全国規模で使用者が多いという事です。今回の記事を書くにあたり、色々な本や記事などに目を通しました。あるサイトでは、大麻を過去(人生で)に一回でも吸ったことがあるという比率は、なんと驚きの50%以上になるような記事もありました。

ただし、今回はカナダの公的機関である統計局カナダのデータを引用したいと思います。このデータによると、人生で少なくても一回は吸ったことがあるという方は、カナダの人口の42%でした。

また、過去12か月間に一回でも吸ったことがあるという方も12.2%いたようです。過去に大麻の使用で学校や職場などで障害が起こった答えた人は6.8%となっています。

このデータから、年齢層が若ければ若いほど使用頻度高いというデータが出てきます。65歳以上に限ると過去12か月に一回でも大麻を使用したという人は1%程度ですが、15歳から24歳までの年齢層に限ると29.2%という統計が出ています。

https://www150.statcan.gc.ca/n1/pub/13-610-x/cannabis-eng.htm
(カナダ統計局のデータ)

また、カナダ全土に大麻が蔓延しているだろうと言える動画を発見しました。日本ではカナダのイケメン首相で有名なジャスティン・トルドー首相ですが、過去に驚きの発言をしています。

私は過去に大麻を5、6回は吸ったことがある、またそれに対して悪いとは思っていないと発言して、一時的に会場は騒然となりました。カナダの未成年で、使用すべきではない若者の大麻のアクセスが容易であるという事は問題だとも語っています。

ただし、その後に公の場所で大麻合法化に向けたパフォーマンスであったとの考え方が、ジャスティン・トルドー首相の所属の党であるリベラル党から声明が出されています。

日本の首相がこのような発言をすれば辞職だけでは済まないはずです。今回の動画には非常に驚きました。もちろん、その動画は下にありますのでリスニングの勉強にどうぞ!

https://globalnews.ca/news/795772/justin-trudeau-says-he-smoked-marijuana/
(イケメン首相のカミングアウト)

カナダへの留学生が大麻の使用をすべきでない主な理由も調べてみた

正直言えば、タバコなどとは違い大麻の使用について本当に健康被害(成人)があるかどうかという事は、いまだに多くの専門家や学者が議論を交わしている最中です(大麻はたばこやアルコールよりも危険性が少ないという説もあり、それなりに有力なデータが出ている)が、大麻では先進国と言えるカナダで上がっているデータをもとに吸うべきでない理由を紹介したいと思います。

(1)脳の発達に悪影響がある

脳医学的な話をすると、25歳から30歳程度まであなたの脳は成長しているようです。その年齢で成長するのは主に脳の前頭葉と言われる部分で、脳の前頭葉は注意や記憶力または集中力などをつかさどる部分だそうです。

大麻の長期の使用者は、この前頭葉が一般の人に比べて小さいことがわかっているようです。この部分に影響が出ると、学校や職場などで悪影響が出るとあります。

つまり大麻の吸いすぎで単語が覚えられない、または仕事が覚えられない、集中できないという事が起こりえるのです。学生には向いてない最たる理由ですね。

https://www.cbsnews.com/news/what-smoking-marijuana-does-to-the-brain/
(脳の発達に影響がある可能性)

(2)大麻依存に陥る可能性がある

カナダ保健省のデータによれば、大麻使用者の11人に1人が大麻中毒に陥るというデータが出ています。大麻と言えば覚せい剤やタバコなどにくらべて依存性が少ないという事で知られていますが、依存性が全くないという事はないというデータがカナダ保健省の長年のデータで分かってきています。

また、一般に思春期と呼ばれる年齢層での依存性は、最悪の場合には50%に上る事もわかっているようです。

https://www.canada.ca/en/services/health/campaigns/cannabis/health-effects.html
(大麻の依存性について)

(3)大麻が精神面に悪い意味で影響する可能性もある

カナダを含めた一部の国では、医療目的の大麻が合法化されています。その理由に、ストレスを緩和する効果や不安や緊張をほぐす効果もあると言われています。

ただ、ここで重要な事は大麻を長期で使ったり、強度の強い大麻を使うと上記の症状を緩和するどころか返って悪影響が出るという結果が出ているようです。

(4)信頼に足りるデータが集まっていない

大麻はタバコよりは害が少ないから安全だ!、依存性が少ないという話はよく耳にする事です。しかし、下記のアドレスに行ってみればわかる通りですが、大麻を合法化している国、地域、また州は世界規模からみればほんのわずかです。

このわずかなデータでは、まだわからない事がたくさんあるのは無理もないことです。影響がわからないなら吸わない方が賢い選択であるという事は明らかですね。

https://en.wikipedia.org/wiki/Legality_of_cannabis
(各国の大麻の法整備について)

まとめ

以上、大麻について長々と書いてきましたが、カナダにはカナダなりの事情があるという事がわかっていただけたと思います。

合法化することで闇組織の資金源を断つことができる事、使用者の健康管理をできる利点があること。また、未成年者の使用は健康被害が強いために厳罰化する必要があった事。

さらに、大麻の合法化はストリートドラッグで危険性の高い合成大麻を抑制してクオリティを向上させること、また、この過程で国の税収が増えてカナダの景気をてこ入れするという理由があると声明しました。

極端な話、カナダでは大麻が合法化される前からすでに合法のようなものだったという事です。つまり、以前のカナダと大麻を合法化した後のカナダでは、カナダ現地ではほぼ事情が変わらないという事です。日本にいる留学希望者がどう思うかは別として、この法定後に現地の治安が悪くなるとは思えません。

最後に、カナダ留学のアドバイザーとしていいたい事ですが、大麻は英語やあなたの社会人経験の質を下げる可能性が非常に高いです。

日本人である限り、海外での使用は違法であり、カナダ国内では合法だから、は言い訳にしかなりません。

在バンクーバー日本国領事館は、この規定は日本国内のみならず、海外において行われた場合であっても適用されることがあります、と明記されています。

参照:カナダにおける大麻の合法化について

大麻は絶対に使用しないようにしましょう。

↓↓ここから選べば間違いなし!↓↓
>>セブ島留学 おすすめ語学学校はこちら<<
カナダメープル
カナダ留学・ワーホリ全般
カナダ現地で働く通関士 カナダ在住10年目、2006年にワーホリでトロントに来てからレストラン、携帯ショップなどのワーホリ生活を体験。その後、語学留学後に2008年からトロントにある大学に通い2012年に卒業。 大学在学中は、トロントにある2つの留学エージェントへの勤務経験、日本人留学生向けの英語教師などを行う。 2013年より「通関士」として貿易関係の仕事に従事。 ワーホリ、語学留学、正規留学、正規社員までをカナダで経験してきた、言わばカナダ留学のスペシャリスト。

メッセージはこちらへ

Please enter your comment!
Please enter your name here