neoneo

Jセンターモールの1階にあるフィリピン料理店「NEONEO」。東横インホテルに泊まっている方も、気軽に入れるレストランです。

このレストランの特徴はなんと言っても、フィリピン伝統料理法であるブードルファイトを食べられる事。しかも自分の好きな料理を選んで盛り付けてもらうスタイル(かなり珍しい)なので、オーダーしたら苦手な食材が入っていた・・・というがありません!

今回はそのブードルファイト形式で食べてきたのでご紹介します。

NEO NEOの場所

場所はこちら。Jセンターモールの裏手にあります。東横イン滞在の人に特におすすめ!

Jセンターモール内からも行けますが、迷ってしまうと思うので東横インホテルの横から奥へと進んだ方がわかりやすいです。

東横周りのスパマッサージ

写真のように東横インホテルの横の道を通ってください。

neoneo

脇道をひたすらまっすぐ進みます。途中、植木鉢がたくさん並んでいるお店があるのですが、そこでドクターフィッシュを体験できるので、気になる方はぜひ!

参照:東横インセブ周りのSPA特集!東横インに泊まるならこのマッサージ店がおすすめ

NEO NEOの外観と内装

neoneo

まっすぐ進んだ突き当たりを左に曲がると・・・NEONEOがありました。こちらがお店の入り口です。こんなに奥にあると全然気づかないですね。私もお店の看板は見たことあるので存在は知っていましたが、場所は初めて知りました。

neoneo

店内の様子。真ん中に大きいテーブルが並んでおり、両端に2人掛けのテーブルがあります。

neoneo

neoneo

店内の写真はこれだけですが、奥の扉の向こうにも席があります。メインはここのフロアみたいですが、人数が多くなると扉の向こうの席も使うようです。

neoneo

JセンターモールのNEONEOには個室が用意してあります。個室を使うには1人300Pの利用料金がかかるようです。高いように思えたのですが、実は300P分オーダーすれば、タダなります。
フィリピンでは個室を利用するときは大抵、個室料金がかかりますが、このように最低オーダー金額を超えれば個室代が無料になるケースが多いです。

NEO NEOのメニュー

NEONEOのメニューを紹介します。全てのメニューに写真が載っていて番号も振ってあるので、イメージしやすいですし、店員さんへの注文もしやすいですね。

前菜
・Lato(海ぶどう)55P
・Atchara(パパイヤの酢漬け)25P

肉類
・Manok Bisaya(ネイティブチキン)360P
・Grilled pork belly140P
・Lechon Kawali(豚)250P
・Crispy pata(豚を揚げたやつ)405P
・Sizzling sisig(ポークシシグ)170P

魚(魚はほとんど値段がついてないので聞きましょう)
・tuna belly(ツナ)
・Deep fried shrimp(エビの揚げたやつ)
・Crab(カニ)
・Baked scallop(ホタテのバター焼き)200P

スープ
・sinigang pork(シニガン野菜スープ)210P
・Pochero(ポチェロ)430P

麺類&ライス
・Pancit canton(焼きそば)185P
・plain rice(白米)25P
・Garlic rice(ガーリックライス)30P

デザート
・HaloHalo(ハロハロ)120P
・Mango Pandan(マンゴー)70P
・Ice cream(アイスクリーム)50P

ドリンク
・mango shake(マンゴーシェイク)75P
・Ice tea(アイスティーおかわり自由)50P
・coke(コーラ)25P
・San Miguel Light(サンミゲルライト)70P

NEONEOは基本的にどれも安い!お手頃な値段です。Jセンターモールでは他にもフィリピン料理が食べられるレストランがありますが、NEONEOが1番リーズナブルですね。

JセンターのNEO NEOに来たらブードルファイト形式で!

neoneo

他の店舗のNEONEOはわかりませんが、Jセンターでは写真のようにブードルファイト形式で食べることができます。

通常、ブードルファイトを食べれる他店の場合は、あらかじめ料理の内容が決まっており、いくつかコースがある中から選ぶので、自分の好きじゃないものが入っていたり、美味しくなかったり、と当たり外れが多いのが難点。

ですが、NEONEOの場合は自分で料理の内容を選べます。つまり、単品で5〜8品ぐらい選んでそれを大皿に盛り付けてもらうという感じです。

ですので、全て自分の好きなフィリピン料理をオーダーできますし、量も調整できるのがここの利点です。ブードルファイト形式にしたら安くなるわけではないので、価格的にお得感があるわけではないのですが、気分的にも盛り上がりますね。

複数名でフィリピン料理を食べる時は、皆さんでシェアする場合が多いと思います。だったら最初からブードルファイト形式で盛り付けてもらった方が楽とも言えそうです。

せっかくなので今回は好きなメニューをオーダーして、このブードルファイト形式で盛り付けてもらいました!

東横イン宿泊「フィリピン料理食べたい」それならNEONEOでブードルファイトを!
待つこと30分ぐらい…ブードルファイト形式は全部盛り付けるため、時間がかかるので要注意。その代わりインパクトはあります!こちらが私たちがオーダーしたオリジナルのブードルファイト!

ご飯の上にホタテが並んでいて、オシャレに盛り付けられていました(笑)

ライスは6人前でオーダーしています。

neoneo

ポークベリー(お腹の部分)ですね。韓国料理のサムギョプサルで出てくる部分といえばイメージが湧きますでしょうか。脂身と肉部分を一緒に食べれるので、美味しいんですよね。

neoneo

エビを軽く素揚げした料理、それからちょっとしか見えていませんが、串に刺さっているのがポークBBQ。ポークBBQは1本ずつオーダー出来ますので、人数分頼むのが良いかなと思います。

neoneo

前菜のパパイヤの酢漬けです。脂っこい料理の合間に食べるとアクセントになり、口がさっぱりします。

neoneo

これはmanok biyasaという名前のネイティブチキンです。ネイティブチキンとはセブ現地で生産されたチキンで、通常のチキンよりも高価です。一匹まるごと入っていました!

え? 写真がよくわからないですか?

フィリピン・セブ島ネイティブチキン東横イン宿泊「フィリピン料理食べたい」それならNEONEOでブードルファイトを!
こちらをご覧ください。無理やり肥やしていないので、1羽で取れる肉量は少なく、少し硬めです。ですが、鶏肉自体に味がしっかりとついており、香りも良いのでグリルしても、スープにしても美味しいです。

neoneo

Beef with broccoli。これが特に気に入りました。ビーフも柔らかく野菜も入っているのでヘルシー。

neoneo

こちらはイカ。フィリピンのイカは肉厚で、プリプリしていて美味しいので是非食べてみてください。

neoneo

フィリピン料理のスープの定番、ポチェロです。牛スネ肉のスープ、ポチェロはどこのお店でオーダーしても4人前以上の量はあるので、大人数の時に注文するのがおすすめ。塩味が効いていてビールとマッチします。お肉もしっかり煮込まれていて柔らかい。

neoneo

フィリピンの伝統料理方であるブードルファイトは、素手で食べるのが基本。このようにビニール手袋を右手にはめて、素手でいただきます!

ここではフォークとスプーンが用意され、手袋は渡されませんでしたが、スタッフの人に聞いてみたら、なんと手袋の用意がありました!素手で食べてOKとのこと。せっかくなので素手で食べましょう!

neoneo

私も素手で食べるのは今回が初めて。このように食材を思いっきり掴んで食べます。

neoneo

一度素手で食べればナイフ・フォークよりも美味しく食べれる(気がする)ので、病みつきになりますよ!
スープ飲んだりするときに手袋を外すのが面倒ですが、是非チャレンジしてみてください。

今回はドリンクにビールを1杯〜2杯飲んでも1人400P(900円前後)ほどでした。

NEONEOのまとめ

東横イン宿泊「フィリピン料理食べたい」それならNEONEOでブードルファイトを!
NEONEOはフィリピン料理を味わえて、しかもブードルファイト形式も体験できる一石二鳥の超オススメのレストランです。しかも料理の内容は自分で選べるので、食べたい料理だけ注文すればOKです!

一般的にブードルファイトは大人数でないと頼めないのですが、ここは恐らく少人数でも盛り付けてもらえると思いますので、ぜひ聞いてみてくださいね。

ここ以外にブードルファイトが食べられるレストランはこちら。
フィリピンの軍隊式料理「ブードルファイト」をホテルで体験しよう
【Seafood Island】インパクト大!セブ島で誰もが驚く比軍隊式ブードル・ファイトを完食せよ

営業時間:11:00〜22:00
電話番号:032 2615641

↓↓ここから選べば間違いなし!↓↓
>>セブ島留学 おすすめ語学学校はこちら<<
美穂
俺セブ専属ライター兼プロダイバー
俺のセブ島留学でライターの仕事をしています。 現在17カ国、42都道府県制覇。 スキューバダイビング好きで、プロとしてダイブマスターランクを所持。 ----現在訪れたダイビングスポット---- サイパン・グアム・パラオ・プーケット・バリ島・セブ島 沖縄本島・石垣島・宮古島・奄美大島・小笠原諸島父島・大島・神津島・三宅島・八丈島・御蔵島(スノーケル)・伊豆半島・葉山 などなど...タンク本数はトータル350本前後です。 私運営のセブ島情報HPあるのでよければ見てください。 https://tabi-jyoshi.com https://tokyo-girls.top セブ島のこと、ダイビングのことなんでも聞いてください! info@tabi-jyoshi.com

メッセージはこちらへ

Please enter your comment!
Please enter your name here