セブ島の動画

セブ島留学

セブ留学準備

セブ基本情報

セブ5大観光

セブの楽しみ

セブレストラン

マナビジン セブ島のレストラン 5つ星レストラン 【ANZANI】接待やデートで使えるセブ市内の最優秀イタリア...

【ANZANI】接待やデートで使えるセブ市内の最優秀イタリアンレストラン

丘の上にある高級レストラン ANZANI(アンザニ)

セブ島は日本と異なり、高級なレストランはあまり多くありません。それはセブ島が発展途上国の一部だからというのもありますが、日本ほど食にうるさい人達が多くない・・・というのもその要因の一つではないかと思います。

そんな理由からセブ島でVIPの接待やデートで使える店を探そうとすると苦労します。

そんな中、このANZANI(アンザニ)はセブ島の政治家達もよく訪れる、コース料理があり、静かで客層が良く、何より料理の味が素晴らしいレストランとして評判です。

近くにマルコポーロホテルの「BluBar(ブルーバー)」がありますが、そちらはムード重視の若者向けです。

大事なお客様と会食をするならこのANZANI(アンザニ)や、クロスロードにあるステーキハウスのOlioなどがおすすめです。

ANZANI(アンザニ)レストランの特徴・おすすめな人

–レストランの特徴–
・高級イタリアンレストラン
・雰囲気がよくテラス席がある
・個室がある

–おすすめな人–
・デート利用
・接待利用

ANZANI(以下、アンザニ)はセブシティの丘の上にある高級レストランです。お店の雰囲気がよく、デート利用として最適です。個室もあるので、大人数や接待利用としても最適です。

場所

場所はこちら、アヤラモールからラホークにあるJYモールを突き抜け、トップスに向かう坂道を登っていく途中の左手にあります。マルコポーロホテルから近く、ここのホテルからは徒歩5分ほどで行くことができます。

タクシーで行く場合はレストラン名を伝えるか、運転手がわからなければ「マルコポーロホテルの近く」と付け加えるとわかりやすいと思います。

帰りはスタッフの方にタクシーを呼んでもらうか、Grabアプリを使うと便利です。

外観と内装・個室

アンザニ
アンザニの看板。左側からAnzani(アンザニ)、BiliniBar(ビリニーバー)、Dolce(ドルチェ)と3店舗並んでいますが、同じ経営者です。

アンザニ
店内はこのような感じです。席数が多く、ゆったりと配置されているので隣の目も話し声もそこまで気になりません。

アンザニ
カウンターもあります。

アンザニ
部屋の中心部に地下へ続く階段があり、そこを降りるとワインセラーがあります。ここも半個室のようになっていて、とてもオシャレです。

アンザニ
こちらが個室です。個室に関しては必ず事前に予約をしておきましょう。

アンザニ
テラス部分です。昼間は利用している人はいませんでした。

アンザニ
タバコが吸えるので、タバコが吸いたい人はテラス席で。

アンザニ
夜になると照明が付いてムーディーな雰囲気になります。ただし、木々が多く蚊が多いのが難点です。どうしてもテラスで食事したい場合は長袖長ズボンや虫除けスプレーを常備しておきましょう。

メニュー

メニューは、

・3コース1,050P
・4コース1,500P
・5コース1,700P

の他に、アラカルトメニューがあります。コースは3コースで前菜・メイン・デザートがついて1,050Pなのでかなりお得です。女性は3コース、男性であれば4コースもあれば満足できると思います。

4コースは+スープ、5コースではメインが2つになります。

メニューについてはアンザニの公式HPより詳しく載っているのでご覧ください。

参照:アンザニメニュー

料理

実際にアンザニでオーダーした料理をご紹介します。

ランチ

ランチ時に訪れた時にオーダーした料理です。

アンザニ
今回はコース料理ではなくアラカルトで注文しました。昼間のアラカルト注文でもパンは出てきました!3種類から選べます。写真はゴマだったかと思います。

アンザニ
きのこの形みたいで面白い!

アンザニ
こちらのソースも3種類ついてきます。パンにつけていただきます。

アンザニ
トマトスープ。酸味が効いていて美味しい!

アンザニ
お次はサーモンのピザです。結構大きいです。女性2人だけだとこれだけでお腹がいっぱいになりそうです。

アンザニ
こちらはパスタなのですが、よくわからないので適当に頼んだらこんな感じのパスタが出てきました。ちょっとイメージと違いました。ラザニアといったほうがいいかもしれません。これはこれでとても美味しかったです。

アンザニ
接客はとてもいいですね。いい感じに接客してくれ、放置してくれるので気が楽です。高級レストランですが、そこまでカチッとしてなく、慣れていない人でも気軽に利用できます。

ディナー

紹介するディナーの料理は、3コース1,050Pのです。3コースは前菜・メイン・デザートから選ぶことができます。

マナビジン
以前はお通し(アミューズ)がありませんでしたが、現在はこちらから選べるようです。

マナビジン
オリーブ、チーズ、ピクルス、何かのペーストなど数種類から選べます(日や時期によって変わる可能性があります)。

マナビジン
チョイスしたのはこちら。チーズです、ワインと合います。

マナビジン
前菜のトマトとモッツァレラチーズのサラダ。書き忘れていましたが、このコースでは料理に2杯のワイングラス(赤・白それぞれ)がついてきます。前菜の次はメインですので、このタイミングで白ワインをもらいましょう。

マナビジン
大海老のグリル、トマトソース。こちらの料理も変更なしです。アンザニの鉄板料理といっても過言ではないと思います。

前菜とメインの2品しかありませんが、意外とブレッドも食べて飲みながらですと、お腹が軽く膨れます。「ボリュームが少なすぎる」とはならないはず。

アンザニ
最後にデザート。スポンジケーキですが、中にかためのバニラアイス(?)が入っており、食べるとひんやりして美味しいです。

なお、特にコーヒーは付いてきませんので、もしコーヒーも飲みたい方がいればここで合わせて頼みましょう。

アンザニにはソムリエもいます。予算とどんなワインを求めているかを予め伝えれば、とびっきりのを選んでくれます。

コース料理は3コースで1050P、4コースでも1500Pととてもお手頃な値段設定になっています(日本円で2500〜3500円程度)。ドリンクを入れても一人5,000円以内で足りると思います。セブではかなり高価格帯ですが、日本人の感覚からすればとてもお得です。

ちょっといいところでデートしたい場合や、接待にはアンザニがおすすめです。

食事後におすすめの場所

Leisure Spa(レイシャースパ)

Leisure Spa(レイシャースパ)
営業時間:10:00〜23:00

アンザニの隣にあるマッサージ&スパです。ドライ60分300P、オイル60分350P。フット30分150Pです。2時間からのパッケージもあり、2時間半で1000Pと格安パッケージも。

Leisure Spa(レイシャースパ)
夜は混みやすいので、食事前に予約を入れておくといいと思います。

Blu bar(ブルーバー)

ブルーバー
マルコポーロホテル屋上にあるレストラン&バーです。雰囲気がよくバー利用できるので、アンザニで食事をした後にちょっと飲みたい時におすすめです。

おすすめ度

SUMMARY

セブで一番おすすめできるレストラン。接待やデートにも使えて、個室もあります。夜のディナーコースがおすすめで、テラス席もあり。リッチな食事をしたい場合はここがおすすめ。
斉藤 淳
斉藤 淳
マナビジンの編集長
セブ島留学を通じて自身が感動した「英語が伝わる楽しさ」「外国人とコミュニケーションをする楽しさ」を一人でも多くの方に体験してもらいたいと思い、このサイトを立ち上げる。

サイトはセブ島留学や英語学習を軸に、オンライン英会話に関するコンテンツや、フィリピンの政治経済なども提供。 単に英語を伝えるのではなく、文化的な背景や日本とのつながりをご紹介しながら、読者皆さんにお役に立てるコンテンツの提供を目指してまります。

留学経験はフィリピン、ハワイ、オーストラリア。

斉藤個人へのご質問、ご意見、ご要望がありましたら、jun@reminisce.jpへご連絡ください。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

PICK UP

初心者向け!オンライン英会話【おすすめ51社】比較ランキング

初心者向け!オンライン英会話【おすすめ51社】比較ランキング

0
初心者向けのオンライン英会話スクールは、フィリピン、ネイティブなど大小合わせて50社以上あります。 その中でご自身...