俺のセブ島留学|TOEIC

よくTOIECで高得点を取っている人でも英語がしゃべれない、、、という話を耳にします。今回はこれを自分のセブ島留学経験からその理由を考えてみたいと思います。

TOEIC英語はビジネス英語

ご存知の通りTOEICの目的はビジネスで使える英語を身につける事です。ということは、勉強する英語内容はビジネスに関係する単語がメインになってきています。

もちろん、基礎的な単語は習いますが、700点、800点、900点など点数が上がってくることに単語レベルは難しく、ビジネスよりの英単語になり、かつ使う頻度も限られてきます。

逆に言うと、これらの単語は通常の日常英会話で使う機会はどれだけあるでしょうか。

TOEICの勉強をしていて思うことは、リーディングの点数を引き上げるにはボキャブラリーがかなり重要です。

でもこれらのボキャブラリーは大変難しく(特に800点、900点を狙う場合)、明らかに日常会話では使いません。それどころか700点を取るための英単語でさえ使う頻度はかなり低いといえます。

例えば以下はTOEIC700点用の英単語の一部です。

TEOIC単語リスト
ソース:http://www7b.biglobe.ne.jp/~browneye/english/TOEIC700-1.htm

これらの単語で間違いなく使うのは「accommodation」ぐらいではないかと思います。少なくとも私は一番上の「abdicate」を、日常英会話で使っているシーンが全く思いつきません(苦笑)

「accommodation」以外の単語も使えるにこしたことはないでしょうが、ビジネスシーン以外で使う機会は比較的限られてくるといえます。

リスニングにおいてもTOEICで点数を取る場合は、日常英会話ではまず耳にしないようなTOEIC特有の単語や意味、フレーズがあり、それを覚えないと点数が取れません。

要は、TOEICで高得点を取るための勉強と日常英会話の勉強とでは、内容がかけ離れていると言えるのではないでしょうか。

英会話の基本は中学生英語

私達が話せたらいいな~っと想定している「一般的な英会話」は、実は非常に基本的な会話表現や文法を正確に使うところから始まります。

例えば、hasを使わなければいけないところをhaveと言ってしまったり、doesをdoと行ったり、want toとwould like toの使い分けができなかったり、I am going toとwillを使い分けできなかったり、、、、

実際に英会話の練習をしてみると驚くべきことに、私達自身が思っている以上に、こういった超初歩的な英語さえ使いこなすことができません。中学生で習う基本的な文法を頻繁に間違えるため、何回も、何回も英会話の練習をして修正していくんですね。

「こんな簡単な事間違えるわけないじゃん!」と最初は誰しも思うのですが、いざ喋ってみると信じられないぐらい間違えますし、言葉が詰まって喋れません。

なのでまずは難しい表現を覚えることよりも、今まで習ってきた基本をしっかり復習して直す事、これがスタート地点となります。

ここでポイントなのは

これはTOEICの点数が500点の人であっても、800点の人であっても、中学生英語はベーシックの部分であり、TOEICの点数をいくら上げてもこの基礎部分が改善されるわけではない!

という点です。

単語だって同じです。何回も聞いたことがある、見たことがある単語なのに実際喋ってみると「あれ?この意味、英語でなんていうんだろう・・・」っと単語が口から出てきません。そこで、先生に「ちょっと待って、今調べる。」と言って英辞郎やウィズダムなどの辞書で調べてみると「あ~これ知ってる!何で思いつかなかったんだろう・・・」っとなるんです。

だから私は思うんです。

TOEICがいくら点数が高くなってもしゃべれるようになることはない、、、、と。英会話には英会話専用の訓練が必要だと。

誰でも知っている表現の間違いを修正するためには、何回も自分で口に出して言いながら「あ、またShe haveって言っちゃった。よくこの言い方間違えるから気をつけないと。」っと、自分のクセに気づいて(もしくは先生に指摘されて気づいて)修正していく事が大事だと思うんですね。

また、知っている単語でも先生との英会話で先に試しておかないと、仮に実際の赤の他人との英会話シーンでその英単語が思いついても、「あれ?このタイミングでこの単語を使っていいのかな?」っとなり、自信を持って初対面の方に使えません。これはリアルで英会話をしたことがある方であれば、誰もが経験したことがあるはずです。

なので流暢な英会話へのプロセスは、そういった地味な英会話練習を何十回も何百回も繰り返して、最終的には無意識に間違わずに言えるようになるのではないかと考えます。

TOEIC700点とっても、900点とっても、英会話したことなければ話せないのは当たり前

私はTOEICの点数が800点前後ですが(もっとも最近は受けてないので分かりませんが苦笑)、独学で日本でTOEIC800点を取った人よりも多少英会話が出来る可能性が高いです。

それは単純に同じ800点取っている人より、英会話の練習を大量に行ったからに他なりません。教師と英会話をしながら、自分の喋った英会話内容の正しい・間違いに「気づく」機会が人より多かったんです。

気付きを増やすには、自習でTOEICの問題を解きまくっていたり、テキストのきまり文句や英単語を丸暗記しているだけでは増えません。

TOEICの点数が上がったからといって、英会話力がついたと勘違いしてはいけない点もここです。

単語の使い方、文法の使い方を身につける方法は、実践で喋る以外はないです!

だから、セブ島に来て自習ばっかりをするような授業スタイルではTOEICの点数は伸びるかもしれませんが、英会話力を伸ばすことは難しいと思います。少なくとも現時点で私は自習メインの勉強スタイル(特に丸暗記スタイル)は、かなり懐疑的です。
一人で黙々と文章を読み上げたり、音読ばかりをするやり方も懐疑的です。

もし、それでうまくいっているのならば既に多くの日本人が自習勉強をしてきているわけで、もっと英語がしゃべれる人がいてもおかしくないはずです。

でも現実がそうでないのであれば、自分の喋った英会話内容の正しい・間違いに「気づく」機会が少なく、自信を持って喋ることができないからです

すなわち、他人との英会話量が足らないからです。

もし私があなたのお友達ならば・・・

よほどハイブリットなTOEIC勉強をしない限りは、TOEICの点数を上げても英会話力は上がりません(中級者以降は別かもしれませんが)。

私がもしあなたの友達で「英語が喋れるようになりたい!」という相談を受けたら・・・

「自分の間違えるポイントやクセを知るために、誰かに指摘してもらうこと。」や「一度習ったことがある単語や表現がスムーズに出てくるように、何回も何回も文章を作る練習をすること。」が一番の近道だとアドバイスすると思います。

そのための方法として、オンライン英会話やフィリピン留学をするのがベストだと伝えるはずです。

そもそも、TOEIC(R)はビジネス英語(特にリーディングとリスニングのスキル)を図ることを目的としていますので、「TOEICの点数向上のための勉強で、英会話力UPを期待するのは無理がある」のではないでしょうか。

というわけで、TOEICの点数を伸ばしつつ、英会話力もアップさせるという淡い期待は今すぐ捨ててください。どちらかに絞らない限り、短期間で激的な成果を出すことは難しいと、フィリピン留学で相当な留学生を見てきて感じました。

TOEICの点数を伸ばすなら公式テキストをやりまくり、英会話力を伸ばすのであれば中学英語をマンツーマンでやりましょう!

英会話が出来るようになる方法は色々あると思いますが、一つの意見として参考にしてもらえたら幸いです。

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表
斉藤 淳

当サイトの管理人
2012年に初めてセブ島に留学。以降、今までに複数の語学学校に留学&訪問。フィリピン留学を通じて「英語が伝わる楽しさ」をより多くの方に体験してもらいたいと思い、このサイトを立ち上げました。

英語留学前の方はもちろんの事、留学中の方、留学後の方にも役に立てる情報の提供を目指しています。

・TOEIC(R):805点(L 430 R 375)
・TOEIC SW:280点(S 130 W 150)

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。

Please enter your comment!
Please enter your name here