フィリピン留学費用の目安を教えてください。
こちらの記事で目安となる費用を書いております。

▶︎完全網羅シリーズ#2 セブ島留学の費用。見積もりいらずの計算公式教えます!

現地の光熱費はどのくらいですか?
学校によって実費のところもあれば、固定料金のところもありますが、だいたい1週間500ペソ(1300円前後)ほどです。フィリピンの電気料金は1kw当たり9~11ペソとなっています。なお、ホテル系の語学学校は、大抵水道代・光熱費・教材は料金に含まれています。
生活費はどのくらいかかりますか?
生活スタイルによって差がかなり出ますが、だいたい月に3万円~5万円ほどあれば普通に生活できると思います。現地で追加授業、土日アクティビティなどを考えている方はもう少し多めがおすすめです。
ATMは使えますか?
国際キャッシュカード、又はクレジットカードが必要になります。PLUS、Cirrusの表示があるATMで現金を下ろすことができます。1度の引き出し限度額は10,000ペソとなっています。一部ATMでは、1度に20,000ペソまで下ろすことができます。また手数料として200ペソまたは250ペソかかると表記されますが、実際はカード会社によっては100円程度で済む場合もあります。

ごくたまに、ATMにお金が入っていないとお金を下ろせないだけでなく、カードが1分ぐらい出てきません。慌てずにその場で待っていてください。

▶︎お金の引き出し方!フィリピンセブ島でのATMの使い方とは?

クレジットカードは使えますか?
ショッピングモール内のショップやレストラン、ある程度の規模のショップなら使える場合が多いですが、ローカルレストンでは使えない場合もあります。Visa、Master Cardはほとんどの店に対応していますが、JCB、アメックス、ダイナースクラブは対応していない場合が多く、注意が必要です。

また、(日本国内でもたまに使えませんが)デビットカード系のVISAはなぜか頻繁にエラーになりますので、あまり当てにしない事をおすすめします。カードは2枚は持っていきたいところです。

両替はどこでできますか?
空港、ホテル、ショッピングモールなど、様々な場所で可能です。空港、ホテルはレートが高いのでお薦めしません。語学学校のスタッフに近場でレートの良い両替所を聞くことをお薦めします。
日本円は使えますか?
使えません。しかし、ショッピングモールなどに両替所があるので、ペソへの両替は簡単にできます。
日本でペソに両替したほうがいいですか?
日本で両替するとレートが悪いのでお薦めしません。フィリピンに着いたら空港で最低限必要な分の両替をして、その後、寮の近くのレートの良い両替所で両替することをお薦めします。5000円〜1万円を事前に両替していれば大丈夫でしょう。日本の空港かセブ空港で両替できます。

その他、ご質問がある方は以下のコメント欄、もしくは直接お問い合わせを頂けると幸いです。