セブ島滞在の魅力の中に必ずランクインするのが、日本よりはるかに安い金額で本格マッサージが受けられることです。

日本でなら10分ほどしか受けられない料金で、セブ島ではなんと1時間たっぷりとしっかり揉んで、ほぐしてもらえます。

チェーン店の格安マッサージ店から、南国気分を味わえる高級なスパまで選択肢も豊富です。ただ、セラピストさんの腕は言うまでもなく、お値段、雰囲気、アクセスの良さなど、店舗によってまったく違います。

今回皆さんに紹介したいマッサージサロンは、 日本国内で7店舗以上マッサージチェーン店を展開している「ほぐしや本舗RiRAKU」がセブ島に手がけた「R SPA」です。

RSPA

「R SPA」は、2017年12月、セブ島の有名ショッピングモールの一つである「Jセンター」の屋上にオープンしました。ホテル「東横イン」からも直接アクセスできるJセンターモールの屋上に1号店がオープン。

2018年10月には、セブ島最多客室を誇る4つ星ホテル「bai hotel」に、2号店のオープンを果たしました。

RSPA

RSPA
Googleマップを開く

2号店の徒歩圏内には、ショッピングモール「Parkmall」があります。たくさんのレストランはもちろん、セブで一番大きい100均ショップやスーパーがあり、買い物に便利なロケーションです。

セブ島で最も高級なクラブ、レストランやバーなどが軒を連ねる「City Times Square」からも歩いて行ける距離にあります。

語学学校「Brilliant Cebu」や「IDEA CEBU」、「CDU」からも徒歩圏内です。

R SPA1号店の記事はこちら

R SPAへの行き方

それでは、スパまでの行き方をご案内いたします。
まず、タクシーまたはグラブカーの目的地を「bai Hotel」に設定してください。

RSPA
baiホテルに着いたら、エレベーターに乗って、5階にあがります。

RSPA
エレベーターから降りると、標識があるので安心できる!

RSPA
左に見えるのは、会議やパーティーができる多目的室です。廊下の突き当たりまで向かいます。

RSPA
フィットネスセンターがあるドアを開けると!

RSPA
階段を登って6階に!

RSPA
「R SPA」にたどり着きました!

施設のご紹介

特に忙しい日常を忘れて、一ランク上の贅沢な雰囲気でゆっくりとマッサージを受けたい方にオススメできる「R SPA baiホテル店」の施設を紹介いたします。

RSPA
非常に落ち着いた高級感の漂うロビーです。

メインの顧客は、パッケージツアーの団体のゲストではなく、主にホテルのゲストとのことで、混み合っていないのが好きな方にはぴったりです。

RSPA
マッサージを受ける前にお湯で足を洗ってもらいます。

足を洗うことで体が温まり、筋肉もほぐしやすくなります。私にとっては、マッサージ店を選ぶ際の重要なポイントとなります。

RSPA
足裏の指圧や、膝下のふくらはぎなどを中心にするフットマッサージ専用のチェアです。6席あります。

女性の方で、生理中で全身のマッサージを受けにくい際でも、座ってフットマッサージが受けられます。

RSPA
そして、こちらのシックで洗練された廊下を通って、全身のマッサージを受けるベッドやシャワー室、サウナがある部屋に移動します。

RSPA
懐かしい!男性用シャワールームの入り口にあるのれんから、日本の古き良き時代の銭湯を思い出しました。では、中へ入ってみましょう。

RSPA
洗面所やシャワーブースなど、どれも綺麗に管理されています。タオルはもちろん、シャンプー、ボディーソープも備え付けの物を自由に使えるので、手ぶらで行ってもオーケーです。

RSPA
こちらはサウナ! 実は、シャワーやサウナは、マッサージの料金に含まれています!

マッサージを受ける前に、ここで体を温めて汗を流してから、マッサージで疲れた体をほぐしてもらうと、とても気持ちよさそう!

また、この乾式サウナだけではなく、ミストサウナも完備されています。

RSPA
「R SPA」のもう一つの特徴は、カップルルーム以外は全て一人部屋のプライベート空間でマッサージが受けられるということ!

お部屋の温度もお客様一人一人に合わせて調整できることが、冷たいエアコンの風が苦手な私には嬉しいポイントです。

RSPA
友達や家族、カップル同士で同じ部屋でマッサージが受けられる二人部屋の様子です。室内に洗面台が設置されているので便利ですね。

RSPA
VIPルームです。二人部屋ですが、部屋の中にジャグジーがあります。

RSPA
VIPルームの隣には、ミストサウナとお手洗いがあり、自由に利用可能です。

実際マッサージを受けました!

実際に、R SPAのイチオシメニューである「Traditional Japanese Body Care コース(1時間、1,200ペソ)」を受けてみました。

RSPA
マッサージを受ける前に、セラピストさんに渡す相談シート(Consultation Sheet)です。

マッサージを重点的に受けたい部位や、過去の手術歴、心臓や脳血管に関する問題があるかどうか、肌のアレルギーがあるかどうかなどの持病にチェックします。

私は常に肩が凝っているので、両方の方にチェックを入れました。

RSPA
各部屋に設置されているクローゼットには、このような部屋着がありますので、こちらに着替え、セラピストさんを待つだけで準備OK!

RSPA
1時間「李式指圧」というR SPA独自の技術の「ドライマッサージ」を受けてみました。第一印象はやっぱり「痛気持ちいい〜!!」。我慢できない痛さではなく、健康になる痛さと言えば伝わりますでしょうか?笑

セブではタイ式の筋肉を伸ばすマッサージが主流ですが、それとは違って、体のツボを細かく押してくれます。「本当にツボをよく知っている!」と思いました。とてもスッキリします。

でもやっぱり慣れてくるまでには痛いかも知れないので、痛いのは嫌だという方は「オイルマッサージ」を受けるのも良いと思います。

まとめ

RSPA
高級ホテルの中に入店していて、一般のマッサージチェーン店よりは高額ではあります。

せっかくの旅行なので、自分だけのゆっくりした時間を過ごしたい、少し贅沢して日本クオリティーのマッサージが受けたい時はぜひ、試してみてはいかがでしょうか。

事前予約ですが、現在は基本的にはしなくても大丈夫とのことです。仮に待ち時間が発生しても、マッサージまでの間にサウナを利用することができます。

もちろん予約があれば予約優先なので、できれば予約すると良いです。

電話:0956-055-0339(日本語OK)
Line ID:rspajp
(「セブ島留学マナビジンを見ました!」と言うとスムーズです。)

また、bai hotelの中には、ビュッフェが美味しい「cafe bai」、美しい夜景が一望できるルーフデッキバーの「Twilight」などインスタ映えするオシャレな所もありますので、そちらに訪れる機会に寄ってみるのも良いかもしれません。

◼︎アクセス:6 Floor in bai Hotel, Mandaue City, Cebu
◼︎Tel : 0995-566-0124(英語) / 0956-055-0339(日本語OK)
◼︎営業時間:昼12時〜深夜2時
◼︎ホテル客室マッサージサービス対応(昼12時〜夜8時)
◼︎SNS:Facebookはこちら
◼︎Instagramはこちら

料金情報
・Traditional Japanese Body Care (60 min) → P1,200
・Aroma Therapy (90 min) → P1,700
(120 min) → P2,200
・Japanese Reflexology(フットマッサージ, 30 min) → P600
・VIP Plan for Couple (120 min) → P4,000
(120 min) → P6,000

全メニューにシャワー・サウナの利用サービス込み

R SPA近くのオススメレストランはこちら

おすすめの記事