「セブシティMarcoPoloPlazaのBlueBar(ブルーバー)」内装1

今回はセブシティ側で最高峰の美味しくて、美しい夜景が見れるロケーションのレストランをご紹介したいと思います。

もちろん値段もかなりお高めですが、デートや女子会、接待に使えるセブ島でも屈指の高級レストランです。

▶︎Marco Polo Hotel Blu bar公式サイト

*2017年9月訪問時の写真を追加し、文章も少し再編集しました。

BluBar(ブルーバー)の場所


大きな地図で見る

マルコポーロホテルはラホーク、JYモールの通りをトップス側に山登りしていく途中にあります。イタリアンレストランのアンザニAnzaniの近くでもあります。

そのマルコポーロホテルの最上階にあるのがブルーバー(Blu Bar)で、星空とセブシティの夜景を一望しながら食事をすることが出来るレストランです。

BluBar(ブルーバー)の外観と内装

「セブシティMarcoPoloPlazaのBlueBar(ブルーバー)」エントランス

こちらがBlueBarのエントランスです。反対側はスイートルーム部屋利用の方が利用出来るクラブラウンジがあり、軽食ならそちらで取ることも可能です。

「セブシティMarcoPoloPlazaのBlueBar(ブルーバー)」テーブル席

こちらがBluBarの様子。Blue=Blu(?)というだけあって、青色で統一しています。

「セブシティMarcoPoloPlazaのBlueBar(ブルーバー)」夜景と内装2

ご覧のように、天井なしのテラス。

セブ島のように雨があまり降らない、もしくは降っても夕方のスコールの場合が多い地域だからこそ、強気に天井なしに出来るんだと思います。天井がないだけで非常に開放的になりますね。

「セブシティMarcoPoloPlazaのBlueBar(ブルーバー)」内装1

雨が降った場合は席が空いていれば、天井付きの方へ移動可能。バーカウンターも同じ場所にあります。

「セブシティMarcoPoloPlazaのBlueBar(ブルーバー)」キッチン2

こちらがバーカウンター。

「セブシティMarcoPoloPlazaのBlueBar(ブルーバー)」キッチン

こちらはキッチン。

「セブシティMarcoPoloPlazaのBlueBar(ブルーバー)」美しい夜景

早めに予約をすると一番眺めの良い角の席に案内してもらえます。

「セブシティMarcoPoloPlazaのBlueBar(ブルーバー)」夜景

ライトがこんな感じなので、超ロマンチックですよ!

「セブシティMarcoPoloPlazaのBlueBar(ブルーバー)」夜景

夜景が一望できるのが良いですね。

「セブシティMarcoPoloPlazaのBlueBar(ブルーバー)」メニュー7

こちらがメニューになります。

blubar

2017年9月再訪問時は、どちらかというと店内席メインに変わっていました。ですが、テラス席もあります。雨季でなければテラス席の方が静かで雰囲気もいいと思います。

blubar

窓側にあるゆったりとしたソファー席と、真ん中にテーブル席があります。

席数はそこそこあるのですが、伺った時は予約で満席だったようです。予約はできればした方が確実なので、予約していくべきですね。

blubar

テーブルセッティングもきちんとされており、高級感が溢れています。青に統一されていて、格好いいですね。

BluBar(ブルーバー)のメニューと料理

コースメニューでのオーダーが基本
前菜、メイン、デザートのコースで1700peso前後
前菜、スープ、メイン、ザートのコースで2000peso前後
前菜、スープ、メイン魚、メイン肉、デザートのコースで2400peso前後

ちょっとうろ覚えなのですが、このぐらいの価格帯をイメージしてもらえればそんなにハズレはしません。

前菜、スープ、メインコースはアラカルトにあるメニューの中から全てどれも選ぶことができます。メインコースでもオプション(追加料金を払う料理)はほとんどありませんでした。

「セブシティMarcoPoloPlazaのBlueBar(ブルーバー)」メニュー6

天井がない方は光がないので、スタッフにライトを借りて照らしてメニューを見ます。それがまたオシャレ!!

「セブシティMarcoPoloPlazaのBlueBar(ブルーバー)」メニュー5

しかし、正直見づらい・・・(苦笑)

「セブシティMarcoPoloPlazaのBlueBar(ブルーバー)」メニュー4

こちらはアラカルト。

「セブシティMarcoPoloPlazaのBlueBar(ブルーバー)」メニュー3

焼き加減についてかな!?

「セブシティMarcoPoloPlazaのBlueBar(ブルーバー)」メニュー2

アラカルトのメニュー内容

「セブシティMarcoPoloPlazaのBlueBar(ブルーバー)」おしぼりとパン

おしぼりがブルー!そして非常に厚い。セブ島でおしぼりを出してくれる所はほとんどないので驚きました。

手前の3種類の味を楽しめるパンは美味しいです。

「セブシティMarcoPoloPlazaのBlueBar(ブルーバー)」サンミゲルライト

やはりセブではサンミゲルライト。

「セブシティMarcoPoloPlazaのBlueBar(ブルーバー)」フォーチューンルーレット

カクテルも種類豊富です。

「セブシティMarcoPoloPlazaのBlueBar(ブルーバー)」景色

「セブシティMarcoPoloPlazaのBlueBar(ブルーバー)」前菜 牛肉の赤ワイン煮

前菜です。前菜メニュー欄の一番下を選ぶと、いきなりこの牛肉料理が前菜として出てきます。恐らく牛肉の赤ワイン煮か何か。。。男性におすすめ。

「セブシティMarcoPoloPlazaのBlueBar(ブルーバー)」スキャロプ ホタテ

こちらはホタテ(scallop)の料理。ボリュームもそんなになく、味も美味しいので女性に特におすすめです。

「セブシティMarcoPoloPlazaのBlueBar(ブルーバー)」前菜

知人が頼んだ前菜。

「セブシティMarcoPoloPlazaのBlueBar(ブルーバー)」前菜

知人が頼んだ前菜。

「セブシティMarcoPoloPlazaのBlueBar(ブルーバー)」トマトスープ

2品目のトマトスープ。このトマトスープはすごくまろやかで、口に含むとスーッと溶けていく非常に美味しいスープでした。

「セブシティMarcoPoloPlazaのBlueBar(ブルーバー)」シーザーサラダ

こちらも二品目のスモークサーモンのシーザーサラダ。

最初の前菜は3コースの場合、スープかサラダをチョイスできるのですが、アラカルトで頼む時と同じボリュームで出てくるため、頼む料理内容によっては1品でお腹いっぱいになります。

容赦無いボリュームです。

「セブシティMarcoPoloPlazaのBlueBar(ブルーバー)」メイン

メインの牛肉料理。おいしかったですが、肝心な名前を忘れてしまいました・・・

「セブシティMarcoPoloPlazaのBlueBar(ブルーバー)」メイン料理魚

メインの魚料理。僕は頼まなかったのですが、頼んだ知人曰く「これはハズレだわ」だそうです(苦笑)

「セブシティMarcoPoloPlazaのBlueBar(ブルーバー)」 メイン料理

うーん、忘れた。。。

「セブシティMarcoPoloPlazaのBlueBar(ブルーバー)」メイン料理

子羊のパン香草焼き。アラカルトで一番高いメイン料理になります。羊肉が好きな方は美味しく頂ける料理です。

「セブシティMarcoPoloPlazaのBlueBar(ブルーバー)」デザート

プリン!一番食べやすかった。

「セブシティMarcoPoloPlazaのBlueBar(ブルーバー)」デザート

フォンダンショコラの中に暖かいチョコレートソースが入り、その上にイチゴアイスクリームというデザート。美味しいのですが、もはやお腹いっぱいでこの大きいショコラが重い、重い。

ゼーゼー言いながら食べてました。。。

「セブシティMarcoPoloPlazaのBlueBar(ブルーバー)」コースデザート

アイスクリームは食べやすい。

「セブシティMarcoPoloPlazaのBlueBar(ブルーバー)」チーズの盛り合わせ

デザートの代わりにチーズの盛り合わせを頼むことも可能です。お酒好きな人にはこちらがおすすめ。

「セブシティMarcoPoloPlazaのBlueBar(ブルーバー)」デザート

最後にプチフール。

2017年9月再訪問時の頼んだ料理一覧

再訪問したときにオーダーした料理と感想を紹介していきます。メニューはざっと見たところ、ほぼ変更点はないようでしたので、メニューは上記を参照してください。

blubar

まず私がオーダーしたカクテル。ブルーバーにちなんだ青色がとても綺麗なカクテルです。

blubar

私以外は全員サンミゲルライトを注文していました。ローカルビールも、ブルーバーで出せばオシャレなビールに早変わりです。

今回は4人で訪問、オーダーしたのは3コースメニュー2つと、4コースメニュー2つです。3と4コースの違いは、スープがつくかつかないかです。今回は、スープを2種類オーダーし、あらかじめ店員さんに伝え2つに分けてもらっています。

コースメニューは量がとても多いので、こういった方法を使うとちょうどいい量を食べられるかもしれません。

blubar

まずはパンが出てきました。バターは2種類、ハーブのバターと普通のバターでした。

blubar

パンの味は3つに分かれており、フォカッチャ、トマト味、なんとかグリーンと呼ばれるものらしいです。トマトの部分はしっかりと味が出ていてとても美味しいですね。

次に前菜4種類を紹介します。

blubar

サーモンの前菜。薄いサーモンが2枚、真ん中はサラダ、手前はトマトのさっぱりとした和え物。食欲をそそり、量的にもちょうどいいです。オシャレで期待度が一気に増します。

blubar

サラダ。写真で見るとわかりませんが、かなりのボリュームです。男性でもこれでお腹がいっぱいになると言っていました。女性では少しキツイかもしれません。

blubar

マグロのタルタル。これが一番美味しかったですね。前菜を頼むなら、サーモンかこのタルタルを頼むといいかもしれません。

blubar

最後に下が椎茸のオシャレな前菜。

次にスープ2種類です。

量は一人前を2人に分けてもらっているので、通常はもう少し量が多めと思ってもらって大丈夫です。ただ、2人にわってもスープとしては十分な量です。

blubar

パンプキンスープ。セブ島によくある少しカレー風味のパンプキンスープです。クリーミーで美味しいです。

blubar

コンソメスープ。真ん中は水餃子みたいにプリプリしたやつです。

次はメイン料理です。これも4種類紹介します。

blubar

お肉のメイン。お肉は柔らかく、ボリューム的にもちょうどいい大きさ。

blubar

サーモン。前菜とは違い、メインはかなりボリュームがあります。

blubar

私がオーダーしたのはこちら、チキンです。上にチキンが2つ、下にはなんとソバ!これには驚きです。面白い組み合わせです。チキン二つはお腹にかなりたまりますね。チキン・ソバの味共に良かったですが、量が多すぎですね。

blubar

リブ。面白い盛り付けかたで、野菜が串に刺さっています。

最後にデザート。

blubar

名前を忘れました。アイスクリームはバニラ味です。

blubar

ピスタチオのケーキ。濃厚なチョコで甘い物好きにはオススメの一品。

料理は相変わらず量が多い印象です。無理にコース料理にしなくても、2人ならば、前菜・スープ・メインを一品ずつオーダーしてシェアするのもありかなと思います。

また、前菜の味はどれもクイリティが高く美味しかったのですが、スープ・メインともに少し物足りなさを感じました。ボリュームはあるのですが、食材本来の旨みやコクを楽しむことはできませんでした。

BluBarの他に、近くにある『アンザニ』も夜はコースメニューがあり、こちらの方が安くドリンクもつくので、アンザニも候補にいれておくといいでしょう。

Marco Pole Hotel内のBluBarまとめ

客層は基本的に外国人がメインですが、雰囲気重視の方が多いです。ブルーでライトアップされたレストランは、「食後に飲む場所」として最適ではないかと思います。

食事重視の方はこのブルーバーよりもむしろ、1階のブッフェや近くのANZANIをおすすめします。

予算:ドリンク含めると2000pesoは持っていった方が無難です。

オーダーする料理内容にもよりますが、一番安いコースでもお腹いっぱいになります。

カップルの場合は二人とも3コースにして、前菜とスープ、メイン×2、デザート×2をシェアするといいと思います。(前菜とスープは予め2つに分けてもらいましょう)

Wifi環境:フリーで取れますが弱いです。

比較的人気のお店なため、平日、週末問わず予め予約するか、早めに行くことをおすすめします。

マルコポーロホテルについて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。
▶︎【マルコポーロホテル】セブ島ITパーク、JYから車で5分の超オススメ5星ホテル

▶︎マップで見るセブ島観光スポット

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表
斉藤 淳

当サイトの管理人
2012年に初めてセブ島に留学。以降今までに複数の語学学校に留学&訪問。フィリピン留学を通じて「英語が伝わる楽しさ」をより多くの方に体験してもらいたいと思い、このサイトを立ち上げました。

英語留学前の方はもちろんの事、留学中の方、留学後の方にも役に立てる情報の提供を目指しています。なお、基本的にはセブ島ではなく、東京(高田馬場)にオフィスを構えて働いています。

何かご質問ございましたら、コメント欄かinfo@ceburyugaku.jpまでお願いします。

・TOEIC(R):805点(L 430 R 375)
・TOEIC SW:280点(S 130 W 150)

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。

Please enter your comment!
Please enter your name here