2023年6月2日 金曜日
留学マナビジン留学留学ブログ早稲田大学【交換留学】イギリスのグラスゴー大学に留学した私の留学準備方法〜TODOリストとアドバイス〜

早稲田大学【交換留学】イギリスのグラスゴー大学に留学した私の留学準備方法〜TODOリストとアドバイス〜

私は現在23歳で学生時代に英語学習に力を入れていたバビといいます。

学生時代にはイギリスのグラスゴー大学に交換留学をし、留学中に磨いた語学力を活かして帰国後には英検1級を取得したり、DMMオンライン英会話講師として勤務しておりました。

現在は効率的な英語の学習方法について発信しています。

はじめに

私は、大学2年生の秋から大学3年の春まで、早稲田大学の交換留学制度を利用して、イギリスのグラスゴー大学に交換留学をしていました。

※一般的に、交換留学とは自分の大学が提携している海外の大学に留学できる制度で、基本的に現地の学生と同じ授業を受講し、単位を取得します。
また、学費は現地大学ではなく、自分が所属している日本の大学に支払います。

留学といえば少し華やかなものに聞こえるかもしれませんが、実際に留学に行くまでには様々な手続きがあります。

その手続きをスケジュール通りに行わなければ、留学先までたどり着くことができなかったり、留学先でトラブルが生じてしまいます。

私は留学に行くまでのこれらの手続きはおよそ全て自分で行う必要があり、早稲田大学の留学支援センターはあくまで、学生の留学を「サポート」する役割を担っているのみです。

早稲田大学からは毎年長期留学だけでも500人以上の学生を派遣しなければならないので、よく考えれば一人一人に寄り添った細かいサポートをしてもらうことはできません。

参考資料:早稲田大学留学センター

本記事では、早稲田大学での交換留学制度と留学をする際の留意点などをご紹介していきたいと思います。

※ちなみに、私は以下の3つの理由でイギリスへの留学を決定しました。
①英語圏に留学をしたかった。
②留学中にヨーロッパを周遊したかった。
③(地域にも拠りますが)アメリカやオーストラリアと比較して、生活コストが比較的低かった。

留学出発までのスケジュール

まず、留学に行くためには、どのようなスケジュールで準備を進めていけばよいのか把握しておく必要があります。

概ね、留学の準備から出発までには約1年間の準備期間が必要です。

私の経験上、何事も早めに準備をして、締切の直前に対応することがないようにすることが非常に重要です。

なぜなら、早めに準備したとしても、当初予定していた通りに進まないトラブルが発生しうるためです。

例えば、以下でご紹介する現地大学からの受け入れ承認やビザ承認などは、想定していたよりも時間がかかることが多いと言われています。

留学スケジュール参考例

ここでは、留学出発までにどのような準備をいつ行うべきか、ご紹介していきたいと思います。
(これはイギリスへの留学をする際のスケジュール感であること、典型的なスケジュールとして大学2年後期出発のスケジュールのご紹介あることを予めご理解ください。)

時期 To doリスト/アドバイス
大学入学〜
大学1年夏
GPA(成績)取得:留学への準備は大学に入学した時から開始しています。
留学に行くためには、大学内での選考を勝ち抜く必要があり、そのための成績を入学時から積み上げていくために、定期テストでの成績はとても重要です。
大学入学〜
大学1年夏
英語スコアの取得:英国への留学に出願するためには、英語のスコア提出が必須です。
英国への交換留学であれば、IELTSのバンドスコア6.5を取得する必要があります。

これも成績取得と同様に、学内選考で提出するものなので、できるだけ高いスコアを取れるように準備しましょう。
国や希望先大学によって、応募条件が異なるので、事前に必要なスコアを確認しましょう。
バンドスコアだけでなく、各セクションでのスコアの最低ラインを設けている場合もあるので入念に確認しましょう。

大学1年10月 志望理由書及び成績証明書を留学支援センターに提出:志望理由書は希望大学に留学することができるか判断されるための重要な書類なので、教授や周りの人に内容を確認してもらいましょう。
また、自分の英語スコアと成績が志望大学の応募条件を満たしているか、早稲田大学留学センターの海外留学プログラムリストから確認しましょう。
大学1年12月 メールにて留学先大学が通知される。
(これは早稲田大学の学内選考を通過したことを意味しており、現地大学からの受け入れが承認されたわけではないので、注意しましょう。)
大学1年3月 パスポートを取得
大学2年4月 現地大学に留学申請書を送付
(現地大学で何を学びたいか、それを日本に帰国した後にどのように活かしたいか、明確に記述する必要があります。)

奨学金の応募
自分が対象となりうる奨学金に応募しましょう。大学3年の後期から募集を開始している奨学金もあるので、常に情報収集をするよう心がけましょう(私の場合、4月に応募した奨学金が承認されたのは8月で、出発の直前でした)。

大学2年5月 現地大学より申請が承認された旨、メールにて通知を受け取る。
大学2年6月 現地の住居を探し、申請する。
(寮か1人暮らしを選択することができます。また、寮の中でも1人部屋かシェアルーム化を選択することができます)

大使館にてビザ取得のための書類提出や写真撮影等
事前に大使館のアポイントメントを取る必要があるので、余裕を持って書類作成などを行いましょう。

大学2年7月 住居受け入れが承認された旨、メールにて通知を受け取る。
(申請が遅く埋まってしまっていたため、いくつかの住居には否認の旨のメールがあったため、現地大学からの受け入れ承認がされたら、なるべく早めに住居の申請をしましょう。)
大学2年8月 現地大学の学生として登録し、自分が現地で学びたい分野を選択する。

留学から帰国後、現地で取得した単位を早稲田大学の単位に変換するので、その分野が変換の対象となるか事前に確認しましょう。
単位が変換されないと、卒業に必要な単位数に達しない場合もあるので、変換可能か入念に確認しましょう。

大学2年9月 留学へ出発
授業が始まるまで、最低2週間は確保しましょう。

9月下旬に授業が始まる予定だったため、私は9月中旬に出発しましたが、現地の生活に慣れたり、イベントに参加したりするために9月初旬に出発すればよかったと後悔しています。

注意事項及びアドバイス

上記留学出発までのスケジュールでご紹介したように、留学にいくためには、膨大な量の準備をしなければなりません。

しかし、これらは最低限のto doであり、さらに注意すべきことや事前にやっておいた方が良いことはあります。

本章では、自らの経験をもとに、上記のスケジュールには書き留めることができなかった留学出発までの注意事項やアドバイスについて、解説していきたいと思います。

① 留学経験者と知り合う

留学から帰ってきた先輩から、経験したことを共有してもらうことはとても重要です。

自分が留学を予定している大学に留学していた先輩であれば理想的ですが、そうでなくとも自分が留学を予定している国に留学をしていた先輩にお話を伺うだけでも、不安やもやもやした感情を取り除くことができます。

早稲田大学では、毎年1月中旬に留学を予定している学生及び留学を希望している学生に向けたイベントが開催されます。

そこでは、留学経験者が集まるので、どのような経験をしたか、どのようなコミュニティに所属していたか、現地大学の授業の様子等々、情報を収集することができます。

私自身は、現地で参加することができるサッカーのコミュニティを探していたのですが、偶然、同じ大学に留学していた先輩も現地のサッカー団体に所属していたので、紹介してもらい、参加することができました。

私自身も留学から帰国した後、「留学アドバイザー」として留学を予定している学生に様々なアドバイスをしたり、相談に乗ったりしていました。

特に私が相談に乗っていた学生はコロナ禍で不安が多い中留学を志していたので、留学経験者として私が留学前にすベきだったことやしてよかったことなどを共有しました。

また、留学アドバイザーは留学前の準備に関することだけでなく、留学後(帰国後)のキャリアのことについても相談に乗ったり、イベントを開催しています。

そのため、留学の前後で様々なサポートをするなど、これから留学する生徒には大変助かる活動を行なっています。

また、グラスゴー大学にいく人が私含め2名いたので、もう1人の学生を紹介してもらい、互いに情報交換をしました。
特に現地大学からの受け入れ承認やビザの登録プロセスは不明なことばかりだったので、大変助かりました。

留学経験者や同じ大学に留学する人と連絡が取れなくとも、留学支援センターは留学経験者の報告書ウェブサイトに掲載しています。

現在はインターネットやYouTube等のツールでも情報収集を行うことは可能ですので、留学前になるべく不安を除去することができるように、準備を進めましょう!

② 留学先が決まってからが重要

 
留学先が決定したあとは、一息つくことができ、現地大学へのアプリケーションまでに半年ほどの時間があります。

私も留学先が決定する直前までは、英語試験(IELTS)の試験勉強をしていたので、大学2年の春まで、準備を怠っていました。

しかし、私は留学先が決定した後も、準備できることはあったなと少し後悔しています。
特に英語学習を継続するべきであったと感じています。

現地の授業を受けたり、日常生活で送るためのコミュニケーションはできるようになっていたものの、現地に到着後にまだ足りなかったと思ったことを今でも鮮明に覚えています。

早稲田大学では、現地大学で行うような英語でのレクチャーやディスカッションの授業を開講しているため、現地の授業を受けるつもりで参加することができます(単位を取得することもできます)。

終わりに

本記事では、早稲田大学で交換留学をする際に、どのようなスケジュール感で準備を進めれば良いのか、また準備期間中にどのようなことに留意すべきか、ご紹介しました。

ご紹介したように、膨大な量の手続きをこなさなければいけないので、上記のようなスケジュールやTo DO リストを作り自己管理することがとても重要だと思います!

留学に関連する手続きはわからないことも多く、不安になることもあるかもしれませんが、本記事が少しでもご参考になれば大変嬉しいです!

交換留学ではなく、語学留学をするのであれば、留学エージェントを利用するのがおすすめです。
>>【まとめ】イギリス留学エージェント20選&人気都市ランキング

follow us in feedly

バビ / 元DMM英会話講師
バビ / 元DMM英会話講師
早稲田大学政治経済学部政治学科 卒業

【資格】
・英検1級
・IELTS7.5

【経歴】
学生時代に英国へ留学。帰国後DMM英会話講師として、英会話及び文法を含む英検対策も実施しておりました(約2年間)。

現在は翻訳業、通訳業、執筆、企業講師など行っております。
お仕事のご相談はこちら→shunbb9201アットマークicloud.com

記事のご感想、お待ちしています。

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

英会話習得は「留学」を軸にすればうまくいく

英語勉強をがむしゃらに頑張る前に知っておくべきこと
ダイジョブドットコム 最も役に立った英語学習

「バイリンガル専門転職サイトのdaijob.com」が、ビジネス英語力のある300人に「最も役立った勉強法は何か?」と調査したところ、驚くべきことに、58%以上が「海外留学・長期滞在」と答えています。
もし、英会話習得するための魔法の杖があるとすれば、それは自習でも、国内の英会話スクールでもなく「留学」です。
実際に「留学」の効果の高さを証明するデータは、これ以外にも複数あります(英語学習の統計データまとめへ)。

留学日が決まれば、その日までにやるべき勉強が決まります。留学中は24時間英語漬けの毎日です。帰国後は英語への自信から、高いモチベーションを保ったまま学習を継続できます。

マナビジンでは「留学」を軸に「前後で集中的に英語学習する方法」を提案します。

夢だった英会話習得がぐっと現実的に近づく瞬間

スマ留のバナー
海外留学エージェント「スマ留」

それは留学日を決めたときです。
留学日が決まることで、はじめて真剣に英語学習に取り組めるようになるからです。

そのための最初の一歩は、留学エージェントのカウンセラーに相談することです。ワクワクする留学先を見つけ、仮でもよいので留学する日を決めましょう!そしてその日から逆算して、仕事も英語もプライベートも準備しはじめれば、今日からあなたの人生はより豊かになります!
初めて留学するなら、年間1万人以上の実績がある国内最大規模の留学エージェント「スマ留」がおすすめです。

30秒で予約完了!
\さらに詳しい情報は無料カウンセリングで/

大手留学エージェントおすすめ一覧はこちら
マナビジン内のスマ留紹介ページはこちら

こちらの記事もおすすめ

YouTube【英語字幕付き】英語学習におすすめ動画ベスト50 前半

英語教材というと、テキスト教材やアプリが主流ですが、YouTubeにも英語学習に関する動画がたくさんアップされています。...

今日から外国人と友達に!無料ペンパルアプリ&サイト15選

この記事では外国人と英語で国際交流ができるペンパル(文通)アプリやウェブサイトをご紹介します。 本格的な文通アプリ...

新着記事

広島の留学エージェントおすすめ【8社】⼝コミ評判まとめ

今回は対⾯で相談ができる広島の留学エージェントをご紹介します。 コロナ渦になりオンラインでのカウンセリングが主流に...

カテゴリー

0円でカナダ留学
スマ留限定、カナダワーホリプラン
カナダでワーホリするなら、スマ留の0円ワーホリプランがお得!「最低賃金保証、渡航前に就労先が決定、ポジションが複数から選べる」などメリットが多数。詳しくは以下の記事でご紹介します。
>>スマ留限定カナダワーホリ【0円留学】プランとは?