HOMEオリジナル英語教材ジブリde英文法「must, have to, should, had better」の違い|ジブリde英文法#12

「must, have to, should, had better」の違い|ジブリde英文法#12

「must」「have to」「should」「had better」。どれも「~しなければならない」という意味を表す助動詞ですよね。

でも、これらの単語、それぞれ少しずつニュアンスが違うのをご存じですか。実は、状況や伝えたい意図によってネイティブスピーカーは使い分けをしています。

英会話を上達させるには、英語のニュアンスを掴み練習する事が大切です。そして、楽しく続けることが何より重要です。

その勉強方法におすすめなのが、お気に入りのアニメを英語音声、英語字幕で観ることです。ドラマや映画よりもシンプルな英語が多く、英語の細かいニュアンスを掴むにはぴったりですよ。ジブリ映画で英会話を学ぶシリーズ。

今回は、「魔女の宅急便」を観ながら、「~しなければいけない」という時に使う「must」「have to」「should」「had better」の4つ言葉のニュアンスの違いと使い方を勉強しましょう。

*記事内の画像はジブリ公式サイトが提供している素材のみを使っています。そのため、画像と各英会話シーンがあまり一致していませんが、予めご了承ください(あくまで雰囲気を思い出してもらうために使ってます)。なお、ジブリの英語版は、海外在住であれば海外版ネットフリックス、国内であれば英語版DVD(アマゾンへ)で、英語音声・字幕を楽しめます。*リージョン要確認

mustの意味 必ず~しなければならない

話し手の意志によって、必ず~しなければならないというニュアンスで使われます。また、規則や法律によって決められていることに対して~しなければならない、と言う時に使われます。

早速ジブリの例をみてみましょう。
キキが空を飛んでお客さんに忘れ物を届けてパン屋さんに帰ってきた後、おソノさんが感心してキキに言うシーンです。

オリジナル(日本語):驚いちゃったよ。あんた、空飛べるんだねぇ。
英語訳:I must say, I nearly fainted when I saw you fly off.

おソノさんは、「I must say」、 直訳すると「私は言わなければならない」と言っていますよね。自分が必ず言いたいという強い意志を汲み取ることができます。言わないという選択肢は100%ない、つまり絶対に言う!というニュアンスから、mustが使われているのでしょう。

例:We must win this competition. (私たちは絶対にこのコンペに勝たなくちゃ!)
 
:You must finish your homework by tomorrow. (明日までに宿題を終えなければいけません。※先生が生徒に言うようなシーンです)

この様に、mustには話し手の強い意志のニュアンスがある分、相手に対して「You must ~」と言うと、とても強く命令の様に聞こえてしまいます。相手に対してmustを使う時は、会話の状況や関係性に気を付けてくださいね。

また、規則や法律で決められていることを言う場合には、この様に使われます。

例:You must wear a seat belt in the car. (車ではシートベルトを着用しなければなりません)
 :You must not smoke in this building. (この建物では決して喫煙してはいけません)
 ※否定形はmust +not +動詞の原形で決して~してはいけない」と強い禁止を表します。

have toの意味 ~しなければならない

自分の意志ではなく、周りの状況や環境によって~しなければならないというニュアンスで使われます。

ジブリの例をみてみましょう。

新しい街に修行にやってきたキキとジジ。初めての買物の後、今後の生活のお金に心配したジジが「お金、足りる?」と聞いた後、キキが答えるシーンです。

魔女の宅急便1

オリジナル(日本語):しばらくはパンケーキで頑張るしかないわね。
英語訳:We’ll just have to eat pancakes for a while.

2人は新しい街にやってきて、まだ収入の見込みがありません。限られたお金でやりくりしないといけない状況で、しばらくは贅沢をせずにパンケーキで我慢しないといけない、というニュアンスが見えますよね。

彼女たちの意志ではなく、状況によってそうしなければならない時に、have toが使われます。

例:I have to take care of my sister today. (今日は妹の面倒をみないといけないの)
 
You don’t have to work at Saturday. (あなたは、土曜日は働く必要がありません)

この様に、自分の意志とは関係なく、誰かに決められたことや(環境)、状況によってしなければならないニュアンスを表します。
※否定形ではdon’t have to +動詞の原形で「~する必要はない」という意味になります。

shouldの意味 ~した方が良い

~した方が良いという、相手に提案する時などに使われます。have toに比べて”~すべきである”という度合いが控えめの印象です。

例を見てみましょう。

熱が出て体調が悪く、「このまま死んでしまうのかしら」と心配するキキにおソノさんが言うシーンです。

魔女の宅急便3

オリジナル(日本語):そして、何か食べなきゃだめね。
英語訳:And you should eat something.

風邪を治すためには、辛くても何か食べた方が良いの、と、セリフが続きます。have toとニュアンスが似ていますが、もう少しアドバイスに近い印象ですよね。

この様にshouldは人に何かを提案する時や、良いことをおすすめする時によく使われます。

例:You should try this pasta! It’s great! (このパスタ食べた方が良いよ、すごく美味しい!)
 
You should not drink coffee before bedtime. (寝る前にコーヒーは飲まないほうが良いよ)
※否定文はshould + not +動詞の原形で「~しない方が良い」の意味になります。

had betterの意味 ~した方が良い(~しないと大変なことになるから)

had betterは~しないと良くないことが起きてしまう、ネガティブな結果を避けるために~した方が良い、という意味で使われることが多いです。

例をみてみましょう。

絵描きのお姉さんが、壊れてしまった猫のぬいぐるみを直してくれたシーンです。キキはこのぬいぐるみを、身代わりになっているジジと交換しに行かなければなりません。

魔女の宅急便2

オリジナル(日本語):さぁ、急いでジジ君を助けに行きな。
英語訳:You had better help Jiji before it’s too late.

before it’s too lateは直訳すると「手遅れになる前に」という意味です。つまり、急いで助けにいかないと、ジジを助けられないかもしれない、というニュアンスが含まれているのが分かりますか。

この様に、良くない結果を招かない為に~した方が良い、という意味でhad betterが使われているのだと思います。

どちらかというと、アメリカ英語でよく使われる言い方で、会話では「I had better」が省略されて「I’d better」、「You had better」は「You’d better」と発音される事が多いです。

例:You had (You’d) better bring an umbrella. It’s going to rain.
(傘持って行った方が良いよ。雨が降るから。)
 
:I had (I’d) better not leave my bag in the car. Someone might steal it.
(車にかばんを置いとかないほうが良いな。誰かに盗まれるかも。)
※否定文は、 had better + not +動詞の原形で、「~しない方が良い」の意味になります。

まとめ

「must」「have to」「should」「had better」のそれぞれのニュアンス、掴めましたか?

実際の英会話ではここまで厳密に使い分けされているわけではありませんが、それぞれのニュアンスのポイントを押さえていれば、より理解が深まるでしょう。

さらに、状況に応じて使い分けができると、表現の幅が広がり、より細かいニュアンスを表現できる英会話ができるようになりますよ。ぜひ、自分の身の回りの事に置き換えて、練習してみてくださいね。

follow us in feedly

マナビジン編集部
マナビジン編集部
マナビジン編集部チームでは「英語が伝わる楽しさをより多くの方へ」をモットーに英語学習や英語を使ったキャリアに関する情報発信を行っています。

引き続きお楽しみに!
0 0 votes
この記事はお役に立ちましたか?よかったら評価とコメントをお願いします。
guest

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

こちらの記事も読まれてます

編集長 おすすめ記事

海外出稼ぎ特集

海外留学特集

フィリピンセブ島観光・旅行【決定版】絶対にするべき39スポット&アクティビティ 

こちらの記事ではフィリピンの「セブ島観光・セブ島旅行」を知り尽くした筆者が、旅行者、留学生、そして在住者も楽しめる様々な...

フィリピン留学・セブ島留学おすすめ語学学校【2023年版】

この記事では英語留学として、フィリピン・セブ島留学を検討している方へ、2022年の再開予定または再開済みの語学学校や、新...

フィリピンセブ島留学エージェントおすすめ21社【2023年版】

フィリピン留学・セブ島留学エージェントを利用すれば、プロのカウンセラーに相談しながら希望の学校に留学することができます!...

カナダ留学エージェントおすすめ【29選】ワーホリ、Coop留学も対象

「カナダに留学したいんだけど、どこのカナダ留学エージェントがおすすめ?」 「ワーホリに強いカナダ留学エージェントはどこ...

アメリカ留学エージェント30社【徹底比較】無料・有料含む

この記事では手数料無料・有料含めた「アメリカ留学エージェント」を30社リストアップし、徹底比較! その中で、おすすめの...

今日のおすすめ記事

迷ったらこれ【NHKラジオ講座】英語初心者に最適な2つの理由

私が英語の初級者~中級者に「英語の勉強を始めようと思うんだけど、何からやったらいいかな?」と聞かれたら、間違いなく「NH...

知らないと損!エビングハウス忘却曲線による英語勉強法と復習のタイミングとは?

人間であれば誰しも物事を忘れてしまいます。英語学習も例外ではなく、覚えた単語やフレーズを数日後には忘れてしまったという経...

iae留学ネットはどんな留学エージェント?特徴・口コミ評判をまとめました

iae留学ネットはオーストラリアに本社を置いている留学エージェントで、世界13ヵ国60カ所以上にオフィスを構えています。...

国別英語力ランキング【2018年版】英語の発音が魅力的な国ランキング

ここでは、EFが発表した2018年の英語能力指数(国別の英語力比較ランキング)のデータを見ながら、アジアの英語力、および...

マレーシア留学エージェント15選 マレーシア留学の費用、メリット・デメリットもご紹介

「マレーシア留学にかかる費用ってどれくらい?」 「マレーシアに留学して英語を学ぶってどうなの?」 「マレーシア留学経...

英会話力を伸ばす【英作文学習法】添削、参考書、効果的な勉強のコツ

英会話を上達させたいけれど何をやればよいかわからない、オンライン英会話をやっているけれども中々上達が実感できない、という...

翻訳家になる方法#06 出版翻訳に関するQ&A 印税、翻訳方法、スケジュールなど

こんにちは! これまでひと通り、出版翻訳に関する経験や事情についてお話ししてきましたが、今回の記事では一般に疑問を...

現役外資コンサルが解説「なぜあなたはUSCPA(米国公認会計士)を取得すべきなのか?」

今学んでいる英語を使って将来仕事に役立てたい!と思っている方は多いのではないでしょうか? そもそも、英語を学ぶ一番...

大阪のおすすめ英会話カフェ9選 費用、営業時間、特徴をまとめました

「英語話したいけど、何から勉強すればいいんだ?」 仕事で突然英語が必要となったけど、どう勉強していけばいいか悩む方...

使える!英語フレーズ集

新着記事

英会話習得は留学から始めるとうまくいく!その理由とは?

あなたは今まで、英会話を身につけるために懸命に努力を重ねてきたけれども、残念ながら挫折した経験をもってはいませんか? ...

「DeepL Write」は何が違う?人気翻訳ツールを徹底解説!アプリ版もあり

昨今、ITの進化に驚きを隠せません。とくに言葉や文字に関する技術は日々進化しており、波に乗らないとあっという間について行...

ChatGPTで英語学習!添削・翻訳・英会話練習のための使い方13選

2022年11月にChatGPTというサービスがローンチされました。このAI、我々の仕事も根底から変えるくらい破壊力があ...

語学留学って意味がない?留学のメリットと、留学を無意味にしてしまうNG行動を解説!

突然ですが、語学留学って意味がないと思いますか? さっさと結論から言います。 語学留学は意味がない・・・なん...

ワーホリはないけど働ける!?魅力たっぷりアメリカ留学と就労事情

アメリカを舞台にした90年代の映画作品に、『グリーンカード』というロマンチックコメディがありました。 フランスから...

最近のコメント