海外留学

ワーホリ

独学勉強

フレーズ

留学したいけど費用が高い...それなら!?
spot_img
留学マナビジンワーキングホリデーワーホリ基礎知識オーストラリアワーホリ【2024年】費用・仕事・ビザがわかる

オーストラリアワーホリ【2024年】費用・仕事・ビザがわかる

最近、円安と海外旅行の再開の影響で、ワーキングリデー(以下ワーホリと略)が再燃しています。
特にワーホリの行き先として人気なのがオーストラリアです。

オーストラリアは気候が暖かい、時差が少ない、ワーホリビザで長期滞在できることから人気No.1のワーホリ先です。

この記事では、そんなオーストラリアのワーホリについて下記の情報をご紹介します。

  • オーストラリアのワーホリビザ取り方、延長の仕方
  • オーストラリアにワーホリに行くメリット・デメリット
  • オーストラリアのおすすめ都市・語学学校・留学エージェント
  • ワーホリの費用の目安
  • 渡航するまでに準備するべきこと

まずは一番気になるワーホリ費用をご紹介します。
個人差がありますが、年間でおよそ100〜200万円です。下記がその内訳です。

– 渡航費 6〜15万円
– 語学学校への入学金:約15,000円
– 授業料:約30,000円/週
– 教材費:約900円/週
– 食費:約50,000円/月
– 滞在費:約9,000〜32,000円/週
– ワーホリビザ:約47,000円
– 通信費:約4,000円/月
– 交通費:約10,000円/月
– 海外旅行保険への加入:140,000〜200,000円/年

ここからワーホリで稼げる費用で相殺すると、半年から1年で実質マイナス50万円から100万円ぐらいで収まります。
もちろん、ワーホリ期間が長かったり、語学学校に通う期間が短ければ、費用を完全相殺できたり、貯金をして帰国することも可能です。

この記事を読めば、ゼロから渡航までオーストラリアワーホリについてイメージできるようになるでしょう!

オーストラリアのワーホリでできること3選

まずはオーストラリアのワーホリでできる3つのことを紹介します。

稼ぎながらオーストラリアを満喫

超円安は2022年に一気に進み、労働によって得られる賃金は日本よりもはるかに多い結果となっています。そのため、今や同じ仕事内容であっても、海外で働くことで日本の賃金の2倍以上を手にできることも、珍しいことではありません。

特にオーストラリアでは、給与水準は世界でも高く設定されており、アルバイトの最低時給は$23.23なので、$1=約94円で計算すると時給約2,200円にもなるのが魅力。

超円安の今、しっかりと稼ぎながらオーストラリアを満喫できるのです。

最長3年の滞在も可能

オーストラリアでは、最長3年滞在することが可能。少しでも長く稼ぎたい、海外を満喫したい方におすすめです。

語学学校で英語力を伸ばす

ワーホリの場合、最大「4ヶ月/17週間以下」語学学校に通うことが可能です。働きながら通うもよし、最初の1、2ヶ月しっかり通って語学力を高めて働くのもおすすめです。

特に超円安の今、オーストラリアへ働きに行く人が多いので、最初にしっかりと英語力を身につけるのがおすすめです。

オーストラリアワーホリのメリット7選

オーストラリアにワーホリに行くメリットは下記の7つです。

  •  世界で最も最低賃金が高いから貯金ができる
  • 最長3年間滞在できる
  • 「世界で最も住みやすい街」がたくさんある
  • 日本と時差が少ない
  • 多国籍文化なので留学生も馴染みやすい
  • 治安が良い
  • 観光スポットが豊富

それぞれのメリットについて詳しく見ていきましょう。

世界で最も最低賃金が高いから貯金ができる

ワーホリ出稼ぎ スマ留
オーストラリアの最低賃金の高さは世界一であると言われています。2022年11月現在で、最低賃金は21.38ドル/時です。これは日本円に換算すると1,900円程度になります。

残念ながら、物価も比較的高いので、この最低賃金が良いかどうかと言われると疑問ですが、現在は円安が急速に進んでいます。オーストラリアでお金を稼ぎ、将来的に日本に戻ってくると考えているのであれば、日本に帰国して稼いだお金を日本円に換えたら大きな蓄えになるでしょう。

しかし、ワーホリに行ってすぐに仕事が見つかるとは限りません。念のために2〜3ヶ月分ほどの生活資金を持ってワーホリに行くことがおすすめです。

最長3年間滞在できる

上記にもありますが、オーストラリアのワーホリは、条件を満たせば、最大2年延長することができます。3年間もワーホリができる国は、2022年現在、オーストラリアだけです。

コストを抑えて、少しでも長く海外生活を楽しみたい方には、オーストラリアのワーホリが最もおすすめです。

「世界で最も住みやすい街」がたくさんある

毎年、英エコノミスト誌によって、世界中の140以上ものの都市を対象に「世界で最も住みやすい街ランキング」という統計をとっています。このランキングは、治安、医療、環境・文化、教育、そしてインフラの5項目を元に算出しているものです。

2021年のランキングでは、オーストラリアの4都市がトップ10にランクインしました。

3位:アデレード
6位:パース
9位:メルボルン
10位:ブリスベン

ちなみに、日本は大阪が2位に、東京が5位にランクインしています。

日本は世界で最も治安がよく、便利で暮らしやすい国の1つであると認識されていますが、この結果を見ると、オーストラリアも大差ないことがわかるでしょう。オーストラリアは安心して暮らせる国です。

日本と時差が少ない

オーストラリアは広大な国なので3つのタイムゾーンがあります。さらに、サマータイムを導入している州もあるので、夏(10〜4月)はさらにプラス1時間の時差が広がります。

しかし、それでも日本との時差は-1〜+2時間です。時差が少ないことで、時差ボケになる心配も必要ないですし、日本の家族や友人といつでも連絡が取れるというメリットがあります。

多国籍文化なので留学生も馴染みやすい

OECDの調査によると、世界で1番、外国人留学生の比率が高いとされるオーストラリア。留学生の受け入れにも慣れているため、グローバルな学習環境が整っており安心して学校生活をおくることができます。

留学生だけでなくオーストラリアには移民も多く多国籍文化が根付いており、労働人口における他国出身労働者の割合も高く、就労をするという点においても国籍が弊害になることは少ないのが魅力です。

治安が良い

海外に住む際、治安を心配される方も多いかと思いますが世界的にみてオーストラリアは治安が非常に良い国です。銃の規制も厳しく、昼夜問わず警察官が巡回し犯罪の抑止にも取り組んでいます。また、インフラやサイバーセキュリティもレベルが高く、安心して生活できます。

Safest Cities in the World 2023の最新の情報でも、治安の良い都市トップ10のなかに、シドニー(5位)、メルボルン(10位)がランクインしており、ワーホリ先として非常におすすめです。

観光スポットが豊富

オーストラリアにはたくさんの観光スポットがあるのが魅力。雄大な自然を感じられるエアーズロック、ハートの形で有名なサンゴ礁のグレートバリアリーフ、シルエットが美しいシドニーのオペラハウスなどの誰もが知っている有名な観光スポットもあります。

自然から近代建築など幅広いジャンルのものがあるため、休日の観光スポット探しには困りません。

オーストラリアのワーホリにおすすめな都市7選

オーストラリアにワーホリに行く際におすすめな都市をご紹介します。

シドニー

オーストラリアワーホリ【2023】費用・申請・仕事探しまで完全ガイド
多くの人がシドニーをオーストラリアの首都だと勘違いしていますが、違います。しかし、オーストラリアの文化や経済の中心地はどこかと聞かれたら、間違いなくシドニーでしょう。

大都市であるため、仕事も見つけやすいですし、語学学校もたくさんあります。まずはシドニーにワーホリに行くことがおすすめです。

メルボルン

Melbourne skyline looking towards Flinders Street Station
メルボルンは、以前「世界で最も住みやすい街ランキング」で7年連続で1位をとったことがある都市です。

オーストラリア国内では、シドニーに次ぐ大都市であるため、仕事も見つけやすいです。

また、イベントの街としても知られており、「全豪オープン」や「F1」など国際的なイベントが数多く開催されており、飽きることがない街です。

ブリスベン

Brisbane River and City, Australia
ブリスベンは、クイーンズランド州の州都で、オーストラリア国内で3番目に大きな都市です。

年間を通じて温暖な気候を楽しむことができます。また、ブリスベン、ケアンズ、ゴールドコーストは、オーストラリア国内でも、比較的日本人が多い地域であるため、初めての留学体験であっても安心です。

ケアンズ

ケアンズは日本から1番近いオーストラリアとも呼ばれており、日本のほぼ真南にあります。

ケアンズには自然世界遺産のグレートバリアリーフと熱帯雨林があることでも有名。ダイビングや熱帯雨林散策など、アウトドア派や自然を満喫されたい方におすすめの都市です。

ゴールドコースト

ゴールドコーストの魅力はなんといっても美しい海。気候は1年を通して温暖で過ごしやすく、年間300日以上晴天であると言われており、いつでもマリンスポーツを楽しめます。

オーストラリアの中でも、世界中から観光に訪れる方が多い人気のスポット。日本食レストランも数多くあるため、仕事探しもしやすいのが魅力。

アデレード

南オーストラリア州の州都のアデレード。人口は約120万人とパースに次いで第5位の都市でありながら、日本人は少な目です。現地の方や日本以外の国の方と交流を深めたい方におすすめの都市です。

日本人にはあまりなじみの無い都市かもしれませんが、国際的に評価の高い教育機関が充実しており、学園都市として認識されています。

パース

オーストラリア第4の都市で、西オーストラリア州の州都であるパース。世界一住みやすい街に選ばれたこともあり、雄大な自然と美しい街並みが広がる魅力溢れる都市です。

街中にはショッピングモールやレストランなどが充実している一方で、少し足をのばせば豊かな自然を満喫できます。イルカやマンタなどに出会えるチャンスのダイビングスポットも多数あります。

オーストラリアのワーホリビザの申請条件

オーストラリアは、他の国とは異なり、ファーストだけでなく、セカンド、そしてサードとワーホリビザが3種類あるので、それぞれの違いや申請するための条件なども知っておきましょう。

オーストラリアのワーホリビザに申請するための条件は下記の通りです。

  • 12ヶ月まで滞在することができる(ファーストワーホリビザの場合)
  • ビザが有効である間は、自由に出入国できる
  • 18〜30歳であること
  • 1つの就業先につき最大6ヶ月まで就業することができる
  • 最大4ヶ月まで就学できる

1回目のワーホリビザ

下記の表は、1回目のワーホリビザを取得するために必要な情報をまとめたものです。

ビザを申請するための条件 –   18〜30歳であること
–   健康であること
–   子どもを同伴しないこと
–   初めてのオーストラリアでのワーホリであること
–   十分な資金があること
(銀行口座に5,000〜7,000ドル、
48~67万円以上の残高があること)
–   渡豪するまでにビザの申請を済ませていること
ビザの申請費用 $510 (約49,000円)
ビザの有効期限 ワーホリビザが発行されてから
1年以内に入国すること。
そして入国してから1年間ビザが有効。
オーストラリア滞在中のルール –   1つの就業先で最大6ヶ月まで就業可能。
フルタイムでの勤務もできる
–   4ヶ月間(17週間)の語学学校への就学が可能
定員の制限 なし

2回目のワーホリビザ

2回目のワーホリビザ(セカンド・ワーホリビザ)はオーストラリア政府が指定する場所で88日以上就労することで得ることができます。

オーストラリア政府が指定する場所とは主に下記の分野の仕事です。

  • 動植物の栽培
  • 漁業
  • 真珠の養殖
  • 林業
  • 採掘
  • 建設作業
  • 農業

下記の表は、2回目のワーホリビザを取得するために必要な情報をまとめたものです。

ビザを申請するための条件 –   18〜30歳であること
–   健康であること
–   十分な資金があること
–   雇用主との契約書を提出できること
–   オーストラリア政府が指定する地域での
88日以上の労働を証明する書類が提出できること
–   オーストラリア国内でビザの申請をした場合、
ビザが発行されるまでオーストラリア国内に滞在していること
ビザの申請費用 $510 (約49,000円)
ビザの有効期限 1回目のワーホリビザが発行された日から2年間有効
オーストラリア滞在中のルール –   1つの就業先で最大6ヶ月まで就業可能。
フルタイムでの勤務もできる
–   4ヶ月間(17週間)の語学学校への就学が可能
定員の制限 なし

3回目のワーホリビザ

3回目のワーホリビザ(サード・ワーホリビザ)は、オーストラリア政府が指定する場所で6ヶ月以上就労することで得ることができます。

下記の表は、3回目のワーホリビザを取得するために必要な情報をまとめたものです。

ビザを申請するための条件 –   18〜30歳であること
–   健康であること
–   十分な資金があること
–   雇用主との契約書を提出できること
–   セカンドワーホリの間にオーストラリア政府が
指定する地域での半年以上の労働を証明する書類が提出できること
–   オーストラリア国内でビザの申請をした場合、
ビザが発行されるまでオーストラリア国内に滞在していること
ビザの申請費用 $510 (約49,000円)
ビザの有効期限 1回目のワーホリビザが発行された日から3年間有効
オーストラリア滞在中のルール –   1つの就業先で最大6ヶ月まで就業可能。
フルタイムでの勤務もできる
–   4ヶ月間(17週間)の語学学校への就学が可能
定員の制限 なし

ワーホリビザの申請の手続き

ワーホリビザの申請の手続き
次に、オーストラリアのワーホリビザ申請の手続きの方法、注意事項、そして必要なものを説明します。

ワーホリビザの申請方法と注意事項

ワーホリビザの申請はオンライン上で行います。

まずは、オーストラリア大使館のホームページ内にあるImmiAccountというオンラインシステムに登録してください。

なお、オーストラリアのビザの申請は全て英語で行われます。質問も多いので、時間がかかるかもしれません。

日本の大使館を頼ることはできないので、もしビザの申請が不安である場合は、留学エージェントに代行してもらうことをおすすめします。

オーストラリアワーホリにおすすめの留学エージェントは、記事の後半ご紹介しています。

下記はビザ申請の大まかな流れです。

  1. ImmiAccountに登録
  2. ビザ申請フォームの入力
  3. パスポートのコピーと銀行の残高証明のデータのアップロード
  4. クレジットカードでの支払い
  5. ビザの発給
  6. 健康診断(オーストラリア側からの指示があった人のみ)

ビザ発給の結果は、メールで通知されます。ビザ申請の許可が降りてからでないと、オーストラリアに入国できないので気をつけましょう。

ビザの発給は申請から3日〜2ヶ月です。長引く可能性もあるので早めに申請してください。

場合によっては、オーストラリア政府より健康診断の受診を求められる場合があります。その際は、速やかに大使館側が指定する病院で健康診断を受けましょう。

ワーホリビザ申請時に必要なもの

ワーホリビザを申請する際に必要となるものや書類は下記の通りです。

  • パスポート
  • クレジットカード(Visa, MasterCard, DinersClub International,JCB, American Expressのいずれか。自分の名義のカードでなくても大丈夫。)
  • 英文での残高証明(オーストラリアドルでの記載が望ましいが、日本円での記載も可。)

オーストラリアワーホリの仕事探しと必要な英語力

ワーホリとは?
ワーホリで就業することができる仕事は、あなたの英語力によります。
ここでは、英語力を初級と中〜上級に分けて、それぞれのレベルでできる仕事について紹介します。

初級レベルの英語力でできる仕事

下記は、初級レベルの英語力でできる仕事です。

  • カフェやレストランでの接客サービスやキッチンハンド
  • 日本食レストランでの接客サービスやキッチンハンド
  • 日本人観光客へのツアーガイド
  • 日系のお店の店員
  • 農場でのピッキングやパッキング

中〜上級レベルの英語力でできる仕事

続いて、中〜上級レベルの英語力でできる仕事は下記の通りです。

  • 日本人観光客へのツアーガイド
  • オフィス勤務
  • 現地カフェやレストランでの接客サービスやキッチンハンド
  • ベビーシッター
  • 日本語教師アシスタント
  • ホテルでのインターン

言うまでもありませんが、英語力が高いほど、賃金も高くなるので、出発前に少しでも英語力を磨いておきましょう。

英語力に自信がない方はフィリピン留学もおすすめです!
>>フィリピン留学完全ガイド【2024年版】魅力は費用が安いだけじゃない!

オーストラリアのワーホリに関するQ&A

オーストラリアのワーホリのメリットは?
一つ目は時給の高さです。オーストラリアの最低時給は21.38ドル/時で、日本円にすると1,900円です。円安の今は特にメリットが大きいです。そのほか、最大3年間滞在できること、住みやすい街、日本と時差がないことが挙げられます。
オーストラリアのワーホリにかかる費用は?
オーストラリアのワーホリにかかる費用は個人差がありますが、年間でおよそ100〜200万円です。下記がその内訳です。

– 渡航費 6〜15万円
– 語学学校への入学金:約15,000円
– 授業料:約30,000円/週
– 教材費:約900円/週
– 食費:約50,000円/月
– 滞在費:約9,000〜32,000円/週
– ワーホリビザ:約47,000円
– 通信費:約4,000円/月
– 交通費:約10,000円/月
– 海外旅行保険への加入:140,000〜200,000円/年

オーストラリアでのワーホリで注意する点は?
ビザの申請はすべてオンライン上で英語にて行います。不安な方はエージェントに頼むといいでしょう。また、ビザの発給は申請から3日〜2ヶ月ほどです。長引く可能性もあるので早めに準備するようにしましょう。

いかがでしたか?

この記事を読んで、オーストラリアへのワーホリのイメージをより具体的に思い描けるようになってもらえれば幸いです。

オーストラリアにワーホリに行くと決めたのであれば、考えるのではなく、行動しましょう!

皆さんのオーストラリアでのワーホリが大成功に終わることを願っています。

PS.オーストラリアにワーホリするなら、オーストラリアワーホリに強い留学エージェントに相談してみよう!
>>ワーホリエージェントおすすめ【10社】失敗しない選び方をご紹介します

 ワーホリ渡航後の働き口を確保したい方へ
留学エージェントのスマ留では、渡航後すぐの働き口の確保ができるプランが用意されています。人数限定のため、思い立ったらまずは無料相談してみてください。
スマ留にワーホリの無料相談をしてみる>>
Yui / オーストラリア
Yui / オーストラリア
オーストラリアメルボルン在住のフリーランスライター。様々なジャンルの記事を執筆しているが、得意ジャンルは、英語、英会話、教育、留学、オーストラリア、オーストラリアへの移住。

日本の公立高校で英語教師を8年間務めた後、オーストラリアのモナッシュ大学に大学院留学をして観光学を専攻。大学院卒業後は現地企業にデジタルマーケターとして採用された。SNSマーケティングやSEO対策に関する知見がある。オーストラリア在住歴4年。

日本とオーストラリアの架け橋になることが夢。

円安でも安く留学するならスマ留

円安の影響で費用が1.25倍!? でもスマ留ならまだ安い!

円安の影響で2年前に比べて留学費用は1.25倍(120円→150円)になりました。多くのエージェントが値上げをする中、実はスマ留はまだ1ドル120円台の価格で申し込めます!(10月時点)
留学に興味がある方は、今すぐ以下のボタンをクリック。

\ 30秒で無料カウンセリング予約できる/

11ヵ国の留学費用がすぐわかります。

同じカテゴリーの記事

セブ島観光アクティビティ39選!おすすめ順にやることを独自ランキング

こちらの記事ではフィリピンの「セブ島観光・セブ島旅行」を知り尽くした筆者が、旅行者、留学生、そして在住者も楽しめる様々な...

【セブ島留学完全ガイド】費用・持ち物・おすすめの学校54校も解説

「セブ島に留学を決めたけれど、学校の数が多すぎて選べない違いがわからない!」 「人気校やおすすめの語学学校はどこ?」 ...

フィリピンセブ島留学エージェントおすすめ9選【2024年】

この記事ではおすすめの「フィリピン・セブ島留学エージェント」を独自に厳選してご紹介します。 留学エージェントは、あ...

セブ島観光アクティビティ39選!おすすめ順にやることを独自ランキング

こちらの記事ではフィリピンの「セブ島観光・セブ島旅行」を知り尽くした筆者が、旅行者、留学生、そして在住者も楽しめる様々な...

YouTube【英語字幕付き】英語学習におすすめ動画ベスト50 前半

英語教材というと、テキスト教材やアプリが主流ですが、YouTubeにも英語学習に関する動画がたくさんアップされています。...

TOEICの点数別【英語を使う仕事12選】36人に聞いてわかった高収入を得るヒント

「英語はこれからの時代必須だよ!」 ちまたでよく聞かれる話題だと思います。しかし、やや具体性に欠けてますよね。 ...

ワーホリ特集

ワーキングホリデー26ヶ国一覧表《2024》費用・期間・年齢・ビザ条件などまとめました

ワーキングホリデーという言葉を耳にしたことはありますか?旅行ではなく、現地の人と関わりながら一定期間現地で暮らしてみたい...

ワーホリエージェントおすすめ10選【2024年】実体験を元に徹底解説

「おすすめのワーホリエージェントが知りたい」と考えていませんか。 特に初めての海外渡航の場合、エージェント選びは慎...

ワーキングホリデーできない40代・50代【海外で働く】7つの方法

40代・50代の方、子育てなどのライフイベントが一段落し、新たなチャレンジを海外でしてみたいとお考えですか? 海外...

オーストラリアワーホリ【2024年】費用・仕事・ビザがわかる

最近、円安と海外旅行の再開の影響で、ワーキングリデー(以下ワーホリと略)が再燃しています。 特にワーホリの行き先として...

カナダワーホリ【2024年版】費用、出稼ぎ方法をご紹介!

「カナダのワーホリってどれくらい費用がかかるの?」 「出稼ぎでカナダのワーホリをするなら、どれくらい稼げるの?」 「...

おすすめ記事

セブ島観光アクティビティ39選!おすすめ順にやることを独自ランキング

こちらの記事ではフィリピンの「セブ島観光・セブ島旅行」を知り尽くした筆者が、旅行者、留学生、そして在住者も楽しめる様々な...

YouTube【英語字幕付き】英語学習におすすめ動画ベスト50 前半

英語教材というと、テキスト教材やアプリが主流ですが、YouTubeにも英語学習に関する動画がたくさんアップされています。...

TOEICの点数別【英語を使う仕事12選】36人に聞いてわかった高収入を得るヒント

「英語はこれからの時代必須だよ!」 ちまたでよく聞かれる話題だと思います。しかし、やや具体性に欠けてますよね。 ...

【セブ島留学完全ガイド】費用・持ち物・おすすめの学校54校も解説

「セブ島に留学を決めたけれど、学校の数が多すぎて選べない違いがわからない!」 「人気校やおすすめの語学学校はどこ?」 ...

今日から外国人と友達に!無料ペンパルアプリ&サイト15選

この記事では外国人と英語で国際交流ができるペンパル(文通)アプリやウェブサイトをご紹介します。 本格的な文通アプリ...

英語の略語・スラング【168選】チャットやメールで使われる短縮表現まとめ

外国人とチャットやメールのやり取りをしていると、たまに出て来る意味の分からない略語(短縮表現)やスラング。 今回は...

理解しやすさ最優先!おすすめ英語Podcastランキング【24選】

初心者向けの英語学習用おすすめポッドキャスト(Podcast)をランキングでご紹介。 ポッドキャストとはインターネ...

【419人に聞く】英語学習目的ランキングTOP10!日本人が英語を学ぶ理由とは?

あなたが英語を学ぶ目的は何ですか? ・転職・就職のため ・昇進のため ・外国人の友達が欲しいため ・必要に迫...

英語学習・英会話Youtuberチャンネル【49選】国内ランキング-2024年版-

英会話が学べる日本国内の英語学習系YouTubeチャンネルを、2022年11月時点での登録者数でランキングにしてまとめま...

英語の【文法用語一覧表】noun verb adjectiveなどの意味139用語

英会話レッスンを受けている最中、 「文法に関する質問をしたいけど、そもそも英語でなんて言うのかわからない!」 ...

新着記事

夏休みの親子留学【2024年版】費用、おすすめ4ヵ国がわかる!

「留学」と聞くと、高校生や大学生など、ある程度大きくなった年齢の学生の方が1人で行くイメージが強いかもしれません。 ...

アメリカ留学保険はどこがいい?現地で実際どのように使うか、実体験とともにお伝えします。

私はロサンゼルスに今学期から留学中の社会人留学生です。 渡米前のさまざまな準備の中で、ともすると疎かになってしまう...

月間英語ニュース【24年2月】英語力の上がるメルマガ、英検問題形式リニューアルなど8選

この記事では英語教育・英語学習に関連する情報をマナビジン編集部がセレクトし、コメントとともにお届けします。 ...

EFを通じて南アフリカ留学へ!私の留学エージェントの選び方

私は現在都内大学に通う女子大生です。大学では国際関係学や発展途上国の社会問題等を学んでいます。 2022年度は大学...

大谷翔平選手がアンバサダーのECC英会話、海外留学も強い理由とは?

日本だけでなく、海外で有名な日本人としても挙げられるメジャーリーガーの大谷翔平選手。先日のMVP授賞式では、流暢な英語で...

Duolingo English Testの概要と対策は?5000校以上の大学で利用している今注目のAIテスト

テレビCMでもよく目にするDuolingo。無料の教育ウェブサイトやアプリを提供している企業です。とくにアプリは気軽に英...

月間英語ニュース【24年1月】子どもに留学させたい小学生保護者は〇割!?など16選

この記事では英語教育・英語学習に関連する情報をマナビジン編集部がセレクトし、コメントとともにお届けします。 ...

月間英語ニュース【23年12月】世界大学ランキング、春休み留学プログラムなど17選

この記事では英語教育・英語学習に関連する情報をマナビジン編集部がセレクトし、コメントとともにお届けします。 ...

英検準一級ライティングの直前対策!今すぐできる効果的な学習法

英語のボキャブラリーを増やすのは大変な努力と時間がかかります。英検準一級の過去問を初めて見た人は、横並びになっている4つ...

大学院留学向けJASSO奨学金制度【2024年版】応募要項と書類作成のコツは?

大学卒業を間近にしている大学3年、4年生の学生さんは、2020年春からの「コロナ禍」で海外留学を諦めた人もいるでしょう。...