マルタ留学エージェント

マルタはイタリアの南、地中海に浮かぶ小さな島国です。ここ数年語学留学先にマルタを選ぶ人が増えています。マルタの特徴とおすすめの留学エージェントをご紹介します。

1.マルタの特徴(基本データ)

・地理
マルタの地図
イタリアのおよそ93km南、地中海にある小さな島国です。首都はバレッタ(Valetta)で街が世界遺産になっております。人口は約42万人で、面積は東京23区の半分に値する316km²と狭い島国です。

マルタ島とゴゾ島に分かれているのですが、マルタの方がにぎやかな印象がつよく、ゴゾの方が素朴な雰囲気が強いです。

・治安
治安は近年よくなっており、夜に外出しても問題はありません。ヨーロッパの中でも治安は良い方といえ、日本並みの治安の良さといえます。最低限のことをしっかりと守っていれば、必要以上に警戒をする必要はありません。

・時差
日本との時差は8時間となっており、3月の最終日曜日から10月の最終日曜日まではサマータームが実施されており、日本との時差は7時間となります。

・気候
地中海性気候であり、夏は雨量が少なく、冬は偏西風の影響により11月から2月までは雨期となります。夏は雨量が少ない上に、亜熱帯高圧帯にあたるため日差しが強く乾燥しやすいので、お肌のケアが特に大切です。

年間を通して最低気温は10度を下回ることはほとんどなく、厳しい寒さというわけではないのですが朝晩の温度差が激しいため、昼間の恰好のまま夜外出するのはよくありません。ジャケットなどの防寒具が必要となります。

夏は30度を超えることが多く、さらに日差しが強いためサングラスや、日焼け止めを準備するようにしてください。

・言語
マルタの公用語は英語となり、地中海周辺の国では珍しい国となっています。これはマルタがイギリスの統治下であったことが影響しています。またマルタ語を話す人も多くおり、イタリア語も通じます。

・通貨
マルタは2008年1月1日より、通貨がこれまでのマルタ・リラからユーロになりました。2018年4月12日の時点で、1ユーロは132円となっております。

マルタではほとんどの商品を購入すると、IVAと呼ばれる付加価値税がかかり18%と高額になっています。ECでは最低の額のVATで15%なので、マルタは低い税率の方です。しかし手続きをすれば税金が還付されるシステムがあります。帰りに空港で手続きを忘れないようにしましょう。

1件で55ユーロ以上の金額になるものを合わせた金額が、315ユーロを超えたら、税金還付が可能となります。55ユーロ以下の領収書を集めて315ユーロを超えても、適応となりません。55ユーロを超えた買い物をした場合は、領収書を保管するようにしてください。物品の購入だけが適応となり、食事代などは含まれないので注意が必要です。

・世界遺産
マルタ島にはハル。サフリ二エ地下墳墓があります。紀元前2,500年前に建築されたといわれ、面積は500平方メートルの大変大きな地下構造物です。

2.なぜマルタ留学なのか

マルタ留学のメリット

生活環境の良さ

マルタ留学エージェント
近年地中海に浮かぶ小さな島国マルタは、留学先としても注目され始めています。首都ヴァレッタは、街全体が世界遺産となっているなど見どころが多い点もその理由の一つですが、住むという点で、気候の良さと治安の良さがあげられます。

ヨーロッパの中でも暮らしやすい環境になるのです。また公用語が英語のため、英語を勉強する人にもおすすめです。他にもマルタ語やイタリア語も通じるため、色々な勉強をすることができます。

マルタの食事は、イタリアの影響からかパスタやピザがメインとなっています。また価格もあまり高くないため、留学生によってはありがたいものとなっています。ヨーロッパであれば、なかなか日本人の口にあわない、また高価なところも多いのですが、マルタは食生活の面でもあまり心配がないのです。

落ち着いた環境で、気候も夏は日本と同じくらい、冬も10度を下回ることなく、治安もよい環境で英語を勉強することができるのです。

物価の安さ

またマルタの物価はアメリカの大都市やイタリアに比べても安いことが多いのです。1ユーロは130円~135円のあたりで変動することが多いのですが、ベーカリーでパンを買うと100円以下、スーパーで購入すると30円から50円のものが多くなっています。

またミネラルウォ―ターが2リットル入りが6本で2ユーロと大変安くなっています。日本であれば、2リットルのペットボトルで200円近くするので、日本よりもはるかに物価が安いのです。

ピザやパスタを食べに行っても、1,000円必要なことはほとんどありません。マルゲリータピザは大きいものが多く、二人でシェアしてもよいくらいです。

以上のようにマルタ留学が人気になってきているのか、物価や気候、治安などの環境面での充実ぶりがまず要因となっているのです。

ヨーロッパの中でも授業料や生活費が安く、ヨーロッパの他の国や中東へも旅行へ行きやすくなっています。普段はのんびりとした環境で勉強をし、長期休みなどを利用して周辺のヨーロッパや中東の国々へ遊びに行くのも良いです。

長い歴史

マルタ
マルタの環境は他にもおすすめな点があります。それは歴史の深さです。首都のバレッタは街全体が世界遺産に登録されており、先史時代の建造物やローマ時代のモザイクなど、遺産がそのまま残っているのです。バロック式の建物も多く、マルタの歴史を学ぶだけでも有意義な時間を過ごすことができます。

学生さんにおすすめ

マルタは治安がよいため、高校留学をすることができます。日本人があまりいないので、英語を話す環境が揃っており、気候や治安が良いので勉強に集中することができます。ヨーロッパは色々な国の人が集まっているため、高校でも色々な生徒に会う機会があります。

ヨーロッパからはもちろん、中東からも近いため中東出身の生徒と会うことができるかもしれません。また島の人たちは、皆フレンドリーなため安心して生活をすることができます。

また高校生には優しい、物価の安さがマルタの魅力です。他にもアメリカとは違い車社会ではないので、公共交通機関だけでも島内を移動することができるので、移動に困るということはないです。
サマースクールや短期留学での受け入れをしている学校も多くあります。マルタが高校生におすすめなのは、治安がよく物価が安いことにあります。

またマルタにはマルタ大学があり、付属した語学学校があります。この語学学校は1592年に創立された歴史のある学校で、優秀な教師陣が集まっていることでも知られます。マルタ大学の施設である、パソコン室や図書館などの利用も可能で実際に大学に留学をしている雰囲気を味わうことができます。

この語学学校ではレベルが初級から上級まで9段階に分かれており、自分にあったコースで英語を勉強することになります。また通常の英会話コースだけでなく、ビジネス英語があり、医療、看護、航空、金融、経済などそれぞれ専門の言葉や知識が必要となるコースもあるのです。

語学学校に通う生徒はホームステイ、キャンパス内にある大学寮、大学から歩いて行ける範囲のキッチン付きのホテルなどの提供があるため、自分にあった環境で過ごすことができます。大学寮は4キロ離れているため送迎バスで毎日学校へ通います。24時間コンシェルジュがおり、売店、クリーニング、カフェ、プールなどの施設も充実しています。

ホームステイを選べば、地元の人たちの実際に生活に触れあう機会が多くなりますし、大学寮であればより友達ができやすいです。大学へ行っている時以外は、自分の時間が欲しいという方はキッチン付きのホテルという方法もあります。

コースは一般英語コースが週15時間で165ユーロとなっています。1ユーロ130円と換算すると、21,450円です。1週間で21,450円となり15週コースの一般英語コースだと321,750円となります。他にもビジネス英語コース、IELTS準備コース、マンツーマンレッスンなど様々なコースがあり、それぞれ期間と値段が違います。

1クラスは8人から多くて15人の少人数制となっており、クラス内の発言機会が多く先生とのコミュニケーションも取りやすくなっています。観光プログラムやダイビング、ワインテイスティングなどのアクティビティーも豊富です。

また語学学校は若い人たちだけ対象ではなく、シニアコースもあり定年退職をしてから、語学留学をする人も少なくはありません。

マルタへ語学留学をする場合は、上記のマルタ大学の付属の語学学校かもしくは民間の語学学校への留学となります。規模の大きさはさまざまで大規模な学校から、アットホームなら小規模の語学学校まで揃っています。マルタ大学の付属の語学学校であれば、大学の施設は全て使うことができ、マルタ大学の学生との交流もあるのでおすすめです。

マルタ大学へ正規留学

マルタ大学は語学留学だけでなく、正規留学をすることができます。3年制大学か大学院留学の2種類あります。学年は10月に始まり、2学期制となっています。
EUの大学では、共通の単位制度があり、途中で他のEU諸国の大学へ編入することもできます。

卒業すると、学士号、修士号、博士号の学位を取得することができます。学士過程は1年から3年のコースが一般的ですが、専門的な分野になると3年から4年かかることもあります。

また1年から2年の課程を修了すると修士号を得ることができます。修士号を取得したあと、3年以上のフルタイムの研究をすることで、博士号を取得することができます。

90日未満の語学留学であれば、ビザの必要はなくパスポートと航空券があれば留学をすることができます。しかし90日以上の留学であれば、学生ビザが必要になります。

自然に囲まれた環境

マルタ
マルタは島であり、ダイビングなどのマリンスポーツが豊富にそろっています。また歴史のある銀細工体験や乗馬などのアクティビティも豊富であり、休みに友達と行くだけで英語の練習になりますし、仲良くなる良い機会になります。

マルタ留学のデメリット

現地ではマルタ語

マルタの公用語は英語ですが、マルタ語が現地では一般的に用いられます。ローカルのお店ではメニューがマルタ語のみの表記ということもあります。
また、イタリア訛りの英語を話す人が多いため純粋な英語の発音を学びたい人にはあまり向きません。宿泊先にホームステイを選択できる学校が多いですが、ホストファミリーも家族同士ではマルタ語を日常的に使っており、必ずしもきれいな英語を話すわけではありません。

日本から遠い

日本とマルタでは8時間の時差があります。サマータイムがあるので3月から10月は7時間の時差です。
くわえて日本からマルタへの直行便はありません。イスタンブール、フランクフルトやドバイなどで経由する必要があり乗り継ぎ時間も加えると15時間以上はかかります。航空券も時期によりますが比較的高額となります。
そのため1週間などの短期留学には向きません。時差に慣れる必要もあるため最低1ヶ月以上の留学期間が望ましいです。

授業数の少なさ

マルタ留学では先生と1対1のマンツーマン授業ではなく、先生1人に対し10名前後の生徒で授業を受けるグループ授業がほとんどです。
学校によって差はありますが、グループクラスで午前中のみの4時間授業が一般的です。授業数は他の国と比べてもかなり少ないです。

遊んでしまう人が多い

マルタ留学に来る国籍で最も多いのがトルコ、ついでブラジル、ヨーロッパ、アジアとなります。特にヨーロッパからくる人たちは休暇を兼ねてくることが多く、夜は遊び歩いていることが多いです。
もちろん自分次第ですが、ついつい一緒に夜遊びに行ってしまう方が多いです。

3.マルタ留学エージェントの選び方

マルタ留学をする時のエージェントの選び方ですが、大きくわけると2種類あります。1つはマルタ留学専門のエージェント、もう1つは世界中の学校と提携をしている学校です。それぞれにメリットがあります。

マルタ専門エージェント

まずマルタ専門のエージェントですが、規模は世界中のスクールへ留学生を派遣しているエージェントと比べて、小さくなります。しかしマルタでの語学学校という意味では、ほかの場所も取り扱っているエージェントと比べると多くの語学学校から選ぶことでできます。またマルタでの生活に詳しいスタッフが多いので、学校での生活や家探し以外にも、アクティビティなどの詳しい情報を教えてくれます。

他の国も扱うエージェント

他の国を扱うエージェントを利用する場合は、他の国との比較をすることができます。マルタ留学と決めている場合は別ですが、内容によってはもっとあった国があるのかもしれません。またラストリゾートのように現地にオフィスを構えるエージェントもあります。

全体的に規模の大きなエージェントが多いので、留学説明会や、いろいろな冊子、留学をしたあとの就職のフォローをするキャリアコンサルタントの充実など付加価値は多くなります。

現地にオフィスがあるかどうか

次にわけられるのが、現地にオフィスがあるかどうかです。マルタ留学専門店でも日本にしかオフィスがない場合もあります。現地でのコーディネートは他の業者に頼むことになります。航空券の手配や行く前の準備などは日本にオフィスがあった方が安心です。

しかし現地にオフィスがあると、途中でなにかあった時にオフィスへ行くことができますし、学校以外のことでもなんでも相談することができます。ツアーやアクティビティの情報などを提供してくれることもあります。日本にオフィスがあるエージェントを選んだ場合は、メールなどで連絡をすることになります。

またラストリゾートのように日本にも現地にもオフィスがあるエージェントもあります。

いずれにしても、マルタ留学を扱うエージェントはアメリカなどに比べると少ないのでインターネットなどでまず情報を得るようにしましょう。ある程度の情報を頭に入れてから、各留学エージェントのカウンセリングや留学セミナーなどへ行き、いろいろ話を聞くようにしてください。

料金体系、サービスなどそれぞれ全く違うので比較するとわかりやすいです。日本ではないので、留学エージェントがどこまでサポートをしてくるのかも大切な要素となります。

語学学校の選定や滞在先の手配などはもちろんのこと、体調不良などの緊急対応、アクティビティの手配など学校生活以外のことも含まれます。また特に緊急の時はいつでも連絡ができるということも大切です。

またマルタというまだ留学生としては情報の少ないところへいくので、現地情報に関して詳しい内容を提供してくれるエージェントがよいです。WEB上ではわからないような、リアルタイムの現地の情報をいかに知らせてくれるかということも大切になります。

エージェントとの相性も大切になります。大切な留学ですから親身になって相談にのってくれる人がいるエージェントを選ぶようにしましょう。話も聞かず、強引に話を決めようとするエージェントはもってのほかです。

最後にエージェントを選ぶときは、申込みの段階で不安な点をすべてなくした状態で行ってください。多少聞きにくいことでも遠慮をすることはありません。申し込んでしまうと、変更ができないことが多くなるので、しっかりと契約内容、サポートの範囲、料金に何がはいっているのかなどを必ず把握するようにしてください。

4.おすすめマルタ留学エージェント

1.エディキャリア・マルタ留学

エデュキャリア・マルタ留学
https://maltaryugaku.com
国内3支店(東京、大阪、福岡)で幅広く留学サポートを行うエデュキャリアのマルタ留学です。2006年の創業以来、現在に至るまでフィリピン留学、韓国留学を中心に年間約3,000名以上の留学を手配、サポートしています。

エデュキャリアを運営する株式会社ジージーはフィリピン留学業界のパイオニア留学エージェントでセブ島に自社校IDEA EDUCATIONを持つのも特徴の一つです。2018年12月にはマルタ支店がプレオープンし、語学留学から欧米インターンやワーホリへのキャリアステップ留学や、ジュニアサマーキャンプなどを実施します。

お得な料金FIXのパッケージ留学や申込者全員に事前のオンライン英会話がセットになっていたり、一定の条件を満たせばフィリピン留学+マルタ留学でフィリピン留学費用が完全無料になるというのだから凄い!

期待の新星エデュキャリアのマルタ留学です。

2.S.H.Cマルタ留学ドットコム

S.H.Cマルタ留学ドットコム
http://www.malta-ryugaku.com
マルタ留学専門エージェントです。毎月定期的に留学説明会が開かれ直接会ってカウンセリングを受けられる安心感と、大手旅行代理店のH.I.S.と提携しているため手続きがスムーズと好評です。

事務所は神奈川県相模原市にあるのですが、スタッフ6名全員留学経験者のため、いつでも相談にのってくれます。現地では提携先のスタッフがフォローをしてくれるだけなので、現地で困ったこおとがあった時はやや不安な点があります。

3.malta-study.com

malta-study.com
http://www.malta-study.com
現地マルタにある、マルタ留学専門エージェントです。オフィスには長年マルタに住む日本人スタッフが常駐しています。マルタ人の代表と、日本人スタッフの合計2名という小規模なエージェントなため、ひとりひとり丁寧にサポートをしてくれます。

空港送迎サービスや、観光ツアーの手配、留学をしてからのカウンセリングなど現地に着いてからのサポートがしっかりとしているため安心です。代表はもともとマルタで日本人留学生相手にボランティアとして生活などのサポートをしていたので経験がありますし、日本人スタッフもいるのでいつでも相談できます。

4.MALTA Navi

MALTA Navi
https://www.malta-navi.com
マルタ留学専門エージェント。毎月数回留学説明会が開かれている。緊急時のサポートとしてスタッフのLINE連絡先を教えてもらえる。

5.マルタマルタドットコム

マルタマルタドットコム
http://www.maltamalta.com
マルタ留学を中心に、その周辺のイギリスやイタリア留学なども取り扱っています。マルタの学校の営業時間に合わせて、日本時間の12時から翌朝2時までエージェントも営業しているので安心です。

学校の情報はもちろんのこと、航空券、保険、ホテルなどの宿泊や生活情報など生活に必要なことは全て提供してくれます。

横浜にオフィスがあり、マルタにはありません。現地に着いてからのサポートは主にメールで行います。スタッフは日本にいますが、マルタに関して精通している人ばかりです。

6.Last Resort

Last Resort
https://www.lastresort.co.jp
国内に43拠点あるほか世界の12都市に拠点を置くエージェントです。また過去渡航者数10万人の実績があり安心です。マルタにもオフィスがあり、日本人スタッフがいるため困ったことがあればいつでも相談をすることができます。学校の情報以外にもシェアハウス、観光、アクティビティ、ツアーに関する情報を調べることもできます。

また日本からの郵便物の受け取りサービスをやっているため、住所が変更する時など安心です。PCスペースやWIFIサービスがあり、調べ物をすることもできます。学校や日ごろの暮らしで困ったことがあると、いつでも相談できるのは安心です。

日本にもマルタにもオフィスがある留学エージェントは少なく、渡航前も現地でもいつでも相談にのってもらえるのは心強いです。

7.留学タイムズ

留学タイムズ
http://www.ryugaku.net
世界の40か国以上の都市の留学をサポートしています。語学学校からワーキングホリデー、大学への正規留学など様々な目的の学生へのサポートが充実しています。留学への手続きやサポートが全て無料な点も安心です。

8.留学ジャーナル

留学ジャーナル
https://www.ryugaku.co.jp
主にヨーロッパの国々への留学をサポートしていて、目的別などに留学スタイルの選択肢が多いのが魅力です。1971年に創立して以来45年以上の実績があり、世界11か国6,000校以上のネットワークがあります。留学情報誌である留学ジャーナルを年に4回発行しており、色々な情報を知ることができます。
また定期的に留学フェアを行っているので、留学前に色々な情報を知ることができます。

9.留学ワールド

留学ワールド
https://deow.jp
世界各地への留学をサポートしているのですが、マルタでは短期、長期はもちろんフィリピン留学と組み合わせた2カ国留学も行っています。
留学手数料が無料であり、コンサルタントは実際に現地を見ているスタッフがつくので、事務的な内容だけでなく、実際に見たものを伝えてくれるので、現地での生活の面も安心して聞くことができます。

渡航前にネイティブ講師による英会話レッスンを受けることができます。留学前は色々費用が必要となり、英会話教室へ行くのも大変かと思いますが、その心配が全くありません。講師はあなたがこれから留学するのを知っていますし、生活に必要な英語を教えてくれます。

少しでも英語に慣れておくほうが、実際に現地へ行った時にギャップを感じることが少なくなるのです。

また留学後に、留学経験を活かした就職活動など無料キャリアサポートを受けることができます。就職活動のとき、留学での経験をいかに伝えるかも大切になってくるのですが、徹底的に準備をし就職活動に備えることができます。

語学留学、2カ国留学、ワーキングホリデー、シニア留学など色々な目的から選ぶことができるのも魅力のひとつです。留学は英語を学ぶのはもちろんのことなのですが、目的は決してそれだけではないのです。ましてマルタはイタリアから近く、アフリカの国々からも近い環境です。

10.iss留学ライフ

iss留学ライフ
https://www.iss-ryugakulife.com
世界28カ国、1200校と提携があり緊急時は24時間日本語でサポートしてくれるので、困った時安心です。たとえば空港などで学校のスタッフと待ち合わせをしているのに会えないときなど、24時間連絡ができるところがあると安心です。

留学を考えた時、iss留学ライフでは、無料カウンセリング、無料メール相談、また留学説明会を定期的に行っているのでまずは色々話を聞いてみるとよいです。

11.留学プランネット

留学プランネット
http://www.ryugaku-plan.net
世界各国への留学をサポートしておりマルタ留学では語学学校のほか、教師宅ホームステイプランもあるなど充実しています。マルタには語学留学先が40校以降あり、日本人留学生が少ないことが魅力です。

日常会話以外には、ビジネス英語やケンブリッジ英検などいろいろな目的に合わせてコースを選ぶことができます。マルタならではのダイビングと語学学習を組み合わせたコースもあります。期間は1週間から1年間と目的などに合わせて選ぶことができます。

教師宅ホームステイは、英語教師の自宅にホームステイをし、カリキュラムを組みます。マンツーマンとなるので、わかるまで何度も教えてくれますし、強化したいこと、勉強したい内容を前もって伝えておくだけで、あなただけのカリキュラムを組むことになります。

ホームステイなので、生活もするので生活に必要な英語も習得することになります。現地の生活をしながら、すぐにその時に必要な英語を学ぶことができるので、まさに生きた英語を学ぶことになります。
マンツーマンなのでどうしても話しづらいことは、すぐにエージェントへ連絡をするようにしてください。

5.まとめ

マルタへの留学は、留学タイムズや留学ジャーナルなどの大手から、小規模のエージェントまであります。小規模のエージェントは規模では大規模のエージェントにはかないませんが、マルタ留学専門店であることが多く現地の情報には長けています。

また日本にしかオフィスがないエージェントとマルタにオフィスがあるエージェントに分かれます。ラーストリゾートのように両方にオフィスをかまえるエージェントもあります。

マルタ留学専門で行っているエージェントは、学校や宿泊以外にも、観光情報やツアー情報、他にも生活に必要な情報を提供してくれることが多くなっています。また現地にオフィスがあるエージェントはいつでも相談ができるという安心感があります。

それぞれにメリットがあるため、まずは色々なエージェントから資料を取り寄せてみるとよいです。また説明会を行っている場合は、積極的に参加をし情報集めを行ってください。

その結果自分にあったエージェントを選んでください。

留学エージェントを選ぶときに大切なことは、申込みをする時に内容を把握し、不安な点、いやだなと思う点を解消していることが大切です。料金にはどんなサービスが入っているのか、緊急の時は対応してくれるのか、選んだ学校は自分のしたいことがあるのか、現地の様子はどんな感じなのかなどよく把握してから申し込みをするようにしてください。

それまでに何回もカウンセリングや留学セミナーなどに足を運ぶのもよいです。留学はおそらく人生で一回だけのものとなります。また異国で飛び出すので、日本では当たり前のことが、海外では通じないことがあります。

またマルタはアメリカなどに比べて、学校の情報や生活の内容などがなかなか入ってこないと思います。そこで留学エージェントがどれだけ、情報を提供してくれるかが大切になってきます。

カウンセリングへ行く前に自分でもできるだけWEBなどで調べるようにしてください。

↓↓ここから選べば間違いなし!↓↓
>>セブ島留学 おすすめ語学学校はこちら<<
俺のセブ島留学 編集部
俺のセブ島留学 編集部チームでは「英語が伝わる楽しさをより多くの方へ」をモットーに日々情報発信を行っています。 私達は自分たちが経験してきた「フィリピン留学」「セブ島生活」「英語学習」を通じて、新しい楽しみをあなたにご提案したいと思います。 引き続きお楽しみに!

メッセージはこちらへ

Please enter your comment!
Please enter your name here