spot_img
留学マナビジン海外留学オーストラリア留学シドニー留学メリット3選!シドニーは留学、ワーホリ先として魅力的?

シドニー留学メリット3選!シドニーは留学、ワーホリ先として魅力的?

オーストラリア大陸の南東にある大都市シドニー。日本との時差が少なく、気候も温暖で過ごしやすく、日本人も多いことから初めての海外や留学の方におすすめの都市です。

都会でありながら近郊には自然も溢れており、休日のレジャーにも困りません。

この記事では、ゼロからシドニー留学の魅力(メリット・デメリット)、留学費用など1記事でシドニー留学がわかりますので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね!

オーストラリアの基本情報

以下がオーストラリアの基本情報です。

人口 約2626万人
首都 キャンベラ
気候 気温は、10℃〜30℃と一年中を通して過ごしやすい
四季はありますが、南半球のため日本と逆
面積 769万2024平方キロメートル(日本の約20倍、アラスカを除く米とほぼ同じ)
言語 英語
民族 アングロサクソン系等欧州系が中心。その他に中東系、アジア系、先住民など
通貨 オーストラリアドル
時差 シドニー:1時間(サマータイム期間は2時間)
治安 良い

参考:オーストラリア基礎データ(外務省)

シドニーの基本情報

以下がシドニーの基本情報となります。

天気/気温 南半球の都市のため、四季が逆になります。
気温は、10℃〜30℃と一年中を通して過ごしやすいです。
物価 日本より高いです。
世界物価ランキングでも常に上位で、世界的にみても物価が高い都市です。
食べ物 多国籍の料理が楽しまれています。
和食レストランやスーパーもあるため、日本食には困りません。
スポーツ クリケットとラグビーが人気のスポーツです。
特にクリケットはよくテレビで放送されています。
観光地 オペラハウス、ハーバーブリッジ、ブルーマウンテン、ハンターバレーなど
治安 治安は世界的にみてもかなり良いほうです。
危険地域を避ければ夜1人で歩いても基本的には問題ありません。

シドニー留学が選ばれる3つの理由

1. 日本との時差が少ない

シドニーは日本との時差が少なく、通常時間では1時間、サマータイムは2時間となります。

海外旅行などに慣れていない場合、時差が多い国へ短期留学をしたところ時差ボケがひどく、身体が現地の時間に慣れる前に留学期間がおわってしまったという話も聞くことがあります。

短期留学や初めての海外という場合には、体調管理がしやすい時差が少ない場所を選ぶメリットは大きいです。

また、時差が少ないと日本の家族や友人とも連絡が取りやすいというメリットがあります。

2. 過ごしやすい気候

シドニーの気候は、10℃〜30℃付近と過ごしやすい気候となっています。冬に氷点下に行くことはほとんどなく、夏も40℃を超える暑さになることはありません。

年中を通して過ごしやすい気候で、雨が降る日も少ないため外出の予定も立てやすいです。季節は日本と逆ですので、入国直後や帰国直後の体調管理には気を付けましょう。

また、オーストラリアはオゾン層が薄く紫外線を受けやすいです。紫外線対策もしっかりとして渡航しましょう。

3. 都市と自然のバランスがよい

シドニーは国際都市でありながら、近郊には自然も多くバランスの取れた街です。

シドニー都市部は、コンパクトでありながら、スーパーやレストランが徒歩圏内にあるのでほとんどの用事を徒歩移動で済ませられます。

都市部を少し離れると、ボンダイビーチ、マンリービーチなどのビーチや世界遺産にも登録されているブルーマウンテンがあります。

ボンダイビーチやマンリービーチはバスやフェリーで30分ほど、ブルーマウンテンへは2時間程で行けます。

その他にもワインの生産地でもあるハンターバレーやポートスティーブンズなど自然豊かな場所がシドニー近郊にはあります。

シドニー留学の注意点3つ

1. 紫外線に注意

オーストラリアは、紫外線が非常に強いです。オゾン層が薄いと言われており、オーストラリア人のがん発症者のうち3人に1人が皮膚がんを発症しているとのデータも出ています。

オーストラリアのガン評議会も紫外線から身を守るための呼びかけをしています。
Cancer Council(ガン評議会)の呼びかけ

・長袖着用 (Slip on a long sleeved shirt!)
・日焼け止め塗布 (Slop on some sunblock!)
・帽子着用 (Slap on a hat that will shade your neck!)
・サングラスをかける (Wrap on some sunglasses!)

2. 物価が高い

オーストラリアは国全体でみても、日本より物価が高いです。その中でもシドニーは都会のため、他の都市と比べて生活コストが高額になりがちです。

とくに家賃が高いため、ルームシェアや学生寮など滞在方法を工夫することで費用を節約することができます。また、物価が高い分アルバイトの時給も日本より高額なので、現地で働くのもおすすめです。

英語を聞くことに慣れてから渡航するだけでも随分英語の伸び率は変わってきます。まずは、中学英語のマスターを目指して頑張りましょう。

3. 日本人とよいバランスを保つ

シドニーにいる日本人とよいバランスを保ちましょう。外務省によると、シドニーに日本人は33,000人ほどいると言われています。

シドニーは街自体がコンパクトなため、街中で日本人を見かけることも少なくありません。また、語学学校の中には日本人が複数いる学校もあります。異国の地で生活する不安から日本人と一緒に住み、常に日本人と行動をしてしまう場合があります。

ただし、英語習得が留学の目的であれば、なるべく日本人ではなく海外の人と行動を共にして、英語を喋る機会を増やしましょう。

たまに息抜きに日本人とご飯に行くことはあるかと思いますが、常に一緒にいることは避けたほうが良いでしょう。

シドニー留学の費用感

シドニーに留学する場合の費用を紹介します。
下記が語学学校に留学した場合の期間別費用となります。

留学期間 留学費用
1か月 35~50万
3か月 100~150万
12か月 300~450万

上記の費用は、留学に関わる全ての費用を入れた場合の目安を示しています。現地で豪華な生活をすれば目安以上の費用となりますが、一般的には上記のような費用となることが多いです。

他の国との違い

オーストラリアと他の英語圏の国との一番大きな違いは立地です。

上記でも紹介しましたが、やはり日本から近く、時差も少ない点が他国とは大きく異なります。

距離的に近いことで、緊急時に帰りやすいです。また、実際に帰る必要がなくても、すぐに帰れる場所にいるということで安心できます。

時差が少なく、日本の友人や家族ともすぐに連絡が取れます。特に留学初期にホームシックになった場合には、すぐに電話できる環境がとても重要です。

有名な語学学校3選

シドニーで有名な語学学校を3選紹介します。

1. ILSC

ILSC
https://www.ilsc.com/ja/
私も通っていたILSCです。ILSCは、シドニーのタウンホール駅の近くにある語学学校です。

特徴としては、選択できるコースが豊富だということです。通常の英語コースからIETLS、 ケンブリッジ試験対策コース、バリスタコースなどもあり、自分に合ったコースを選択できます。

学校には、English Only Policyがあり、学校内で母国語を話すと先生たちに注意されます。英語を本気で学ぶ方にとって、とてもよい環境だったと感じています。

インターンシップのコースがあるのも特徴です。

2. Navitas English Sydney

Navitas English Sydney
https://www.navitasenglish.edu.au
Navitasも人気校の1つです。人気の理由としては、設備が整っているという点です。学校自体が綺麗で、立地も抜群です。学校と同じビルには、図書館や自習スぺ―スもあり、学校が終わった後にも自習が可能です。

特にテスト対策コースが豊富で、ケンブリッジやIELTS、 TESOLなどのコースを受講することができます。

3. ELC

ELC
https://www.elc.edu.au/en/home
ELCは、上記2校に比べると日本人の数が少ない学校です。様々な国籍の留学生が通っており、国際色豊かな雰囲気になっています。

ベスト語学学校受賞歴も多数あり、周りから評価をされている語学学校です。あらゆる面でクオリティが高く、なるべく日本人と離れて勉強をしたいという人にとってはおすすめの学校です。

また、コースの中にはビジネス英語もあり、ビジネス英語を受けてみたい人にもおすすめの学校となります。

シドニー留学に必須の持ち物3選

留学にはさまざまな必需品がありますが、シドニーならではの持っていきたいものをご紹介します。

1. 紫外線対策グッズ

過ごしやすい気候のシドニーですが、紫外線は非常に強いので対策が必要です。日本で使い慣れている日焼け止めクリームを持参しておくと、肌のトラブルもなく快適に過ごすことができます。

また、海外では日傘をさす習慣がないため、薄手のUVカットの上着や帽子なども用意しておくとよいでしょう。

2. 日本のお菓子

物価が高いシドニーでは、日本からの輸入品ももちろん高くなります。オーストラリアは検疫が厳しいですが、市販の常温保存が可能な菓子類は許可されているため持っていくのにおすすめです。

もちろん自分で食べてもよいですし、ホストファミリーや学校で仲良くなった方に日本を紹介しながらプレゼントしても会話を広げることができるので、お菓子があると便利です。

その他の食品についても、細かい規定はありますが持ち込めるものもありますのでご参照ください。

>>https://japan.embassy.gov.au/tkyojapanese/faq_quarantine.html

3. クレジットカード

支払いはクレジットカードが主流のオーストラリア。ブランドはVISAとMasterCardが使えるお店が多いです。

契約の際にクレジットカードが必要になることもあるので、渡航の際に準備しておくと安心です。

シドニー留学によくある質問

シドニーでアルバイトをすることはできますか?
ビザの種類によって許可されている就労条件は異なりますが、学生ビザを取得している場合、2週間で最大4時間までの就労が許可されています。
シドニーへの直行便はありますか?
成田空港、羽田空港、関西国際空港からシドニーへの直行便があります。トランジットが不安な方におすすめです。
シドニーは安全ですか?
シドニーの街全体の治安は良いです。しかし、数か所犯罪が多いエリアもありますので渡航前にチェックしておきましょう。

シドニー留学の相談はスマ留がおすすめ!

時差も少なく温暖で過ごしやすいシドニーは留学初心者でも安心な留学先です。

シドニー留学をしたい方は、ぜひ「スマ留」にご相談ください!

スマ留ではプロの留学カウンセラーに無料で相談できるため、はじめての留学や海外で不安がある方も安心です。また、料金プランもパッケージになっておりシンプルでわかりやすく、さらにコストもおさえて留学できます。

憧れの留学生活を送るためにスマ留を上手く活用して、留学の夢をかなえてくださいね!

よかったらこちらの記事もご参照ください
【まとめ】オーストラリア留学エージェント32選&人気都市ランキング
オークランド留学完全ガイド 費用・留学エージェント・口コミ評判まで

おすすめ留学エージェント一覧はこちら。
176社比較!留学エージェントおすすめ10選と選び方

ゲストライター
ゲストライター
当サイトに不定期で寄稿しているゲストライターさんの記事です。

様々な職業や経験を持ち合わせた方から寄稿頂いているので、ぜひチェックしてみてください。

円安でも安く留学するならスマ留

円安の影響で費用が1.25倍!? でもスマ留ならまだ安い!

円安の影響で2年前に比べて留学費用は1.25倍(120円→150円)になりました。多くのエージェントが値上げをする中、実はスマ留はまだ1ドル120円台の価格で申し込めます!(10月時点)
留学に興味がある方は、今すぐ以下のボタンをクリック。

\ 30秒で無料カウンセリング予約できる/

11ヵ国の留学費用がすぐわかります。

こちらの記事もおすすめ

人気記事

セブ島観光アクティビティ39選!おすすめ順にやることを独自ランキング

こちらの記事ではフィリピンの「セブ島観光・セブ島旅行」を知り尽くした筆者が、旅行者、留学生、そして在住者も楽しめる様々な...

YouTube【英語字幕付き】英語学習におすすめ動画ベスト50 前半

英語教材というと、テキスト教材やアプリが主流ですが、YouTubeにも英語学習に関する動画がたくさんアップされています。...

TOEICの点数別【英語を使う仕事12選】36人に聞いてわかった高収入を得るヒント

「英語はこれからの時代必須だよ!」 ちまたでよく聞かれる話題だと思います。しかし、やや具体性に欠けてますよね。 ...

【セブ島留学完全ガイド】費用・持ち物・おすすめの学校54校も解説

「セブ島に留学を決めたけれど、学校の数が多すぎて選べない違いがわからない!」 「人気校やおすすめの語学学校はどこ?」 ...

今日から外国人と友達に!無料ペンパルアプリ&サイト15選

この記事では外国人と英語で国際交流ができるペンパル(文通)アプリやウェブサイトをご紹介します。 本格的な文通アプリ...

英語の略語・スラング【168選】チャットやメールで使われる短縮表現まとめ

外国人とチャットやメールのやり取りをしていると、たまに出て来る意味の分からない略語(短縮表現)やスラング。 今回は...

理解しやすさ最優先!おすすめ英語Podcastランキング【24選】

初心者向けの英語学習用おすすめポッドキャスト(Podcast)をランキングでご紹介。 ポッドキャストとはインターネ...

【419人に聞く】英語学習目的ランキングTOP10!日本人が英語を学ぶ理由とは?

あなたが英語を学ぶ目的は何ですか? ・転職・就職のため ・昇進のため ・外国人の友達が欲しいため ・必要に迫...

英語学習・英会話Youtuberチャンネル【49選】国内ランキング-2024年版-

英会話が学べる日本国内の英語学習系YouTubeチャンネルを、2022年11月時点での登録者数でランキングにしてまとめま...

英語の【文法用語一覧表】noun verb adjectiveなどの意味139用語

英会話レッスンを受けている最中、 「文法に関する質問をしたいけど、そもそも英語でなんて言うのかわからない!」 ...

新着記事

【ドイツ高校留学#3】なぜドイツ?高校生に人気の留学先7ヶ国と子供の本音

こんにちは。留学ライターの高橋ミモザです。 留学先としては珍しい欧州の国・ドイツへ、日本の片田舎で育った高校生の長...

【オーストラリアワーホリ#3】海外に着いて10日目までに行う手続(銀行口座開設、TFNなど)

いよいよ、ワーキングホリデーに行くまでの準備が整いました。今回は海外に着いてからすぐに行う手続き等についてまとめていきま...

【カナダワーホリ#2】誰もが直面する仕事探し!私がトロントでホステルの仕事を獲得した道のり

ワーホリで渡航した後に誰もが直面する仕事探し。ワーホリでの仕事探しはどうやっているのか疑問に思っている人も多いはずです。...

【ロサンゼルス留学記#2】現地人もきつい!LAのリアルな生活費、物価、税金の今

私は将来アメリカで働くために、英語力向上と、いくつかの認定証や資格取得を目指してロサンゼルスで勉強している社会人留学生で...

【ドイツ高校留学#2】1年間の交換留学、利用したのはAFSの留学プログラム

こんにちは。留学ライターの高橋ミモザです。 留学先としては珍しい欧州の国・ドイツへ、日本の片田舎で育った高校生の長...

英語ニュース【5月9日配信】役に立つ!海外旅行で使える英会話フレーズ集

最新の英語ニュースを毎週お届けするこちらのコーナー、今週は海外旅行で使える英会話フレーズ集やサマーカレッジ、国内キャンプ...

【オーストラリアワーホリ#2】知らないと苦労する!ワーホリ準備9ステップ

ワーキングホリデーに向けて、今回は日本から出来る海外渡航に向けての準備についてまとめていきます。 私は、なるべく費...

【カナダワーホリ#1】トロントでワーホリをする前に知っておきたい10のこと

カナダへのワーホリといえばどのようなイメージがありますか? 寒い、カナダ英語、アメリカに近いなどなど様々なイメージ...

【ロサンゼルス留学記#1 】LAはとにかく過ごしやすい!温暖な気候で留学はいかが?

私は去年の秋からロサンゼルスのトーランスという、海岸に近いエリアで勉強している社会人留学生です。 秋学期を無事に終...

【ドイツ高校留学#1】わが家の留学先の選定から出発するまでの手続きについて

こんにちは。留学ライターの高橋ミモザです。 今回からシリーズで、ドイツの高校へ留学した男子高校生のリアルな留学体験...