spot_img
留学マナビジン海外留学アイルランド留学アイルランド留学完全ガイド【2024年版】留学のメリット・デメリット

アイルランド留学完全ガイド【2024年版】留学のメリット・デメリット

この記事では、アイルランド留学について紹介していきます。

「アイルランドは英語での留学は可能?」
「アイルランド留学のメリットデメリットは?」
「アイルランドで留学する場合はどうしたらいいか」

など、アイルランド留学をお考えの方、候補のひとつとして入っている方はぜひ、こちらの記事をご覧ください。

この記事の監修者

小林優香

一般社団法人海外留学協議会(JAOS)認定留学カウンセラー

現在留学エージェント会社で働き、入社以来1,400人以上の留学生をサポート。
最優秀カウンセラーとして2度の表彰を経て、現在は留学カウンセラーの育成トレーナーを務めている。

アイルランドの特徴(基本データ)

アイルランドの新型コロナ規制やビザ情報

2023年アイルランドへの入国は許可されています。

入国の可否 できる
渡航前または到着時検査 不要
入国後の隔離・制限 なし
ワクチン接種証明 不要
日本への帰国の際に必要なもの 有効なワクチン接種証明書(3回以上接種が必要)の提示、もしくは出国前72時間以内の陰性証明書の提示。
条件 種類 申請 価格
3カ月以内の留学で週15時間以内の就学 不要
・3カ月以上の留学
・週15時間以上の就学
学生ビザ アイルランドで申請 GNIB申請料€300

アイルランド留学

アイルランド、またはアイルランド共和国は、北西ヨーロッパ、北大西洋にあるアイルランド島の大部分を領土とする国です。

人口は約501万人(2021年)と、人口の小さな国です。首都のダブリンは観光客も多く集まり、人と自然が調和した美しい街です。

気候

アイルランドは世界地図でも北に位置する国なのでとても寒い国と思われますが、偏西風の影響で気候は安定した西岸海洋性気候です。

夏の7月や8月の気温でも最高気温18度、最低気温10度と涼しく、冬の1月や2月でも最高気温7度、最低気温2度と日本の東京よりも少し寒い程度であり、比較的どの時期でも過ごしやすい気温です。

また、アイルランドは雨が降る日が多いと言われていますが雨は短時間で止むことが多く、年間の降水量で見ても日本の東京より少ない傾向にあります。

文化

アイルランドの人々はとてもフレンドリーでおしゃべりが大好きと言われています。また音楽も大好きで、街で路上ライブを行うミュージシャンの姿をよく見かけます。

食事はジャガイモが主食。アイルランド国内でもさまざまな品種のジャガイモがあり、たくさんのジャガイモを利用した郷土料理があります。また、紅茶の消費量も非常に多くその消費量はトップクラス。紅茶で有名なイギリスよりも多い消費量です。

アイルランド人はお酒を飲むのも大好きで、街のいたるところにアイリッシュパブがあります。パブでお酒を飲みながら歓談することもアイルランド人の楽しみのひとつです。

言語

アイルランドは第1公用語がアイルランド語、第2公用語が英語です。しかしアイルランド語を使うのはごく一部の地域のみで、ほとんどの地域では日常的に英語を使っています。

また、アイルランドの英語には訛りがありますが首都のダブリンに近いほど訛りは弱く、また学校の先生などはきれいな発音で英語を話しますので安心して留学できます。

物価

アイルランドの物価は全体的に日本よりも少し高めですが、イギリスやオーストラリアに比べるとまだ物価が安いです。

特に首都ダブリンの家賃価格が近年上がっていますが、それでも節約して生活すれば、家賃や生活費を合わせて月10万円以下で生活することが可能です。

なぜアイルランド留学なのか

アイルランド留学
アイルランドは日本人にとってはあまりなじみのない国ですが、留学先としては比較的認知されている国です。なぜアイルランドの留学が良いのか、そのメリットとデメリットについてご紹介します。

アイルランド留学のメリット

日本人が少ない

他のアメリカやイギリスなどの有名な留学先に比べるとアイルランドは日本人が少なく、街で日本人を見かけることはあまりありません。

「日本人が近くにいるとどうしても日本語を使ってしまう」「英語しか使わない生活をしてみたい」と考えている方にはおすすめです。

ヨーロッパからの留学生が多く、さまざまなヨーロッパの人たちと出会うことができるのも魅力です。

気さくな人が多く、フレンドリー

アイルランド人は気さくに話しかけてくれる人が多く、特にレストランやパブで隣に座った人から話しかけられることもよくあります。現地の人と友達になりたい、一緒に飲んだり遊びに行ったりしたい、などの目的がある人には特におすすめです。

教育環境がしっかりしている

アイルランドは教育水準が非常に高く、欧州連合(EU)内でもトップクラスと言われています。アイルランドは留学プログラムの選択の幅が広く、本格的にアイルランドの大学に入学するための「進学準備コース」といった留学プログラムもあります。

自然が多くきれいな街

アイルランドはとても自然が豊かで「エメラルドグリーンの島」とも言われています。首都ダブリンにもたくさんの自然公園があり、街の人々の憩いの場です。

休日には緑あふれる公園でランチを食べたり読書をしたりと、のんびりとした時間を満喫できます。

周辺の国に格安で旅行できる

ヨーロッパ最大の格安航空LCCであるRyan airはアイルランドの航空会社であり、他のヨーロッパ諸国への飛行機のチケットをとても安く手に入れることができます。

特に安い時期のチケットは往復で5000円以下で買うことも可能です。留学中の週末は他国へ足を伸ばして観光へ、など留学と旅行どちらも楽しみたい人には一押しです。

アイルランド留学のデメリット

他の国にはないたくさんの魅力があるアイルランドですが、デメリットも存在します。次にどんなデメリットがあるかご紹介します。

日本の食材が手に入りにくい

長期間海外に住んでいるとどうしても日本食が恋しくなるものです。アイルランドの主食はジャガイモなので、毎日ジャガイモ料理ばかりで飽きてしまうことも。

しかしながらアイルランドは日本食のレストランはありますが、スーパーに日本の食材がほとんど置かれていません。日本食が好きな人はインスタントの日本食を持っていくと良いでしょう。

遊ぶ場所が少ない

アイルランドには公園とパブしかない、と言われるくらい遊ぶ場所が少ないです。

留学当初は新しい異国の街での生活や新しい出会いを楽しむ事ができますが、留学で長い期間滞在すると週末はやることがなくなり一日中家に居た、なんてこともあります。

ただし近くの国に格安で旅行に行くことができます。平日は語学の勉強に集中し、休日は他のヨーロッパ諸国へ旅行して楽しむというような生活も可能です。

雨が降る日が多い

アイルランドは年間の降水量は日本より少ないものの、雨が降る日はとても多いです。

「アイルランドは一日の中に四季がある」といわれるほど一日の中でも天気が変わりやすく、慣れていない日本人に大変です。また、どんなに良い天気でもいつ雨が降るかわからないので、折りたたみ傘は常に持ち歩きましょう。

アイルランド留学エージェントに関するよくある質問

アイルランド留学エージェントとは何をしてくれますか?
都市や学校の提案、入学申込や滞在先の手配、航空券の手配、現地でのサポートなど、留学に必要なことをサポートしてくれます。
アイルランド留学エージェントは無料で利用できますか?
無料のエージェントと有料のエージェントがあります。サポートの内容にもよりますので、一概に無料が良いとも言えません。一般に語学留学は無料、大学への正規留学は有料のエージェントが多いです。
アイルランド現地留学エージェントとは何ですか?
アイルランド留学のみを専門に扱う現地に本社を持つ留学エージェントです。アイルランドには詳しいですが、その他の国はおすすめしてくれない傾向がありますので、他の国や都市も考えているのであれば世界中の留学を扱う留学エージェントが良いかもしれません。
アイルランド留学でおすすめの都市はどこですか?
語学留学で人気なのは首都のダブリンですが、他にも留学可能な都市はたくさんありますので、留学カウンセラーに相談してみてください。
留学中もサポートをしてもらえますか?
多くの留学エージェントで、留学中も現地オフィスや電話で相談を受け付けています。特に現地オフィスがあるエージェントは、相談ができる以外に現地の最新情報を提供してくれるほか、他校の生徒さんと知り合う機会もあります。

アイルランド留学を検討中の方は、エージェントおすすめのチェック!
>>アイルランドのワーホリ徹底解説【2024年版】費用から申請方法まで

アイルランドでのワーホリを検討中の方はこちら
>>アイルランドのワーホリ徹底解説【2024年版】費用から申請方法まで

1週間7万円台で留学するならスマ留

例:マルタ1週間79,800円(授業料・宿泊費込み)
スマ留の体験談
スマ留で英語留学2
スマ留で英語留学3

留学エージェント「スマ留」を利用すれば、アメリカ、オーストラリア、カナダ、フィリピン、マルタなど人気11カ国に激安で留学できます。費用は「授業料+宿泊費+α込み」で1週間7万円から!しかも選ぶ学校によって費用が変わらないから安心です。
少しでも留学やワーホリに興味がある方は、以下からチェックしてみてください。

\ 30秒で無料カウンセリング予約/

\登録で英語フレーズ集をプレゼント/

こちらの記事もおすすめ

人気記事

セブ島観光アクティビティ39選!おすすめ順にやることを独自ランキング

こちらの記事ではフィリピンの「セブ島観光・セブ島旅行」を知り尽くした筆者が、旅行者、留学生、そして在住者も楽しめる様々な...

YouTube【英語字幕付き】英語学習におすすめ動画ベスト50 前半

英語教材というと、テキスト教材やアプリが主流ですが、YouTubeにも英語学習に関する動画がたくさんアップされています。...

TOEICの点数別【英語を使う仕事12選】36人に聞いてわかった高収入を得るヒント

「英語はこれからの時代必須だよ!」 ちまたでよく聞かれる話題だと思います。しかし、やや具体性に欠けてますよね。 ...

【セブ島留学完全ガイド】費用・持ち物・おすすめの学校54校も解説

「セブ島に留学を決めたけれど、学校の数が多すぎて選べない違いがわからない!」 「人気校やおすすめの語学学校はどこ?」 ...

今日から外国人と友達に!無料ペンパルアプリ&サイト15選

この記事では外国人と英語で国際交流ができるペンパル(文通)アプリやウェブサイトをご紹介します。 本格的な文通アプリ...

英語の略語・スラング【168選】チャットやメールで使われる短縮表現まとめ

外国人とチャットやメールのやり取りをしていると、たまに出て来る意味の分からない略語(短縮表現)やスラング。 今回は...

理解しやすさ最優先!おすすめ英語Podcastランキング【24選】

初心者向けの英語学習用おすすめポッドキャスト(Podcast)をランキングでご紹介。 ポッドキャストとはインターネ...

【419人に聞く】英語学習目的ランキングTOP10!日本人が英語を学ぶ理由とは?

あなたが英語を学ぶ目的は何ですか? ・転職・就職のため ・昇進のため ・外国人の友達が欲しいため ・必要に迫...

英語学習・英会話Youtuberチャンネル【49選】国内ランキング-2024年版-

英会話が学べる日本国内の英語学習系YouTubeチャンネルを、2022年11月時点での登録者数でランキングにしてまとめま...

英語の【文法用語一覧表】noun verb adjectiveなどの意味139用語

英会話レッスンを受けている最中、 「文法に関する質問をしたいけど、そもそも英語でなんて言うのかわからない!」 ...

新着記事

【ドイツ高校留学#6】すぐに挫折しない!ホームシック対策ベスト7

こんにちは。留学ライターの高橋ミモザです。 日本の片田舎で育った高校生の長男が、ドイツの年間留学に旅立ってから早1...

【フィリピン留学#3】フィリピン留学での授業について~気づいたこと5選~

フィリピンに留学してから1週間〜2週間経ちましたが、その短期間でも多くのことに気づきました。ここでみなさんに共有できたら...

【フィリピン留学#2】フィリピン留学って実際どうなの?~現地のリアルな様子について~

実際にセブ島に到着してからの1週間で、現地のリアルな状況を目の当たりにしました。 ここでは、日本人が思っているフィ...

【ロサンゼルス留学記#5】たらい回しの刑?留学中はしつこくプッシュが本当に大事!

私は、この秋からロサンゼルスのコミュニティカレッジに留学中の社会人留学生です。 出国前、日本の留学エージェントを使用せ...

【カナダワーホリ#4】1年はとても短い!延長する方法について解説します

カナダのワーホリは延長できない。という情報をどこかで見かけたことがある人は多いのではないでしょうか? カナダのワー...

【ドイツ高校留学#5】リアルな出発準備と高校留学を実現させる12ステップ

こんにちは。留学ライターの高橋ミモザです。 留学先としては珍しい欧州の国・ドイツへ、日本の片田舎で育った高校生の長...

【ロサンゼルス留学記#4】Evaluation〜日本の学歴と成績をアメリカで評価してもらう方法〜

私はこの秋からロサンゼルスに留学中の社会人留学生です。私は既に日本でいくつかの大学や大学院を卒業しているため、今回は、そ...

【ドイツ高校留学#4】高校留学のタイミングはいつがベスト?わが家は高1でした

こんにちは。留学ライターの高橋ミモザです。 留学先としては珍しい欧州の国・ドイツへ、日本の片田舎で育った高校生の長...

【カナダワーホリ#3】ホステルのフロントデスクってどんなことをするの?仕事内容を紹介

ワーホリの仕事の選択肢のひとつ「ホステル」を知っていますか? ホステルとは主に海外旅行者用の宿泊施設のことで、ワーホリが...

英検3級おすすめの問題集を元教師が教えます!効率よく合格しよう

英検3級の勉強に最適な問題集を元教師がご紹介! 高校で長年にわたり英語検定の指導をしてきたKです。中学卒業程度の実...