マナビジン英会話独学・自習アニメ耳をすませばに学ぶ英文法、anotherとother、the...

耳をすませばに学ぶ英文法、anotherとother、the otherの使い方【ジブリで英語学習#10】

follow us in feedly

follow us in feedly

「他の」や「別の」の意味を表す「another」や「other」ですが、日本語訳では全て同じように訳されるので、その違いが何なのか、どう使い分けたら良いのか分からない!という方は多いのではないでしょうか。

ジブリ映画を観ながら英文法を学ぶシリーズでは、実際にジブリ映画に使われているセリフを使って、ネイティブスピーカーが使う英語のニュアンスと英文法を学びます。

今回は、「耳をすませば」から、「another」と「other」の違いと使い方をご紹介します。

*記事内の画像はジブリ公式サイトが提供している素材のみを使っています。そのため、画像と各英会話シーンがあまり一致していませんが、予めご了承ください(あくまで雰囲気を思い出してもらうために使ってます)。なお、ジブリの英語版は、海外在住であれば海外版ネットフリックス、国内であれば英語版DVD(アマゾンへ)で、英語音声・字幕を楽しめます。*リージョン要確認

anotherの意味と用法1. もう1つ 追加を表す

「もう1つの」という、追加を表す意味として使われます。「other」に「an」がついた「an+other」の形で、「another」の後は必ず「単数名詞」がこないといけません。

ジブリの例を見てみましょう。

主人公の雫が、日本語に翻訳したカントリーロードの曲を、友人の夕子に見せるシーンです。翻訳した歌詞を1つ見せた後に、続けて言う台詞です。

耳をすませば2

オリジナル(日本語):こんなのも作った。
英語訳:I wrote another one.

直訳すると「私はもう1つ書いた」という意味になりますね。雫はすでに1度、翻訳をした歌詞を書いていますよね。それに加えて、「もう1つ別の翻訳をした」という意味で「another」が使われています。

この様に「追加でもう1つの」という意味を表す時に使われます。

例文:Would you like another glass of wine?
(ワインをもう1杯いかがですか?)
 
There is another Onigiri if you want.
(もし欲しければ、もう1つおにぎりがあるよ)

※もしここで複数形を使う場合、「another」ではなく「more」が使われます。

例:There are more Onigiris if you want.
(もし欲しければ、まだおにぎりがあるよ)

anotherの意味と用法2. 別の/他の 代替や違いを表す

「別の」や「他の」という、代替や違いの意味を表します。「another」の後は必ず「単数名詞」がこないといけません。

例を見てみましょう。

友人の夕子が誰かから告白をされました。「どんな人だった?」という雫の質問に、夕子が答えます。

オリジナル(日本語):他のクラスの子。少しかっこ良かった。
英語訳:He’s in another class. He’s not bad.

自分とは別のクラス、という違いを表すために「another class」と使われていますね。他のクラスがいくつあるかは言及されていませんが、いくつかあるうちのどれか別のクラスという意味で「another」が使われています。

この様に、何か別のものがある中で、そのうちのどれか1つを表す為に「another」が使われます。

例文:He is a quack. You should see another doctor.
(彼はやぶ医者だよ。他の医者に診てもらった方が良いよ)
 
Let me give you another number of the event.
(そのイベントの別の数字を見てみましょう)

otherの意味 別の/他の 違いや代替を表す

「別の」や「他の」という意味を表します。「other」の後には必ず「複数形」もしくは「数えられない名詞」がこないといけません。

例をみてみましょう。

たまたま出会った猫の事を、誠二が「ムーン」と呼んでいるのを知った雫。でも、ムーンは色々な家を渡り歩いていて、他の家で「おたま」と呼ばれていた事を聞いた事がある、と誠二が話をしています。

耳をすませば1

オリジナル(日本語):他にもきっと名前があるよ。
英語訳:I’m sure he has other names besides.

ムーンはムーンという名前だけでなく、よその家でおたまとも呼ばれていますよね。他にももっと名前が沢山あるだろう、という意味で「he has other names」と使われています。

この様に「他にも複数」というニュアンスを表したい時に「other」が使われます。

例文:Do you have any other types of this color?
(この色の他の形はありますか)
 
Other information can be found on the web site.
(そのほかの情報がウェブサイトで見つけられます)
※数えられない名詞にも「other」が使われます。

the otherの意味 残りのもう1つ、残りの全て を表す

「the+other」で、残りの全てという意味で使われます。2つの物事/2人の話をする時は、「もう片方」という意味、複数の話をする時は、「残り全て」という意味で使われます。

例を見てみましょう。

雫が、イタリアに留学してしまう誠二と自分の事を比べて、友人の夕子と話をしているシーンです。雫は進路も決まっていないのに比べて、誠二は自分の将来に向かって進んでいる姿を比べています。

耳をすませば3

オリジナル(日本語):同じ本を読んでいたのに、片っぽ(雫)はそれだけでさ。片っぽ(誠二)は進路を決めていてどんどん進んで行っちゃうんだもん。
英語訳:Because even though we were reading the same books, one of us did only that, and the other already has decided on his life’s course.

ここでは、雫と誠二の2人の話をしていますよね。「one of us did only that」は、直訳すると「私たちのうち1人(雫)はただそれだけで(本を読むだけ)」となりますね。

雫の話をした後に、「the other already has decided on his life’s course」ここでのthe otherはもう片っぽ、つまり誠二の事を指します。

この様に、2人(2つ)以上の複数での話をする時に、「残りのもの全て」という主語を表す為に「the other」が使われます。

例文:She has two kittens, one is black and the other is white.
(彼女は子猫を2匹飼っている。1匹は黒色でもう1匹は白色です。)
 
One of the Cakes has strawberries. The other cakes don’t.
(ケーキの1つはいちごがのっている。その他のケーキにはのっていない。)

まとめ

いかがでしたか?

一見ややこしく思える「another」と「other」ですが、意外とシンプルな違いですよね。

「another」の後には「単数名詞」、「other」の後には「複数名詞」もしくは「数えられない名詞」、「the other」は残り全てのことを指しますね。

この様な細かい単語がしっかり使えると、英会話のレベルがぐんとアップして聞こえますよ。しかし咄嗟に使うとなると、何を使えば良いか迷ってしまうので、ジブリの例を参考に、日頃から練習してみてくださいね。

follow us in feedly

follow us in feedly

follow us in feedly

マナビジン編集部
マナビジン編集部チームでは「英語が伝わる楽しさをより多くの方へ」をモットーに英語学習や英語を使ったキャリアに関する情報発信を行っています。

引き続きお楽しみに!

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

著者の他の記事

同じカテゴリー内の記事

Pick Up

オンラインで受講可能なTOEIC講座【15選】zoom、skypeを使った短期TOEICセミナーまとめ

オンライン英会話はたくさんあるものの、TOEICに特化して勉強したい!という方も多いのではないでしょうか。 新型コロナウイルスの影響で対面式のTOEIC対...

カテゴリー

人気記事ランキング

英語の【文法用語一覧表】noun verb adjectiveなどの意味139用語

英会話レッスンを受けている最中、 「文法に関する質問をしたいけど、そもそも英語でなんて言うのかわからない!」 ...

無料で遊べるオンライン英語勉強サイト【10選】パソコン、mac対応

独学での英語勉強方法といえば、アプリやポッドキャスト、市販の英語教材を使って学習するのが一般的ですが、それ以外にもPC(...

最新記事

RSSに登録して最新情報ゲット!

follow us in feedly