マナビジン英会話独学・自習アニメアニメでわかる英語のニュアンスと使い方【ジブリで英語学習#0...

アニメでわかる英語のニュアンスと使い方【ジブリで英語学習#00】

follow us in feedly

follow us in feedly

「英語の文章は読めるのに、英会話になると話せない。」

これは英会話において多くの人が抱える悩みでしょう。単語やイディオムをインプットし、基本的な英文法を理解すれば、英語の文章を理解する力は上がります。

しかしながら、実際の英会話において、どの単語を使えば良いのだろう・・・?こういう状況では何て言えば良いのだろう・・・?といった実践的な課題は、教科書や本だけでは、なかなか解決されません。

英語の実践的な使い方を知るには、実際にネイティブスピーカーが使う英単語やフレーズ、シーンに合った英語のニュアンスを知ることが大切です。とはいえ、ストーリーが複雑な映画やTVを英語で聞くのは少しハードルが高いですよね。

そこで、今回は、あえてお気に入りのアニメを見ながら、英語のニュアンスを学ぶ方法をご紹介します。

*記事内の画像はジブリ公式サイトが提供している素材のみを使っています。そのため、画像と各英会話シーンがあまり一致していませんが、予めご了承ください(あくまで雰囲気を思い出してもらうために使ってます)。なお、ジブリの英語版は、海外在住であれば海外版ネットフリックス、国内であれば英語版DVD(アマゾンへ)で、英語音声・字幕を楽しめます。*リージョン要確認

英語のニュアンスとは?

英語のニュアンスとは、日本語には正確に訳すことのできない、英語ならではの言い回しや意味のことです。

例えば、もうすぐ雨が降りそう、と言いたい時

「I think it will rain soon.」
「I guess it will rain soon.」
「It seems rain soon.」

と、どれも意味は通じるものの、使う単語や言い方によって、微妙にニュアンスが変わってきます。また、自分が置かれた状況によって、適切な言い方が変わってきます。

英語のニュアンスを英語で学ぶ重要性

英語のニュアンスを掴むためには、英単語やフレーズを英語のまま理解することが重要です。今にも雨が降り出しそうな空を見て、一旦頭の中で日本語から英語に訳そうとすると、時間がかかる上に、本来伝えたい意図からズレてしまう可能性もあります。

英会話の中では会話の状況や相手との関係性などによって、適切な言葉を選択し、伝えることがコミュニケーションをより円滑にするキーとなるのです。

そのために、英語がもつニュアンスを、『英語のまま理解すること』が大事なのです。

お気に入りのアニメで英語のニュアンスを学ぶ方法 ①

今回は、誰もが知っているアニメを使って英語のニュアンスを掴む方法をご紹介します。

まず、お気に入りのアニメを一つ選び、英語字幕をつけ、英語音声に設定します。

(有名なアニメであれば最近では、英語字幕、英語音声の機能がついているものが多いです。またyoutubeやAmazonのストリーミング再生も、タイトルを英語で検索すれば、英語版のものが簡単に探すことができます)

少なくとも1度は日本語で見たことがあり、ストーリーを理解していることが重要です。できれば、セリフを覚えてしまっているくらい何度もみたアニメだと、より理解が深まりやすく効果的です。

今回は、筆者が子供の頃から何度もみている、「魔女の宅急便」を例にご紹介します。

お気に入りのアニメで英語のニュアンスを学ぶ方法 ②

次に、自分が好きなシーン、もしくは覚えているセリフがあるシーンを選択します。始めは、あまり長いセリフではなく、短くシンプルなセリフから始めると良いでしょう。

例えば、キキが修行の場所として辿り着いた新しい街で、初めてパン屋のオソノさんの目の前で空を飛ぶシーンです。

魔女の宅急便10

オリジナル(日本語):おソノさんが、「あぁ、私も飛べたらね~」と感嘆しています。
英語だと、「I wish I could fly」と訳されています。

ここで、「I wish I could fly」というセリフに注目します。

私も飛びたいという日本語を英語に直訳すると、「I want to fly」ですが、このシーンでは、本当は実現不可能な願望を表す意味で、「I wish I could fly」が使われているのだと思います。このニュアンスの違い、分かりますか?

このニュアンスを、まるっとそのまま英語で捉えましょう。

他にも例をみてみます。
キキが、初めて街に来て、警官に捕まりそうになった時にトンボが助けてくれたシーンです。

オリジナル(日本語)では、キキが「助けてくれてありがとう。でも、あなたに助けてって言った覚えはないわ。それに、きちんと紹介もされていないのに、女性に声をかけるなんて失礼よ!」と少し怒った口調で言っています。
英語訳では、「I didn’t ask for your help. I guess I have to thank you…but it was rude for you not to introduce yourself first.」となっています。

注目したいのが、日本語では「助けてくれてありがとう」の部分が、「I guess I have to thank you…but」と訳されていることです。

「助けてくれてありがとう」を日本語に直訳すると、「Thank you for your help」で良いのですが、この会話のやり取りでは、本心では御礼を言いたくないけど、一応御礼を言わないといけない・・・という、なんとも微妙なニュアンスを、「I guess I have to…」という言い方で、見事に表しています。

この「I guess I have to…」のニュアンスを、英語のまま掴むことが大切です。

もう少し、例をみて練習してみましょう。

キキが初めて街に到着した日、ホテルに泊まろうとして、受付でホテルマンに応対をされているシーンです。

魔女の宅急便11

オリジナル(日本語):ホテルマンが、「どなたか保護者の方はいらっしゃらないのですか?」
英語訳:Aren’t your parents here with you?

という会話のやり取りの後に、

オリジナル(日本語):キキが、「魔女は13歳で独り立ちするんです」
英語訳:I’m a Witch, so since I’m 13. I’m supposed to be independent.

と、少し強く言うシーンです。

ここで、「supposed to」というフレーズを使っていますよね。

「独り立ちするんです」というのを、「I have been independent」 ではなく、「I’m supposed to be independent」と言っています。

これは、魔女が13歳になると独立する決まりであって、決して自分の意志だけではない、すでに決まっていることであるというニュアンスを伝えるために「supposed to 」が使われているのだと考えられます。

つまり「私」が自立を決めたのではなく、「他人」が決めたこと、というニュアンスですね。

実際、「supposed to」は、ネイティブスピーカーがよく使う言い方ですが、使いこなすには少し難しいと思いませんか?

その様な、何となく知っているけれど、どう使えば良いのかわからない単語でも、この様に実際に使われているシーンを聞くことでニュアンスを掴むことができます。

もう少し例を見てみましょう。キキが、初めて街にきた日、おソノさんに言うセリフです。

魔女の宅急便12

オリジナル(日本語):「この街の方は魔女がお好きじゃないみたいです。」
英語訳:people don’t seem fond of witches in this town.

動詞の「seem」が使われていますね。

「~のようだ」という意味で使われる単語ですが、実際にこういう状況で使うのか、と知ることができます。

今回はニュアンスを分かりやすく伝える為に、日本語訳を記載しましたが、これを、一つ一つ日本語に訳すことなく、英語のまま理解するようにすると、だんだんと英語を英語のままインプットする方法に慣れてくると思います。

一語一語、正確な意味を理解できなくても構いません。文章の意図やニュアンスを理解することができれば良いのです。

お気に入りのアニメで英語のニュアンスを学ぶ方法 ③

英語のニュアンスを掴んできたら、とにかく声に出して練習してみましょう。

英語は、頭で理解できても、口からスラスラでるくらい体に覚えさせないと、実際の英会話では、緊張もするし、使いこなすことが難しいです。

また、英語の音声を聞いて真似ることが、発音上達に何より近道になります。

アニメで学んだフレーズを、自分の状況にあてはめて練習しても良いかもしれません。

例えば、おソノさんの「I wish I could fly」の部分、あなたの願望に置き換えてみましょう。例えば、「I wish I could go there」 (そこに行きたかったなぁ~)など。

まとめ

いかがでしたか?

「英語字幕・英語音声で、日本語に訳さず、英語のままニュアンスを理解する」という方法。初めは慣れないかもしれませんが、大好きなアニメのシーンを英語でみてみると、また新たな発見があるのも、この勉強の面白いところです。

そして何度も何度も英語音声・英語字幕で繰り返しみることで、英語のセリフまで覚えてしまった、となるくらい、楽しく続けることが一番のコツです。

そうやって自分の好きなキャラクターに英語でなりきってみてはいかがでしょうか?

follow us in feedly

follow us in feedly

follow us in feedly

マナビジン編集部
マナビジン編集部チームでは「英語が伝わる楽しさをより多くの方へ」をモットーに英語学習や英語を使ったキャリアに関する情報発信を行っています。

引き続きお楽しみに!

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

著者の他の記事

同じカテゴリー内の記事

ピックアップ

オンラインで受講可能なTOEIC講座【20選】短期集中TOEICスクール 2021年版

手っ取り早くTOEICの点数を上げたいと思ったら、TOEIC専門スクールの短期集中講座で学ぶのが、ほとんどの方にとって最も効率がよい勉強法です。 しかし、...

カテゴリー

人気記事ランキング

英語の【文法用語一覧表】noun verb adjectiveなどの意味139用語

英会話レッスンを受けている最中、 「文法に関する質問をしたいけど、そもそも英語でなんて言うのかわからない!」 ...

無料で遊べるオンライン英語勉強サイト【10選】パソコン、mac対応

独学での英語勉強方法といえば、アプリやポッドキャスト、市販の英語教材を使って学習するのが一般的ですが、それ以外にもPC(...

最新記事

RSSに登録して最新情報ゲット!

follow us in feedly