セブ留学

英語勉強

留学準備

見る

留学中

食べる

学校一覧表

近日公開

留学中

留学後

見る

セブ島留学マナビジンは「国内最大級のフィリピン留学情報サイト」です。親子、大学生、社会人、シニア、それぞれが最高の留学生活をおくるための情報を提供しています。

学校代表の最新記事

更新情報

・新型コロナウイルスとフィリピン留学に関する7つの真実の更新
→2/15 セブ島の現状と台湾の入国制限解除について追記しました。
→2/17 フィリピン政府DOHが提供する、「フィリピン国内の感染及びその疑い」に関するリアルタイム統計データをご紹介。

LINEオープンチャット

→オープンチャット「セブ島留学&観光」
気軽にご質問や意見交換できる場所を作りました。ご相談はコメントかこちらのラインにお願いします。

おすすめ記事

著者

斉藤 淳
397 投稿126 コメント
美穂
229 投稿134 コメント
ドン山本
84 投稿2 コメント
アバター
83 投稿2 コメント
星野 達彦
45 投稿0 コメント
アバター
15 投稿0 コメント
愛場 吉子
12 投稿0 コメント

留学前:セブ島留学ガイド

留学に必要な全てのステップを丁寧にご紹介します

STEP1
全体像を知る

セブ島留学の魅力はざっくりいえば
①マンツーマン授業が中心
②留学費用が欧米より安い
③日本から近い、4時間半
この3点です。では欧米留学との違いやおすすめの対象者は?

STEP2
費用と効果を知る

セブ島留学の費用をざっくりいえば
①1週間15万円〜(4人部屋)
②1ヶ月30万円〜(4人部屋)
③3ヶ月100万円前後
航空券込みでこの値段から!では、1人部屋やホテル滞在はいくらか?

STEP3
語学学校を知る

語学学校をざっくりいえば
①リゾート地と市街地がある
②日系と韓国系がある
③若者〜シニア向けまである
セブ島に語学学校は80校以上あります。どうやって選べば良いか?

STEP4
申し込み方法を知る

申し込み方法をざっくりいえば
①学校に直接申し込む
②エージェント経由で申し込む
申し込み方法は2パターン。それぞれメリットデメリットがあり、知ることでトラブル回避ができます。

ゼロからわかるフィリピン留学

何から読み始めればいいか、よくわからない?

それならまずはこの1記事をご覧ください!フィリピンセブ島留学の全体像をご紹介します。約10分程度で読めます。

フィリピンの語学学校数 154校
マナビジン調べ

60%
Cebu
20%
Baguio
10%
Manila
5%
Clark
5%
others

フィリピン留学を知る、おすすめ厳選8記事

セブ島の治安ガイドライン。先進国の主要都市と徹底比較!

1.フィリピンセブ島って本当に安全なの? 「フィリピン留学、セブ島留学したいけど治安が悪いと聞いて、ためらっている」、...

フィリピン留学のリアルな留学費用

今回はフィリピン留学のリアルな留学費用についてご紹介します。 細かな数字は学校や留学エージェント側から見積書をもらうと...

セブ島留学の留学相談・申し込み方法

こちらではフィリピンセブ島留学の「申し込み方法から気をつけるべき落とし穴」についてご紹介します。 この記事を読んで...

新着口コミ

アップデート中

フィリピンの語学学校掲載数【No.1】学校一覧表はこちら

150校以上あるフィリピンの語学学校からどうやって選べばいいの!?こちらで詳しくご紹介します。

学校代表

本多正治 (First English)
66 投稿0 コメント
藤岡 頼光 (QQEnglish)
58 投稿23 コメント
石原智之 (TARGET)
53 投稿0 コメント
小仲英樹 (CEGA)
12 投稿0 コメント
高橋吉昭 (Brilliant Cebu)
12 投稿1 コメント
早川諒 (AHGS)
11 投稿0 コメント
小出将人 (StarGate)
3 投稿0 コメント
海仲 由美 (HLCA)
3 投稿0 コメント

学校代表の人気記事TOP10

40歳を過ぎて英語をはじめるなら、TOEICの勉強は捨てなさい~私が捨てた7つの常識~

こんにちは皆さん、藤岡頼光(らいこう)です。 今回、私が実際におこなった英語の学習法をディスカヴァー21さんから出版さ...

セブ島土産決定版!英会話学校オーナーが教える秘蔵のお土産12選

セブらしいお土産についてお話ししましょう。もちろんセブと言えばドライマンゴーです。しかしそれ以外にも良いものはたくさんあ...

セブ島への行き方

セブ島にどうやっていけばいいの!?マナビジンが徹底的に調べました!

一問一答 よくあるご質問

フィリピン留学全般のご質問

Q:なぜフィリピン留学?
A:日本から近い、安い、マンツーマン中心だからです。
Q:留学費用はいくら?
A:ざっくり航空券も込みで1週間約15万円、1ヶ月約30万円です。
Q:どのぐらいで英語が喋れる?
A:英検2級レベルの知識があること前提で、かなりしっかり英会話に取り組み約3ヶ月です。(500時間目安)
Q:最短で何日から留学できる?
A:2泊3日プランが一部の学校でありますが、一般的には1週間です。
Q:ビザは必要?
A:フィリピンには観光ビザで入り、30日以上滞在する方は現地で延長します。合わせてSSPという留学許可証を現地でとります(学校が手続きする)。つまり留学前に必要なビザは短期でも長期でもありません。
Q:留学中の1日の流れは?
A:朝食→授業→昼食→授業→夕食→自習→睡眠です。
Q:航空券(チケット)はいくら?
A:成田、大阪、名古屋ならセブ島まで直行便で約6万円、韓国経由は約4万円です。直前の購入、ピークシーズンは高い場合があります。
Q:英語初心者ですが大丈夫?
A:7割、8割の方が初心者(もしくは超初心者)です。小学生も楽しく過ごしていますのでご安心ください。
Q:フィリピン人の発音は大丈夫?
A:非英語圏ではありますが、癖が少ない英語を話します。ただし、ネイティブのようなスピードではありません(だからこそ英語が苦手な方におすすめなのです)。
Q:一人部屋と相部屋、どっちがおすすめ?
A:予算が許す限り一人部屋です、睡眠重視!

生活面でのご質問

Q:病気が心配。衛生・医療面は?
A:日本語が喋れるドクターや看護師がいる病院があります。学校によってはドクター常駐です。
Q:治安は大丈夫?
A:発展途上国ですが、十分日本人が滞在できる環境です。世界的な統計サイトnumbeoによると、治安はロンドンやニューヨークと大差がありません。
Q:どんな食事が食べられる?
A:学校では日本人に合う食事を食べれます。外ではフィリピン料理はもちろん、日本食レストランやマクドナルドなどもあります。
Q:土日の過ごし方は?
A:離島へのアクティビティやショッピングモールへの散策、カフェで過ごす方が多いです。
Q:留学中にダイビングできる?
A:土日を使ってダイビングできます。ライセンスもとれます。
Q:お小遣い(生活費)はいくら必要?
A:派手に使わなければ1週間1万円で十分です。
Q:クレジットカードは使える?
A:VISA、マスターが使いやすいです。
Q:フィリピンで携帯電話は使える?
A:ネットも電話も現地のSIMカードを購入し、プリペイドカードでチャージすれば可能です。
Q:日本から持っていくべき必需品は?
A:パスポート、現金、クレジットカード、それ以外は個々で異なるのでこちらで。
セブ島留学時の持ち物リスト
Q:服装はどうする?
A:気温は常時22度〜30度ですので、半袖半ズボンで過ごせますが、室内は寒いので長袖長ズボン、カーデガンなどもあると便利です。

学校選びのご質問

Q:評判の良い学校の探し方は?
A:一番正確なのは実際の留学生からの情報、続いてネットです。ただし、どの学校も良い点とそうでない点があります。そのため、自分の中で学校選びで譲れないポイントを2つ明確にし、それを基準に選ぶ事をおすすめします(例:宿泊施設、マンツーマン数)。
Q:初心者に優しい学校は?
A:ほとんどの学校が初心者を対象にしているため、どの学校も初心者が勉強しやすいプログラム、先生、環境を用意しています。
Q:日本人経営の学校がよい?
A:初めて留学される方は特におすすめです。日本人スタッフも多いので安心、またサービスが日本よりです。留学生同士で日本語を話してしまいがちなのは事実ですが、困った時に助けてもらいやすい&情報交換しやすいのも日系です。
Q:子連れで親子留学できる学校は?
A:どの学校でも基本受け入れをしていますが。同じ価格帯であれば、小規模校の方がアットホームで過ごしやすいでしょう。また、KredoKidsのような専門校もあります。
Q:TOEICに強い学校は?
A:TOEICコースを持つ学校はセブに多く、一概にどの学校がおすすめとは言えませんが、どの学校であったとしても一般的に1ヶ月100点〜200点、2ヶ月200点〜300点は十分目指せる範囲です。
Q:スパルタの学校は?
A:スパルタとは出席率や門限が厳しく、1日の授業数が多い学校を主に指します。
Q:多国籍な学校は?
A:時期によって変動しますが、日系以外の学校が強い傾向にあります。
Q:最安の学校はどこ?
A:6人部屋を提供、かつ授業数の少ない学校であたってみてください。
Q:ホテル滞在型の学校は?
A:セブ島には数多くあり、1ヶ月25万円〜35万円が相場です。値段が高くなるごとに年齢層が高くなる傾向にあります。
Q:無料でセブ島留学する方法とは?
A:0円留学、インフルエンサー留学、インターンなどがあります。

留学中:セブ島観光ガイド

セブ島観光の魅力を余すことなくお伝えします!

外さないレストランはここだ!

エリア・ジャンル別まとめ

セブ島SMモール(シューマート)レストランTOP10

SMグループといえばフィリピン最大の財閥であり、フィリピン全土に「SMモール(シューマート)」という巨大なショッピングモ...

セブ島を「120%」楽しむ!おすすめ8記事

【セブ島観光】絶対にするべき39スポット&アクティビティ 

テレビや英語留学の影響でセブ島が様々なメディアに紹介されることが多くなり、人気旅行先として上位に挙がることが多くなったフ...

大迫力!セブ島ジンベイザメツアー【オスロブ】

ダイバーにとって憧れのジンベイザメ。ダイバーでなくても、その大きい体に斑点模様が特徴のジンベイザメが好きな方は多いのでは...

日本観光ビザ取得方法

フィリピン人を日本へ招待する方法

フィリピン人を観光ビザで日本へ招聘する方法に関する記事はこちらです。資料はPDFも用意、詳しくご紹介します!

リゾートホテル

【マクタン島】デイユース日帰りビーチリゾート15選

フィリピンセブ島に留学したときはビーチリゾートに行きたいですよね。 観光客としてセブ島に来るのであれば、ビーチリゾ...

欲しい情報がきっと見つかる!セブ島観光専用ページへ

更に詳しいセブ島観光・英語学習情報は特設ページでご紹介。おすすめレストラン、SPA、リゾート、ホテル、アクティビティ、格安ツアー、ボランティア、セブ島現地での英語学習方法など。

フィリピン政治経済ガイド

発展途上国の「なぜ」を追いかけると世界が見える

特設:レイテから振り返る日本とフィリピンの第二次世界大戦

フィリピンは第二次世界大戦中にレイテ島を中心に、セブ島も戦地となりました。なぜ日本はアメリカと戦ったのか?今日のグローバル経済を知る上で欠かすことのできない歴史を学びます。まずはコロンブスが活躍した大航海時代からスタートしましょう。セブ島留学レキシジンで・・・

留学後:英語を活かす

英語を活かしてより豊かな人生へ

英語勉強

英語を使う仕事

コメント&記事更新のお知らせ

コメントの多い記事

【セブ島観光】絶対にするべき39スポット&アクティビティ 

テレビや英語留学の影響でセブ島が様々なメディアに紹介されることが多くなり、人気旅行先として上位に挙がることが多くなったフ...

【マクタン島】デイユース日帰りビーチリゾート15選

フィリピンセブ島に留学したときはビーチリゾートに行きたいですよね。 観光客としてセブ島に来るのであれば、ビーチリゾ...