spot_img
留学マナビジンオリジナル英語教材ジブリで英文法「should have, must have」の違いと使い方|ジブリde英文法#14

「should have, must have」の違いと使い方|ジブリde英文法#14

「should」と「must」は、どちらも「~しなければならない」という意味をもつ助動詞ですよね。では、「should have+過去分詞」「must have+過去分詞」となると、どうでしょうか?
実はこの2つ、似ているようで意味が大きく異なってくるのです。

ジブリ映画を観ながら英文法を学ぶシリーズでは、実際にジブリ映画に使われているセリフをもとに、ネイティブスピーカーが使う英語のニュアンスと英文法を学びます。今回は、「ゲド戦記」から、「should have」と「must have」の意味と使い方をご紹介します。

*記事内の画像はジブリ公式サイトが提供している素材のみを使っています。そのため、画像と各英会話シーンがあまり一致していませんが、予めご了承ください(あくまで雰囲気を思い出してもらうために使ってます)。なお、ジブリの英語版は、海外在住であれば海外版ネットフリックス、国内であれば英語版DVD(アマゾンへ)で、英語音声・字幕を楽しめます。*リージョン要確認

should have、must haveは、どちらも仮定上の過去の事

まず、「should have」と「must have」に共通するのは、どちらも現実には起きていない仮定上の過去の話をする時に使われることです。

文法ルールは、「should/must+ have + 過去分詞」の形です。主語が変わっても動詞の活用は変化なく、全て同じ形です。

should have+過去分詞 ~するべきだった 過去の後悔

~するべきだったと過去のことを後悔しているニュアンスが含まれます。

ジブリの例を見てみましょう。

ハイタカ(ゲド)と離れた間に、少年アレンは人狩りの悪党達に捕まってしまいました。なんとか、ハイタカによって救出はできたものの、帰り道でハイタカが呟くシーンです。

ゲド戦記1

オリジナル(日本語):もう少し私が注意しておけばよかった。
英語訳: I should’ve been more careful.

「should have」の後に、be動詞の過去分詞「been」が使われていますね。「should have been」で、「~であればよかった」という意味になります。

つまり、ここでは「should’ve been more careful.」で、「もっと注意をすればよかった」となります。実際にはあまり注意をしていなかった為に、少年アレンが捕まってしまったので、後悔しているニュアンスが伝わりますね。

この文章が現在形の場合と比べてみましょう。

・I should be more careful. (私はもっと気をつけなければならない)
・I should have been more careful. (私はもっと気をつけなければならなかった)

違いが、分かりますか?
「should have been」の方は、実際には起こらなかった仮定上の過去の話ですね。

もう1つ、例を見てましょう。

テヌーという女性の家に住んでいる少女は、朝、テヌーを起こしに寝室に行きます。しかしそこには、テヌーではなく、少年アランが眠っていました。驚く彼女に、テヌーが言ったセリフです。

オリジナル(日本語):ごめんね。言っとけばよかった。
英語訳: I’m sorry dear. I should’ve told you.

「should have told you.」で、「言っておけばよかった」という意味ですね。実際は少年アランが寝ている事を言わなかったので、少女は驚きました。この様に「should have+過去分詞」は、実際にしなかった事に対して、「~するべきだった」と後悔をしているニュアンスで使われます。

この文章が現在形の場合と比べてみましょう。

I should tell you. (私はあなたに言うべきです)
I should have told you. (私はあなたに言うべきだった)

違い、分かりますね。
「should have told you」の方は、実際には起こらなかった仮定の話です。

「should have +過去分詞」は、日常会話でも頻繁に使うので、例文を見てみましょう。
ネイティブスピーカーは、「should とhave」がくっつき、「should’ve」「シュダッブ」の様に発音します。

例文:
・I should’ve studied more! I’ll get a zero. (もっと勉強すればよかった! 0点とるわ。)

否定の場合(should not have +過去分詞)
・It’s too crowded. I shouldn’t have been there today. (混みすぎだ。今日来るべきじゃなかったな。)

must have+過去分詞 ~に違いない 過去の強い推測

~だった(した)に違いないと過去の事を限りなく事実に近い確証を持っているニュアンスで使われます。

ジブリの例をみてみましょう。

ハイタカ(ゲド)がテヌーの家からでてきた姿をみた村人たちが、噂をしているシーンです。

ゲド戦記2

オリジナル(日本語):あの女の家から来たのかね。
英語訳:He must’ve come from that woman’s house.

「He must have come」で、彼は来たに違いない、という意味になります。本当はどこから着たか分かりませんが、強い確信を持っているニュアンスが伝わりますね。

助動詞の「must」は「~かもしれない」という推察の意味の他に、「~しなければならない」という意味もありますが、「must have+過去分詞」の形では、「彼は来なければならなかった」という意味にはならないので、注意をしてくださいね。

この文章が現在形の場合と比べてみましょう。

He must come from that woman’s house.
(彼はその女性の家からこなければなりません。もしくは、彼は彼女の家からきているに違いない)

He must have come from that woman’s house.
(彼はその女性の家から来たに違いない)

「must have come」の方は、過去の強い推測を表す文章になり、「~しなければならなかった」の意味にはなりません。

もう1つ例を見てみましょう。

テヌーの家に住んでいる少女は、朝、テヌーを探して寝室に行きます。そこには、テヌーではなく、少年アランが眠っていました。彼は、数日前に自分を助けようとした少年。理由が分からない少女に、その話を聞いたテヌーが言います。

オリジナル(日本語):そりゃ、びっくりするわね。
英語訳: That must’ve been a surprise.

「That must have been」で「~だったに違いない」の意味ですね。彼女がビックリしたかどうかは本当の所分かりませんが、「驚くに違いない」と、強い確信を持っているニュアンスが伝わります。

「それは、びっくりしなければならなかった」という意味にはならないので、注意をしてくださいね。

こちらも頻繁に使われるので、他にも例文を練習してみましょう。
発音は、「must have」がくっついて、「must’ve」「マスタッヴ」の様に発音します。

例文:
You must’ve drunk too much. Your face is red. (あなたは飲みすぎたに違いないね。顔が赤いよ。)

If they were not at their desks, they must’ve been in the garden.
(もし彼らが机にむかってなかったなら、庭にいたはずだよ)

まとめ

ゲド戦記3
いかがでしたか。

発音が少し難しいので、慣れるまでは聞き取りにくいですが、日常会話でとても良く使われる言葉です。どちらも仮定上の過去の話という基本ルールのもと、「should have」=「~すればよかった」、「must have」=「~だったに違いない」と、ジブリの例を参考にしながら自身で練習してみてくださいね。

ジブリで英語勉強シリーズ
#00 英語のニュアンスはアニメに学べ!英語字幕でジブリを見る方法もご紹介
#01 現在完了と現在完了進行形の違いと使い方
#02 wouldの4つの意味と使い方
#03 couldの4つの意味と使い方
#04 使役動詞「MakeとLet」の違いと使い方
#05 Ifを使用した条件文・仮定法の4つの種類
#06 比較級の4つのルールと使い方
#07 「~のようだ」を意味する「look、look like、seem、seem like」の違い
#08 I think 以外の英語表現10選
#09「just」の5つの意味と使い方
#10「anotherとother、the otherの使い方
#11「~だよね?、~でしょ?」を表す付加疑問文の使い方
#12「must, have to, should, had better」の違い
#13 must have, should have, could have, would haveの4つの違い
#14「should have, must have」の違いと使い方
#15「this, that, these, those」の使い方と違い
#16 現在完了形「ForとSince」の違いと使い分け
#17 「in, at, on」の意味と使い方、使い分け方法
#18 「mostとalmost」の違いと使い方
#19 関係副詞「why, Where , When, How」の違いと使い方
#20 よくわかる「to」と「for」の違いと使い方
#21 「see, look, watch」の違いと使い方
#22 「used to do〜, be used to~ ing」の意味の違いと使い方
#23 as~as構文の意味、例文、使い方
#24 neverの4つの意味と使い方
#25 「unless, if not, otherwise, or」の意味の違いと使い方
#26 「like」と「as」の意味の違いと使い方
マナビジン編集部
マナビジン編集部
マナビジン編集部チームでは「英語が伝わる楽しさをより多くの方へ」をモットーに英語学習や英語を使ったキャリアに関する情報発信を行っています。

引き続きお楽しみに!

2 コメント

コメントは締め切りました。

1週間7万円台で留学するならスマ留

例:マルタ1週間79,800円(授業料・宿泊費込み)
スマ留の体験談
スマ留で英語留学2
スマ留で英語留学3

留学エージェント「スマ留」を利用すれば、アメリカ、オーストラリア、カナダ、フィリピン、マルタなど人気11カ国に激安で留学できます。費用は「授業料+宿泊費+α込み」で1週間7万円から!しかも選ぶ学校によって費用が変わらないから安心です。
少しでも留学やワーホリに興味がある方は、以下からチェックしてみてください。

\ 30秒で無料カウンセリング予約/

\登録で英語フレーズ集をプレゼント/

こちらの記事もおすすめ

英語勉強の人気記事

YouTube【英語字幕付き】英語学習におすすめ動画ベスト50 前半

英語教材というと、テキスト教材やアプリが主流ですが、YouTubeにも英語学習に関する動画がたくさんアップされています。...

今日から外国人と友達に!無料ペンパルアプリ&サイト15選

この記事では外国人と英語で国際交流ができるペンパル(文通)アプリやウェブサイトをご紹介します。 本格的な文通アプリ...

理解しやすさ最優先!おすすめ英語Podcastランキング【24選】

初心者向けの英語学習用おすすめポッドキャスト(Podcast)をランキングでご紹介。 ポッドキャストとはインターネ...

英語学習・英会話Youtuberチャンネル【49選】国内ランキング-2024年版-

英会話が学べる日本国内の英語学習系YouTubeチャンネルを、2022年11月時点での登録者数でランキングにしてまとめま...

勉強!経営者におすすめアマゾンプライムで見れるビジネス映画16選

企業で働くビジネスマンや経営者が観たい映画といえば、やはりビジネス関連の映画ではないでしょうか。 そして、海外出張...

無料で遊べるオンライン英語勉強サイト【11選】パソコン、mac対応

独学での英語勉強方法といえば、アプリやポッドキャスト、市販の英語教材を使って学習するのが一般的ですが、それ以外にもPC(...

英検1級講師が教えるNetflix英語学習方法【決定版】初心者は勉強前にまず見て!

海外ドラマで英語を勉強するいちばんのメリットは、楽しみながら勉強できるということです。 今ではありがたいことにDV...

正確に英語翻訳するおすすめサイト27選!無料で和訳英訳できるサイト中心

昔は英語の翻訳サイトと言えばGoogle翻訳でしたが、最近では様々なサイトやアプリから翻訳サービスが出ています。しかもそ...

通勤時におすすめ!聞き流し英語学習アプリ【12選】無料で勉強

皆さんは、英語の学習が「面倒だな…」と感じた経験はありませんか? 「TOEICのスコアアップのために勉強しようと意...

海外筋トレ&エクササイズYouTube動画【24選】人気のChloe Ting、Pamela Reifなど

自宅で英語を学びながら筋トレ&エクササイズをしよう 新型コロナウイルスで国内自粛要請の中、外出できずに体が錆びついてい...

新着記事

ドイツ高校留学!男子高校生が体験したドイツのリアル留学ライフ【留学編vol.5】

こんにちは。留学ライターの高橋ミモザです。 日本の片田舎で育った高校生の長男が、ドイツの年間留学に旅立ってから早1...

ドイツ高校留学!男子高校生が体験したドイツのリアル留学ライフ【留学編vol.4】

こんにちは。留学ライターの高橋ミモザです。 日本の片田舎で育った高校生の長男が、ドイツの年間留学に旅立ってから早1...

ドイツ高校留学!男子高校生が体験したドイツのリアル留学ライフ【留学編vol.3】

こんにちは。留学ライターの高橋ミモザです。 日本の片田舎で育った高校生の長男が、ドイツの年間留学に旅立ってから早1...

ドイツ高校留学!男子高校生が体験したドイツのリアル留学ライフ【留学編vol.2】

こんにちは。留学ライターの高橋ミモザです。 日本の片田舎で育った高校生の長男が、ドイツの年間留学に旅立ってから早1...

【カナダワーホリ#5】貯金は可能?トロントワーホリ2年目のリアルな生活コストを紹介

トロントのワーホリはどのくらいお金が稼げるのでしょうか?カナダでの生活は高そうというイメージがある人も多いと思います。 ...

【オーストラリアワーホリ#4】オーストラリア(メルボルン)での生活編

日本で行う手続きから始まり、今回がいよいよ最終回です。 今回は、よくやく海外に来て1年経った私から見たメルボルンと...

【オーストラリアワーホリ#4】オーストラリア留学の延長について

親日家が多く、広大な土地と温厚な人柄が魅力のオーストラリア。リラックスした環境のため幸福度の高い国としても知られています...

【ドイツ高校留学#6】すぐに挫折しない!ホームシック対策ベスト7

こんにちは。留学ライターの高橋ミモザです。 日本の片田舎で育った高校生の長男が、ドイツの年間留学に旅立ってから早1...

【フィリピン留学#3】フィリピン留学での授業について~気づいたこと5選~

フィリピンに留学してから1週間〜2週間経ちましたが、その短期間でも多くのことに気づきました。ここでみなさんに共有できたら...

【フィリピン留学#2】フィリピン留学って実際どうなの?~現地のリアルな様子について~

実際にセブ島に到着してからの1週間で、現地のリアルな状況を目の当たりにしました。 ここでは、日本人が思っているフィ...