HOME留学する英語留学ドバイ留学エージェントおすすめ【5選】費用・メリット・デメリットなどを徹底解説

ドバイ留学エージェントおすすめ【5選】費用・メリット・デメリットなどを徹底解説

留学といえば、カナダやアメリカ、セブ島などが一般的にイメージされるでしょう。

しかし、最近ドバイ留学の注目度も上がってきているのをご存知ですか。

中にはドバイ留学が気になり、どんなメリットやデメリットがあるか気になる人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、ドバイ留学の詳細や、おすすめの留学エージェントについて徹底解説をしていきます。

\\ Pick up //

海外留学のスマ留公式サイト「最安値」で留学・ワーホリする方法
留学エージェント「スマ留」なら従来の最大50%OFFで留学・ワーホリが可能。低コストだから留学に初めて挑戦してみたい方にピッタリ!学校選びも超かんたんです。
▶スマ留、安さの秘密と留学対象国はこちら>>

コロナ禍でドバイ留学は可能?

2023年1月時点、ドバイ留学は可能です。

日本大使館公式サイト
在ドバイ日本国大使館

ドバイってどんなところ?

ドバイの街のイメージ
ドバイと聞くと、お金持ちや石油王のイメージを持つ人が多くいるでしょう。まずは留学前に、ドバイの詳細を解説していきます。

ドバイの基本概要

ドバイとはアラブ首長国連邦の国の一つで、アラビア語が公用語です。しかし、住民の8割以上が外国人のため、英語が公用語となっています。

近年では欧米やオーストラリア、アジア諸国から多くの人が集まるため、語学留学の先として人気を集めています。

また、ドバイでは信教の自由が認められているものの、基本的にはイスラム教が中心です。そのためドバイ留学へ行く前に、基本的な宗教上の注意などは把握しておくことを推奨します。

ドバイまでのアクセスと料金

ドバイの場所
ドバイと日本の距離は7,787kmで、フライト時間はおよそ12時間です。東京、大阪であれば直行便が出ているため、乗り換えをせずにアクセスができます。

料金は航空会社にもよりますが、7万5,000円~10万円ほどとなっているため、他の国へのアクセスと比べてもそう高くはありません。

ドバイの特徴

先述通りドバイの公用語は英語のため、道路標識やレストランは全て英語で表記されているので、留学で困ることはないでしょう。

ドバイは非常に温暖な地域のため、年間を通して20度以上を記録する日がほとんどです。

7〜9月は特に暑さが厳しく、40度を連日超えることもあります。ただ建物内はクーラーが効いているため、移動時以外に暑さの心配は必要ありません。

交通機関はバス、タクシー、メトロが主流となっています。バスの料金も安く、120円程度で利用が可能なため、陸路の移動では不便さを感じることも少ないでしょう。

他にもドバイは水上バスや水上タクシーといった、水路も主要の移動手段となっているため、日本ではあまり経験できない移動手段もあります。

ドバイ留学のメリット

ドバイに留学することで得られるメリットを解説していきます。主に移住者が多い環境や、治安の良さなどが挙げられます。

治安が良いため生活に安心感がある

ドバイは極めて治安が良い国です。

そもそもドバイが所属するアラブ首長国連邦は、治安の良い国ランキングで3位に位置しています。

Safety Index by Country 2021
ランキング詳細はこちら

ちなみに日本が同ランキングで9位であることを考えると、アラブ首長国連邦は極めて安全な国といえるでしょう。

また、都市ごとのランキングを見ても、ドバイは7位にランクインしています。このように世界的に見ても安全性の高いことは、留学生活を送る上で大きなメリットになります。

多国籍な環境でグローバル思考を身につけられる

先述でも触れたように、ドバイに住む人の8割は外国人です。そのため語学学校には、様々な地域から留学に来た生徒と交流を持つことができます。

留学先での主な目的は語学の習得ですが、ドバイの場合は世界各国の文化を学ぶことも可能です。結果として視野を広く持ち、グローバル思考を育てることもできるでしょう。

日本人留学生が多くない

人気の高まっているドバイ留学ですが、アメリカやカナダに比べるとまだまだ日本人が少ないです。そのため、留学先のクラスで多くの日本人と一緒になることも少ないでしょう。

せっかく海外に行ったのであれば、なるべく外国人との交流を持ちたいと思う人も多いのではないでしょうか。

そのような考えを持っている人であれば、日本人があまり多くないドバイで理想の環境を作れるでしょう。

学生ビザでアルバイトが可能

ドバイでは学生ビザがあれば、パートタイムの仕事ができます。アメリカなどでは学生ビザではアルバイトができないため、留学先で仕事の経験は積めません。

しかし、留学生でもアルバイトが出来るドバイの場合、学校生活以外で英語力を向上させられる機会を多く作り出せます。

語学学校での勉強ももちろん大切ですが、実際にアウトプットが多くなる仕事先で時間を過ごすことで、コミュニケーション能力を鍛えられるでしょう。

ドバイ留学のデメリット

魅力的なメリットが多いドバイ留学ですが、一方でデメリットもあります。

物価の高さや日本よりも厳しいルールがあるため、渡航前に欠かさずチェックして下さい。

物価が高い

ドバイは日本より物価が高いため、現地での生活費が多くかかります。

例えば日本でいうところの食堂クラスでのランチは1,500円程度、ファストフードでも1,000円弱かかります。そのため、日本にいるときほど気軽に外食を楽しめない点はデメリットに感じるでしょう。

日本よりルールが厳しい

ドバイの治安の良さの裏には、厳しく統率されたルールがあります。

治安が良いことはメリットですが、以下のようなルールは日本よりも厳しいため、窮屈さを感じるかもしれません。

・横断歩道以外を横断すると罰金
・公共の場での飲酒が罰金
・ポイ捨てをすると罰金

上記の項目は日本でもしてはいけないことなので、普段からルールを守っている人であれば影響はないでしょう。

しかし、実際に日本ではグレーゾーンのため、多くの人が気にしていないのが現状です。

一方ドバイでは上記全てが法律により禁止されており、犯すと罰金が課せられます。つい無意識な行動で法律に触れることもあるため、日本と同じ感覚で軽はずみな行動は控えましょう。

国全体で断食をする

イスラム教が国教であるドバイでは、マラダンという1ヶ月の断食があります。イスラム教徒でなければ断食をしなくても良いのですが、街中の飲食店はマラダンに合わせて閉められます。

そのため、留学時期がマラダンと重なると気軽に外食ができません。ドバイ留学をする際は、事前にマラダンの時期を確認するようにしましょう。

ドバイ留学の費用

ドバイの通貨
ドバイ留学に必要な費用についてご紹介します。

ドバイに関わらず、留学の費用は大きく3つからなります。

①航空券代、海外旅行保険代
②語学学校費用、宿泊費用
③現地での生活費

①航空券代・海外旅行保険代(渡航前支払い)
東京・大阪からの直行便の場合、だいたい10〜15万円です。GWや年末年始などもっと高い時期もありますし、反対に閑散期であればこれより安いこともあります。予約の時期によっても変わってきます。

海外旅行保険代は、保障のカスタマイズによっても変わってきますが、必要最低限の保障内容でだいたい1ヶ月2万円です。

②語学学校・宿泊費用(渡航前支払い)
語学学校へは、入学金・授業料・教材費の支払いが必要です。授業のコマ数にもよりますが1ヶ月15〜20万円が目安です。宿泊費はドバイの語学学校の多くは学生寮を保有しているので、比較的安くおさめることできます。1ヶ月10〜15万円が目安です。

③現地での生活費(現地支払い)
これは現地での過ごし方によって大きく変わってくる費用ですが、1ヶ月5〜10万円の人が多いです。毎週末観光アクティビティを楽しんだり、頻繁にホテルのレストランなどに外食に行けばさらに必要となりますし、放課後や週末も勉強をしている方や学食付きの場合は5万円もかからない人もいます。

また、現地滞在30日以内の場合はビザが不要ですが、それ以上の滞在の場合はビザの取得費用が必要です。(ビザ取得は学校が代行してくれます)

留学期間:1ヶ月(4週間)の場合

語学学校費用(授業料)15〜20万円生活費5〜10万円

項目 費用の目安
航空券代 10〜15万円
海外旅行保険代 2〜3万円
宿泊費用 10〜15万円
合計費用 42〜63万円

留学期間:3ヶ月(12週間)の場合

語学学校費用(授業料)45〜60万円生活費15〜30万円

項目 費用の目安
航空券代 10〜15万円
海外旅行保険代 6〜9万円
宿泊費用 30〜45万円
合計費用 106〜159万円

留学期間:6ヶ月(24週間)の場合

語学学校費用(授業料)90〜120万円生活費30〜60万円

項目 費用の目安
航空券代 10〜15万円
海外旅行保険代 12〜18万円
宿泊費用 60〜90万円
合計費用 202〜303万円

留学期間:1年(48週間)の場合

語学学校費用(授業料)180〜240万円生活費60〜120万円

項目 費用の目安
航空券代 10〜15万円
海外旅行保険代 24〜36万円
宿泊費用 120〜180万円
合計費用 369〜591万円

\今すぐ留学エージェントをチェック!/

おすすめ留学エージェント5社 特徴
スマ留 他社の最大半額で留学可能
ISS留学ライフ Z会グループのエージェント
留学タイムズ 旅行会社HISと提携
ウィンテック留学センター 24時間いつでも電話相談可能
アズ留学センター オーダーメイド留学

ドバイ留学エージェントに関するよくある質問

ドバイ留学エージェントとは何をしてくれますか?
学校の提案、入学申込や滞在先の手配、航空券の手配、現地でのサポートなど、留学に必要なことをサポートしてくれます。
ドバイ留学エージェントは無料で利用できますか?
無料のエージェントと有料のエージェントがあります。サポートの内容にもよりますので、一概に無料が良いとも言えません。一般に語学留学は無料、大学への正規留学は有料のエージェントが多いです。
ドバイ現地留学エージェントとは何ですか?
ドバイ留学のみを専門に扱う現地に本社を持つ留学エージェントです。ドバイには詳しいですが、その他の国はおすすめしてくれない傾向がありますので、他の国も考えているのであれば世界中の留学を扱う留学エージェントが良いかもしれません。
ドバイ留学をするのにビザは必要ですか?
30日以内の留学であればビザは不要です。31日以上の滞在の場合は学生ビザ取得が必要となりますので、留学エージェントにご相談ください。
留学中もサポートをしてもらえますか?
多くの留学エージェントで、留学中も現地オフィスや電話で相談を受け付けています。特に現地オフィスがあるエージェントは、相談ができる以外に現地の最新情報を提供してくれるほか、他校の生徒さんと知り合う機会もあります。

おすすめのドバイ留学エージェント5社

おすすめのドバイ留学エージェント5社をランキング形式でご紹介します。

スマ留


スマ留

スマ留は料金がリーズナブルなことで有名な留学エージェントで、年間利用者数は10,000人以上です。日本には東京(新宿)に対面で無料相談できるサロンがあり、もちろんオンラインやLINEでも相談が可能です。
スマ留
おすすめポイント①:留学費用が従来の最大半額
語学学校の空き時間や空き場所を利用することで従来の最大半額でご提案頂けます。

おすすめポイント②:シンプルなパッケージ料金
国と期間ごとに料金がパッケージ化されているので、追加費用が発生することなく自由に語学学校を選ぶことができます。またカウンセリング前に留学したい国と期間が決まっていれば簡単に費用のシミュレーションを出すことが可能です。

おすすめポイント③:安心安全の365日、24時間コールサポート
世界中どこにいても24時間コールサポートが可能なので初めての留学生活でも安心です。(146ヵ国203都市での駆けつけサービスも可能)

ISS留学ライフ


ISS留学ライフ現地オフィス:なし

ISS留学ライフは1990年の創業以来30年以上にわたり、おおよそ5万人を超えるお客様の留学をサポート。日本には東京、横浜、大阪、名古屋、福岡で対面にて無料カウンセリングが可能となります。(オンラインでも可)

総合教育グループ「Z会グループ」の一員としてお客様に寄り添ったサポートで、一人ひとりに最適な「海外での学び」を提供いただけます。
ISS留学ライフ
おすすめポイント①:取り扱い可能な語学学校が豊富
世界28ヵ国1,200校以上の取り扱いがあり、留学経験者でもある専任の留学カウンセラーから最適な留学プランを提案して頂けます。

おすすめポイント②:24時間体制の日本語アシスタントサポート
世界12ヶ国21都市の現地提携オフィスのほか、緊急時には24時間体制の日本語アシスタントサービスでサポート頂けます。

おすすめポイント③:英語レッスンを回数無制限で参加が可能
出発前に対面・オンラインでの英語レッスンを回数無制限で参加が出来ます。
出発前オリエンテーションで留学の準備をしっかりおこなえることで不安を解消して出発ができます。

留学タイムズ


留学タイムズ留学タイムズ公式サイトを見る
留学タイムズは大手旅行会社HISと提携しているエージェントです。そのため、サポート体制が手厚く現地で困ったことがあっても安心できるでしょう。

初めての留学で現地での生活が不安な方は、留学タイムズをおすすめします。
留学タイムズ

ウィンテック留学センター


ウィンテック留学センターウィンテック留学センター公式サイトを見る
ウィンテック留学センターでは申し込み後にオリエンテーションを行なっており、留学中に困ったことがあれば24時間いつでも電話での相談を受け付けています。

日本国内には新宿、神戸、札幌にオフィスを持ち、対面での留学相談が可能です。
ウインテック留学センター

アズ留学センター


アズ留学センターアズ留学センター公式サイトを見る
アズ留学センターはオーダーメイド留学が可能です。そのため自分の希望に沿った、オンリーワンの留学を組み上げられます。

留学に関して希望やこだわりが多い人は、アズ留学センターで多くの希望条件を叶えられるでしょう。

まとめ

ドバイのイメージ
近年人気が高まっているドバイ留学は多くのメリットがあるため、渡航先の候補にぜひ入れて欲しい国の一つです。
そしてドバイ留学を成功させるのであれば、実績のあるエージェント選びも欠かせません。

これからドバイ留学を考えている人は、ドバイの基本情報やメリットなどを理解し、自分に合うエージェントを見つけ、充実した留学ライフを実現して下さい。

留学エージェント176社総まとめはこちら。留学エージェントの仕組みから、カウンセリングの受け方、優良留学エージェント探しのポイント、そしておすすめの留学エージェントをご紹介しています。

ドバイへ留学する前にフィリピン留学でマンツーマンで基礎を見つけてから2カ国目としていく方法もおすすめです!

各国のエージェントまとめはこちら
フィリピン留学・セブ島留学アメリカ留学ハワイ留学カナダ留学イギリス留学ニュージーランド留学オーストラリア留学アイルランド留学マルタ留学フィジー留学マレーシア留学ドバイ留学

follow us in feedly

マナビジン編集部
マナビジン編集部
マナビジン編集部チームでは「英語が伝わる楽しさをより多くの方へ」をモットーに英語学習や英語を使ったキャリアに関する情報発信を行っています。

引き続きお楽しみに!

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

海外出稼ぎ特集

編集長おすすめ記事

ワーホリ特集

ワーキングホリデー26ヶ国一覧表《2023年》費用・期間・年齢・ビザ条件などまとめました

数日から1~2週間の海外旅行では物足りない、長い期間海外に住んで現地の人と交流したいと感じる人にとってもおすすめしたいの...

「ワーホリ vs Coop留学」オススメのカナダ留学プランはこれ!

カナダ留学したいけど、ワーホリで渡航しようとしている方!そのワーホリを今使ってしまうと、後で後悔するかもしれません。。。...

海外出稼ぎならオーストラリアが今アツい!月収30万確定の円安留学とは!?

経済の影響で、海外に出稼ぎに行く人が増えています。その理由としては、「日本より稼げる」や、「出稼ぎからそのまま海外就職に...

ワーキングホリデーできない40代・50代【海外で働く】7つの方法

40代・50代の方は子育てなどのライフイベントが一段落し、新たなチャレンジを海外でしてみたいとお考えの方もいるのではない...

オランダワーホリ【2023年版】申請方法、条件、費用、メリット・デメリットまで完全ガイド

コロナの入国制限などもなくなり、海外へ行きやすくなってきました。海外旅行や一定期間海外に滞在してみたいという方も増えてい...

関連記事

フィリピンセブ島留学エージェントおすすめ21社【2023年版】

フィリピン留学・セブ島留学エージェントを利用すれば、プロのカウンセラーに相談しながら希望の学校に留学することができます!...

カナダ留学エージェントおすすめ【29選】ワーホリ、Coop留学も対象

「カナダに留学したいんだけど、どこのカナダ留学エージェントがおすすめ?」 「ワーホリに強いカナダ留学エージェントはどこ...

アメリカ留学エージェント30社【徹底比較】無料・有料含む

この記事では手数料無料・有料含めた「アメリカ留学エージェント」を30社リストアップし、徹底比較! その中で、おすすめの...

【まとめ】マルタ留学エージェント11選とマルタ留学メリット・デメリット

マルタはイタリアの南、地中海に浮かぶ小さな島国です。 ここ数年、語学留学先にマルタを選ぶ人が増えています。その魅力...

【語学留学vs正規留学】どちらの留学を目指すべき?留学別メリット・デメリット

皆さんがまず留学を考えた際に、まず思いつくものが英語を学びに行く「語学留学」が多いと思います。海外で様々な国から来た人た...

マレーシア留学エージェント15選 マレーシア留学の費用、メリット・デメリットもご紹介

「マレーシア留学にかかる費用ってどれくらい?」 「マレーシアに留学して英語を学ぶってどうなの?」 「マレーシア留学経...

【まとめ】イギリス留学エージェント20選&人気都市ランキング

英語を学ぶ場所として、世界で最も人気のある国とされているイギリス。 毎年約60万人もの留学生が、英語を学ぶためにイ...

オーストラリア留学エージェント32社【徹底比較】

「オーストラリア留学したいけど、何から始めればいいの?」 「オーストラリア留学の費用はどのぐらいか?」 「オーストラ...

セブ島留学解説#01 フィリピンセブ留学とは? 期間・効果・費用をイラストで解説

フィリピンセブ島留学とはどんな海外留学なのか? あなたはフィリピン留学、特にセブ島留学という言葉を、最近どこかで聞いた...

【まとめ】ニュージーランド留学エージェント28選&人気都市ランキング

雄大な自然と穏やかな気候に恵まれ、語学留学先として昔から変わらぬ人気を誇るニュージーランド。 ニュージーランドの人...

最新記事

「DeepL Write」は何が違う?人気翻訳ツールを徹底解説!アプリ版もあり

昨今、ITの進化に驚きを隠せません。とくに言葉や文字に関する技術は日々進化しており、波に乗らないとあっという間について行...

ChatGPTで英語勉強!英語学習に活かす使い方とは?

ITの進化は目覚ましいものがありますが、近年は特にAIの進化がすごいです。 テキストから絵を出力してくれるAI、項...

語学留学って意味がない?留学のメリットと、留学を無意味にしてしまうNG行動を解説!

突然ですが、語学留学って意味がないと思いますか? さっさと結論から言います。 語学留学は意味がない・・・なん...

ワーホリはないけど働ける!?魅力たっぷりアメリカ留学と就労事情

アメリカを舞台にした90年代の映画作品に、『グリーンカード』というロマンチックコメディがありました。 フランスから...

在住者が教えるオーストラリア移住完全ガイド【2023年版】

みなさんは海外移住、特にオーストラリアに移住することに興味はありますか? 治安が良くて、気候が穏やかで、美しい海と...