ハワイ留学

留学を考える上で最も迷ってしまうのが、留学先。
アメリカでは、ニューヨークやロサンゼルス、ハワイなど魅力的な都市が多数あります。

特に、ハワイでは英語だけでなくリゾート地の利点を活かして休日などは様々なアクティビティが楽しめます。

今回は、留学先で人気の高いハワイ留学について詳しくご紹介させていただきます。

1、ハワイの特徴(基本データ)

ハワイ
ハワイ州は全部で120もの島々、岩礁、砂州でなり立っています。
一般的に、「ハワイ」と言われている地域は観光地で有名なオアフ島を中心とする8島の島々です。そのうち私たちが訪れることが出来るのは、6島。訪れることが出来る島は、オアフ島、ハワイ島、マウイ島、ラナイ島、モロカイ島、カウアイ島になります。入ることが規制されている島は、カホラヴェ島、ニイハウ島です。
ワイキキがあるのはオアフ島のホノルル市。ホノルルは州人口の7割が集まり、観光客が最も集まる州都です。

気候

留学先で気になるのは気候。日本の気候とは異なる地域では、体調管理がかかせません。ハワイの気候は亜熱帯気候に属します。そのために、一年中安定して暖かいです。一年中温暖でも季節は、5月~9月は、夏と10月~4月の冬に分けられ、10月~2月は雨期になります。
一番寒い1,2月でも最高気温27度,最低気温17度です。寒いところが苦手は人は、一年中、暖かいハワイはおすすめです。
一年を通して温暖な気候のために、日中は半そで、半ズボンで過ごすことが出来ます。

しかし、レストランやショッピングモールなどではエアコンが強く効いているので、上に薄く羽織れる上着を用意しておいた方がいいと思います。また、日中はとても日差しが強いので帽子やサングラスがあると便利です。

言語

日本人の観光客が多いために、ワイキキビーチ周辺のショッピングモールやレストランでは、一部日本語が通じるところがあります。

しかし、多くの人は英語を話すため、英語留学を学ぶ上では問題はありません。
また、ハワイでは英語だけでなくアロハ(こんにちは)、マハロ(ありがとう)と言ったハワイ語もあるので、英語と一緒に少し学んでみるのも面白いかもしれませんね。

物価

ハワイショッピングセンター
物価ははっきりいって高いです。ハワイは島国であるために多くの資本を輸入に頼っています。また、ハワイは観光地ということもあって物価が他の都市と比べると高くなっています。

しかし、高いからと言ってお金を節約ばかりしていたらせっかくの現地での生活がもったいないので、たまにレストランやショッピングなどをしてお金を節約しながらハワイで生活を楽しみましょう。

2、なぜハワイ留学なのか

留学先として人気のあるアメリカ本土のニューヨークやロサンゼルス。
しかし、ハワイにも多くの魅力があります。ハワイ留学のメリットとデメリットをご紹介します。

ハワイ留学メリット

アクテビティが充実している

ハワイはこじんまりとした島なので、1日でいろいろなアクテビティを楽しめることが出来ます。

休みの日の朝は、ファーマーズマーケットに参加し、午後は海に行ってアクテビティに行ったり、ショッピングに行ったりといった楽しみ方が出来ます。
その他にも、様々なアクテビティがあるので勉強の息抜きの楽しみ方が数多くあります。

治安が良い

他のアメリカの都市よりも観光客が多いためか、治安がいいです。女性の留学生にとって、気になることの1つが留学する都市の治安の良さ。ハワイは観光客で賑わっているので、他のアメリカの都市よりも治安はいい方です。

治安がいいといっても日本ほど治安がいいというわけではないので、海外生活を送る上での基本的なことを注意をしておくことが必要です。

食事がおいしい

ハワイのパンケーキ
留学中、気になるのが食事。毎日食べる食事は美味しいものが良いですよね。アメリカですので、アメリカといえばハンバーガーやピザなどの食事が多くなってしまいます。
しかし、ハワイでは日本食レストランが増えてきているので、もし日本料理を食べたくなったら、気軽に食べれる点も魅力的です。現地のハワイアンも日本料が好きな方も多いので、現地の人のおすすめの日本食レストランにいってみるのも面白いかもしれません。
海外に長期間滞在すると日本食が恋しくなってしまうので、気軽に日本食が食べられることはメリットの1つだと思います。

ハワイ留学デメリット

魅力的なメリットがある中で、デメリットもあります。デメリットは一体どのようなものがあか見ていきましょう。

生活費が高い

ハワイではリゾート地で多くのアクティビティがあり、休日は遊んで息抜きをしたい方も多いはず。しかし、ハワイは食費だけでなく、家賃や光熱費も高いです。そのために、節約をしながら留学生が多いです。日本のように、気軽にアルバイトをすることが出来ないので、留学費用は余裕をもっていくことをおすすめします。

日本人が多い

日本人に人気にあるハワイはやはり日本人を多く見かけます。学校も日本人の割合が多い傾向にあります。日本人がいると、同じ言語で通じるから英語を話さずに、日本語で話してしまいがちになります。日本人同士でも英語で話したり、あまり日本人同士で固まらないようにする努力が必要になってきます。

一般的に日本人はビギナークラスに多いため、最初のクラス分けで中級クラス以上に入ると、多国籍の中で授業を受けられる可能性が高いです。

ハワイ独特の訛り

ハワイでは、英語が使われていますが、同時に様々なアクセントを聞くことが多いです。ハワイでは「ピジン語」という独特の訛りがあり、日本人にも発音しやすくなっています。「ピジン語」のまま、アメリカ本土で英語を話すと、英語が通じないといったことが起こるので、ハワイには独特の訛りがあるということを理解して、綺麗な発音を学ぶ必要があります。

3、ハワイ留学エージェントの選び方

ハワイ留学エージェント
ハワイ留学を行くことを決めたけど、どのように留学の手続きを始めたらわからない方も多いのではないでしょうか。

留学をする際に、エージェントを介さずに安さを重視して自分で全ての手続きを始める方もいるかもしれませんが、やはり時間もかかりますし、始めての留学でしたら手続きをするのも不安なはず。
その様な際にサポートしてくれる留学エージェントを利用する方がおすすめです。

現地にいる方も多いので、留学する前のサポートに限らず、現地についてからもサポートしてくれるので、不安な海外生活も安心して暮らすことが出来ます。

エージェントの選び方については4つのポイントがあります。

どんなサポートしてくれるか

初めての留学なので不安な方は、何をしたらいいか分からないといった人は最初から全てサポートしてくれるエージェントがいいと思います。しかし、自分で手配できることは自分で手配して、最低限のサポートだけでいいと思う方は、どのようなサポートしてくれるか細かくチェックした方がいいです。

例)
・留学前の英会話レッスン
・ビザ取得代行
・航空券手配
・学校、滞在先の手配
・保険の手配
・現地到着の送迎
・現地到着後のオリエンテーション
・現地到着後のサポート

費用が明確か

プログラム内容やパンフレットに書かれている費用は全体を通して、大まかな内容で書かれているので、細かな費用設定は問い合わせ後、決まってきます。その際に、どの項目にどれだけの費用がかかっているのか細かくチェックすることが大切です。チェックして分からなかったところは、明確になるまで聞いてみることで信頼できるエージェントかどうかを判断することが出来ます。

また、キャンセル規定や注意するべきポイントについても話しているかなどもあらかじめ話しているか重要なポイントになります。

目的に合ったカウンセリングを受けられるか

留学エージェントの魅力の1つであるカウンセリングですが、カウンセリングも留学エージェントを見極める判断材料の1つになります。カウンセラーとの相性がいいかも大切ですが、以下の内容も大切なポイントになります。

・留学先に関する知識が豊富か
・説明内容に矛盾がないか
・留学の良い点だけを述べているか
・他者の悪い点をアピールしていないか
・自分の意見が言いやすい雰囲気か
・メールのやり取りがスムーズか

以上の内容に注意しながら留学エージェントを選ぶことをおすすめします。

J.CROSS(留学サービス審査機構)の認証を受けているか

J.CROSS(留学サービス審査機構)とは、留学事業者適正なルールを満たしているかの認証を行っている一般社団法人です。
J.CROSSは、

・重要事項の説明を行っているか
・契約書などの必要な書類を渡しているか
・契約の変更や解除のルールが適切か

などの認証基準を設けています。違反したら認証の取り消しも行っています。
認証されているエージェントかなどの判断の1つに入れてみてはいかがでしょうか。

4、おすすめハワイ留学エージェント

語学留学だけでなくハワイにはヨガやインターンシップ留学など充実しています。
どの留学エージェントを選んだら分からないよ!といった方におすすめの留学エージェントをご紹介していきます。

1.留学Hawaii

留学Hawaii
http://www.ryugaku-hawaii.com/index.html
ハワイ留学専門&各校公式認定エージェントです。
語学留学のほかにもヨガやスキューバーダイビングなどの専門留学もあります。日本だけでなくハワイにもオフィスがあるので、現地で困ったときにも相談が可能で安心ですね。

2.HAWAII-ROAD

HAWAII-ROAD
http://hawaii-road.com/
拠点が現地にあり、海外営業部が東京にあります。留学だけでなく、インターンや移住などの支援も行っています。

3.HEC ハワイ留学支援センター

HEC ハワイ留学支援センター
http://www.hecjapan.com/
ハワイ専門のエージェント。短期留学だけでなく、大学・大学院入学などのサポートも行っています。
東京以外にも現地ハワイの大学内にオフィスがあります。

4.ハワイ留学情報館

ハワイ留学情報館
http://www.hawaii-school.com/
ハワイ留学専門ですが、アメリカ本土の各地への留学相談も可能で、学生ビザに詳しいです。

5.TAEKOのハワイでまなぼ

TAEKOのハワイでまなぼ
http://www.hawaiitaeko.com/Hawaii_Ryugaku/index.html
アメリカに拠点があり経営者が女性ということもあり、女性の利用が多いエージェントです。
アメリカ各地への留学支援を行っており、その1つでハワイ留学があります。

6.イーストマンハワイ

イーストマンハワイ
http://eastman-w.com/
ハワイ留学専門エージェント。ワイキキで30年以上の歴史がある語学学校IIE Hawaiiの公式日本事務局です。

7.アメリカ留学センター


https://www.usa-ryugaku.com/
アメリカ留学専門のエージェントです。日本には東京、大阪、名古屋にオフィスがあります。また、アメリカにはロサンゼルスとニューヨークにオフィスがあります。

8.ハワイ移住計画委員会 HAWAII Fan!

ハワイ移住計画委員会 HAWAII Fan!
http://www.hawaii-fan.net/
ハワイへの留学だけでなく、移住も取り扱っています。留学だけじゃ物足りない!
ハワイに住みたい!という方はおすすめです。

9.Fun Abroad

Fun Abroad
http://fun-abroad.com/
ハワイ留学専門エージェント。フラやヨガなどの専門留学もあります。
提携校から正式に委託されている正規エージェントです。

10.留こみ!

留こみ!
http://ryugaku-kuchikomi.com/
ハワイだけでなく、ニューヨークやサンフランシスコといった都市にも詳しい

アメリカ留学専門エージェントです。

5、まとめ

以上、ハワイ留学や留学エージェントをご紹介していきました。
人気のリゾート地、ハワイ。旅行ではなく、長期間滞在することで今まで知らなかったハワイを体験することが出来ます。
英語だけなく、現地のアクテビティも楽しみたいといった方におすすめのハワイ留学。
気になった方は、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

ハワイのおすすめ語学学校
▶︎ハワイで短期留学しよう【Hawaii Palms English School】

↓↓ここから選べば間違いなし!↓↓
>>セブ島留学 おすすめ語学学校はこちら<<
俺セブ編集部
俺のセブ島留学 編集部チームでは「英語が伝わる楽しさをより多くの方へ」をモットーに日々情報発信を行っています。 私達は自分たちが経験してきた「フィリピン留学」「セブ島生活」「英語学習」を通じて、新しい楽しみをあなたにご提案したいと思います。 引き続きお楽しみに!

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。

Please enter your comment!

Please enter your name here