HOME英会話の実践方法海外留学フィリピンセブ島留学おすすめ語学学校【コロナ後再開】総まとめ...

フィリピンセブ島留学おすすめ語学学校【コロナ後再開】総まとめ

follow us in feedly

follow us in feedly

この記事では英語留学として、フィリピン・セブ島留学を検討している方へ、今後2022年の再開予定の語学学校や、新型コロナにおけるフィリピン入国等の最新情報をお伝えします。

語学学校は一覧表にしており、特にセブ島の語学学校については情報が入り次第、随時更新していきますので、よかったらこのページをブックマークしておいてください。

人気エージェント:スマ留
スマ留学スマ留は、語学学校の空き時間や空き場所を利用することで、留学費用を従来の最大半額に抑えることを実現したエージェントです。
対象国は「オーストラリア、カナダ、フィリピン、マレーシア、アメリカ、ニュージーランド、マルタ、イギリス、アイルランド、ドバイ、南アフリカ」。できるだけ費用を抑えて留学したい方は、今すぐチェック!
スマ留のサイトを見てみる>>

最新情報:コロナ禍でのセブ島留学は可能?

2022年2月10日より語学留学目的でのフィリピン入国が可能

2022年1月28日、フィリピン政府は2月10日より観光(語学留学含む)目的での入国を認めると発表しました。

すでに再開している学校もあります。

フィリピン入国

※2022年7月3日時点の情報です。

語学留学目的でフィリピン入国が可能となりますが、いくつか条件と準備するものがあります。

ワクチンの接種有無、回数により異なります。

※この記事内では、語学留学または観光目的での流れについてご紹介しています。フィリピン人のご家族がいる方の入国については、大使館発表の情報をご確認ください。

ワクチン接種の回数とは?

フィリピン政府の言う「完全なワクチン接種」とは、2回接種が必要なワクチンは2回接種済みであることを指します。日本で使われているファイザー、モデルナ、アストラゼネカはいずれも2回接種が必要です。(J&Jは1回でOK、2回でブースター接種済みとみなされます)

また、2回目の接種からは14日間経過している必要があります。

ワクチン3回接種済みの人

下記の人は、ワクチン3回接種済みの大人と同じ入国条件となります。
・2回接種済みの12歳から17歳の外国人
・3回接種済みの保護者が同伴する12歳未満の外国人(ワクチン接種状況は関係なし)

1. ワクチン接種の証拠を携帯/所持していること

日本でワクチンを接種した人が申請できる「新型コロナウイルス感染症予防接種証明書(接種証明書)」を提示する必要があります。

詳細・申請の方法についてはこちらをご確認ください
新型コロナウイルス感染症 予防接種証明書(接種証明書)について|厚生労働省

実際にはワクチン接種状況等を登録するOne Health Passというアプリで登録・承認され、そのQRコードを提示するという運用がなされているようです。

2. 6ヶ月以上の有効期限のあるパスポートを所持していること

コロナ前は有効期限が6ヶ月を切っていても入国可能でしたが、「6ヶ月以上」という条件が追加されました。

3. 入国日から30日以内にフィリピンを出国の航空券を所持していること

コロナ以前もフィリピン入国時には出国の航空券が必須でしたが、「30日以内」という制限が追加されました。

4. 入国後7日間は自己監視を行うこと

到着日を初日として7日目までセルフ・モニタリング(自己監視)を行う必要があります。外出などが制限される隔離ではありません。

何らかの症状が生じた場合は地方自治体に報告する必要があります。

ワクチン2回接種済みの人

1. ワクチン接種の証拠を携帯/所持していること

日本でワクチンを接種した人が申請できる「新型コロナウイルス感染症予防接種証明書(接種証明書)」を提示する必要があります。

詳細・申請の方法についてはこちらをご確認ください
新型コロナウイルス感染症 予防接種証明書(接種証明書)について|厚生労働省

2. 出発前48時間以内のRT-PCR検査・または24時間以内抗原検査の陰性証明書を提示すること

フィリピン到着時、出発国出発前48時間以内の陰性のRT-PCR検査結果、またはまたは24時間以内に医療機関で実施した抗原検査の陰性証明書を提示する必要があります。

3. 6ヶ月以上の有効期限のあるパスポートを所持していること

コロナ前は有効期限が6ヶ月を切っていても入国可能でしたが、「6ヶ月以上」という条件が追加されました。

4. 入国日から30日以内にフィリピンを出国の航空券を所持していること

コロナ以前もフィリピン入国時には出国の航空券が必須でしたが、「30日以内」という制限が追加されました。

5. 入国後7日間は自己監視を行うこと

到着日を初日として7日目までセルフ・モニタリング(自己監視)を行う必要があります。外出などが制限される隔離ではありません。

何らかの症状が生じた場合は地方自治体に報告する必要があります。

フィリピン政府発表の原文(英語)はこちら
RESOLUTION NO. 168

在日本フィリピン大使館による発表はこちら
在日本フィリピン大使館

注意:入国する空港の地方自治体からの情報にも注意

フィリピンでは上記のフィリピン政府からの発表以外に、国際空港がある地方自治体が独自に入国規制を追加または緩和することがあります。マニラで入国の場合にはMMDA(マニラ首都圏開発庁)、セブで入国の場合にはCebu Provincial Goverment(セブ州政府)からの情報にもご注意ください。

このページでも更新の予定ですが、最新情報は留学予定の学校にご確認ください。

フィリピンへのフライト

※2022年5月30日時点の情報です。
7月の就航状況です。コードシェア便は除きます。

日本⇄マニラ間

・成田⇄マニラ:23便/週(フィリピン航空・ANA・JAL・セブパシフィック航空)
・羽田⇄マニラ:5便/週(フィリピン航空)
・関空⇄マニラ:7便/週(フィリピン航空)
・名古屋⇄マニラ:6便/週(フィリピン航空・セブパシフィック航空)
・福岡⇄マニラ:5便/週(フィリピン航空・セブパシフィック航空)

日本⇄セブ間

・成田⇄セブ:6便/月(フィリピン航空)
※7月下旬より運行便数が多くなります。また8月は、毎日1便の運航を予定しているようです。

またマニラ⇄セブは、フィリピン航空とセブパシフィック航空等あわせて1日に20便以上飛んでいます。

最新のフライト情報検索はFlyteamが便利です
Flyteam

フィリピン(セブ島)の現状

コロナに対する防疫規制

※2022年5月30日時点の情報です。

フィリピン全土で新型コロナウイルスに対する「Alert Level(アラートレベル)」という防疫規制を行なってます。

フィリピンの各市ごとに5段階に分け、最も厳しいのがレベル5、ほぼ規制がないのがレベル1です。半月に1回、または月に1回見直されます。レベルは政府が決定し、このレベルに準じて施設の定員制限などが変更されます。

■アラートレベルの主な内容(%は定員制限)

レベル5 レベル4 レベル3 レベル2 レベル1
基本ポリシー 原則外出禁止 ほぼ規制なし
レストラン・カフェ・美容院等 屋内 × 10% 30% 50% 100%
屋外 × 30% 50% 70% 100%
カラオケ・クラブ・キッズ施設 × × × 50% 100%
国内移動
※地域をまたぐ移動
原則○
※18歳未満・65歳以上除く
原則○
※18歳未満・65歳以上除く
原則○ 原則○

現在セブ市は、レベル1です。昨年と比べるとだいぶ緩和されました。留学生が最も多いセブ島(セブ市)は現在下記の規制があります。

・外出時のマスク着用義務
・ワクチンを接種していない人は屋内施設への入館が認められない(屋内施設に入るときには、ワクチン接種証明書と写真付き身分証の確認あり)

細かい規制は他にもありますが、多くは事業者向けです。ワクチン接種をした一般の人が守らなければならないのは、マスク着用ぐらいになりました。

また、昨年12月にセブ島を直撃した台風被害により、特にマクタン島では被害が残る地域があります。マクタン島の語学学校を検討されている方は、台風被害についても学校にご確認ください。

日本大使館のサイトでは各市の詳細な防疫規制は情報発信していないため、各市のFacebookページで条例を確認するか、または留学予定の学校にお問い合わせください。

日本大使館公式サイト
在フィリピン日本国大使館

ワクチン接種の進捗

セブ市では希望者に対しては、全員2回のワクチン接種が完了しています。

すでに、3回目の接種も始まっています。フィリピンでは2回目接種から3ヶ月経過すれば、予約も必要なくいつでも接種可能です。

日本帰国

※2022年7月3日時点の情報です。

現在日本では、フィリピンを含む全ての国からの入国者を対象に水際措置がとられています。3月よりワクチン3回接種者と非接種者で対応が分かれます。

1. 出発前72時間以内に受けたPCR検査の陰性証明書

フィリピンを出発する72時間以内にPCR検査を受けて、かつ陰性であることが必須となります。

PCR検査の検査法や書式は決まっていますが、マニラやセブでは日本語のサポートが受けられるジャパニーズヘルプデスクというサービスがあるので、そちらに依頼すれば取得可能です。

また、セブ市のセブドクターズホスピタルではジャパニーズヘルプデスクを通さずとも「日本帰国用」であることを告げれば、追加料金なしで日本語の書式を用意してくれます。

その他には
・誓約書・質問票の提出
・スマートフォンへのアプリ登録
なども必要です。

2. 6月1日以降:入国時の検査・隔離なし

6月1日以降はワクチン接種の有無にかからわず、フィリピンから日本への帰国時は検査、また自主隔離もありません。

詳細は厚生労働省のサイトで全てまとめて掲載していますので、そちらをご確認ください。
水際対策に係る新たな措置について|厚生労働省

セブ島留学再開に関するよくある質問

各語学学校のウェブサイトで更新されると思います。このページでもお知らせします。
フィリピン入国は可能ですが隔離期間があります。ただしワクチン未接種者は街中での施設への入館は認められません。医学的にワクチン接種ができない場合はこの限りではありませんので、詳しくは検討中の学校にお問合せください。
多くの学校で変更の予定があります。密を避けるためマンツーマン授業中心、また宿泊部屋は大人数から個室重視になる学校が多くなりそうです。
通常のキャンセル規定の他に、コロナ禍での特例措置を追加している学校が多いです。詳細については申込前にご確認ください。
病院受診の後、症状と希望に応じて入院または自宅療養となります。治療費は海外旅行保険から支払われます。
できます。泊まりで行くような郊外の場合は、ウェブ上や現地のツーリストオフィスで申請が必要な場合もあります。

フィリピン留学エージェントを使ったほうが良い?

フィリピン留学をする際、申し込みの方法としては学校に直接申し込む以外に、留学エージェントを使うという方法もあります。

留学エージェントは一言でいえば、「留学希望者と語学学校をつなぐ橋渡し」をしてくれるサービスで、学校を比較検討したい場合はおすすめです。留学エージェントは学校から紹介料を得ているため、留学生は無料で相談できます。

フィリピン留学では日系と韓国系の語学学校がありますが、日系の語学学校の場合は日本語のウェブサイトで情報を知ることが出来ます。しかし韓国系の語学学校の場合は、日本語のウェブサイトを持っていない学校も多数あるため、それらの学校詳細を聞くには留学エージェントへの相談がおすすめです。

語学学校直接 留学エージェント
メリット ・コロナ後の変更点を把握している
・学校に関することならどこよりも詳しい
・留学前から相談や要望を伝えやすい
・留学のプロに学校を提案してもらえる
・学校の比較をしやすい
・韓国系の学校の情報を得られる
デメリット ・他校との比較をしにくい ・コロナ後の最新情報を把握していない可能性がある
・エージェントが送客したい学校を提案されることがある
・一部の人気校はエージェントと契約していない

留学エージェントについてはこちらをどうぞ
【本当に信頼出来る】フィリピンセブ島留学エージェントまとめ(2022年版)

セブ島語学学校を選ぶ際の7つの比較ポイント

注意:これ以降はコロナ以前の情報を含みます。最新情報が入り次第、更新の予定です。

2019年6月時点で、フィリピンには154校の語学学校がありました。
フィリピンの語学学校数

セブ島に語学学校が集中しており、フィリピン全体の6割の学校があります。日系と韓国系ではフィリピン全体では半々ぐらい、セブ島に限ると日系の学校が多いです。

フィリピンの語学学校数

こちらがざっくりとした全体像です。
では具体的に各学校ごとにどう違ってくるのでしょうか?

1. 授業・コースを比較

セブ語学学校授業風景
まずは、語学学校を選び際に知っていただきたい7つのポイントをご紹介します。

マンツーマン授業メイン

セブ島留学は講師と1対1のマンツーマン授業が中心です。選択するコースによりますが1日6-8コマ、そのうちほとんどがマンツーマン授業です。

マンツーマン授業は他の生徒の前で発言することがないので、初心者の方でもプレッシャーを感じることはありません。また生徒のレベルやペースに合わせて、授業を効率的に進めることができます。欧米留学にはないセブ島留学ならではの大きなメリットです。

グループ授業の場合は、講師1人に対して先生が4-6人です。友達を作りやすいというメリットはありますが、マンツーマン授業と比べると自分のスピーキングの時間は1/4、1/6になってしまいます。

斉藤
マンツーマン授業とグループ授業では、英語力の伸びに大きな違いが出てきます。できる限りマンツーマン授業メインのコースにすることをおすすめします。

コース・カリキュラムを比べる

学校によって違いますが、だいたい以下のようなコースがあります。学校によっては、マンツーマン授業とグループ授業のコマ数だけが決まっており、授業の中身は申し込み後にアレンジできる学校もあります。

■一般的なコース
・日常英会話コース(一般英会話コース)
・ビジネス英語コース
・TOEIC、TOFEL、IELTSコース
・親子留学コース
など

また、ITやデザイン、医療英語などの専門知識を英語で学べる、ジムでコーチとのトレーニングや特別食がセットになっている英語+専門スキルコースもあります。

■英語+専門スキル
・ITスキル
・デザイン
・医療英語
・エクササイズ、ダイエット
・ゴルフ

重要:どんな英会話を学びたいのかを予め明確にしておきましょう。できればメモ書きで英語が出来るようになった後、何をしたいかもリストアップしておくと、自分が習うべき英語が見えてきます。

授業数の比較

授業数は1日8時間が基本、月曜日から金曜日の5日間で、1週間に約40時間の授業があります。授業時間を減らしたい方は、1日4-6時間のコースも選択できます。

土日は通常の授業はありませんが、学校によっては追加で授業をとることが可能です。

国際的な英語習得メソッド

英語習得メソッドとは、「ネイティブではない人が効率よく英語を習得できるように考案された学習法」です。一部の学校では国際的に定評のあるメソッドを用いて授業を行なっています。

・カランメソッド:QQ English
・DMEメソッド:CEGA

カランメソッドやDMEメソッドはダイレクトメソッドと呼ばれる、英語メソッドです。これらはオンライン英会話でも受講可能です。

2. 年齢別に学校の特徴を比較

セブ語学学校年齢層
留学生の年齢層によって学校の雰囲気は大きく異なり、学校選びの際は重要なポイントとなります。

10・20代が多い学校

大規模で多国籍、留学費用は安めの学校が多いです。TOEICやIELTSコースなどのコースも充実している傾向があります。宿泊施設は学生寮、食事も3食付きの学校が多いです。

■学校名
・QQEnglish ITパーク校
・IDEA CEBU
・Stargate
・First English
・Cebu BLue Ocean
・Target

30代が多い学校

比較的少人数で、専門性の高いコースを提供している学校が多いです。留学費用を抑えたいなら10・20代が多い学校、少人数制や宿泊施設に拘りたいなら40代以上が多い学校も検討してみてください。

■学校名
・セブ英語倶楽部
・CEGA
・Kredo
・Brilliant Cebu
・HLCA
・ECCセブ校

40代以上が多い学校

留学費用は高めですが、少人数制で日本人スタッフのサポートが手厚いのが特徴です。生徒はほぼ日本人留学生だけで、宿泊施設はホテルが多いです。

■学校名
・CAEA(カエア)

3. 語学学校の留学費用を比較

留学費用を知る

留学費用は3つに分けることができる

費用は大きく3つに分けることができます。こちらのイラストをご覧ください。

セブ島留学の費用
1. 留学前に必要な費用(上記のイラスト左側)
授業料、 宿泊施設、手続き費用、入学金(2万円前後が相場)、航空券、海外旅行保険代など、絶対欠かす事が出来ないかつ日本で支払う費用です。

2. 現地で使う費用(上記のイラスト中央)
宿泊施設によってだいぶ変わります。特に食費は3食付きの学校を選ぶかどうかで差が出ます。

ほとんどの学校は宿泊施設と授業施設が同じ敷地内にあるので、交通費は放課後や週末出かける以外は必要ありません。一部離れた場所にある学校は、無料のシャトルバスを出しています。

現地○○は、現地で支払う入学許許可証や長期の場合のビザ延長費用、または教科書代や光熱費・水道代など。2-5万円前後です。

3. プライベートな費用(上記のイラスト右側)
勉強とは直接関係のないツアー・アクティビティや飲み代、お土産代などです。ほぼゼロの方から、月に5万円近く使う方まで休日や放課後の過ごし方次第です。

フィリピンは発展途上国なので、仮に観光をしても欧米留学ほど高くはならない点はメリットですね。

期間別に見るセブ島留学の費用目安

学校の授業料・宿泊施設から航空券、現地でのプライベート費用まで全て含んだセブ島留学の費用の目安です。

部屋タイプ 1週間 1ヶ月 3ヶ月
学生寮4人部屋 15-20万円 20-30万円 55-70万円
学生寮1人部屋 18-23万円 25-35万円 65-80万円
ホテル1人部屋 20-25万円 30-40万円 75-90万円

4. 日系・韓国系語学学校を比較

セブ島語学学校の日系・韓国系
セブ島には80以上の語学学校がありますが、そのうち日系と韓国系で95%を占めます。

特徴 日系 韓国系
こんな方におすすめ ・初めての海外、留学の方
・社会人の方
・少人数制を希望している方
・宿泊施設・食事を重視したい方
・韓国人と交流をしたい方
・費用を抑えたい方
・英語中級者レベル以上の方
年齢層 10代〜40代以上 10・20代
国籍 日本人メイン 韓国人・日本人・台湾人
規模 小規模〜大規模 大規模
立地 市内が多い 田舎が多い
校則・門限 無し〜緩い 厳しい
宿泊施設・食事 日本人向け 日本人向けではない
留学費用 安い〜高い 安い

日系:少人数から大規模校まで選択肢が多い

セブ島には50校以上の日系語学学校があります。少人数制のきめ細やかな日本人100%の学校から、大規模で多国籍な学校まで様々です。

日本人スタッフに加え、宿泊施設や食事などの環境面でも、日本人がストレスなく留学生活を送れるような環境を整えています。

韓国系:大規模のスパスタ系が多い

韓国系は、大規模で校則や門限などが厳しい学校が多いです。韓国系であっても日本人留学生はいます。

日本人がほとんどいない学校を探している方もいると思いますが、セブ島ではほとんどありません。認可がない学校や日本人向けのサイトがない学校ですと、日本人留学生がほとんどいないこともあります。しかし、その場合は日本人スタッフがいなかったり、問い合わせや申し込みも英語の場合が多いです。

5. 宿泊施設の比較

セブ語学学校の宿泊施設

宿泊施設の3つのタイプ(学生寮・ホテル・コンドミニアム)

宿泊施設は、学生寮、ホテル、コンドミニアムの3つのタイプがあります。

学生寮 ホテル コンドミニアム
費用 安い〜普通 普通〜高い 普通〜高い
部屋のクオリティ 質素 充実 充実
アメニティ補充 なし あり なし
WIFI環境 遅め 普通〜速い 普通〜速い
自炊 共用設備がある学校あり 不可 可能

1人部屋と相部屋を比較

ホテルの場合は1人部屋のみですが、学生寮や一部のコンドミニアムでは1人部屋と相部屋から選択することができます。相部屋は、2人から6人ぐらいまでの大部屋があります。

1人部屋 相部屋
メリット ・プライバシーを確保できる
・体調管理がしやすい
・トイレ・シャワーを自由に使える
・部屋で発音・音読の練習ができる
・しっかりと睡眠時間を確保できる
・とにかく安い
・友達を作りやすい
・国際交流しやすい
デメリット ・友達を作りづらい ・自習しづらい、睡眠不足になりがち
・シャワーやトイレを自由に使えない
・水道代・電気代は別が多い

編集長
宿泊施設は立地や設備面に目が行きがちですが、実際に留学すると睡眠は本当に大事です。社会人は特に1人部屋をおすすめします。

6. 語学学校の立地を比較

セブ語学学校の立地比較
セブ島は、大きく2つに分かれています。セブ島の中心部である「セブシティ・マンダウエ」と、空港やビーチのある「マクタン島」です。

ほとんどの学校はセブシティ・マンダウエにあり、その中でも立地と治安の良い場所に位置しています。

ポイントは「平日も外出したいかどうか?」です。

平日外出したい方はセブ市内の学校、平日は学校内で過ごせばよいと考えている方はマクタンがおすすめです。土日はどちらもタクシーを使って出かける事が多いため、そこまで距離は重要ではありません。

セブシティ・マンダウエ

・セブ島の中心部。
・タクシーが多く、移動がしやすい。
・レストラン、カフェ、ショップが豊富にある。

→外出して、アクティブに勉強したい方。カフェを利用したい方などにおすすめ。

マクタン島

・自然でのんびりしたリゾート地の雰囲気。
・移動手段が少なく、外に出かけづらい。
・レストラン、カフェ、ショップは少ない。

→平日はフルで勉強に集中したい方におすすめ。

7. 校則・門限のありなしメリット・デメリット

校則・門限はあるか

校則は日系では厳しくない

日系の学校では生徒の自主性を重じています。校則は「なし」という学校から、最低限のルールだけ校則として定める学校が多いです。少人数制の学校ではほとんどなし、大規模の学校では最低限の校則を設けていることが多いです。

■よくある校則の例
・異性の部屋への出入禁止
・届出無しの外泊禁止
・指定場所以外での喫煙禁止
など

門限は学校によって差がある

校則よりも注意してほしいのが、門限です。門限なしの学校もあれば、20時から26時ぐらいの間、またはスパルタ校では平日外出禁止の学校もあります。同じ学校でも宿泊施設によって、平日か休日、未成年かどうかによっても異なりますので、門限の有無を重要視する方は気をつけてください。

ホテルやコンドミニアム宿泊の場合は、門限がないことがほとんどです。

■門限がない学校
・QQEnglish ITパーク校
・IDEA CEBU(一部宿泊施設)
・CEGA
・セブ英語倶楽部
・First English(20歳以上の学生でない方)
・CAEA(カエア)
・Kredo
・BRILLIANT CEBU
・HLCA(19歳以上)

編集長
積極的に外に出かけてカフェやバーで英会話を実践したい方は、門限なしがおすすめですが、実際のところ門限は22時〜24時が多く(しかも翌日は朝8時スタートなので)、大抵の方はありでもなしでも、そこまで大きく変わりません。

スパルタ校・セミスパルタ校とは?

一部の語学学校では、「スパルタ」という方式をとっており、校則や門限を厳しく設定、宿題や自習の徹底などの厳しいルールを設けています。ルールを守れない場合には、数回の警告の後に最終的には退学処分となります。韓国系に多い方式で、日系では少数です。

コースの選び方

続いて、セブ島で学べる英会話コースの種類も確認しておきましょう。

予め学校でコースが指定している所もあれば、小規模校であれば授業数だけある程度決めておいて、現地でやりたいことに合わえてカスタマイズしてくれる学校もあります。

日常英会話(初心者向け)を勉強したい方

初心者レベルの方やスピーキング能力を向上させたい方は、こちらのコースがおすすめです。スピーキングをメインに、英語の4技能(スピーキング、リスニング、ライティング、リーディング)を満遍なく勉強します。

日常英会話コース(名称は各校異なります)は全ての学校でありますが、1日のコマ数とグループ授業の有無は違いがあります。また学校によって、使用する教材やオリジナルのメソッドなどが異なります。

ビジネス英会話を勉強したい社会人の方

仕事で使うビジネス英会話を学びたい方は、電話対応、文章を書く、または英語でのプレゼンなのか、特にビジネス英語でもどの能力を向上させたいかを明確にすることをおすすめします。

英語が初心者レベルの方でいきなりビジネス英会話コースの内容が難しい場合には、まずは日常英会話の勉強が必要な場合もあります。ご自身の英語レベルと勉強したい内容を学校に相談してみてください。

TOEIC・IELTS・TOFELの勉強をしたい方

TOEIC・IELTS・TOFELコースを設けている学校は多いですが、点数保証コースがあるような専門性の高い授業を提供している学校がおすすめです。

点数保証コースとは、3ヶ月ぐらいの期間が決められたコースで、受講前と3ヶ月後のテストの結果を比較し、何点以上スコアが上がらない場合には返金保証または留学延長保証があるコースです。毎週の模擬テストや義務自習や宿題が義務付けられておりスパルタ校のようなコースですが、短期間で点数アップが期待できます。

通常のTOEIC・IELTS・TOFELコースでも、点数アップのノウハウのある学校で留学することをおすすめします。同じようにTOEIC・IELTS・TOFELの勉強をしている生徒が多いので、お互い留学生同士で励まし合ってモチベーションを維持する面でも有効です。

■得点保証コースがある学校
・IDEA CEBU(TOEIC・IELTS・TOFEL)
・Target(IELTS)

親子留学をしたい方

親子での留学が可能な学校もあります。部屋は一緒で、日中はそれぞれ別々の授業を受けます。学校によって、校舎と宿泊施設が一体型で3食付き、コンドミニアムやホテルに宿泊し食事はない学校など様々です。またお子さんの受入可能な対象年齢は異なり、半年のお子さんから可能な学校もあります。

キッズプログラムやキッズキャンプ

キッズキャンプは1週間から2週間の短期プログラムで、夏休み、冬休み、春休みの日本の学校のお休み期間に開催されます。対象は小学生から高校生まで。お子さんだけセブ島に渡航するプログラムで、日本の空港から語学学校のスタッフが引率します。キャンプ中の授業から3食の食事、アクティビティまで全てコースになっています。

シニア留学をしたい方

シニア留学の対象年齢や明確な定義はありませんが、だいたい以下のような内容です。1日8コマしっかり勉強したい場合には、日常英会話などの一般のコースも検討してみてください。生徒の年齢層が高めで少人数制、日本食レストランがある宿泊施設を持つ学校がおすすめです。

・60代以上。
・1日4-6コマぐらいの無理のない授業数。
・宿泊施設のクオリティが高い。

■シニア留学コースがある学校
・CAEA(カエア)

■日本食レストランを併設している学校
・CAEA(カエア)
・セブ英語倶楽部

*専用コースがある学校はそれなりの年齢の方が多い学校という意味でもあります。

英語+αのスキルを身につけたい方

英語以外にプログラミング能力だったり、または医療従事者向けに医療英語の学習や実際に病院で研修が受けられる専門性の高い語学学校があります。スキルをつけて転職を考えている方、今お持ちのスキルをさらに高めたい方におすすめです。

・英語+IT:Kredo
・英語+医療英語:HLCA

目的別おすすめセブ島語学学校

とにかく安く収めたい

IDEA CEBU
2022年7月18日再開
IDEA CEBU(公式)
セミスパ校。パワースピーキングで大量アウトプット。TOEIC、IELTS点数保証あり
俺のセブ島留学で詳しくみる
STARGATEStargate(公式)
日本人講師によるビデオの文法授業を用意する初心者に優しい学校。3食付き。
俺のセブ島留学で詳しくみる
FirstEnglish
2022年8月再開
First English(公式)
日本の学習塾のシステムを取り入れた学校。集中して勉強したい方向き。
俺のセブ島留学で詳しくみる
TARGET TARGET(公式)
英語初心者に人気の語学学校。台湾、ベトナム、中国などからの留学生も多い。
俺のセブ島留学で詳しくみる

有名大手企業を選びたい

QQEnglish ITパーク校
2022年7月1日再開
QQEnglish ITパーク校(公式)
日系最大。治安の良い立地と近代的な授業施設を兼ね備えた超人気校。
俺のセブ島留学で詳しくみる
ECCセブ校ECCセブ校(公式)
英会話スクールで有名なECCグループが運営。安全安心+カリキュラムも充実。
俺のセブ島留学で詳しくみる

リゾート沿いで留学したい

CEBU BLUE OCEAN
2022年6月4日再開
Cebu Blue Ocean(公式)
セブ島では数少ないセミスパルタ校。リゾート校だが校則がある点もお忘れなく。
俺のセブ島留学で詳しくみる

少人数の学校希望

CEGA
2022年7月再開
CEGA(公式)
世界的に有名なダイレクトメソッドが学べる学校。ベテラン講師が多いのも強み。
俺のセブ島留学で詳しくみる
セブ英語倶楽部
2022年4月11日再開
セブ英語倶楽部(公式)
『セブで一番親切な英語学校』のビジョンのもと、徹底した顧客サービスを提供する学校。
俺のセブ島留学で詳しくみる
CAEA(カエア)
2022年5月2日再開
CAEA(カエア)(公式)
ホテル内に学校と宿泊施設、和食レストランも完備。落ち着いた環境で留学できる。
俺のセブ島留学で詳しくみる
Brilliant CebuBrilliant Cebu(公式)
高級コンドミニアム内にある語学学校。建物内で勉強、宿泊、食事、ジムが完備。
俺のセブ島留学で詳しくみる

英語だけじゃなくスキルも身につけたい

Kredo
2023年1月再開
Kredo(公式)
卒業生の多くがIT企業へ就職!ITパークでプログラミングと英語を学ぶ話題の「IT留学」
俺のセブ島留学で詳しくみる
HLCA
HLCA(公式)
医療英語に特化した学校。月に数回医療機関への研修もあり、座学だけではない。
俺のセブ島留学で詳しくみる

フィリピンセブ島留学のよくあるご質問

フィリピン留学全体Q&A

Q:なぜフィリピン留学なのですか?
A:日本から近い、安い、マンツーマン中心なので確実に量をこなせるからです。

欧米と違って時差がほぼない(1時間)というのも、特に1、2週間の留学生にとっては大きなメリットです。

Q:留学費用はいくらぐらいですか?
A:ざっくり航空券も込みの費用で1週間約15〜25万円、1ヶ月約20〜40万円です。

Q:どのぐらいで英語が喋れるようになりますか?
A:英検が2級ぐらいの知識がある方だと、3ヶ月程度の留学で流暢になる方もいますが、やはり個人差があります。

こちらの早見表を目安にしてみてください。

フィリピンセブ島留学で身につく英語力早見表

Q:最短で何日から留学できますか?
A:1週間からです。ただし2、3日の留学が可能な短期コースがある学校もあります。

Q:ビザは必要ですか?
A:語学留学の場合はフィリピンには観光ビザで入国して、SSPという留学許可証を現地でとります。手続きは全て学校が行ってくれます。

Q:留学中の1日の流れを教えてください。
A:基本は、朝食→授業→昼食→授業→夕食→自習→睡眠です。1日の授業数によっても変わります。

Q:航空券はいくらですか?
A:コロナ前ですと、成田、大阪、名古屋ならセブ島まで直行便で往復約6万円、韓国経由は約4万円です。直前の購入、ピークシーズンは高い場合があります。

コロナ禍では、これより高額になっています。

Q:英語初心者ですが大丈夫です?
A:7割、8割の方が初心者(もしくは超初心者)です。小学生も楽しく過ごしていますのでご安心ください。ただし、英検準2級以上レベルの文法や単語の知識があると会話に集中できるので現地で伸びやすいです。

Q:フィリピン人の発音は大丈夫ですか?
A:非英語圏ではありますが、癖が少ない英語を話します。ただし、ネイティブのようなスピードではありません。だからこそ英語が苦手な方におすすめなのです。

気になる方は、Youtubeなどで確認すると良いと思います。

Q:一人部屋と相部屋、どちらがおすすめですか?
A:予算が許す限り一人部屋です。相部屋でも日本人と同室になることが多く、欧米留学と比べて相部屋のメリットが少ないからです。

またコロナ禍では、多くの学校が一人部屋に変更の予定です。

セブ島生活Q&A

Q:病気が心配。衛生・医療面の環境はどうですか?
A:日本語が喋れるドクターや看護師がいる病院があります。学校によってはドクター常駐です。
日本語対応:ジャパニーズヘルプデスク利用 6ステップ

Q:治安は大丈夫ですか?
A:スリなどの最低限のことには注意するべきですが、まず問題ありません。親子で留学されている方も大勢います。また世界的な統計サイトnumbeoによると、治安はロンドンやニューヨークと大差ありません。
セブ島の治安ガイドライン

Q:どんな食事が食べられますか?
A:食事付きの学校では日本人に合う食事を食べれます。外ではフィリピン料理はもちろん、日本食レストランやマクドナルドなどもあります。
セブ島留学中の食事。学食からフィリピン料理まで

Q:土日の過ごし方を教えてください。
A:離島へのアクティビティやショッピングモールへの散策、カフェで過ごす方が多いです。
セブ島留学がある1日。留学中の平日・土日の過ごし方ガイド

Q:留学中にダイビングできますか?
A:土日を使ってダイビングできます。最短2日でライセンスもとれます。

Q:お小遣い(生活費)はいくら必要ですか?
A:個人差が大きいですが、派手に使わなければ1週間1万円で十分です。3食付きの学校の場合は、ほとんど使わないでも生活可能です。

Q:クレジットカードは使えますか?
A:ホテルやスーパー、ある程度のランク以上のレストランでは使えます。VISA、マスターが使いやすいです。JCBは対応してないところが多いです。

Q:フィリピンでスマホは使えますか?
A:海外ローミングを利用するか、または現地のSIMカードを購入しプリペイドカードでチャージすれば可能です。

Q:日本から持っていくべき必需品は何ですか?
A:パスポート、現金、クレジットカード、それ以外は個々で異なるのでこちらをどうぞ。
セブ島留学時の持ち物リスト

Q:服装は何を持っていくべきですか?
A:気温は年間を通して、最高気温27度〜33度、最低気温23度〜27度です。1年中半袖半ズボンで過ごせますが、室内は寒いことがあるので長袖長ズボンやカーデガンなどがあると便利です。

学校選びQ&A

Q:評判の良い学校の探し方を教えてください。
A:一番正確なのは実際の留学生からの情報、続いてネットです。ただし2022年時点では、ほぼ全てが2年以上前のコロナ前のものであるため、参考にならない可能性があります。

また、どの学校も良い点とそうでない点があります。そのため、自分の中で学校選びで譲れないポイントを2つ明確にし、それを基準に選ぶ事をおすすめします(例:宿泊施設、マンツーマン数)。

Q:初心者に優しい学校はどこですか?
A:ほとんどの学校が初心者を対象にしており、どの学校も初心者が勉強しやすいプログラム、先生、環境を用意しています。

Q:日本人経営の学校がよいですか?
A:初めて留学される方は特におすすめです。日本人にあわせたサービスを提供しており、日本人スタッフも多いです。留学生同士で日本語を話してしまいがちなのは事実ですが、困った時に助けてもらいやすい&情報交換しやすいのも日系です。

Q:親子留学できる学校はありますか?
A:どの学校でも基本受け入れをしていますが。同じ価格帯であれば、小規模校の方がアットホームで過ごしやすいでしょう。ただし2022年の再開後は変更の可能性があるため、詳しくは学校にお問合せください。

Q:TOEICに強い学校はどこですか?
A:TOEICコースを持つ学校はセブに多く、一概にどの学校がおすすめとは言えませんが、どの学校であったとしても一般的に1ヶ月100点〜200点、2ヶ月200点〜300点は十分目指せる範囲です。

Q:スパルタの学校とは何ですか?
A:スパルタとは出席率や門限が厳しく、1日の授業数が多い学校を主に指します。

Q:多国籍な学校はどこですか?
A:時期によって変動しますが、大規模校、学生寮メイン、年齢層が低い学校が多国籍の傾向にあります。

Q:最安の学校はどこですか?
A:6人部屋などの大部屋を提供、かつ授業数の少ない学校であたってみてください。

Q:ホテル滞在型の学校はどこですか
A:セブ島には数多くあり、1ヶ月25万円〜35万円が相場です。値段が高くなるほど年齢層が高くなる傾向にあります。

フィリピン国内にある英語語学学校一覧表(154校)

コロナ以前の情報を含みます。最新情報が入り次第、更新の予定です。

各学校様へ
下記表にて、学校紹介ページと学校公式サイトの掲載をさせていただきます。
マナビジン編集部までご連絡ください。
info@ceburyugaku.jp

2019年6月時点で、フィリピンには154校の語学学校があります。

学校名場所資本公式サイト
QQEnglish ITパーク校セブ日本公式へ
IDEA CEBUセブ日本公式へ
QQEnglish シーフロント校セブ日本公式へ
CEGAセブ日本公式へ
セブ英語倶楽部セブ日本公式へ
STARGATEセブ日本公式へ
FIRST ENGLISHセブ日本公式へ
CAEA(カエア)セブ日本公式へ
Kredoセブ日本公式へ
Brilliant Cebuセブ日本公式へ
Cebu Blue Oceanセブ韓国公式へ
TARGETセブ日本公式へ
HLCAセブ日本公式へ
ECCセブ校セブ日本公式へ
3D ACADEMYセブ日本
Act Houseセブ日本
ALTA CEBUセブアメリカ
AHGSセブ日本
Asia Beauty Collegeセブ日本
Brighture English Academyセブ日本
C2 UBEC English Academyセブ日本
CDUセブ日本
CEAセブ日本
CEBU ESLセブ韓国
CEBU Jic Language centerセブ韓国
CEBU STUDYセブ韓国
CELCセブ韓国
CELLA UNIセブ韓国
CELLA プレミアムセブ韓国
CGセブ韓国
CG Baniladキャンパスセブ韓国
CG Spartaキャンパスセブ韓国
CIAセブ韓国
CIJスパルタ校セブ韓国
CIJプレミアム校セブ韓国
CPIセブ韓国
CPILSセブ韓国
CROSS×ROADセブ日本
ELSAセブ韓国
English fella1セブ韓国
English fella2セブ韓国
EV academyセブ韓国
ETHOSセブ日本
E-MO Academyセブ日本
FFELセブ日本
First Classセブ日本
Genius Englishセブ日本
GLANTセブ韓国
GREEN ONE English Academyセブ日本
Howdyセブ日本
I.BREEZEセブ韓国
IMS Academy AYALAセブ韓国
IMS Academy BANILADセブ韓国
Kredo Kidsセブ日本
LTEL Schoolセブ日本
MeRISE English Academyセブ日本
NALAセブアメリカ
NEXSEEDセブ日本
NILSセブ日本
OMGE GLOBAL LANGUAGE ACADEMYセブ中国
Philinterセブ韓国
PILAEDUセブ韓国
プレミア・アイランドキャンパスセブ日本
プレミア・ホテルキャンパスセブ日本
プレミア・メインキャンパスセブ日本
セイハグローバルアカデミーセブ日本
SKKセブ韓国
SMEAG クラシックセブ韓国
SMEAG キャピタルセブ韓国
SMEAG スパルタセブ韓国
サウスピークセブ日本
Storageセブ日本
ストーリーシェア 英語漬け校舎セブ日本
TAKA HARI ENGLISH ACADEMYセブ日本
UQLCセブ日本
ストーリーシェア ベーシック校舎セブ日本
Universe English School Cebuセブ日本
ZEN Englishセブ日本
A&Jバギオ韓国
A+Advanceバギオ韓国
BECIバギオ韓国
BECI The Cafeバギオ韓国
Bright Dimensions English Academyバギオフィリピン
CNS2バギオ韓国
CNSII Globalize Language Centerバギオ韓国
GETSバギオ韓国
HELP LONGLONGバギオ韓国
HELP MARTIN'Sバギオ韓国
JICバギオ Intensive Basicキャンパスバギオ韓国
JICバギオパワースピーキングバギオ韓国
MONOLバギオ韓国
PINESメインバギオ韓国
PINESチャピスバギオ韓国
ストーリーシェアバギオBasic校舎バギオ日本
ストーリーシェアバギオ英語漬け校舎バギオ日本
TalkYangcoセンターバギオ韓国
WALESバギオ韓国
Basic English Campマニラ日本
C21マニラ韓国
CNNケソン校マニラ韓国
Enderun Collegesマニラアメリカ
EP キャピタルマニラ日本
EP マギンハワマニラ日本
Grand Lineマニラ日本
F2Fマニラ日本
iYES Language Schoolマニラ日本
Keystone International Language Centerマニラ韓国
PICOマニラ日本
PJLink Language Centerマニラ日本
QUoolマニラ日本
SDAマニラ韓国
WIXCELマニラ日本
CIPクラーク韓国
クラークフィリピン留学院クラーク日本
CNKクラーク韓国
EG Academyクラーク韓国
GSクラーク韓国
HELP CLARKクラーク韓国
Issac English Academyクラーク韓国
Pines Clark english Acadeyクラーク韓国
Aspireドゥマゲテ日本
B&Dドゥマゲテ日本
DETiドゥマゲテ日本
SPEAゲストハウス校ドゥマゲテ日本
SPEA本校舎ドゥマゲテ日本
We’ll English Academyドゥマゲテ日本
EROOMバコロド韓国
ILPバコロド韓国
LSLCバコロド韓国
OKEAバコロド韓国
GITCイロイロ韓国
C&C Language Centerイロイロ韓国
MKイロイロ韓国
We Academyイロイロ韓国
EKAダバオ韓国
English Drsダバオ韓国
E&Gダバオ韓国
CNE1ターラック日本
MMBSターラック韓国
友人塾ターラック日本
Paradise English Language Instituteボラカイカナダ

留学エージェントについてはこちらをどうぞ
【本当に信頼出来る】フィリピンセブ島留学エージェントまとめ(2022年版)

follow us in feedly

follow us in feedly

follow us in feedly

blank
マナビジン編集部
マナビジン編集部チームでは「英語が伝わる楽しさをより多くの方へ」をモットーに英語学習や英語を使ったキャリアに関する情報発信を行っています。

引き続きお楽しみに!

著者の他の記事

同じカテゴリー内の記事

spot_img

【貯金0円から出来る】スマ留andリゾートバイト
渡航前に数ヶ月リゾートで働きながら貯金でき最短3ヶ月で出発できるスマ留×Diveのオリジナルプラン!⇒詳しくはこちら

おすすめ記事

YouTube【英語字幕付き】英語学習におすすめ動画ベスト50 前半

英語教材というと、テキスト教材やアプリが主流ですが、YouTubeにも英語学習に関する動画がたくさんアップされています。...

英語の【文法用語一覧表】noun verb adjectiveなどの意味139用語

英会話レッスンを受けている最中、 「文法に関する質問をしたいけど、そもそも英語でなんて言うのかわからない!」 ...

勉強!経営者におすすめアマゾンプライムで見れるビジネス映画16選

企業で働くビジネスマンや経営者が観たい映画といえば、やはりビジネス関連の映画ではないでしょうか。 そして、海外出張...

無料で遊べるオンライン英語勉強サイト【10選】パソコン、mac対応

独学での英語勉強方法といえば、アプリやポッドキャスト、市販の英語教材を使って学習するのが一般的ですが、それ以外にもPC(...

最新記事

トロント留学完全ガイド 基本情報から費用・おすすめ観光スポットまでご紹介

そもそもカナダってどんな国? カナダといえば、寒い・メープルシロップ・大自然というイメージが強いですが、知らないことの...

メルボルン留学徹底解説!魅力、費用、留学エージェントの選び方まで

「世界の住みやすい都市」として何度も上位に選出されているメルボルン。そんなメルボルンは留学先としても魅力的な都市なんです...

RSSに登録して最新情報ゲット!

follow us in feedly