NexSeed(ネクシード)|俺のセブ島留学

NexSeed(ネクシード)とは?

ネクシードとはどんな学校でしょうか?主なポイントは2つあります。

1,月最大140時間のマンツーマンレッスンに加えて、現地体験をする機会が必ず週に1回ある。

2,通常のフィリピンセブ島留学とは全く別に、プログラミングを学びつつ、英語も学べる「エンジニア留学」がある。

この2点が「他の語学学校にはない」ネクシードの強みです。下記で詳しくご紹介します。

NexSeed(ネクシード)の場所

ネクシードの場所はこちらです。

セブ島の中心部アヤラモールから徒歩5分前後。僕が訪問した2013年はケペルビルという、こちらもアヤラモールから非常に近い場所で授業を行っていたのですが、そこから別のビルへ移動しました。

↓ ↓ ↓
Nexseed(ネクシード)が入っているビル|俺のセブ島留学

こちらがネクシードが入っているビルです。2014年に完成したばかりの新しいビルで、ネクシードはここの12階にあります。

NexSeed(ネクシード)|俺のセブ島留学

ビルの入口にはメトロバンクがありますので、こちらが目印になるはず。

NexSeed(ネクシード)の授業施設&カリキュラム

まずはネクシードの授業施設から見て行きましょう。

NexSeed(ネクシード)|俺のセブ島留学

ネクシードはオープンスペース型の語学学校です。

NexSeed(ネクシード)|俺のセブ島留学
マンツーマンレッスンはこのスペースで行います。
NexSeed(ネクシード)|俺のセブ島留学

実際に受けるとこんな感じ。

NexSeed(ネクシード)|俺のセブ島留学

他の記事でも書いていますが、オープンスペース型と個室型は両方メリット・デメリットがあるので、優劣をつけがたいです。

リスニングやリーディング、TOEIC系は個室型の方が良いですが、スピーキング中心であればオープンスペース型も問題ありません。むしろ、講師も生徒もサボりにくいという点では、オープンスペース型の授業の方が強いと言えます。

特にネクシードの場合はオープンスペースと言っても、「半個室」のようになっているので集中しやすいと思います。

英会話コース

日常英会話とビジネス英会話コース

ネクシードの英会話コースは、スピーキングに特化しています。授業はフルマンツーマン。(グループクラスなし!)

・ビギナーレベルの方は日常英会話がメイン。発音矯正の授業もあります。
・中級以上は日常会話・発音に加え、ビジネスの授業やプレゼンテーションの授業も入っています。

初日のレベルチェックテストで時間割や授業内容が確定します。

NexSeed(ネクシード)|俺のセブ島留学

こちらが時間割の一例。初級者か中級者かどうかで、カリキュラム内容が大きく異なります。

NexSeed(ネクシード)|俺のセブ島留学

2週間以内の方は1日目の午前からオリエンテーションがありますが、3週間以上滞在する方は、初日午後にオリエンテーション、翌日から授業開始となります。

また、ネクシードの授業は「リーディング」「ライティング」といった分け方ではなく、すべて「スピーキング力強化」を目指したものになっています。

・Pronunciation(発音)
・Business English(ビジネス英会話)
・Practical English(日常会話)
・Everyday English(日常会話)
・Interactive English(ディスカッション)
・Public Speaking(プレゼン)
・Critical Listening(リスニング強化)

という7つの授業から成り立っています。(ビジネス英会話とプレゼンの授業は中級以上の方が対象)

授業の中で、講師と調整しながら、自分の弱点強化をすることも可能です。スピーキングの授業ですが、その中で文法やライティングなどについて質問をしたり、学んだりすることもできます。

実際に通っている方の中には、講師にリクエストをして文法やボキャブラリー強化を取り入れている人もいます。マンツーマンということもあり、割と融通が効くようです。

日常英会話・ビジネスのクラスでは、「よく英会話で遭遇するシーンをピックアップして、場面ごと練習」というスタイルを取っています。

日常英会話であれば、買い物、空港、レストラン(上記写真のカリキュラム名だとOpen Mind)。ビジネスシーンであれば、電話対応、交渉、プレゼンなど。

NexSeed(ネクシード)|俺のセブ島留学

こういった教科書を使っていくんですね。

なお、留学費は授業を受ける時間数と部屋(1人か2人か)によって決まるため、レベルや科目によっては値段は変わりません。

「科目が合わない(必要ない)」「講師が合わない」という場合、科目・講師の変更も可能です。

来た時は学校側がカリキュラムを組みますが、途中で自分のやりたい科目を多く取ることも出来ます。(科目によっては、取れる数に制限がある場合も)

現地体験授業

体験授業はネクシードオリジナル!他の学校と違って毎週1回、課外授業が組み込まれています。例えば・・・

Nexseed(ネクシード)|俺のセブ島留学

NPOに参加してストリートチルドレンと触れ合ったり・・・

Nexseed(ネクシード)|俺のセブ島留学

現地の学生と交流したり・・・

Nexseed(ネクシード)|俺のセブ島留学

現地で勢いのある会社を視察したり・・・

こういったことを週に1回、学校側の主催で行うんですね。

ところで、なぜネクシード側がこういったことを企画しているのでしょうか?
これは公式サイトの言葉を借りると・・・

課外授業は体験そのものに価値があるだけではなく、英語学習の面でも効果は大きいと考えています。現地の友人を作ることで、彼らの流暢な英語を学ぶ機会にもなれば、モチベーションアップにもつながっていきます。

こういったことは、法人対法人でしか受け付けてくれないようなイベントも多くあるので、学校側から主催してくれるメリットは大きそうですね。

Nexseed(ネクシード)|俺のセブ島留学

このようなボードに視察予定日とその内容が書かれています。僕が訪問した時は、その週はたしかトヨタの工場視察でした。

エンジニア留学コース

こちらはネクシードが提供する全く別の留学スタイルで、プログラミング言語と英語を同時に学ぼうという「英語&エンジニア養成留学」です。(7週間・3ヶ月・6ヶ月の3期間あり)

このコースについては通常のコースとは全く別の内容になるため、こちらで詳しくご紹介します。

NexSeed(ネクシード)のエンジニア留学|英語とプログラミングを同時習得できる唯一の語学留学

NexSeed(ネクシード)の宿泊施設

ネクシードの宿泊施設は校舎とは別の場所にあります。また、場所も車で10分ぐらいかかる距離にありますので、歩いて帰るのはちょっとつらいです。(夜だと安全面からも良くないですしね。)

その代わり、ネクシードのビルと宿泊施設の間で専用のシャトルバス(ジプニー)が走っていますので、帰りはこれを利用しましょう。

中にはアヤラモールなどに出る方もいると思いますので、その場合はアヤラモールからタクシーを利用できます。タクシーは初乗り100円くらいです。

NexSeed(ネクシード)|俺のセブ島留学

こちらがネクシードの専用ジプニー。ジプニーは慣れると意外と居心地が良いです。もちろん無料。

こちらがネクシードの宿泊施設

Nexseed(ネクシード)|俺のセブ島留学

場所は少し遠いですが、建物はなんと2013年に完成したばかりのコンドミニアムです。場所はITパークから徒歩5分~7分

Nexseed(ネクシード)|俺のセブ島留学

中はこんな感じ。1人部屋か2人部屋を選べます。(3人~4人部屋はなし)

Nexseed(ネクシード)|俺のセブ島留学

トイレは各部屋についています。

Nexseed(ネクシード)|俺のセブ島留学

シャワー室も完備。ちゃんとお湯でます。(出ない学校も多いため、念のため記載)

Nexseed(ネクシード)|俺のセブ島留学

そして、なんと屋上にはプール!

なお、宿泊施設はITパークに非常に近いので、こちらで食事やカフェで勉強をしてから帰宅することも可能です。(門限なし)

その他、宿泊施設に関してスタッフの方にお伺いした情報

清掃は週に1回、ハウスキーピングが入ります。
シーツの取り替えは月に1回または、人が入れ替わるタイミングとなっていますが、寮のハウスキーパーに頼むと、掃除をしてくれたりシーツを取り替えてくれることもよくあります。

部屋内には鍵付きキャビネットがあり、シャワーとトイレは別(ユニットバスではない)になっています。エアコン完備で、廊下には共用のウォーターサーバーがありお湯も出ます。

ただし、アメニティ・テレビはなく、必要なものは各自でご用意を頂いています。
お越し頂いた初日には、ウエルカムパッケージとして、ドライマンゴーとお水が部屋に置かれてあります。

NexSeed(ネクシード)での食事

ネクシードは食事代は別になっています。(自己負担)

その代わり、キャンパス内にランチのケータリングもあり、1食200円~250円程度。ビル内に別途イタリアンなど多国籍料理を扱うカフェテリアや、フルーツシェイクのお店もあります。)

Nexseed(ネクシード)|俺のセブ島留学

こういったローカルっぽい食事から

Nexseed(ネクシード)|俺のセブ島留学

レストランやカフェテリアでの食事もある。(一等地のビルなので食事場所には困らないでしょう。)

生徒さんの食事場所はこういった所が多いようです。

<朝>
・宿泊施設近くのローカルのお店またはセブン-イレブン
・2Quadビル1階のカフェテリア”Portal”(ラザニアや、のり巻き、サラダ、東南アジア料理など)か、同じくビル1階にあるセブン-イレブン

<昼>
・Keppel(旧校舎)14階の食堂から、ネクシードキャンパスに食事のケータリング(ほとんどの生徒が利用)
・ネクシードが入っている2Quadビル1階のカフェテリア”Portal”(ラザニアや、のり巻き、サラダ、東南アジア料理など)か、同じくビル1階にあるセブン-イレブン
・”夢屋(日本食)”のお弁当デリバリー(500円)
・アヤラモールに行く人もいるらしいが、1時間の休憩では急ぎ足。

<夜>
・2Quadビル1階のカフェテリア”Portal”
・アヤラモール内
・ITパーク内
・ローカルレストラン
・寮近くのチャイニーズレストランなど

NexSeed(ネクシード)のWi-Fi環境

1,授業施設内のWi-Fi環境は非常に良い。

2,コンドミニアム内のWi-Fi環境
こちらもネクシードのスタッフの方に直接お伺いしたところ・・・

「エンジニア留学」を提供している都合上、WiFiには力を入れていますが、それでも回線が不安定なことがあります。

SmartbroのLTE WiFiを寮の各部屋に1台ずつ設置してあります。キャンパスには、LTE数台に加え、PLDTのWiFiが2本敷かれてあります。

ただ、それでも回線が安定しないことが割とよく起こってしまうため、現在キャンパスのPLDTのWiFiを他社に切り替えて、更に補強をしているところです。

っというお答えを頂きました。

もしコンドミニアム内の調子が悪い場合は、ITパークがやウォーターフロントが近いのでそっちで安定したWi-Fiがとれますので、夕食がてら足を運ぶのが良いかもしれません。

以上がネクシードの主な内容ですが、詳しいカリキュラムや留学費、留学生の声は公式サイトで御覧ください。

おすすめ関連記事

↓↓NexSeed代表「高原」さんの記事↓

「海外で働きたい」と思うあなたに伝えたい、必要な準備とスキルセット

セブ島にある語学学校一覧表

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

当サイトの管理人
2012年に初めてセブ島に留学。以降今までに複数の語学学校に留学&訪問。フィリピン留学を通じて「英語が伝わる楽しさ」をより多くの方に体験してもらいたいと思い、このサイトを立ち上げました。

英語留学前の方はもちろんの事、留学中の方、留学後の方にも役に立てる情報の提供を目指しています。なお、基本的にはセブ島ではなく、東京(高田馬場)にオフィスを構えて働いています。

何かご質問ございましたら、コメント欄かinfo@ceburyugaku.jpまでお願いします。

・TOEIC(R):805点(L 430 R 375)
・TOEIC SW:280点(S 130 W 150)

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。