ブリリアント

俺セブ留学レポート13校目は、Brilliant Cebu(以下、ブリリアント)です。セブのマクタン島とセブシティを繋ぐ橋を渡ってすぐのところにある、大型ショッピングモール「パークモール」近くに位置しています。

セブの繁華街オスメニアサークルやアヤラモールへも車で15分前後、マクタンにも15〜20分ほどで行けるので、平日は真面目に勉強、休日はモールへ出かけたりマクタンで海遊びをしたりと便利な場所です。

ブリリアントは高級コンドミニアムを宿舎として使用しており、留学費用も他の学校に比べて高いのでラグジュアリーなイメージでした。ブリリアントは他と何が違うのか、授業の雰囲気やブリリアントの特徴を1週間体験してきたのでレポートしたいと思います。

今回留学したBrilliant Cebuとは?

ブリリアント

ブリリアントは100%日本資本の語学学校です。特に日本人留学生に快適に過ごしてもらえるように配慮しているため、生徒のほぼ100%は日本人です。

最大の特徴は、高級コンドミニアムを宿舎として使用しているところです。セブ島の多くの語学学校は宿泊施設は寮を利用していますが、水回りが弱かったり、狭かったり、設備が整っていないことが多いのが現状。

ブリリアントでは高級コンドミニアムを使用しており、全室キッチン付きで部屋で自炊することもできます。大型冷蔵庫や綺麗な水回り、トイレットペーパー付きのトイレなど快適に過ごすことができます。

また、同じビル内に大型のジムがあるので体を思う存分動かすことができます。

授業では、一般英会話コースがマンツーマン6時間のグループが2時間、全てマンツーマン希望の方は集中コースがあります。大型ジムがある強みとして最近では「ボディトレーニングコース」も始まりました。

その他、夏休みなどの長期休暇の時期では、セブ島の5つ星ホテルのマルコポーロホテルに隣接したマルコポーロレジデンスに宿泊しながらそこで授業を受けられる、親子留学プランもあります。

日本人マネージャーである岡崎夫妻が本当にきめ細やかな配慮をしてくれ、ご年配の方でも、海外が初めての方でも安心して留学生活が送れる学校です。

1.Brilliant Cebuの場所と周辺にあるもの、治安、環境

ブリリアント

ブリリアントはマクタンとセブを繋ぐ橋を渡ってすぐのところにあります(CDUと呼ばれるセブドクターズ大学の近く)。マクタンへも市内へも15分前後で行くことができる中間地点に位置しています。

周りには大型ショッピングモールと飲食店、徒歩すぐのところにセブンイレブン、マクドナルドがあります。ランドリーも同じビルにあり、近場に全て揃っているので、ご年配や海外が初めての人にもおすすめの立地です。

1-1.周辺にあるもの

徒歩5分のところに大型ショッピングモール「パークモール」があります。スーパー、飲食店、カフェ、日用品、薬局となんでも揃っています。また、その裏手にはシティタイムズスクエアというエリアがあり、そこにも多くの飲食店があります。

雰囲気やどんな店があるかは、写真をご覧ください。

その他、学校周りには格安マッサージ「NUAT THAI」、可愛いカフェ、セブンイレブン、マクドナルドがあります。タクシーに乗って出かけなくても徒歩圏内にこれだけ揃っているので便利です。

1-2.治安

学校はCDUというセブドクターズ大学の隣にあり、多くの学生で毎日賑わっています。学校のビルには24時間セキュリティーガードも駐在していますし、大道路に囲まれており、治安は悪くありません。

宿舎と校舎が同じビルで一階には売店があるので、外を出歩くのが不安な方でも快適な留学生活が送れます。

1-3.環境

学校のある校舎は人の出入りがそこまで多くないため、とても静かで落ち着いた環境です。徒歩圏内に大型モール、スーパー、飲食店があるのでとても便利な環境下で過ごせると思います。

2.留学初日の様子と実際の流れ

初日月曜日の流れをザッと説明したいと思います。月曜日は8時からオリエンテーションです。朝食時間が7時10分〜50分、ビル8階の校舎内に食事提供スペースがあるのでそこで食べましょう。

8時に食事提供スペース近くにあるライブラリーに集合です。

2-1.レベルチェックテスト

まずはレベルチェックテストです。時間は1時間で、リーディング、リスニング、ライティング、スピーキングのテストをします。問題量はそこまで多くありません。スピーキングは5分間程度で、自己紹介をする程度です。

2-2.オリエンテーション

テストが終わったら日本人スタッフからオリエンテーションがあります。部屋に置いてあるオリエンテーションの紙を忘れずに持っていきましょう。主に滞在中のルールやセブでの注意事項を読み合わせます。

その後、簡単に学校内をぐるりと周って施設や場所の確認をします。

2-2.パークモールで両替・買い物

オリエンテーションが終わったら、そのまま徒歩5分のところにあるパークモールで両替と買い物に行きます。オリエンテーションのときに現地ペソで払う金額の用紙が配られるので、その分のお金は最低でも両替するようにしましょう。

両替が終わったあとに15分前後の買い物タイムがあるので、必要なものがあればその時に買うようにしましょう。学校に戻ったら必要経費を支払い、お昼ご飯の時間なので食事します。

2-3.午後は授業

トラベル英会話コースの人は4時間授業なので午後は何もありません。フリータイムとなります。その他、通常の8時間授業を取っている人は、午後の4時間は授業があります。

教科書とスケジュールが配られるので、それに沿って授業スタートです!

以上が初日月曜日の流れです。8時〜12時までテストとオリエンテーション、12時40分〜授業開始といった流れです。初日から授業があるので、ボールペンとノートは忘れずに持って行きましょう。ノートはブリリアントでは最初の一冊は無料で提供されるので、忘れた場合はそれを使いましょう。

3.火~金曜の授業やコース

次に私が1週間実際に受けた授業の内容や、ブリリアントの授業の特徴について書きたいと思います。

3-1.テキストはフルカラーで1冊

初日にレベルチェックテストを受け、その結果に応じて、またコースによってそれぞれテキストが配布されます。他の学校では数冊渡されることが普通なのですが、ブリリアントでは1冊でした。

フルカラーでCDROM付きの教科書。

私は今回「トラベル英会話コース」の4時間を受けてきました。そのテキストがこちらです。ちなみに一般英会話コースでもテキスト配布は1冊のみのようです。留学期間に応じてテキストが終わり次第、また別購入ということになるそうです。

3-2.授業は科目別ではない

実際のスケジュール。

ブリリアントに来て1番驚いたのは授業スタイルです。セブ島留学ではほとんどの場合、リスニング・リーディング・文法・ライティング・スピーキングなど科目別の授業スタイルです。

1時間ごとに先生が変わり、科目が変わります。1限目リスニングの授業だったらずっとリスニングを受けます。2限目文法ならずっとそれについて学びます。

例:1限目ライティング 2限目スピーキング 3限目文法 4限目発音 5限目リーディング 6限目ライティング

ですが、ブリリアントでは科目別ではなく、教科書にリスニング・リーディング・スピーキング・文法・ボキャブラリーなど全てが混ざっているので、教科書に沿って進めながら1時間でまんべんなく勉強します。

例えば私が受けた授業のテーマが「your life」だったとします。ボキャブラリーや文法、リーディング(音読)、リスニングの項目があり、それを解きながら進めていきます。

最初の授業のときに先生が一番特化したい科目を聞いてくるので(スピーキングや文法等)、それに応じてやる割合は個人によって変わってきます。私はスピーキングを特化したかったので、教科書を進めながらスピーキング多めでした。

また、教科書の進め方も特徴があり、1限目の先生は1章から、2限目の先生は2章、3限目の先生は3章…8限目の先生は8章といった割り振り方です。なので8時間授業の人は、8章異なったテーマの内容を同時に進めていく感じです。

例:1章のテーマ「自己紹介」2章のテーマ「好きなもの」3章のテーマ「あなたの人生」などなど。章によってテーマが違い、それぞれに文法やボキャブラリー、リーディングが組み込まれている。

これは今まで訪れた語学学校にはない、ブリリアントだけのスタイルだと思います。教科書の進み具合は先生それぞれですが、1時間の授業で1〜2Pといった感じです。1章全部終わるには2週間前後かかりそうでした。

ただし、あくまでマンツーマンレッスンのときは生徒自身のやりたいことを優先してくれるので、希望があればどんどん積極的にこうゆう授業がしたいと提案するといいと思います。

ちなみに教材はカラーのCD付きの物を使用している理由は、他のフィリピンの多くの語学学校ではコピーを製本した物を使用しているところが多い中、ブリリアントでは見やすいフルカラーの教材を使用するというコンセプトで、こちらの教材を利用しているということでした。

3-3.毎週のテストと1ヶ月ごとのテスト

ブリリアントでは毎週金曜日の1限目に1時間のテストがあります。レベルごとに分かれてテストを受けます。文法・ボキャブラリー・リーディング・ライティングといった内容です。

それに加えて4週間に1度、毎週のテストに加えてスピーキングと、リスニングのテストがあるそうです。

3-4.バディテーチャー制度

ブリリアントではバディティーチャー制度を設けています。バディティーチャーとは、生徒1人1人に専用の先生が1人つきます。生徒が卒業するまで同じ先生で、主に留学生活の困ったことを手助けしてくれたり、授業の進み具合は希望などを聞いたり相談したりできます。

バディティーチャーがテストの結果や間違ったところの解説をしてくれたり、次のテストの範囲などを教えてくれます。

3-5.卒業式と食事会

毎週金曜日の8限目の授業がなくなり、その時間帯に卒業式が行われます。卒業式はビルの屋上階で行われ、かなり盛大でした。

ブリリアントの卒業式では、卒業生のスピーチはもちろん、司会も在校生によって行われるのが特徴です。卒業式の司会は事前に指名され、司会になった人は、バディティーチャーと色々相談をしながら準備をしていくそうです。

ただし、司会といっても何をすればいいのかわからない、英語が全くできない!作れないという人は、バディティーチャーが英語の原稿を用意してくれるそうなので、それを読めば大丈夫です。

ブリリアント

卒業式の流れとしては、卒業生スピーチ→バディティーチャーからの言葉→先生のダンス→写真撮影→卒業の歌を合唱といった感じです。30〜40分ほどで終わります。

卒業式は16時半頃には解散となりますが、毎週金曜の18時からは卒業生と在校生が揃って外へ外食します。参加費有料(飲食代)で基本自由参加ですが、毎回ほぼ全員が参加するそうです。

今回私も行きましたが、24名在籍中22名が参加していました。コースではないので費用は毎回違いますが、だいたい400〜600Pほどで、パークモールかタイムズスクエア内にあるレストランで食事します。

今回はメキシコ料理屋のMooncafeで食べました。

ブリリアントでは生徒数も最大で30名前後と少ないのと、金曜の食事会はほぼ全員参加するので全員と仲良くなれるチャンスです。特に用のない方は参加してください。留学1週目の人は、仲良くなるチャンスですし、色々と情報がもらえるチャンスなので、1週目のときは参加した方が後々の留学生活が楽しくなります!

4.実際の客層とバッチメイト

今回のバッチメイトは私を入れて5名でした。入学時の留学生の数は合計24名おり、だいたい定員ぴったりぐらいの人数だそうです。年代は20代後半〜30代後半が多い印象です。その次に50代以上の方が目立ちました。

ブリリアントでは日本人スタッフによりマメなケア、高級コンドミニアム滞在と快適な留学生活が送れるようにしているので、年代も学生ではなく社会人が多く、また落ち着いた人が多い印象です。

少人数制なのでとてもアットホームで、すぐに全員の顔がわかるようになります。先生も数も同じぐらいなので、先生ともすぐに顔見知りになれて良かったです。

5.Brilliant Cebuの施設・宿泊施設

ブリリアントの校舎と宿舎を案内していきたいと思います。ブリリアントは「Robinland」というビルの3〜7階までが宿舎、8階が校舎となっています。

ブリリアント

この黒と白の特徴的なビルがRobinlandです。覚えやすい!それでは中に入って見ましょう!

5-1.宿泊施設

部屋タイプはスタンダート・デラックス・スイートの3種類あります。

・スタンダード→全て内窓
・デラックス→外窓付
・スイート→外窓で景色が良い。電子レンジ付き。部屋が広い

となっており、どの部屋を選ぶかによって留学費用が変わってきます。部屋は1人部屋か2人部屋ですが、女性限定でセブ医科大学生と3〜5名のルームシェアが可能です。

今回は1人部屋のスイートルームに宿泊したので、写真を紹介していきます。スイートでも部屋によってレイアウトも違うので、あくまで参考程度にお願いします。

ブリリアント

こちらが実際に泊まった部屋です。

ブリリアント

ベットは2つあり、1つはセブダブルぐらいの大きさ、1つはシングルでした。部屋は縦に長く広いです。

ブリリアント

オシャレなソファー。

ブリリアント

色々な場所に観葉植物が置いてあります。モダンで落ち着いた雰囲気です。

ブリリアント

机。こんな感じの机が2箇所あります。

ブリリアント

テレビ。現状はケーブルテレビは見ることができず、DVDを見る専用にしているそうです。DVDは校舎の棚にある中から好きに借りることができます。

部屋それぞれにWi-Fiのルータがあります。速度は意外と速く、動画もある程度スムーズに見ることができました。

ブリリアント

部屋の奥の方の机とソファー。

ブリリアント

反対から見るとこのような感じ。

ブリリアント

1番奥がキッチンスペースです。

ブリリアント

4人掛けダイニングテーブル。広々。

ブリリアント

シンクと電子レンジ。電子レンジはスイートルームのみの装備です。その他の部屋の人でも、校舎で自由に電子レンジが使えるそうです。

湯沸かし器もありました。8階の校舎でウォーターサーバーからお湯をもらうことも可能ですが、部屋で作ることもできます。

ブリリアント

反対側に冷蔵庫と電子コンロがあります。ブリリアントでは自炊可なので、料理を作ることができます。キッチン用品は貸し出しがあるので、自炊する人は借りましょう(数に限りあり)。

ブリリアント

クーラーはキッチン部屋に設置してありました。パナソニック製です。

ブリリアント

通常の語学学校では、バスタオル類はホテル滞在プランではない限り自分で用意するものですが、ブリリアントでは最初にバスタオルとフェイスタオルがもらえます。それとお水一本。タオルの交換はなくこれを洗って利用する感じですが、ありがたいですね。

ブリリアント

その他、ノートとマグカップも無料で提供されます。マグカップは学校名が入っていてオシャレ!いいお土産になりそうですし、滞在中も使う場面が多いので嬉しいです。

次は水周りを紹介していきます。

ブリリアント

バスルーム。洗面台がすごく広いです。

ブリリアント

ドライヤーと、石鹸、シャンプー、トリートメントが用意してあります。シャンプーなどは一回分で追加はできませんが、1日分用意してあるのは嬉しいです。

ブリリアント

トイレ。ちょっとこの部屋タイプだとシャワーの仕切りがあり、出入りしにくいのが難点でした。トイレットペーパーも流せますし、ペーパーも補充してくれるのでありがたい!他の学校ではトイレットペーパーは自己負担のところが多いので、ついていると本当にありがたいです。

ブリリアント

シャワー室です。扉で仕切られているのでバスルームがビシャビシャになる心配はありません。シャワーも固定と持つタイプの2つあるので使いやすかったです。お湯もきちんと出ます。ただしセブは水圧が弱いのですが、ここも少し弱めです。

女性限定・医大生とのルームシェア
女性限定で医大生とのルームシェアプランがあります。常に英語環境下に身を置きたい方にぴったりのプランです。3人部屋から5人部屋まであります。女性限定ですが、留学生が日本人のみの学校なので、英語をもっと話したい!外国の友達が欲しいと思っている方はぜひ!

以上が宿舎の写真です。部屋はとても快適で綺麗でした。また、このコンドミニアムは他の一般の人も宿泊していますが、騒がしくなくて良かったです。

5-2.校舎施設

次に学校の校舎内や施設を紹介していきます。校舎はビルの8階にあります。

ブリリアント

ありました、ブリリアント!ラグジュアリーな雰囲気で目立ちますね!入口のカウンターにはセブポットやツアーなどのチラシが置いてあります。

ブリリアント

マンツーマンレッスン部屋。個室タイプです。

ブリリアント

個室の中はこのような感じです。テーブルと椅子とホワイトボードがあります。

グループレッスン部屋。

ブリリアント

ライブラリールーム。ここでオリエンテーションをやったり、授業中の休憩場所であったり、食事食べる場所になったりもします。夜は自習室として利用可能です。

このライブラリールームにDVDが置いてあります。これを借りて部屋のDVDデッキを使って映画が見れます。

ブリリアント

他にも、ガイドブックや英語関連の本などたくさんの本が置いてあります。

ブリリアント

ここは休憩スペース兼、朝と昼は食事提供スペースになります。光が入って明るく心地いいスペースです。この奥に電子レンジが常に置いてあるので、自由に使うことができます。

ブリリアント

宿舎の階にはウォーターサーバーはありませんが、校舎8階に2箇所あります。夜10時まで学校は空いているので、ここから自由に水を持っていくことができます。横には紅茶やコーヒーが置いてあるので、食事のときやその他のときも自由に飲むことができます。

ブリリアント

エレベーターは3機ありますが、だいたい2機しかいつも稼働していないです。朝の時間帯は1機の場合も。

ブリリアント

こちらは9階、屋上階部分です。見晴らしのいいテラス席があります。ここで喫煙もできますし、お酒を飲んでぼーっとすることもできます。持ち込みは自由だそうです。

ブリリアント

バーとレストランがあります。バーでお酒を飲むのもいいですね。レストランに関しては4人前からの注文なのでご注意ください。夜ご飯をつける方はここでご飯を食べます。

ブリリアント

結婚式とかにもよく使われるとか。ここで金曜日は卒業式を行います。イベントがないときは、夕飯付きの方はここで食べます。

ブリリアント

ビルの2階にジムがあります。1日200P、1ヶ月1200Pで有料ですが安いです。1ヶ月1200P(2700円前後)なのでセブで気軽に運動できそうです。特に同じビルに宿舎と校舎があるので、運動不足解消に最適です。

ブリリアント

中はこんな感じです。マシーンが豊富に揃っています。ランニングマシーンもあります。また、セブのジムはほとんどがトレーナー付きで、ここでもトレーナーがいます。器具の使い方でわからないことや、目指している体系を相談するとメニューを作ってくれたりするので、楽しく通えます。

ブリリアント

1階の売店です。飲み物、お菓子の他にお酒やちょっとした雑貨類も揃っています。スーパーよりも3〜5P(12円前後)高いだけなので、重いものはここで買ったほうが楽かもしれません。

ブリリアント

取り揃えが半端ないですね。値段がついていないので、その都度店員さんに聞く必要があります。

以上が校舎と設備です。

6.食事内容・洗濯・清掃

留学生活にかかせない食事や洗濯、掃除について説明していきます。

6-1.食事

ブリリアントでは、食事は朝と平日の昼に提供されます。

朝:7時10分〜7時50分
昼:12時〜12時30分

の時間帯です。ただし、11時50分に授業が終わり、そのタイミングでご飯の準備が出来ているそうなので、11時50分からお昼ご飯が食べられます。

夜ご飯に関しては、希望者のみ1週間単位で申し込みができます。1週間で1,400ペソ、平日の月曜日~木曜日(金曜日と祝日は除く)に18時〜20時の間で9階のレストランで食べられます。

朝ごはんはパンとジャム、シリアル、ソーセージとハム、サラダ、フルーツといった内容です。朝は週に2回、火曜日と木曜日はおにぎりDayになり、数種類のふりかけや梅干しなどが出ます。

昼はご飯とおかず、パスタ、サラダ、スープといった内容が多いです。他にもカレーライスが出た日がありました。バリエーションが多く、日本人のキッチンインターン生が作っているとのことで、味も美味しいです。

実際に1週間のうちに食べた料理です。参考にどうぞ。

最近パンのデリバリーサービスが始まり、週に2回(火曜と木曜)、13時30分頃からブリリアントの休憩スペースにパンが並ぶようになりました!

ブリリアント

このパンは日本人が経営しているパンデリバリー屋で、カレーパンやメロンパンなど日本と変わりない種類、味でとても美味しいです。

ブリリアント

1個30〜60Pで買えます。自分で計算して缶の中にお金を入れるという自由スタイルでした笑 私はカレーパン2種類、メロンパン、シナモンロールの合計4つも買ってしまいました。味は本当に美味しいので是非留学中に食べてみてください。

6-2.洗濯

洗濯に関しては、学校側の洗濯サービスはありません。ビルの1階にあるランドリーに各自自由に出して洗濯してもらうといったスタイルです。

1キロあたり30Pで、3キロから出せるそうです(3キロ未満でも3キロの金額がかかる)。

ブリリアント

ここが1階のランドリー屋さん。月曜〜土曜は8時〜21時までやっています。日曜に関しては8時〜16時ですが、日曜に関してはルーズらしく昼にオープンすることが多いとのことです。なるべく月〜土の間に出したほうが良さそうです。

また、セブのランドリー全般に言えることですが、高い洋服や繊細な服は出さずに手洗いするようにしましょう。

6-3.清掃

掃除は週に3回、月・水・金に行われます。水曜日にベットシーツ・バスマット交換があり、他の曜日は掃除とゴミ捨てのみです。

7.インターネット回線について

宿舎のところでも紹介しましたが、部屋ごとに写真のようにルーターが設置してあります。そこそこ速く快適です。校舎にもWi-Fiは2つ設置してあるので、問題なく使うことができます。

動画も途切れずある程度スムーズに見ることができたので、語学学校のWi-Fiでも速い方だと思います。

ブリリアント

ネット回線とは関係なくなりますが、ブリリアントではフィリピンの携帯の無料貸し出しがあります。使う使わない関係なしに初日に全員に配布されます。フィリピンはプリペイド式でチャージして使うので、このままでは使えず、プリペイドカードを街で購入してチャージする必要があります。

100P入れておき、緊急用として持っておくと便利だと思います。

8.私が思う、物足りなかった点や注意点

ブリリアントは最大で30名前後と小規模な学校のため、仕方ないと思いますが食事の提供時間が短いのと、座る椅子が少し足りないかなと思いました。食事提供時間はだいたい30〜40分なので、25人全員がそこに集まると座るスペースがないのが難点。

今回生徒は24人でしたが、朝食を食べない人や、お昼のときもほどよくバラけて座れなかったことはありませんでしたが、あともう2テーブルぐらいあると落ち着いて食べれるので机を増やして欲しいです。

テーブルは2人で向かい合うタイプなので、知らない人とでも一緒に座ると話をするきっかけになるので、そこは良かったです。

部屋に関してはフィリピン全般に言えるので仕方ありませんが、シャワーの水圧が弱いです。ただきちんと湯量は出るので、長い髪を洗ったりするときも不便ではありません。

授業に関しては、他の学校と違いリスニング、リーディング、ライティングと1時間ごとに分けられていません。1時間の授業の中に、スピーキング、リーディング、ライティングがあるといった感じです。

最初は戸惑いましたが、長文を読んだり、英語の長文を書いたりする機会はあまりないと思うので、積極的に自分で日記を書いて先生に添削してもらうなど、工夫するといいなと思います。

また、留学生は日本人だけなので休み時間やその他の時間は日本語を使うことがほとんどです。英語の環境にもっとしたいと望んでいるのであれば、ルームシェアプランなどを検討してみましょう。

9.この学校を特にオススメしたい人は?

・設備の整った綺麗な部屋に泊まりたい方
・日本人スタッフによるきめ細やかなケアを望む方
・社会人やご年配、海外が初めての方
・医療英語を学びたい方
・大型ジムを使って運動したい方

ブリリアントは整った設備、宿泊施設、そして日本人スタッフによるきめ細やかなケアを売りとしているので、生徒さんも社会人やご年配の方が多いです。ストレスのない生活を送りながら留学したい社会人の方に特にオススメです。

また、少人数制のアットホームな学校ですので、かなり落ち着いて日々の生活を送ることができます。周りにモールや飲食店が多数あるので、日常生活にも不便はありません。

ブリリアントでは医療学生とのルームシェアプランや、長期休みの期間はマルコポーロホテルに隣接したレジデンスに宿泊しながら授業を受けられる親子留学プランがあります。外国人の友達を作りたい人や英語環境下に身を置きたい方、親子留学プランであれば他の留学生との交流はあまりありませんが、親子水入らずでマルコポーロレジデンスに滞在しながら英語のレッスンを受けられます。

小さいお子さんと一緒に留学したいけれど、設備や治安が不安という方にはぴったりのプランです。

10.今回の留学で思ったこと、ここに留学する人に向けてのメッセージ

ブリリアント

めちゃくちゃお世話になった日本人マネージャーの岡崎さん。

今回ブリリアントに留学して驚いたところは、日本人マネージャーのきめ細やかな対応です。日系の語学学校であればもちろん日本人スタッフが常駐していて色々な相談をすることができるのですが、ブリリアントはそれだけではありません。

授業の合間の休憩時や食事のとき、その他でも常に休憩スペースに顔を出して生徒さんに話しかけられていました。それによってコミュニケーションも取れますし、些細なことでも相談する機会ができます。

スタッフの方も先生も、少人数制なので生徒の顔と名前をしっかりと覚えてくださり、設備の不備やその他の対応も他校と比べて断然早いです。

食事のときは同じ人と固まることなく、相席になった人と話をしたりすることの方が多かったので、生徒同士も仲が良いのが印象的でした。特に毎週金曜日は生徒ほぼ全員参加の食事会があるので、それで仲良くなるのだと思います。

本当にアットホームで居心地が良く、生活にもストレスがなく快適な留学生活を送ることができました。学生ばかりのワイワイ雰囲気が苦手な人や、ゆっくりと落ち着いて勉強したい方は本当におすすめの学校です。

夕飯はついていませんが、自炊をすれば節約することもできますし、徒歩数分に行き尽くせないほどの飲食店があります。ぜひ、ここで楽しい留学生活を送ってください!

▶︎BrilliantCebu(ブリリアント)の公式HP&問い合わせはこちら

その他の語学学校の留学レポートはこちら。
1校目:【FEAプレミアム校】
2校目:【ファーストイングリッシュ】
3校目:【QQEnglish ITパーク校】
4校目:【3D ACADEMY】
5校目:【NexSeed エンジニア留学】
6校目:【QQEnglish シーフロント校】
7校目:【TARGET English Academy】
8校目:【Cebu American English Academy】
9校目:【Kredo】
10校目:【AHGS ENGLISH ACADEMY】
11校目:【IDEA ACADEMIA】
12校目:【UV_ESL】

↓↓ここから選べば間違いなし!↓↓
>>セブ島留学 おすすめ語学学校はこちら<<
美穂
俺セブ専属ライター
世界をのんびり旅しながら俺セブでライターの仕事をしています。プチノマドワーカー。 現在17カ国、42都道府県制覇。 スキューバダイビング好きで、ダイブマスター所持。 ----現在訪れたダイビングスポット---- サイパン・グアム・パラオ・プーケット・バリ島・セブ島 沖縄本島・石垣島・宮古島・奄美大島・小笠原諸島父島・大島・神津島・三宅島・八丈島・御蔵島(スノーケル)・伊豆半島・葉山 などなど...タンク本数はトータル300本前後です。 私運営のセブ島情報HPあるのでよければ見てください。 http://tabi-jyoshi.com http://tokyo-girls.top

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。

Please enter your comment!
Please enter your name here