フィリピン・セブ島の語学学校ターゲット

こんにちは。TARGET Global English Academyの石原です。
 
この度、本を出版しました。
タイトルは「TOEIC300点からの海外進出」です。

ターゲット

今は英語力は低いけど、近い将来は海外でビジネスをしたい!就職したい!という方向けの本となります。

タイトルは硬いですが、内容は面白おかしく書いていますので高校生、大学生でも気軽に読んでもらえるものになっています。

海外で活躍するのに高い英語力は要らない!

今は日本にいる人でも、将来は海外でビジネスや就職を希望する人とお話していると、「ネイティブレベルの英語力」「上級英語力」が必要なので、ここがネックで足踏みしている人が多くいます。

俺セブの連載でも最初の回で指摘していたことですが、海外でビジネスをする上で、上級英語力は不要です!

もちろん、一部の例外はあります。

ですが、90%以上の人が希望しているレベルの事であれば、実はそこまで高い英語力は必要ありません。これは僕が実際にオーストラリアやフィリピンに11年住み、約30カ国の国々へ旅行して肌で感じたことです。

詳細は僕の最初の回の記事に譲りますが、オーストラリアの医師・弁護士であっても、すごく訛っている人や、英語が流ちょうでない人はたくさんいます。

僕もオーストラリアやフィリピンでビジネスを10年以上やっている、そしてオーストラリアの永住権を持っていると言うと「英語はもうペラペラのネイティブレベルですね!」とよく言われるのですが、残念ながらネイティブレベルは遥か彼方、望遠鏡を使っても見えない場所にあります(笑)

それでも、海外旅行には気軽に行けますし、外国人の友達もたくさんいます。海外で会社経営もできます。

海外で活躍するために高い英語力は必須ではありません。

ここで足踏みをしてしまっているのは非常にもったいなく、やりたいと思ったことは1日でも早く実行に移すことが重要で、それは十分に可能なことなのです。

どうやってこの事実を広めよう?

この事実を僕はここの連載でも、自身の学校であるTARGETでも言い続けてきたのですが、もっと多くの人に知って欲しいと思い、今回この「TOEIC300点からの海外進出」を書くことにしました。

ただ、どうやったら一番伝わりやすく「それなら私もできるかも!」と思ってもらえるかを考えました。

本を書くにあたり考えたのは、僕も昔、海外ビジネスに興味を持ち始めた時にいろいろな本を読み漁りました。その多くが華々しい経歴のビジネスパーソン、英語エリート、最初から資金力を持った人などの武勇伝でした。

読み物としては刺激的でダイナミックで面白いと思います。ただ、これらの本を読んで「自分にもできるかも!」と思える人ってどのくらいいるんだろう?と思うのです。

むしろ「やっぱり海外で活躍するには何の才能もお金もない自分にはできない・・・」と思ってしまう人の方が多いのではないかと思います。昔の僕もそのうちの1人でした。

そこで、僕の経験を紹介することで「これなら自分にもできる!」と思ってもらえるのではないかと思いました。

現在の僕は、一面だけ切り取れば海外で10年以上生活し、オーストラリアの永住権を持ち、海外で英語学校を経営するという華やかな経歴に見えなくもありません。

しかし、実際はその華やかな一面から程遠い人生を歩んできました。

全くもってクールではない数々のストーリー。本来であれば隠しておきたい事実です。特に本を書くにあたり、やっぱり僕も他の人たちみたいにカッコいい武勇伝を語りたい。カッコいい経営者を気取りたいという誘惑は頭をよぎりました。

絶対その方が、あとで「石原さんは凄いですね!」と言ってもらえますし、女性からモテる可能性が高くなります!このアドバンテージは振り切り難し!(笑)

でも、それでは結局僕が最初に思っていた「自分にもできるかも!」とは思ってもらえません。そこで僕は腹をくくり、人にはあまり話したくない、情けない過去の話を書くことにしました。

実は英語もビジネスの世界も無縁だった

僕の歩んだ道は、下記のように失敗の連続でした。僕は中学1年の5月頃から最速で英語落ちこぼれとなりました。その後も英語嫌いは続き、できる限り避けて通ってきました。

その一方で、大学在学中から大手事務所に所属して幼き時からの夢だったお笑い芸人になり、大学卒業後就職せず芸人の道を歩みます。

しかし、2年後芸人としての夢破れて、精神的に打ちひしがれて、引きこもりになる。

半年後、スーツが着たいという理由でなんとかIT企業の総務部に就職する。

ただ、精神的に復活できず直ぐに働けず、会社に「これからは英語の時代になるので、僕がその英語をマスターしてくる!」とはったりかましてオーストラリア留学に逃げる。

オーストラリア留学中、英語の勉強もしたけど根っからの英語嫌いなのであまり英語力伸ばせなかった・・・ただ精神的なリハビリには成功(笑)

帰国後IT企業の総務部で働くも、自分でビジネスをしたいと思い始めて、会社の仕組みを学ぶために小さな会社に転職を考える。

オーストラリア留学時に利用した留学エージェントに転職する。

社内で英語力が低いのは自分だけという状況になり、壁にぶつかりまくる。仕方ないので、夜間の英語学校で泣く泣く勉強する。

それでも、英語力が低くて担当できる業務に限りがでる。

業績悪化によって、クビになりかける。

新たな収入源の確保のために、親友から教えてもらったフィリピン留学手配事業を開始する。

偶然フィリピン留学ブームが起こる。

勢いにのってセブの学校運営を開始する

このころになっても英語力はあまりないが、何とか苦労しながら皆の力を借りて学校を運営する。

とまあ、簡単に書くとこんな感じで僕の人生は失敗とラッキーの連続です。
そこにカッコいい経営者の姿はありません・・・
 
こんな話をあるがままに書いたので、全くもって女性から人気が上がることはないでしょう・・・(涙)

これは非常に残念なことですが、それとは引き換えに学歴、才能、お金、英語力がない人でも「自分にもできる!」と思ってもらえるのではないかと思います。

英語力より大切なこと

仕事柄、海外で活躍している人達とお会いする機会が多いのですが、その中には英語が苦手という方も多くいます。そういう方たちに共通していることは、「行動力がある」ということです。

海外に目を向ければチャンスは格段に広がります。

しかし、海外では言葉の壁以外にも文化の壁もあります。常識も通じないことは多く、リスクも大きくなります。つい、そのリスクに目が行ってしまい、足が止まってしまいがちです。

ですが、ここで立ち止まってはチャンスをものにできません。もちろんある程度の準備は必要ですが、いくら準備してもリスクは0にはなりません。ある程度のリスクを覚悟で、最初の1歩を踏み出すことが必要となります。

日本では石橋を叩いて「渡らない」人が非常に多いと感じています。

これは、起業セミナーには多くの人が集まるのですが、その中で実際に起業する人はごくごく一部という現状がよく表しています。

起業や海外に挑戦することだけが成功というわけではありませんが、もしやりたい、挑戦したいというのであれば、それは一日でも早くスタートすべきです。いくら考えても、緻密に計算したとしても、現実は予想を超えたことがいくらでもおこります。

ピンチになることも多々ありますが、夢中になって取り組んでいると不思議とサポートしてくれる人が現れます。

私の場合もピンチがよく訪れるのですが、その度に新しいアイデアをくれたり、心に響くアドバイスをしてくれたり、一緒になって仕事を助けてくれたりする人がたくさん現れてくれました。彼らがいなければ今日の僕はありません。

ターゲット

今回この本を書くにあたっても、わからない事が多く、僕のカバーできない分野の話などどうしたら良いものかと悩んでいました。

そのとき、高校の同級生であり、現在はJETROの職員として企業の海外進出をサポートしている石川さんが「それなら、僕が手伝うよ!」と共著者になってくれ、またマネージャー役を買ってでてくれました。

彼がいなければ、今回僕はこのタイミングで本を出版することはできませんでした。

さあ、最初の第1歩を踏み出そう

上記のように、私は海外に挑戦したときは英語力も、資金力も、ビジネススキルも持ち合わせていませんでした。あったのは「人生に悔いは残したくない!」という思いで、一歩を踏み出した行動力だったと思います。

もちろん、その後は数多くのピンチがありましたが、いろいろな人が助けてくれました。詳しくはこの本をお読みになって頂ければと思います。

本編とは別に「初級者向け 読むだけで英語力が上がった気になれるセミナー」や「フィリピンならではの思わず笑ってしまう事件簿」など、面白い小ネタも収録されているので、サクッと読めて「自分も海外で活躍できそうだ!」と思ってもらえる1冊になっています。

この本がもし、海外にチャレンジしたいという皆さんの背中を少しでも押すことができたのなら、これ以上の喜びはありません。

▶︎Amazon販売ページはこちら

▶︎honto販売ページはこちら

▶︎TARGET Global English Academyの公式HPはこちら

TARGET Global English Academy
石原智之

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

ターゲット(TARGET)の代表

2006年よりワーキングホリデーでオーストラリアに渡り、留学エージェントにて勤務し、その後オーストラリア永住権を取得。2013年からオーストラリア留学エージェントを運営しつつセブ島で語学学校「TARGET」の副代表に就任し、2016年より現職。

3,000人以上の留学生のサポートと9年の海外生活を通して日本人に求められている英語は「世界で通じる英語力」であると確信して、より良い学校作りを日々目指しています。

また、僕はオーストラリア留学サポートもでき、TARGETはオーストラリアにもオフィスがありますので2カ国留学もお任せ下さい。

石原智之氏の記事一覧へ

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。

Please enter your comment!
Please enter your name here