【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

人気記事ランキング

  1. 1No55【永久保存版】知らないと損するセブ島お土産ランキング!1位はもちろん・・・No55【永久保存版】知らないと損するセブ島お土産ランキング!1位はもちろん・・・1403views 134 本多正治 2015年11月16日0/1667,,,
  2. 2あなたには絶対出来ない!? 最強の英語習得方法始めます。あなたには絶対出来ない!? 最強の英語習得方法始めます。443views 66 渡辺 和喜 2016年7月26日1/1667,,,
  3. 3【もうボラれない!】セブ島タクシー攻略ガイド(料金表付き)【もうボラれない!】セブ島タクシー攻略ガイド(料金表付き)347views 150 藤岡 頼光 2015年12月27日2/1667,,,
  4. 4No39 フィリピンセブ島のお土産まとめ14個!ドライマンゴー以外に何があるの!?No39 フィリピンセブ島のお土産まとめ14個!ドライマンゴー以外に何があるの!?270views 86 松本由人 2014年9月15日3/1667,1653,,
  5. 5セブ留学前に「ライティングスキルチェック」でさくっと力だめし!グローバルステップスセブ留学前に「ライティングスキルチェック」でさくっと力だめし!グローバルステップス71views 75 衣川 由美 2016年7月24日4/1667,,,
  6. 6No6 日本とココが違う!フィリピン(セブ島)の結婚式のあれこれNo6 日本とココが違う!フィリピン(セブ島)の結婚式のあれこれ50views 13 石原智之 2015年6月19日5/1667,,,
  7. 7QQオーナーが勧める!セブトップス周辺最高のデートスポット10選QQオーナーが勧める!セブトップス周辺最高のデートスポット10選44views 94 藤岡 頼光 2016年7月20日6/1667,,,
  8. 8No31 セブ島留学では両替屋とATMどっちが得?徹底比較しました!No31 セブ島留学では両替屋とATMどっちが得?徹底比較しました!39views 28 松本由人 2014年6月30日7/1667,1660,,
  9. 9No26 セブ島留学前に治安確認!モールだからといって安全なわけではない!No26 セブ島留学前に治安確認!モールだからといって安全なわけではない!38views 26 松本由人 2014年5月26日8/1667,,,
  10. 102泊3日「超短期フィリピン留学」と言う選択~週末や連休に英語の特訓に行く~2泊3日「超短期フィリピン留学」と言う選択~週末や連休に英語の特訓に行く~35views 1 藤岡 頼光 2016年1月18日9/1667,,,

管理人が選ぶ!おすすめ語学学校ランキング

ファーストウェルネス

フィリピンセブ島語学学校、ファーストウェルネス(FEA)の詳細ファーストウェルネス(以下FEA)は最もお勧めできる学校!
授業と宿泊施設が同じ建物内なので楽で安全。施設はホテル一人部屋で集中出来る環境。先生たちとの留学らしい交流も楽しめます。少人数制の学校なのでトラブル対応、授業変更や追加相談、体調不良時のケアなどサポート面も充実。

留学費は高めなので学生にはオススメできませんが、『社会人の方が学校選びで迷ったら、まずおすすめしたい学校』です。環境は十分整っていますので、後は本人の努力のみです!
FEAの詳しい解説はこちら

QQイングリッシュ

QQEnglishシーフロント校QQEnglishはセブ島で1番コスパが良い語学学校です。
同価格帯の語学学校の1.5倍~2倍はマンツーマン数が多く、かなりお得です。
そのため、授業数を意識しつつも、学費を押さえたい留学生に向いています。また、近年は多国籍化に成功しており、日系ながら日本人の割合は半分以下。台湾、ロシア、韓国、中国、インド、イラン、ポルトガルなど常時10カ国以上!
授業中に仲良くなった先生と、『留学後もオンライン英会話を通じて授業が受けられる』のもQQEnglishの強みでしょう。
QQEnglishの詳しい解説はこちら

ファーストイングリッシュ

ファーストイングリッシュ静かな場所で勉強に集中するならファーストイングリッシュ。
日本で学習塾を9教室経営しているノウハウを入れたメソッドで、反復学習をシステマチックに出来ます。
場所はマクタン島でビーチの近くにあり、治安も良く、立地面から言っても勉強に集中出来るはずです。
食事は日本食メインで3食付き!サラダバイキングもあるので野菜不足にも悩まされません。
基本は8時間授業ですが、体力のある方は最大9時間のマンツーマンも受講可能です。
ファーストイングリッシュの詳細はこちら

特集

フィリピンセブ島の語学学校、耳寄りキャンペーン情報
フィリピンセブ島2泊3日「超短期留学」

英語が出来れば海外旅行が変わる!

英語が出来れば世界一周はもっと楽しくなる!

ダイビングシーズン到来

連載中

星野達彦の世界の留学事情 世界600校以上訪問

タイアップ著者

17 投稿0 コメント

国際教育事業コンサルタント
1960年東京生まれ。1986年から留学事業のキャリアを積み、25年以上の経験の中で数多くの留学カウンセリングや大学・政府関連機関主催の留学イベントなどので講演をこなす。海外での多くの国際会議に参加するとともに世界の600校以上の学校を視察している。

著書に「こうすれなれる留学カウンセラー」、「英語はアジアで学べばうまくいく」がある。

2013年 厚生労働省委託事業「勤労青少年の国際交流を活用したキャリア形成支援事業」委員長
一般社団法人JAOS留学協議会事務局長
日本認定留学カウンセラー協会(JACSAC)代表幹事
国際教育事業コンサルタント ライジング・スター代表 

ブログ:留学カウンセラー・国際教育事業者向け情報ブログ
http://ryugakuth.blog.fc2.com/
詳しいプロフィール

12 投稿0 コメント

海外留学キャリアコンサルタント

有限会社あうとりがー代表取締役
●米国 CCE,Inc. 認定 GCDF-Japan キャリアカウンセラー
●国家資格 2級 キャリア・コンサルティング技能士
●総合旅行業務取扱管理者

大学卒業後、ファイナンス会社入社。その後渡米し、帰国後、スイスに本部を持つ、世界最大級の国際教育機関の日本支社に11年間勤務。2003年に独立し、留学コンサルティング会社、有限会社あうとりがーを設立。現在、留学およびキャリアの両面から留学生を支援している。国内初の留学・キャリアコンサルタントとして活動中。

これまで 留学生支援を開始以来、23年間で、のべ10,000 名を超える留学生に接し、留学希望者や留学生帰国者対象に留学・キャリア講演をはじめ、キャリア・コンサルティング・就職支援を行なう。

著書
留学キャリア・コンサルタントが教える留学帰国者の就活』(本の泉社)
海外で英語をモノにする人、できない人』電子書籍(マイナビ)
語学留学指南』(ナカニシヤ出版)
『語学留学を10倍成功させる秘訣』(小冊子)
HP:http://ryugaku-career.com/

12 投稿0 コメント

Q-Leap Inc. Corporate Officer
(& Principal Lecturer)
http://q-leap.co.jp/

筑波大学第三学群国際総合学類卒業
コロンビア大学大学院にて英語教授法(TESOL)修士号取得
アルクの企業研修英語講師、スピーキングテストの試験官、評価官を経て、2011年よりCalvin Kleinニューヨーク 本社のライセンスビジネス事業部にて勤務。

2014年春に帰国、ビジネス経験と英語教授のスキルを活かし、IT企業や外資系製薬会社をはじめとする企業にてビジネスパーソン向け英語指導に従事。

著書:『英語のプレゼン直前5日間の技術』(アルク)

<資格>
M.A. in TESOL (Columbia University)
TOEIC® 990点(満点)
ACTFL Proficiency Test – Advanced High Level
アルク社 SST/TSST スピーキングテスト試験官・評価官
厚生労働省認定キャリアコンサルタント資格(CDA)

<趣味>
歌、ファッション、ヨガ、旅行

愛場 吉子氏の記事一覧へ

12 投稿0 コメント

TOEICスクール「澤田塾」の代表

ブログ「本当に役立つTOEIC勉強法」 管理人
日英翻訳者(ひらがなタイムズ/NHK)

TOEIC990点(満点)
英検1級(通算13回合格、うち優良賞3回)
2013年ICEE(国際英語コミュニケーション能力検定)優勝
(松本道弘主催の、英語コミュニケーション能力を競い合うトーナメント)

私塾「澤田塾」では、音声トレーニングやスラッシュリーディング、暗唱などを取り入れた独自の指導法で、「使える英語」と「スコアアップ」を同時に獲得するレッスンを行っている。

書籍:TOEICテスト最強攻略PART1&2

澤田健治氏の記事一覧へ

4 投稿0 コメント

留学ソムリエ代表
国際教育コンサルタント

1970年京都市生まれ。大学卒業後、関西の小売業でセールスやマーケティングに約10年間携わり、その後研修のためカナダに渡航。

帰国後は、大手留学エージェントのチーフカウンセラーとして1,000名以上の留学に関わり、在籍中の4年間はトップセールス。紹介した主な国はアメリカ、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドなど。

その後、米国の教育団体にて約6年間、日本や東南アジアの教育機関および企業との連携によりグローバル人材育成に尽力。また高校交換留学や東北復興プロジェクト、アジアの国際協力プログラム開発にも関わる。全国の大学や高校、留学イベントでの講演実績は多数。
HP: http://www.ryugakusommelier.com
Facebook:https://www.facebook.com/ryugakusommelier

最近のメディア寄稿記事
<東洋経済オンライン>
「新定番のフィリピン留学は、ココを見誤るな」
<COURRiER Japon>
「留学ソムリエが見た成功する留学・失敗する留学」

著者(語学学校)

601 投稿25 コメント

当サイトの管理人。
2012年に初めてセブ島に留学。以降今までに複数の語学学校に留学&訪問。フィリピン留学を通じて「英語が伝わる楽しさ」をより多くの方に体験してもらいたいと思い、このサイトを立ち上げました。

英語留学前の方はもちろんの事、留学中の方、留学後の方にも役に立てる情報の提供を目指しています。なお、基本的にはセブ島ではなく、東京(高田馬場)にオフィスを構えて働いています。

ご質問ありましたら、コメント欄などにお願いします。

・TOEIC(R):805点(L 430 R 375)
・TOEIC SW:280点(S 130 W 150)

—————–
お問い合せ

58 投稿0 コメント

ファーストイングリッシュの代表
(FirstEnglish Global College)

日本では学習塾9教室を運営しており、その経験・ノウハウを活かして2013年にセブ島のマクタン半島で運営を開始。

スタート時は5人しかいなかった留学生が、カリキュラムや教師力についての口コミが徐々に広まり、現在は日本人経営の中で最も人気の語学学校の一つまで成長。
ミッションは「英語の話せる強い日本人をつくる事!」

本多正治氏の記事一覧へ

29 投稿14 コメント

QQイングリッシュの代表
(QQEnglish)

1965年生まれ。オンライン英会話、セブ島留学を併設するフィリピン最大の英会話学校を経営。700人の教師が年間3000人の語学留学生と1万人を超える世界中の生徒にオンラインで授業を提供。

1992年バイク便の㈱QQ便を設立
2000年バイクショップ コネクティング・ロッド設立
2005年バイク輸入業 マラグーティー・ジャポーネ設立

2009年オンライン英会話事業 QQイングリッシュ開始。
現在は東京、セブ、上海、ソウル、サンパウロ、テレランに支店を展開中。

藤岡 頼光氏の記事一覧はこちら

25 投稿1 コメント

ターゲット(TARGET)の代表

2006年よりワーキングホリデーでオーストラリアに渡り、留学エージェントにて勤務し、その後オーストラリア永住権を取得。2013年からオーストラリア留学エージェントを運営しつつセブ島で語学学校「TARGET」の副代表に就任し、2016年より現職。

3,000人以上の留学生のサポートと9年の海外生活を通して日本人に求められている英語は「世界で通じる英語力」であると確信して、より良い学校作りを日々目指しています。

また、僕はオーストラリア留学サポートもでき、TARGETはオーストラリアにもオフィスがありますので2カ国留学もお任せ下さい。

石原智之氏の記事一覧へ

10 投稿0 コメント

CEGA(セガ)の共同代表
(CEBU ENGLISH GLOBAL ACADEMY)

世界83ヶ国を回った元世界一周バックパッカー(西回りの陸路で)。
海外移住計画を立て、2010年よりセブに落ち着く。多数の語学留学経験後、30年に及ぶ学習塾経営者とパートナーシップを結び2012年にCEGA設立。

早めにリタイアして、キャンピングカーでゆっくり2周目をするのが夢。

留学のこと、海外生活のことなど、直接メールいただければお答えしますので、お気軽にお聞きください。info@cega-jp.com

10 投稿0 コメント

ブリリアントセブのマネージャー

Brilliant Cebu校にて半年間の留学後、同校にてインターンとして半年間を経験。その後2015年より日本人マネージャーとなる。

趣味は筋トレ。▶ TOEICは915点

1~4話:河合智之
セブ島にある「Brilliant Cebu」という語学学校で校長をやっています。

アパレルメーカー営業職2社を経て、独立起業。全く経験のなかった飲食店を経営しはじめ、6年後の2012年、事業を全て売却。

旅人をしている最中に英語の必要性に気づき、2013年にセブ島留学。その後、また旅人をしていたのですがセブ島に呼び戻され、2014年の8月からBrilliant Cebu の校長に就任。

Brilliant Cebuの記事一覧へ

6 投稿0 コメント

CAEAの日本人マネージャー
アクションスポーツのインストラクター兼パフォーマーとして活動していた際に英語の必要性を感じ、2008年に初めてのフィリピン留学。

当時日本人にまったく知られていなかったフィリピン留学に社会的な必要性を強く感じ、2012年にセブで日系語学学校の新規立上げに携わる。

同校で2年間の内にマネージャーとして4つの校舎を立上げ後、マニラでの新規語学学校設立のサポート。
その後セブへ戻り、現在はCAEAのオペレーションマネージャーとして勤務。

6 投稿0 コメント

オトナ留学「MBA」の代表
1984年福岡県生まれ
大学在学中にウエディングプロデュース会社を設立、代表取締役に就任。
2006年から地方特化型投資銀行にて投資ファンドの運営担当者として大型投資案件を担当。同社の経営戦略コンサルタントとして、数十社の経営支援、経営者育成、M&Aサービスに従事。支援先の取締役も数社歴任。

同社退職後、セブ島に渡り、3か月間韓国系の語学学校に通いながらフィリピンでの事業構想を立案。2012年11月にユナイテッド・リグロース社を設立し、取締役COOに就任。

5 投稿0 コメント

FEAマネージャー&セブの大学講師
長崎県出身AB型バツイチ

特技はビサヤ語ギリギリジョークです。
【職業】
■ファイナンシャルアドバイザー
■セブノーマル大学の日本語教師
■語学留学アドバイザー
■ブロガー
モトボサツ勝手にブログセブ島編vol2

4 投稿0 コメント

グローバルステップスのGM
1966年生まれ。アメリカでキリスト教教育学学士修了後 地元福知山で英会話教室を始め、2005年には北近畿で初となるインターナショナルプリスクールを開校。その後は、高校時代に留学したフィリピンとのかかわりが多く、特に日本人向け、ビジネスパーソン向けの英語学校立ち上げ、運営に携わってきた。

現在は当校アカデミックディレクターとしてフィリピン・マクタン島に在住。

3 投稿0 コメント

医療英語語学学校ハルカの代表
2004年 関西女子短期大学 保健科医療秘書コース卒
2008年 泉佐野泉南医師会看護専門学校卒 
正看護師免許取得後、整形外科・脳外科専門病院にて病棟・手術室・ER勤務
2013年 セブ島へ4か月の留学 
2014年 Happy Life Cebu Academy設立
同年 女性のためのフィリピン留学協会設立 理事に就任

学校・英語学習のQ&A

フィリピン英語はなまりが強いですか?

フィリピンは英語を公用語としています。小学校から英語の授業が行われていますが、経済的な事情により小学校、中学校を卒業できない子供も多くいます。それに、公用語といえども彼らは普段はタガログ語やセブアノ語で会話しています。ですから当然なまりはあります。しかし、語学学校の英語教師に関していえばなまりはあまり強くありません。発音もクリアで聞き取りやすいです。心配な方はオンライン英会話やyoutubeなどでご確認ください。

英語があまり話せなくても大丈夫ですか?

問題ありません。フィリピンではマンツーマンレッスンが基本なので、他の人に気を使うことなく自分のペースで勉強できます。中には日本語の教科書を使って勉強できる学校もあります。しかし、文法の基礎と英単語を日本である適度勉強しておくと、授業がよりスムーズに進められるのは間違いないです。

現地でコースの変更や転校はできますか?

多くの学校ではコースや教師の変更が可能です。また転校も可能ですが、返金がない学校もあります(これが暫しトラブルの元になる)。長期滞在する場合も最初に支払う金額は1ヶ月~2ヶ月に留めておき、現地で延長する方がリスクが少ないのでおすすめです。
フィリピン留学を振り返ってこうしておけば良かったと思う3つの反省点
さらに転校すると、入学金、SSPを再度払わないといけません。それほどすぐに英語は上達しないので我慢が必要です。長期留学の方以外の転校はあまりお薦めしません。

現地でTOEICの受験ができますか?

可能です。TOEICの公式試験会場となっている学校もいくつかあります。学校が代行手続きをしてくれる場合が多いので、スタッフに聞くことをお薦めします。
セブ島でTOEICを受ける方法!申込から実際の受験まで徹底解説

現地でTOEFLの受験ができますか?

可能です。TOEFLの公式試験会場となっている学校もいくつかあります。学校が代行手続きをしてくれる場合が多いので、スタッフに聞くことをお薦めします。

ネイティブ講師のレッスンを受けることは可能ですか?

クラークではネイティブ講師の授業を受講できる学校がいくつかあります。セブでもネイティブ講師のレッスン可能な学校はありますが、数はとても少ないです。値段もフィリピン人教師より高くなる場合がほとんどです。

最短どのくらいの期間から留学できますか?

ほとんどの学校が最短1週間からの留学になります。1日無料体験留学をしている学校もあります。2泊3日のプランがある学校もあります。最短2泊3日!フィリピンセブ島「超短期留学」を実施している語学学校

入学日はきまっていますか?

ほんとんどの学校が月曜日入学となっています。しかし、都合が悪い生徒さんのために柔軟に対応してくる学校もあります(主に少人数制や高価格帯の学校です)。入学日の都合が悪い人は学校に相談することをお薦めします。

学校の規則は厳しいですか?

学校によって違います。門限がある学校もあれば、ない学校もあります。校内では英語しかしゃべれない学校もあります。早朝の自習を義務付けている学校もあります。よく調べて自分にあった学校を選ぶことをお薦めします。

レッスン時間はどのくらいですか?

多くの学校ではいくつかのコースから選ぶことができます。6時間、又は8時間のコースを取っている学生さんが多いです。途中で授業数の多さが負担になった場合は減らすことも可能です。また逆に授業数を増やすことも可能です。

TESDAとはなんですか?

TESDA(The Technical Education and Skills Development Authority)とは、フィリピンの教育機関です。語学学校がTESDA認定校になるためには、カリキュラム、法的遵守、学校設備などについての検査に通る必要があります。学校を選ぶ基準の1つとして参考になると思います(現在では取得が当たり前になっています)。

仕事をしながらでも留学できますか?

可能です。多くの学校が1週間から留学を受け付けています。空き時間にノートパソコンを使って仕事をしている人もよく見かけます。忙しい人は午前中だけ授業を入れて、午後からは自分の仕事をするのも1つの手だと思います。

どのくらいの留学期間がおすすめですか?

1ヵ月未満の留学で英会話力を伸ばすのは難しいと思います。ただし、英語を話すことへの抵抗をなくす、留学後への学習の弾みをつけるという意味では1週間からでも効果はあります。
独自判断ですが、レスポンス良く英会話が出来るようになった留学生の共通点は「①平日は元より、土日も英会話量が多い」「②2ヶ月~3ヶ月以上は留学している」「③元々、英検準二級以上(高校2年生程度)の基礎英語力がある」です。
もし「どの程度勉強したら喋れるようになるのか?」と迷われる方がいるのであれば、レスポンスのよい英会話を目指すなら「英検準二級の文法・単語力」+「480時間のスピーキング練習(1週間48時間を10週間)」をこなす事を一つの目標にしてください。

祝日や年末年始は授業がありますか?

祝日や年末年始には基本的に授業はありません。その際の授業の振替や返金もありません。(学校によっては集中講座がある場合もあります。)

日本人経営と韓国人経営と、どちらがおすすめですか?

韓国人経営の学校は日本人経営の学校と比べ値段が安いです。そして、スパルタ校と言われる規則が厳しい学校もあります。韓国人と交流ができるのは良い点だと思います。しかし、辛い食べ物が苦手な人はお腹を壊すかもしれません。また、韓国人とルームメイトになった場合、文化の違いに戸惑う人も多くいます。
一方、日本人経営の学校は値段が高いですが、サービスが充実しており生活面でストレスなく過ごせる場合が多いです。しかし、どうしても日本語で話す機会が多くなりがちです。高齢の人や留学初心者には日本人経営の学校をお薦めします。

日本人が少ない学校を選ぶべきですか?

日本人が少ない学校を選ぶのは、英語を使うという点で良いと思います。しかし、スクールメイトに馴染むことができずに孤独になる場合もあります。それがストレスになると勉強にも影響がでます。社交的な人には日本人が少ない学校も良いでしょう。
実のところ、日本人が少ない学校を選ぼうが、日本人が100%の学校を選ぼうが、あまり会話の上達度に違いはありません。なぜなら、英会話が出来るようになる留学生は、授業以外では留学生同士の交流よりも、先生やその友達など、自分より英語力が高い人を見つけ、積極的に交流する傾向があるからです。

全寮制の学校しかないのですか?

寮でなくても、ホテルに滞在しながら通える学校もあります。

日本語の通じるスタッフはいますか?

日本人経営の学校にはもちろん日本人スタッフが常駐していますが、韓国人経営でも日本人スタッフを雇っている学校がここ最近は多いです。

インターシップができる学校はありますか?

各学校募集していますので、詳しくは問い合わせてみてください。(VISAS関係の確認も忘れずに)

日本人留学生の割合はどのくらいですか?

日本人経営の学校を選べば、生徒のほとんどが日本人という場合が多いです。韓国経営の学校にもある程度は日本人学生がいます。しかし、例え日本人の割合が低くても、ある程度の数がいれば、結局日本人で固まるということにもなります。インターナショナルな雰囲気の学校を選べば台湾、ロシア、トルコ等の外国のスクールメイトができます。留学エージェントに日本人が少ない学校に行きたいと相談するのも手だと思います。

準備(入国・留学手続き)のQ&A

フィリピンの入国に必要な条件はなんですか?

パスポートの有効期間が6か月以上残っていること、及び復路の航空券(又はフィリピンから他国に渡航するための航空券)を所持していることが条件となります。

SSPとはなんですか?

SSP(Special Study Permit)とは特別就学許可証のことです。このSSPなしにフィリピンで英語の勉強をすると違法となりますので、必ず支払う必要があります(約6,000ペソ)。SSPはほとんどの場合、留学先の学校が代行申請してくれます。

ACR-Iカードとはなんですか?

ACR I-Card(Alien Certificate of Registration Identity Card)とは外国人登録証のことです。60日以上フィリピンに滞在する人は、必ずACR I-Cardを取得しなければなりません。ACR I-Cardはほとんどの場合、留学先の学校が代行申請してくれます。

ビザは事前に取得すべきですか?

観光ビザは事前に取得する必要はなく、入国と同時に30日間与えられます。ビザの延長もほとんどの場合、留学先の学校が代行申請してくれます。

転校してもSSPは有効ですか?

転校するとSSPは無効になるので、再度申請が必要になります。

何歳から1人で留学できますか?

15歳未満の人は1人でのフィリピン入国を原則認められていません。ですから、それ以上ならば1人でも留学することが可能です。

どんな持ち物が必要ですか?

必要な物と、あれば便利な物はこちらをご覧ください。
フィリピンセブ島留学・旅行時の持ち物リスト
女性の私が選ぶ!セブ島留学持ち物リスト20選

捨てチケットとはなんですか?

フィリピンに入国するには復路の航空券(又はフィリピンから他国に渡航するための航空券)が必要になります。
しかし、中には帰国日が決まっていない人もいます。そのような人は入国のためにとりあえず使うことのないチケットを買うことになります。そのチケットのことを「捨てチケット」といいます。もちろん使うことないチケットなのでフィリピン出国のチケットの中で最安の物をみな買います。

どのくらい前から手続きなどを始めないといけませんか?

3ヵ月前をお薦めします。特に7月~9月は学生が多いので、人気校は3ヵ月くらい前には予約が埋まりつつあります。ですから、あまりぎりぎりに申し込むと寮の部屋に空きがないという場合もあるので注意が必要です。

航空券の手配はどうしたらいいですか?

ほとんどの学校では航空券の代行手配はしてないので、自分で手配する必要があります。留学エージェントを利用した場合でも、代行手配をしてくれる会社はあまりないのが現状です(旅行会社の紹介はしてくれますが)。まず注意すべき点は片道航空券では入国できません。復路の航空券(又はフィリピンから他国に渡航するための航空券)を買う必要があります。マニラとセブは直行便があるので、それを利用するのが一番便利だと思います。
セブパシフィックで留学費を抑える!格安航空券の予約から搭乗までの攻略
セブパシ往復航空券が【いつでも3万円代】で取れる!?
失敗しない航空券・海外旅行保険の選び方(航空券編)

片道航空券で入国できますか?

できません。復路の航空券(又はフィリピンから他国に渡航するための航空券)が必要となります。

海外旅行保険にははいるべきですか?

学校によっては海外旅行保険が必須になっております。海外保険なしでの入院や手術は高額になるので、加入することをお薦めします。90日以内の留学であれば、クレジットカードの無料の付帯保険も便利ですが、支払額や条件が様々ですので事前確認必須です。
失敗しない航空券・海外保険の選び方(海外旅行保険 編)
海外旅行保険付きクレジットカードの選び方(完全版)

予防接種は必要ですか?

予防接種をしてくる学生さんはほとんどいません。もしされるのであればA型肝炎、B型肝炎、破傷風、狂犬病、日本脳炎の予防接種をされるといいと思います。
【図解でわかる】フィリピン・セブ島の水と食事の安全基準
セブ島留学をする時に予防接種は必要なのか?

空港出向かえのサービスでは、誰を探せばいいのですか?

空港を出てすぐの場所で日本人スタッフ(学校によってはフィリピン人スタッフ)が、学校名が記載された看板を持って待っている場合がほとんどです。何かしらの理由で自身でタクシーに乗る場合は、空港出口右手にある(白ではなく)黄色の空港用タクシーがおすすめです。
【もうボラれない!】セブ島タクシー攻略ガイド(料金表付き)

退寮時はいつ寮を出ればいいですか?

学校によって違います。金曜日に卒業の学校が多いので、土曜日に退寮という場合が多いです。部屋に空きがあれば、追加料金を払うことで、延泊が可能な学校もあります。

緊急時にはどこに連絡すればいいですか?

緊急連絡先は以下の通りです。マニラ首都圏の市外局番02で、セブの市外局番032となっています。
在フィリピン日本国大使館(マニラ) Embassy of Japan 63-2-834-7508(日本語直通)
在セブ領事事務所 Consular Office of Japan in Cebu 63-32-231-7321(代表)
フィリピン航空 03-5157-4362(日本から) 63- 2-855-8888(マニラから)
警察 166
救急車 161
消防 160
病院 セブ・ドクターズ・ホスピタル:253-7511
チョン・ホア・ジェネラル・ホスピタル:254-1461
マクタン・コミュニティ・ホスピタル:340-3721

フィリピンへはどのように行けますか?

片道航空券では入国できないのは上記で述べた通りです。復路の航空券(又はフィリピンから他国に渡航するための航空券)を買う必要があります。セブ島への主な経由としては、成田・名古屋・関空からの直行便、韓国経由、マニラ経由、香港経由などがあります。

入国カードの住所は学校所在地で大丈夫ですか?

入国カードの住所は学校所在地で問題ありません。

ビザの延長はいくらくらいかかりますか

ビザの延長費用は以下のようになります。
延長手続きなし 入国から30日間(4週) 無料
1回目 59日間(8週) 3330ペソ
2回目 89日間(12週) 4300ペソ
3回目 119日間(16週) 2330ペソ
*上記は2016年8月時点。今後変更になる可能性あり。

準備(お金)のQ&A

現地の光熱費はどのくらいですか?

学校によって実費のところもあれば、固定料金のところもありますが、だいたい1週間500ペソ(1300円前後)ほどです。フィリピンの電気料金は1kw当たり9~11ペソとなっています。なお、ホテル系の語学学校は、大抵水道代・光熱費・教材は料金に含まれています。

生活費はどのくらいかかりますか?

生活スタイルによって差がかなり出ますが、だいたい月3万円~5万円ほどあれば普通に生活できると思います。現地で追加授業、土日アクティビティなどを考えている方はもう少し多めがおすすめです。

ATMは使えますか?

国際キャッシュカード、又はクレジットカードが必要になります。PLUS、Cirrusの表示があるATMで現金を下ろすことができます。1度の引き出し限度額は10,000ペソとなっています。しかし、シティバンクのみ1度に15,000ペソまで下ろすことができます。また手数料として200ペソ掛かります。ATMからカードが出てこなくなるなどのトラブルがあるので、予備のカードを持ってくることをお薦めします。
お金の引き出し方!海外、フィリピンセブ島でのATMの使い方とは?
セブ島留学では両替屋とATMどっちが得?徹底比較しました!

クレジットカードは使えますか?

ショッピングモール内のショップやレストラン、ある程度の規模のショップなら使える場合が多いですが、ローカルレストンでは使えない場合もあります。Visa、Master Cardはほとんどの店に対応していますが、JCB、アメックス、ダイナースクラブは対応していない場合が多く、注意が必要です。

両替はどこでできますか?

空港、ホテル、ショッピングモールなど、様々な場所で可能です。空港、ホテルはレートが高いのでお薦めしません。語学学校のスタッフに近場でレートの良い両替所を聞くことをお薦めします。

日本円は使えますか?

使えません。しかし、ショッピングモールなどに両替所があるので、ペソへの両替は簡単にできます。

日本でペソに両替したほうがいいですか?

日本で両替するとレートが悪いのでお薦めしません。フィリピンに着いたら空港で最低限必要な分の両替をして、その後、寮の近くのレートの良い両替所で両替することをお薦めします。

準備(現地生活)のQ&A

日本の電化製品は使用できますか?

日本のほとんどの電化製品は使用できません。しかし、ノートパソコン、スマホ、デジカメなどは海外でも使用できる場合が多いです。ですから、取り扱い説明書で確認することをお薦めします。フィリピンでは、電圧220ボルト、周波数60ヘルツです。ちなみにコンセントの形状は日本と同じなので、変換プラグは必要ありません。なお、変圧器があれば海外対応していない製品も使うことは出来ます。

携帯電話は必要ですか?

あると便利です。スマホなら学校、寮はもちろん、レストランやショッピングモールなどでもフリーWi-Fiが使える場所があります。また外出時、GPS機能とオフラインマップを使えば、ネットに繋がっていなくても自分が何処にいるのか把握できるので便利です。SIMフリーのスマホをお持ちの方は、セブ島の空港でフィリピン用のSIMを購入してしまう手もあります。
フィリピンのプリペイドSIM購入・ロード・利用方法を徹底解説!
なお、現地でもガラケーと言われる類の携帯は2000円前後で、モールで購入出来ます。

寮の食事はどのようなものですか?

学校により違います。韓国資本の学校だと韓国料理とフィリピン料理のミックスで、日本資本の学校だと和食とフィリピン料理のミックスという場合が多いです。またフィリピンには日本食レストンが多くあるので、和食をいつでも食べることができます。

自炊できますか?

自炊ができる学校はほとんどありません。しかし、食事込みの学校が多いですし、和食、韓国料理、イタリアンレストランも多いので、自炊する必要はないと思います。

インターネット環境はいいですか?

あまりよくありません。光回線を使っている学校もありますが稀です。ネットや、メールをするくらいは問題ありません。しかし、動画をスムーズに見ることは難しいです。

週末の過ごし方について教えてください。

ショッピングに行く人、勉強をする人、旅行に行く人と人それぞれです。学校が旅行やボランティアを企画することもあります。また追加料金を払えば、土曜日も授業を受けることができる学校もあります。
セブ島留学中の学生向け総合ページ
フィリピンセブ島でボランティア
どのように土日の英会話量を増やせば良いか?

タクシーの乗り方を教えてください。

こちらをご覧ください。
【もうボラれない!】セブ島タクシー攻略ガイド(料金表付き)
セブ島2大モールのタクシー乗り場攻略法

治安は悪いですか?

日本に比べると治安は良くありません。しかし、セブはフィリピンの中でも治安が良い場所です。普通に留学生活を送っていれば、大きな事件に巻き込まれることはないでしょう。しかし、スリやひったくりに会う生徒さんも少なくないので注意が必要です。外出する時は、スラムなどの危ない場所は避け、常に警戒を怠らないようにしましょう。また服装もブランド物は避けたほうが良いでしょう。
【図解でわかる】フィリピン・セブ島の治安と安全の一般基準

チップは必要ですか?

チップは強制ではありませんので、サービスに満足すれば、感謝の気持ちとして払えば良いと思います。ほとんどのレストランやホテルではサービス料があらかじめ含まれています。レシートにService Chargeと表示されていればサービス料が含まれているという意味です。一般的に留学生がチップを払う機会は「荷物を運んでもらう」「マッサージ」「散髪」ぐらいではないかと思います。

ダイビングのライセンスを取得できますか?

可能です。日本より安く取得でき、また最短で2日で取れます。費用は15,000~30,000円ほどです。韓国人経営のダイビングショップを選べば安くライセンスを取得することができます。しかし、英語でのコミュニケーションになるので、不安な人は高くても日本人経営のダイビングショップが安心かと思います。
セブ島スキューバダイビング総合

ボランティア活動に参加できますか?

可能です。セブには「DAREDEMO HERO」、「NPO法人セブンスピリット」「NPO法人プルメリア」など、いくつかのボランティア団体があります。それらの団体が定期的にボランティアツアーを開催しているので、それに参加することをお薦めします。
フィリピンセブ島でボランティア

日本食は食べられますか?

日本人経営学校の多くは日本食を提供しています。また、フィリピンには多くの日本食レストランがあります。

どんな病気に注意が必要ですか?

フィリピンで多くの人が経験するのが下痢や腹痛です。水道水は飲まないようにしましょう。外食時にはウエットティッシュを持っていると便利です。デング熱もかかると入院しなければいけないので注意が必要です。デング熱は蚊が媒体となるので、虫よけスプレーなどを利用しましょう。狂犬病やA型肝炎については、日本で事前に予防接種を受けることも可能です。
【図解でわかる】フィリピンセブ島で気をつけるべき病気・伝染病まとめ

フィリピンの物価を教えてください。

物によって差がかなりでますが、日本の3分の1程度といわれています。しかし、外国製品となると日本より値段が高い場合も少なくありません。特に日本製品は日本で買った方が安いです。

銀行口座は作れますか?

可能です。パスポートとACR I-Cardが必要になります。ACR I-Cardとは外国人登録証のことです。60日以上フィリピンに滞在する人は、必ずACR I-Cardを取得しなければなりません。ただし、どの銀行口座でも可能なわけではありません。誰かのコネクションがあると早いです。

俺のセブ島留学 メディア実績

協賛・タイアップ

俺のセブ島留学は多くの法人様・団体様と協力して情報発信をしております。
俺のセブ島留学協賛・タイアップ企業一例