【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

人気記事ランキング

管理人が選ぶ!おすすめ語学学校ランキング

ファーストウェルネス

フィリピンセブ島語学学校、ファーストウェルネス(FEA)の詳細ファーストウェルネス(以下FEA)は最もお勧めできる学校!
授業と宿泊施設が同じ建物内なので楽で安全。施設はホテル一人部屋で集中出来る環境。先生たちとの留学らしい交流も楽しめます。少人数制の学校なのでトラブル対応、授業変更や追加相談、体調不良時のケアなどサポート面も充実。

留学費は高めなので学生にはオススメできませんが、『社会人の方が学校選びで迷ったら、まずおすすめしたい学校』です。環境は十分整っていますので、後は本人の努力のみです!
FEAの詳しい解説はこちら

QQイングリッシュ

QQEnglishシーフロント校QQEnglishはセブ島で1番コスパが良い語学学校です。
同価格帯の語学学校の1.5倍~2倍はマンツーマン数が多く、かなりお得です。
そのため、授業数を意識しつつも、学費を押さえたい留学生に向いています。また、近年は多国籍化に成功しており、日系ながら日本人の割合は半分以下。台湾、ロシア、韓国、中国、インド、イラン、ポルトガルなど常時10カ国以上!
授業中に仲良くなった先生と、『留学後もオンライン英会話を通じて授業が受けられる』のもQQEnglishの強みでしょう。
QQEnglishの詳しい解説はこちら

ファーストイングリッシュ

ファーストイングリッシュ静かな場所で勉強に集中するならファーストイングリッシュ。
日本で学習塾を9教室経営しているノウハウを入れたメソッドで、反復学習をシステマチックに出来ます。
場所はマクタン島でビーチの近くにあり、治安も良く、立地面から言っても勉強に集中出来るはずです。
食事は日本食メインで3食付き!サラダバイキングもあるので野菜不足にも悩まされません。
基本は8時間授業ですが、体力のある方は最大9時間のマンツーマンも受講可能です。
ファーストイングリッシュの詳細はこちら

特集

フィリピンセブ島の語学学校、耳寄りキャンペーン情報
フィリピンセブ島2泊3日「超短期留学」

タイアップ著者

12 投稿0 コメント

TOEICスクール「澤田塾」の代表

ブログ「本当に役立つTOEIC勉強法」 管理人
日英翻訳者(ひらがなタイムズ/NHK)

TOEIC990点(満点)
英検1級(通算13回合格、うち優良賞3回)
2013年ICEE(国際英語コミュニケーション能力検定)優勝
(松本道弘主催の、英語コミュニケーション能力を競い合うトーナメント)

私塾「澤田塾」では、音声トレーニングやスラッシュリーディング、暗唱などを取り入れた独自の指導法で、「使える英語」と「スコアアップ」を同時に獲得するレッスンを行っている。

書籍:TOEICテスト最強攻略PART1&2

澤田健治氏の記事一覧へ

12 投稿0 コメント

海外留学キャリアコンサルタント

有限会社あうとりがー代表取締役
●米国 CCE,Inc. 認定 GCDF-Japan キャリアカウンセラー
●国家資格 2級 キャリア・コンサルティング技能士
●総合旅行業務取扱管理者

大学卒業後、ファイナンス会社入社。その後渡米し、帰国後、スイスに本部を持つ、世界最大級の国際教育機関の日本支社に11年間勤務。2003年に独立し、留学コンサルティング会社、有限会社あうとりがーを設立。現在、留学およびキャリアの両面から留学生を支援している。国内初の留学・キャリアコンサルタントとして活動中。

これまで 留学生支援を開始以来、23年間で、のべ10,000 名を超える留学生に接し、留学希望者や留学生帰国者対象に留学・キャリア講演をはじめ、キャリア・コンサルティング・就職支援を行なう。

著書
留学キャリア・コンサルタントが教える留学帰国者の就活』(本の泉社)
海外で英語をモノにする人、できない人』電子書籍(マイナビ)
語学留学指南』(ナカニシヤ出版)
『語学留学を10倍成功させる秘訣』(小冊子)
HP:http://ryugaku-career.com/

12 投稿0 コメント

Q-Leap Inc. Corporate Officer
(& Principal Lecturer)
http://q-leap.co.jp/

筑波大学第三学群国際総合学類卒業
コロンビア大学大学院にて英語教授法(TESOL)修士号取得
アルクの企業研修英語講師、スピーキングテストの試験官、評価官を経て、2011年よりCalvin Kleinニューヨーク 本社のライセンスビジネス事業部にて勤務。

2014年春に帰国、ビジネス経験と英語教授のスキルを活かし、IT企業や外資系製薬会社をはじめとする企業にてビジネスパーソン向け英語指導に従事。

著書:『英語のプレゼン直前5日間の技術』(アルク)

<資格>
M.A. in TESOL (Columbia University)
TOEIC® 990点(満点)
ACTFL Proficiency Test – Advanced High Level
アルク社 SST/TSST スピーキングテスト試験官・評価官
厚生労働省認定キャリアコンサルタント資格(CDA)

<趣味>
歌、ファッション、ヨガ、旅行

愛場 吉子氏の記事一覧へ

10 投稿0 コメント

国際教育事業コンサルタント
1960年東京生まれ。1986年から留学事業のキャリアを積み、25年以上の経験の中で数多くの留学カウンセリングや大学・政府関連機関主催の留学イベントなどので講演をこなす。海外での多くの国際会議に参加するとともに世界の600校以上の学校を視察している。

著書に「こうすれなれる留学カウンセラー」、「英語はアジアで学べばうまくいく」がある。

2013年 厚生労働省委託事業「勤労青少年の国際交流を活用したキャリア形成支援事業」委員長
一般社団法人JAOS留学協議会事務局長
日本認定留学カウンセラー協会(JACSAC)代表幹事
国際教育事業コンサルタント ライジング・スター代表 

ブログ:留学カウンセラー・国際教育事業者向け情報ブログ
http://ryugakuth.blog.fc2.com/
詳しいプロフィール

2 投稿0 コメント

留学ソムリエ代表
国際教育コンサルタント

1970年京都市生まれ。大学卒業後、関西の小売業でセールスやマーケティングに約10年間携わり、その後研修のためカナダに渡航。

帰国後は、大手留学エージェントのチーフカウンセラーとして1,000名以上の留学に関わり、在籍中の4年間はトップセールス。紹介した主な国はアメリカ、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドなど。

その後、米国の教育団体にて約6年間、日本や東南アジアの教育機関および企業との連携によりグローバル人材育成に尽力。また高校交換留学や東北復興プロジェクト、アジアの国際協力プログラム開発にも関わる。全国の大学や高校、留学イベントでの講演実績は多数。
HP: http://www.ryugakusommelier.com
Facebook:https://www.facebook.com/ryugakusommelier

最近のメディア寄稿記事
<東洋経済オンライン>
「新定番のフィリピン留学は、ココを見誤るな」
<COURRiER Japon>
「留学ソムリエが見た成功する留学・失敗する留学」

著者(語学学校)

584 投稿14 コメント

当サイトの管理人。
2012年に初めてセブ島に留学。以降今までに複数の語学学校に留学&訪問。フィリピン留学を通じて「英語が伝わる楽しさ」をより多くの方に体験してもらいたいと思い、このサイトを立ち上げました。

英語留学前の方はもちろんの事、留学中の方、留学後の方にも役に立てる情報の提供を目指しています。なお、基本的にはセブ島ではなく、東京(高田馬場)にオフィスを構えて働いています。

ご質問ありましたら、コメント欄などにお願いします。

・TOEIC(R):805点(L 430 R 375)
・TOEIC SW:280点(S 130 W 150)

—————–
お問い合せ

58 投稿0 コメント

ファーストイングリッシュの代表
(FirstEnglish Global College)

日本では学習塾9教室を運営しており、その経験・ノウハウを活かして2013年にセブ島のマクタン半島で運営を開始。

スタート時は5人しかいなかった留学生が、カリキュラムや教師力についての口コミが徐々に広まり、現在は日本人経営の中で最も人気の語学学校の一つまで成長。
ミッションは「英語の話せる強い日本人をつくる事!」

本多正治氏の記事一覧へ

26 投稿8 コメント

QQイングリッシュの代表
(QQEnglish)

1965年生まれ。オンライン英会話、セブ島留学を併設するフィリピン最大の英会話学校を経営。700人の教師が年間3000人の語学留学生と1万人を超える世界中の生徒にオンラインで授業を提供。

1992年バイク便の㈱QQ便を設立
2000年バイクショップ コネクティング・ロッド設立
2005年バイク輸入業 マラグーティー・ジャポーネ設立

2009年オンライン英会話事業 QQイングリッシュ開始。
現在は東京、セブ、上海、ソウル、サンパウロ、テレランに支店を展開中。

藤岡 頼光氏の記事一覧はこちら

23 投稿1 コメント

ターゲット(TARGET)の副代表

TARGET バイス・プレジデント
2006年よりワーキングホリデーでオーストラリアに渡り、留学エージェントにて勤務。その後オーストラリア永住権を取得し、2013年からはセブ島で語学学校「TARGET」のバイスプレジデントに就任。

3,000人以上の留学生のサポートと9年の海外生活を通して日本人に求められている英語は「世界で通じる英語力」であると確信して、より良い学校作りを日々目指しています。

また、僕はオーストラリア留学サポートもでき、TARGETはオーストラリアにもオフィスがありますので2カ国留学もお任せ下さい。

石原智之氏の記事一覧へ

10 投稿0 コメント

ブリリアントセブのマネージャー

Brilliant Cebu校にて半年間の留学後、同校にてインターンとして半年間を経験。その後2015年より日本人マネージャーとなる。

趣味は筋トレ。▶ TOEICは915点

1~4話:河合智之
セブ島にある「Brilliant Cebu」という語学学校で校長をやっています。

アパレルメーカー営業職2社を経て、独立起業。全く経験のなかった飲食店を経営しはじめ、6年後の2012年、事業を全て売却。

旅人をしている最中に英語の必要性に気づき、2013年にセブ島留学。その後、また旅人をしていたのですがセブ島に呼び戻され、2014年の8月からBrilliant Cebu の校長に就任。

Brilliant Cebuの記事一覧へ

10 投稿0 コメント

CEGA(セガ)の共同代表
(CEBU ENGLISH GLOBAL ACADEMY)

世界83ヶ国を回った元世界一周バックパッカー(西回りの陸路で)。
海外移住計画を立て、2010年よりセブに落ち着く。多数の語学留学経験後、30年に及ぶ学習塾経営者とパートナーシップを結び2012年にCEGA設立。

早めにリタイアして、キャンピングカーでゆっくり2周目をするのが夢。

留学のこと、海外生活のことなど、直接メールいただければお答えしますので、お気軽にお聞きください。info@cega-jp.com

5 投稿0 コメント

オトナ留学「MBA」の代表
1984年福岡県生まれ
大学在学中にウエディングプロデュース会社を設立、代表取締役に就任。
2006年から地方特化型投資銀行にて投資ファンドの運営担当者として大型投資案件を担当。同社の経営戦略コンサルタントとして、数十社の経営支援、経営者育成、M&Aサービスに従事。支援先の取締役も数社歴任。

同社退職後、セブ島に渡り、3か月間韓国系の語学学校に通いながらフィリピンでの事業構想を立案。2012年11月にユナイテッド・リグロース社を設立し、取締役COOに就任。

5 投稿0 コメント

FEAマネージャー&セブの大学講師
長崎県出身AB型バツイチ

特技はビサヤ語ギリギリジョークです。
【職業】
■ファイナンシャルアドバイザー
■セブノーマル大学の日本語教師
■語学留学アドバイザー
■ブロガー
モトボサツ勝手にブログセブ島編vol2

5 投稿0 コメント

CAEAの日本人マネージャー
アクションスポーツのインストラクター兼パフォーマーとして活動していた際に英語の必要性を感じ、2008年に初めてのフィリピン留学。

当時日本人にまったく知られていなかったフィリピン留学に社会的な必要性を強く感じ、2012年にセブで日系語学学校の新規立上げに携わる。

同校で2年間の内にマネージャーとして4つの校舎を立上げ後、マニラでの新規語学学校設立のサポート。
その後セブへ戻り、現在はCAEAのオペレーションマネージャーとして勤務。

3 投稿0 コメント

医療英語語学学校ハルカの代表
2004年 関西女子短期大学 保健科医療秘書コース卒
2008年 泉佐野泉南医師会看護専門学校卒 
正看護師免許取得後、整形外科・脳外科専門病院にて病棟・手術室・ER勤務
2013年 セブ島へ4か月の留学 
2014年 Happy Life Cebu Academy設立
同年 女性のためのフィリピン留学協会設立 理事に就任

2 投稿0 コメント

グローバルステップスのGM
1966年生まれ。アメリカでキリスト教教育学学士修了後 地元福知山で英会話教室を始め、2005年には北近畿で初となるインターナショナルプリスクールを開校。その後は、高校時代に留学したフィリピンとのかかわりが多く、特に日本人向け、ビジネスパーソン向けの英語学校立ち上げ、運営に携わってきた。

現在は当校アカデミックディレクターとしてフィリピン・マクタン島に在住。

俺のセブ島留学 メディア実績

協賛・タイアップ

俺のセブ島留学は多くの法人様・団体様と協力して情報発信をしております。
俺のセブ島留学協賛・タイアップ企業一例

当サイトからのメッセージ

英語が伝わる楽しさをより多くの方へ!
こんにちは!管理人の斉藤と申します。当サイトは「フィリピン留学を通じて、英語が伝わる楽しさを多くの方に体験してもらいたい!」という思いから立ち上げたサイトです。現在はフィリピン留学を中心に多くのプロフェッショナルに筆記をして頂いており、留学ノウハウが集結した一つの「知恵袋サイト」になっています。

1,留学の敷居の高さを解消してくれたフィリピン留学
英語の留学をしようとする時、まず最初に思い浮かぶことが学費などのお金のことではないでしょうか。従来、海外留学しようとすると「数百万円のお金と半年以上の期間が必要」というイメージが先考し、海外留学は難しいと考えている方は多いかと思います。

しかし、その留学の敷居の高さを解消してくれたのが「フィリピン留学」です。

欧米留学と比べても、フィリピンへ留学は3割ほど安い費用で留学することができると言われています。特に生活費に関しては3食込みで食費が浮いたり、宿泊施設と授業施設が同じ敷地内にある学校が多く(ない場合も送迎があるため)交通費がかからないなど、月単位になれば大きな違いになってくるでしょう。

また、日本から距離が近く時差も少ない事や、短い留学期間から対応している事も敷居の高さを下げる大きな一因になっています。

留学は今は学生だけのものではなくなってきています。多くの企業で、英語力を問われる時代になってきていますので、社会人の方の留学も増えてきているのが現状。学生が費用面を気にするのはもちろんだと思いますが、社会人の方にとっても留学費は重要です。自分の稼いだお金で留学をすることになりますので、やはり費用の面でも割安で留学できるフィリピンは魅力的に映るのではないでしょうか。

2,フィリピン留学は日本人向き
フィリピン留学が日本人向きだというポイントに、グループレッスンよりもマンツーマンレッスンに力を入れてくれているところです。

アメリカなどの欧米留学型レッスンでは、だいたい各国の生徒さんたちが集まって行うグループレッスンがメインとなるでしょう。グループレッスンには、いろいろな国の方の考え方が学べるなどのメリットがありますが、わからない単語などが出てくると、簡単には質問できないというデメリットもあるかと思います。

1つわからない単語があるだけで、いっぺんに聞き取りができなくなる場合もありますので、そのようなことを考えると、誰に気兼ねすることなく、すぐに質問できるフィリピン留学のマンツーマンレッスンは、日本人の英語の上達に一役買ってくれることになるのではないでしょうか。また、フィリピン人は教え方が上手で丁寧!親身になって一生懸命教えてくれる方が多く、英語が苦手な初心者の方でも安心して授業を受けられます。

「フィリピン留学が楽しかった」と言う感想は、日本人同士で交流して楽しかったではなく、ほとんどの方の場合は「英会話で交流出来て楽しかった」のはずです。恥ずかしがり屋の方、英語にコンプレックスを持っている方でも、全く問題なく、楽しみながら英会話が上達するのがフィリピン留学なのです。

英会話力を身につけるのは決して楽ではありません。しかしながら、マンツーマンでフィリピン人講師と学ぶスタイルは、机に向かってお経のように音読をする従来の勉強方法よりも、遥かに楽しく、飽きにくいため、挫折率が低いです。一人での英語勉強が続かない方に特におすすめです。

3,短期集中型で成果を出すフィリピン留学
学生は元より、社会人にとって最も重要なものは「時間」です。英会話が出来るようになるためには様々なテクニックの前に、大前提として英会話を中心とした膨大な英語への慣れと練習が必要かと思います。また英語の優先順位を特定の期間、何よりも1番に持ってくる潔さも大事でしょう。
フィリピン留学は上記でご説明した通り、授業と自習を含めれば1日の中で英語に触れる時間がとても長いです。しかも各時間もマンツーマンが主体のため、これ以上ない濃い時間を過ごすことができ、優先順位も留学という状況から必然的に1番になります。そのため、フィリピン留学は効率面において、十分すぎるほど条件が良い留学スタイルと言えるのではないでしょうか。

たまに「フィリピン英語には限界がある」という事も聞きます。確かにフィリピン人にとって英語は第二外国語にあたりますので、ネイティブのようにはいきません。ただ、近年欧米のコールセンター業務がフィリピンに集中している事から分かるように、発音含め、欧米人と十分コミュニケーションが取れる英語力がフィリピン人にはあります。

ネイティブ並のハイレベルな英会話が必要とされるなら(もしくは身につけたいなら)欧米留学をおすすめしますが、ほとんどの方はプライベートではもちろん、仕事でさえ、ネイティブと同じレベルの英会話が要求される事はないと思います。なので、十分フィリピン留学でも応用が利くのではないでしょうか。

まずは最初の英会話の基礎をフィリピン留学で出来るだけ早く身につけましょう。それから考えても遅くないはず。

4,当サイトはセブ島の語学学校を応援しています
さて、そんなフィリピン留学ですが、フィリピン留学と一言で言ってもセブ島、バギオ、マニラ、ダバオ、イロイロ、クラークなど様々な島に語学学校があります。俺のセブ島留学ではその中でも、フィリピン留学のメッカである「セブ島」にフォーカスを当ててご紹介しています。

セブ島はフィリピン留学の現在の中心地です。2012年にはたった数校しかなかった日本人経営の語学学校が、今では小規模の学校を含めれば50校以上あると言われています。セブ島には既に100校以上の日本人経営、韓国人経営、その他の資本を含んだ語学学校が乱立しており、留学生も年々増加。最近では中国、台湾、ロシア、東ヨーロッパの方々などもセブ島に留学する時代になりました。

そこで当サイトでは、連絡が綿密に取れる語学学校をピックアップし、責任をもってこちらのセブ島語学学校一覧表でご紹介しています。(当サイトでリーチ出来ない一部の語学学校は、提携先の留学エージェントさんが責任を持ってご紹介してくれています。)語学学校選びに迷われたら、上記の一覧表をご参照ください。

俺のセブ島留学はセブ島を応援しています
セブ島は語学勉強だけが魅力的な島ではありません。綺麗なビーチ、大型ショッピングモール、美味しいレストラン、NGOボランティア、スキューバダイビング、バーやクラブを含めたナイトライフ、発展途上国らしい経済発展状況、近くの島には世界遺産があり、観光地としてのポテンシャルも非常に高いです。

まだまだハワイは元より、同じアジア圏のバリ、プーケットと比べても知名度は低いのが現状ですが、日本人は以前に比べて増えつつあり、各語学学校や自治体が協力してフィリピン留学生を受け入れる体制が整いつつあります。当サイトでは留学生がフィリピンの文化を知って頂けるよう、セブ島にあるいくつもの法人団体やコミュニティと協力して情報発信をしています。是非そういったセブ島の魅力&セブ島で活躍する日本人も知って頂き、交流を深めてもらえたらと思います。

学校経営者の考えも知ることが出来る
語学学校のオーナーや現場責任者は「フィリピン留学を通じて、英語力を高め、世界で羽ばたける日本人を増やしていきたい!」という共通の思いがあります。

就活で会社を選ぶ際、給料や利便性などの条件だけでなく、経営者の考え方を大事にするのと同様に、語学学校を選ぶ際もオーナーの考え方を大事にする方も方も多いでしょう。普段なかなか表に出てこない代表者たちですが、当サイトでは筆記を頂いています!是非、留学先を決める際の一つの指標にしてもらえたらと思います。

また、記事を読んで頂ければお分かり頂けると思いますが、代表者の方々は自校の紹介だけでなく、フィリピン留学生に向けての情報もあります。

事前に知っておくと良い、留学生活が向上する勉強方法や生活のヒントがたくさん書かれていますので、是非チェックしてみてください。