東南アジアの休養地として様々なビーチリゾートがあるセブ島。年中温和な気候、お手頃な物価、美しい島を巡るアイランドホッピングやジンベイザメツアーなど、様々な魅力があります。

そんな中、ピンク色をテーマにした可愛い施設に、アジア最大規模の水上アスレチックまで揃っている話題のビーチリゾートが、2018年12月にマクタン島のタンブリビーチに新しくオープンしました。それが「ハッピービーチ(HAPPY BEACH)」です。

オープン前から話題になっており、今は世界中のインスタグラマーが訪れているホットスポットになっています。今回は、セブ島の新しい観光名所になること間違いなしのこの場所を皆さんに紹介いたします!

HAPPY BEACH(ハッピービーチ)とは?

セブ島ハッピービーチ
画像引用: https://www.theinflatableisland.com/

ハッピービーチの本社はマニラで、「デザートミュージアム」という室内アトラクションを運営している会社です。セブでも流行っているNerisvillのようなセルフィースポットの室内バージョンです。

場所は、アジア最大規模のショッピングモールであるMOAこと「Mall Of Asia」近くの「S Maison」モールにあります。マニラに行くことがあったら、ぜひ寄ってみたいと思います。

セブ島ハッピービーチ
画像引用: https://www.theinflatableisland.com/

「デザートミュージアム」は、マニラから車で2時間半かかる休養地として有名な「スービック(Subic)」と「セブ島」にカラフルでインスタ映えするビーチリゾートを展開しています。

セブ島ハッピービーチ
画像引用: https://www.theinflatableisland.com/

スービックは「インフレータブルアイランド」という名前でイエローをテーマにしています。

それではここからは、セブ島のハッピービーチをご紹介します。

HAPPY BEACHの場所と行き方


ハッピービーチは国際空港があるマクタン島の多くのビーチリゾートが位置している南側にあります。セブシティーからは渋滞にもよりますが、およそ1時間〜1時間半、マクタン空港からは30分ほどかかります。

配車アプリの「Grab」を利用する場合は、目的地に「Happy Beach」と指定してください。

ただ、タクシーの場合は、オープンしたてドライバーが知らない場合もあります。その時は、隣の「タンブリビーチクラブ(Tambuli Beach Club)」と伝えば、大体通じます。

セブ島ハッピービーチの行き方・場所
ここで一つ気をつけないといけないこと!ハッピービーチは、リゾート内にゲストが自由にアクセスすることが出来ません。近くのシャトルバス乗り場からリゾート側の車に乗って入場することとなっています。少し前までは近くの港からボートでハッピービーチに行く方法もありましたが、現在は車で行く方法のみです。(2019年5月現在)

ですので、タクシーから降りた場所がリゾートのメインエントランスではなく、上の写真の場所でも驚かないでくださいね!笑

ちなみに帰りですが、Grabを呼べる人はここまで迎えに来てもらいます。タクシーの場合は、ここで客待ちしているタクシーがいなければ大通りかホテルまでトライシクルで出ることになります。

セブ島ハッピービーチの行き方・場所
リゾートに着いたら、この通行料の領収書を見せて、残りの差額を支払うことになります。ですので、通行料の領収書は捨てずに必ず保管してくださいね!

と言うのも、別の会社の私有地を通らないといけないため、通行料が必要となります。それが1人350ペソです。ただハッピービーチのデイユース料金で一番基本的な「Happy Ticket」は799ペソですが、通行料の350ペソは含んだ金額です。

セブ島ハッピービーチの行き方・場所
この白いバンに乗ってハッピービーチに向かいます。

セブ島ハッピービーチの行き方・場所
3分ぐらいで、ハッピービーチのチケットブースに到着します。

セブ島ハッピービーチの行き方・場所
受付です。
一番左の「WALK IN」は当日券を購入するカウンター、真ん中の「ONLINE BOOKING」は、ネットで前売り券を購入した方のカウンター、一番右の「Hotel And INFORMATION CETER」は、宿泊する場合の受付となります。

シャトルバス乗り場で受け取った350ペソの領収書はここで一旦回収されます。帰りの際に、領収書を返してもらうことができます。350ペソは往復の通行料のため、帰りもこの領収書が必要となります。

セブ島ハッピービーチの行き方・場所
こちらのリストバンドを巻いたら、準備完了!

セブ島ハッピービーチの行き方・場所
食べ物・飲み物の持ち込みは禁止です。エントランスで荷物検査があります。ペットボトルの水もダメだとのこと。

セブ島ハッピービーチの行き方・場所
園内に入ってすぐの場所にイエローのロッカーエリアがあります。利用料金は200ペソ。貴重品などはこちらに預けた方が、安心して遊べるでしょう!

セブ島ハッピービーチの行き方・場所
そしてロッカーエリアのすぐそばには、可愛いピンクの喫煙所がありますので、喫煙者の方は参考にしてください。

料金プラン・入場料

セブ島ハッピービーチの料金
入場料とプールやビーチが利用できる一番ベーシックな入場料の「HAPPY TICKET」は799ペソです。事前に公式サイトにて予約する場合は100ペソ割引されるので、チェックしてみてください。

他にも色々なパッケージプランがあるので、表でまとめてみました。参考にしてください!
セブ島ハッピービーチ
上のHAPPY TICKET、Inflatable Island Passの2つのプランが、事前購入で100ペソ引きとなります。

ハッピービーチの公式ウェブサイトはこちら(英語)
▶︎https://www.happybeach.ph

セブ島ハッピービーチの料金
マクタン島にある4つ星以上のビーチリゾートのデイユースプランは、ランチビュッフェ付きでプールやビーチが利用できて、大体2,500~4,000ペソまでのお値段です。それに比べると、HAPPY TICKET、Inflatable Island Pass、DAY BEDを借りてランチまで食べても少し安めの値段設定ではないでしょうか。

インスタ映えスポットで写真取って、少し泳いで、ランチ食べてというプランなら半日でも十分です。もちろん週末よりは平日の方が空いてるのでより良い写真が撮れるのも確実です。

マクタン島ホテルのデイユースはこちらの記事をどうぞ
▶︎【マクタン島編】セブ島デイユース日帰りビーチリゾート15選(2019年版)

HAPPY BEACHを楽しもう!

インスタ映えの写真スポットが盛り沢山

なんと言ってもハッピービーチの一番の特長やゲストが訪れるその理由は、インスタ映える写真が撮れるスポットがとても多いということです。ピンク色紫色のビーチパラソル、彩どりのヤシの木でカラフルなジャングルをイメージしたサンベッド、可愛いピンクのプールバーなど、他のビーチリゾートとは差別化を図っています。

これからはハッピービーチの施設やそれぞれのインスタ映えスポットを皆さんにご案内します!

セブ島ハッピービーチ
まず、砂浜にピンク色のパラソールとソファーを並べた「ピンクバリーラウンジ」です。ここで背もたれして、カラフルなトロピカルジュースを飲みながら、のんびりと青い海と空を眺めたいです。

セブ島ハッピービーチ
一番前の席は眺めも良く、特等席です。

セブ島ハッピービーチ
もちろん写真映えも抜群で、座っても立っても周りがピンクに満ちて夢の世界ような雰囲気が漂う写真が撮れます。

セブ島ハッピービーチ
色あざやかなヤシの木やオレンジ色のサンベッドがとても元気を与えてくれる「ハッピージャングルラウンジ」です。白い砂と青い空の下でカラフルさがとても増しています。ここでもお友達と是非思い出の一枚を!

ちなみに、この最大4人まで使えるこのサンベッドは、1,500ペソの別途料金がかかります。ビーチタオルとスナック菓子も含まれています。

宿泊する人は、アクティビティ以外は追加料金なしで全部使えますよ。

セブ島ハッピービーチ
プールからも近いですし、どの場所でどの角度で撮っても色鮮やかな写真が撮れることは間違いないです。

セブ島ハッピービーチ
あれ?この方は?QQ English代表の藤岡頼光さんではないでしょうか!

日々ご多忙な藤岡さんですが、今回は特別に撮影にご協力いただきました!ありがとうございます!

というのもこのハッピービーチ、QQ Englishシーフロント校からはわずか5分距離なんです!

セブ島ハッピービーチ
それでは、続けて園内を廻りたいと思います。こちらは可愛いプールバー。ハンバーガー、ポテトフライ、ジュースやトロピカルカクテルなども頼むことはもちろん、インスタ映えのスポットでもあります。

セブ島ハッピービーチ
見てください!ピンクのパッケージもとても可愛いです。

プールで遊んで小腹が空いてきたら、ハッピージャングルラウンジのサンベッドの上にくつろいで、ドリンクの舟盛り(?)や、ナチョチップス・ポテトフライなどを食べるのも楽しそうです。

セブ島ハッピービーチ
ビビッドなカラーのカクテルは、見た目だけではなく冷たくて美味しかったです。お酒が入ってるので、飲み過ぎにはご注意を!

セブ島ハッピービーチ
モデルのようなポーズで素敵な一枚もお忘れずに!

セブ島ハッピービーチ
またビーチ沿いには紫色のパラソールエリアもあります。
こちらはピンクバリーラウンジより落ち着きがあって、また別の味を楽しむことができます。少し大人ぽい写真を撮りたい時に良いスポットです。

セブ島ハッピービーチ
その隣には、ソファの両側にピンクのカーテンをかけて、ファンタジーのような雰囲気の写真が撮れるスポットです。カーテンの間に見える白い雲と空とのハーモニーもとてもいい味を出しています。

それでは、巨大なピンクのフラミンゴが迎えてくれるハッピービーチのレストランに入ってみましょう!

セブ島ハッピービーチ
後ほど詳しく紹介しますが、ピンク色をテーマにした田園風のレストランです。食器などもピンクの物を使い、ピンク好きの方には堪らない場所です。

セブ島ハッピービーチ
ピンクのフラミンゴがとても大きくて、まるでアリスインワンダーランドに来ているようにも感じられます。

実は、ハッピービーチの中にホテルも併設しています。

セブ島ハッピービーチ
ティファニー色の窓が良いアクセントになっていて、また愛らしい一枚をおさめるには抜群のスポットです。

セブ島ハッピービーチ
こういう風に撮ると、ディズニーのラプンツェルみたいでしょう!

セブ島ハッピービーチ
ピンク色だけではありません。色鮮やかな元気なイエローのエリアもありますので、見逃さないでくださいね!

アジア最大規模の水上アスレチック

皆さん、ハッピービーチには、4,500 ㎡というアジア最大規模の水上インフレータブル施設があるということをご存知でしょうか。

セブ島ハッピービーチ
画像引用: https://www.happybeach.ph/

インフレータブルとは、中に空気を注入して膨らまし、水に浮くようにした浮き輪の一種です。簡単に言うと、海上アスレチックです。

これらを利用するには、入場料とは別途のチケットが必要です。その場での購入で平日の半日パスは299ペソ、終日パスは399ペソです。週末ですと半日パスが399ペソ、終日パスは499ペソで、両方の施設を利用できます。

セブ島ハッピービーチ
画像引用: https://www.happybeach.ph/

ハッピービーチには巨大ながらも可愛い顔立ちのユニコーンが浮いており、小さい子供向けの「ユニコーンアイランド(Unicorn island)」と、海上アスレチックができる「インフレータブルアイランド(inflatable island」」の2種類のエリアがあります。

セブ島ハッピービーチ
画像引用: https://www.happybeach.ph/

もっとアクティブに本格的なアスレチックを楽しみたい時はこの「インフレータブルアイランド」で!

セブ島ハッピービーチ
実際に撮った写真ですが、浅瀬に浮いている大きなフラミンゴやユニコーンの浮き輪に乗ることもできますよ!

見た目も可愛くて美味しいレストラン

一通り写真を撮ってプールやインフレータブル施設で遊んだら、お腹も空いてきます。ハッピービーチ内には、「マンゴーママ(MANGO MAMA)」というピンク色をテーマにした可愛いレストランがあるので、ご案内します。

セブ島ハッピービーチのレストラン
まずは、外観です。ピンクと白のストライプ柄が、爽やかな印象を与えてくれます。テラス席のテーブルも白くてとてもお似合いです。

セブ島ハッピービーチのレストラン

テラス席からの眺めも抜群でしょう!

セブ島ハッピービーチのレストラン
ピンクをベースにした店内も、一つ一つのグッズや色合いにこだわって作られています。

セブ島ハッピービーチのレストラン
基本的なテーブルのセッティングです。食器も全部ピック色で、パイナップル柄のプレートマットも夏っぽくてとても可愛いです。

それでは、「マンゴーママ」のメニューを紹介したいと思います。
マンゴーママのメニュー

マンゴーママのメニュー

マンゴーママのメニュー

マンゴーママのメニュー

マンゴーママのメニュー

パスタやサンドイッチ類もありますが、基本的にはフィリピンやシンガポール、タイ料理が多いです。

予算はお酒飲まないならお一人で500ペソぐらいです。ワインを含めたアルコール類も豊富ですのでお好きな物を見つけると思います。クレジットカードも使えるので便利!

セブ島ハッピービーチのレストラン
実際頼んで食べてみた料理です。一番左上から、中華風の野菜炒めである「Stir Fried Vegetables (348P)」、ハッピービーチのシグネチャーメニューであるの「Tampipi Gourmet(458P)」、パイナップルを混ぜてほんのり甘みのある「Pineapple Fried Rice(338P)」です。

下の段は、刻んだグリーンマンゴに香ばしく炒めた煮干しをミックスした惣菜の「Green Mango Salad(358P)」、「アメリカノーノのホットとアイス(130P)」、独特なソースが美味しかった「Spareribs Wasabi(358P)」です。

セブ島ハッピービーチのレストラン
左上は全体の麺にコショウが絡んで、辛いパンチが効いた「Pad Thai(348P)」、それぞれ違う3つのソースの味を楽しめる「Deep Fried Fish(388P)」、そして味付け牛肉を炒めた「Beef Mango(448P)」です。

その下は野菜と牛肉の串焼きである「Beef Kebeb(448P)」、旨味のきいたソルテッドエッグソースがかかった「Salted Egg Shirmp(458P)」、そして独特な酸味がやみつきになるフィリピンを代表するスープである「Mango Mama Pork Soup(328P)」です。

セブ島ハッピービーチのレストラン
一品一品のお味もしっかりして、量も多めなので、皆んなとわいわいとシェアして食べるにちょうどいいです。

セブ島ハッピービーチのレストラン
店内からトイレに繋がる廊下ですが、こちらまでもとても可愛い!

夜はまた違う輝きを

セブ島ハッピービーチ
日が沈んできたらハッピービーチはそのカラフルさと輝きを増して違う雰囲気醸し出します。

セブ島ハッピービーチ
ライトアップにより、キラキラと輝くプールとハッピージャングル。

セブ島ハッピービーチ
まさにビーチクラブのようですね!

セブ島ハッピービーチのショー
プールバーの正面はダンスショーのメインステージに!

セブ島ハッピービーチのしょー
昼よりも夜のショーの方が写真映えはしますね。

セブ島ハッピービーチのファイヤーダンス
ボラカイやボホールだけではありません!ハッピービーチでも華麗なファイヤーダンスを観ることができます。

セブ島ハッピービーチのカウンター
このカウンターは、お酒を飲みがながら写真を撮るのには絶好の場所です。

宿泊施設もあるよ

日帰りもいいですが、帰りを心配せずに夜まで思い存分遊びたい時は、ハッピービーチ内あるホテルに泊まることも一つの選択肢です。

セブ島ハッピービーチのホテル
全部で16室で、規模は小さいですが、可愛さで満ちているブティックホテルとなっています。

セブ島ハッピービーチのホテル
宿泊すると、ピンクプールは自由に利用でき、インフレータブルランドパスは20%割引となります。

気になる料金は、1泊で通常は7,999P、今はプロモ期間で5,999Pで(2019年5月現在)、大人2人に子供1人まで泊まることができます。お一人の追加料金は1,800Pでマックスの収容人数は6人までです。

セブ島ハッピービーチのホテル

セブ島ハッピービーチのホテル
バスルームにまでも可愛いピンク色のタイルが!本当にピンク色好きの人には堪らない空間づくりです。

セブ島ハッピービーチのホテル
気になる朝食はどうでしょうか。写真のような南国風の可愛いバスケットがテーブルの上に!

セブ島ハッピービーチのホテル
蓋をあけると9つの小鉢にそれぞれ違う食べ物が入っていました。ビュッフェ形式の朝食ですといつも食べ過ぎがちですが、こちらですとちょうどいいボリュームでした。

可愛いお土産も揃ってる!

セブ島ハッピービーチのお土産
ハッピービーチのレストランの隣には、イエローとピンクをテーマにしたお土産ショップがあります。左側は全て黄色いグッズ、右側はピンクのグッズがぎっしりと並んで、ゲストの心を揺さぶっています。

ほとんどの商品が特注で、可愛いもの好きな人には堪らない小物がいっぱい!でもクレジットカードが使えないのが残念… お買い上げはキャッシュのみとなります。

セブ島ハッピービーチのお土産
こちらが右側のピンクゾーンです。ピンク好きの方には堪らない、ラブリーなアイテムが盛り沢山!

セブ島ハッピービーチのお土産
ピンクのパイナップルがあるピロー、なんでも甘く感じられそうなピンクのタンブラは500ペソ、美味しそうなミニケーキのマグネットは99ペソ、おしゃれグッズのペドラは290ペソ、ハッピービーチのマスコットでもあるフラミンゴのぬいぐるみは700ペソ、アイスバーの形をしたキーチェーンは150ペソです。

また左側にはこのようなイエローゾーンが!

セブ島ハッピービーチのお土産
スイカ柄のかわいいタンブラーが500ペソ、子供達がお風呂で遊べる黄色いアヒルの浮きグッズが60ペソ、キュートなファンが50ペソ、ピザの形をしたボールペンが100ペソ、キャップのような小銭入れは240ペソ、スイッチを入れると光る星様とお月様はそれぞれ300ペソです。

セブ島ハッピービーチのお土産
私はスイカ模様のタンブラーを買いましたが、可愛すぎてなかなか使ってないです。笑

セブ島ハッピービーチのお土産
また、日焼け止めやティッシュ、使い捨てのシャンプーやコンディショナー、石鹸、女性用品なども販売しているので便利です。

HAPPY BEACH(ハッピービーチ)のまとめ

留学中にインスタ映える写真がほしい女子たち!思い出を作りたい恋人たち!ピンク色が好きな人!水上アトラクションで遊ばせてあげたいお子様のいる家族組!同じような南国風のリゾートに飽きたら一度はぜひ訪れてみてください。

ちなみに、より映える写真を撮るコツとして、華やかなビーチドレスや水着を着用するのをオススメします!そして、事前にハッピービーチのインスタグラムに目を通して、魅力的なポーズや写真の構図などを参考にしておくと良いと思います。

ハッピービーチの公式ウェブサイトはこちら(英語)
▶︎https://www.happybeach.ph

HAPPY BEACH(ハッピービーチ)
住所: Tambuli Beach, Buyong Road, Maribago, Lapu-Lapu City
入場料:当日購入799P
営業時間:7AM-10PM (ダンスショーは2PMと7PM)
公式Facebook:https://www.facebook.com/happybeachph/
公式Instagram:https://www.instagram.com/thehappybeachph/

セブ島のビーチ以外のインスタスポットはこちら
▶︎Nerisville【ネリーズヴィル】セブ島究極のインスタスポット!行き方と写真映えする人気5スポットをご紹介

おすすめの記事